運命の渦 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

運命の渦 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


放送予定

【日本放送】

●フジテレビTWO 全124話(2021/11/20から)15:00から14話連続放送 字幕

●フジテレビTWO(2021/3/10から) 月~金曜日8:20から3話連続放送 字幕

●BS11(2020/2/21から)月~金曜日13時から 字幕

【韓国放送期間】2018年11月5日から2019年4月26日まで

原題:かわせ運命

邦題:運命の渦

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

運命の渦 (かわせ運命)

비켜라 운명아

2018年放送 KBS2 全124話

視聴率

平均視聴率 19.73% 시청률 最低視聴率第3回14.7% 最高視聴率第90回22.8%

出典:KBS 비켜라 운명아

あらすじ

母と初恋相手のジナのためだけに真面目に働いてきた明るい性格のナムジン。小さな事務所を運営しながら貧しい生活を送っていた中、ある日自分が有名企業“ヒョンガングループ”会長の30年間行方が分からなかった孫である事が分かり、後継者争いの中に放り込まれる。

一方、もう一人の“ヒョンガン”の後継者候補のシウは、母を守らなければならないという強い思いから後継者争いには必ず勝たなければならなかった。
大企業“ミンハン”の一人娘でシウと政略結婚を控えながらもデザインの道を究めたいスンジュ、ナムジンの初恋相手でファッションデザイナーになるために勉強とアルバイトをしながら努力してきたジナを巻き込みながら、立ちはだかる困難や苦難を乗り越え、最後に勝者の運命を手にいれるのはだれか――!?

出典:BS11 運命の渦

話数ごとのあらすじ

BS11 運命の渦

相関図

出典:http://program.kbs.co.kr/

キャスト

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

パク・ユンジェ  ヤン・ナムジン ナム・ジン人材事務所社長→ヒョンガングループの設計2チーム長→(株)ジーニアス代表 明るい笑顔と根性で武装した超肯定マインドの所有者。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ソ・ヒョリム  ハン・スンジュ ナムジンの恋人、ミンハンの代表ハンマンソクの一人娘。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/



カン・ソンミン  チャ・シウ ヒョンガングループの孫 業界最高のエリート。血も涙もない冷徹なカリスマで周辺を圧倒する勝負師だ。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

チン・イェソル  チョン・ジナ シウの恋人、ナムジンの幼なじみ。彼女の子供の頃は貧しく、手に負えなかっだった。ともすれば病気がちな父と無能力の母。大学を卒業して、小さな衣料品会社に就職したが、首に。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

キム・ヘリ  チェ・スヒ  ナムジンの実母、シウの継母、ヒョンガングループ常務。デザイン業界で最も成功した中年のキャリアウーマン。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

カン・シニル  ホ・チョンサン ヒョンガングループ顧問弁護士 ナムジンの右腕

故郷の人々

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

チョ・ドクヒョン  イ・サンヒョン  ナムジンの事務所の職員 お酒が好き。中国の青島で縫製工場を運営していた中、下請けを与えた会社の不渡りで路上にも座った。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

イ・ジョンナム  ヤン・スンジャ ナムジンの継母 息子ナムジンより精神年齢が低い。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ユク・ドンイル  カン・テシク  田舎の漁村で一番の有力者の息子、ジナに片想いもなんども拒絶されている。

ヒョンガングループ

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ナム・イル  アン・ソクホ  ヒョンガングループの創設者兼先代会長。勤勉誠実に独立独行た人物。正直に会社を経営して、従業員一人一人を大切にして、彼らは自分の能力を百パーセント発揮できるように助けるというのが彼の経営哲学である。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ソン・ミンジ  ソ・ヨンジ  ヒョンガンデザイン1チームデザイナー。ヒョンガングループで補助デザイナーとして働いている

ヤン・ヘジン  ホ執事  アン・ソクホの執事。30年以上アンソクホ会長宅の執事として働いた。仕事の処理がはっきりして忠実である。

ミンハン社

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ホン・ヨソプ  ハン・マンソク スンジュの父、ミンハン社代表 娘バカ。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

ユ・ジヨン  コ・ヨンシル  マンソクの後妻 一見美貌と教養を備えたマナニムように見えるが、実際には虚栄心いっぱいの俗物。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

カンドゥ  コ・ソンギュ  ヨンシルの弟、タクシー運転手、ハンマンソクの部下。姉お金も自分のお金、会社のお金も自分のお金。姉に取り入って生きていく人生だ。

その他

(故)アン・ヨンソグ アンソクホの息子。交通事故で死亡。

(故)キム・ソヨンアンソクホの嫁であり、アン・ヨンソグの奥さん。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

キャスト:演出:クァク・ギウォン脚本:パク・ゲヒョン

受賞歴

2018年 KBS演技大賞連続ドラマ部門男優秀演技賞 バク・ユンジェ

予告動画

感想

sekiseiinkochanさん

●メイン男女4人の恋においてのドロドロはほぼなく、母の悪女が極めて目立つ作品

お金持ちの男も初めはボンボン気質であるし、その相手役の女も初めは見捨て逃亡他人のフリなど嫌な面もあったけれど、メインの心優しき男女ほどではないが、互いが恋をしたことで双方のヤバイ思考の母親とは違い、「まとも」な考えを持ち行動するので好感がもてます。スンジュは金持ちなのに本当にイイ女であり、父の強行突破再婚相手の養母やその弟が問題ありでも最終的には受け入れたり、ナムジンは好きだけどはあの母親は無理だと周囲の説得に流されずに、自分の考えをもって行動する自立した女性なのがカッコイイです。ナムジンがイイ人すぎてなんかムカつきを覚えることもあります。ナムジンと一時別れて出会った時の男を拒否せずに選んだほうが幸せになれた気もします。

赤子の取り換える立場を間違えたあの男も問題だけど、ナムジンに金目当てだのボロクソに言っていたのに、実の子だとわかったら態度をコロッと変え、ジナだけでなくスンジュにも突っかかる、血の繋がりを大切にする韓国ならではの母親が怖いです。実の子だとわかって酷いことをしたと回想して泣くのではなく、実の子でなくても悪いことしたんだから反省しろよと思います。すぐに逃げるために自殺未遂を起こそうとするなとも思います。ナムジンの育ての母が姑になるならまだしも、悪女スヒが姑になるなら逃げだしたい気もわかります。4人の脇役中年男女の恋愛や、双子の親になるまでのデシクとヨンジの脇役の恋愛も面白いです。

ナムジンが集めた未来のリストラ候補のメンバー社員達の目標に向かって同調して頑張る仲間的なシーンも好きです。そもそも、あの亡くなったおじいさまが悪女にきつくあたりすぎたり、その息子が二股妊娠させたのが悪いと思います。ホ弁護士は、死んだおじいさまのため、ナムジンとシウのため、会社のため、真実を明らかにするために最も頑張った功労者だと尊敬します。ナムジンとシウがお金と会社に関して最終段階でまともだったから良かったけれど、おじいさまが会社はシウに、ナムジンには見合うだけの遺産を残す等の兄弟フェアな遺言を残すべきだったと思います。


「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー