運命と怒り 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV (2019/8/28から)月~金曜日13:45から 字幕
●DATV (2019/7/21から)日曜日10時から4話連続放送 字幕
●【日本初放送】DATV 2019年4月21日(日)放送 23:15~(※2話連続)
●韓国放送  2018年 12月1日から2019年 2月9日

運命と怒り  운명과 분노 全40回(20話)
2018年放送 SBS
平均視聴率 6.32% 시청률
SBS 운명과 분노
あらすじ

イタリアへ靴作りの留学をしたヘラ(イ・ミンジョン)は、父を亡くした上に自殺未遂で昏睡状態になった姉も抱え、借金を返すために父が残した靴工房で偽ブランド靴を売っていた。一方、ゴールド製靴の社長インジュン(チュ・サンウク)は会社を建て直そうと頑張っていたが、ゴールドグループ会長の父からは大株主の不動産会社の娘でアナウンサーのスヒョン(ソ・イヒョン)と結婚するよう言われていた。ある日、イタリア革製造会社の社長の通訳をしたヘラは、その会社との契約が必要なインジュンと運命的な出会いをする。お互いのことが気になる中、邪魔するようにヘラの前に現れるスヒョン。またヘラの父が造った靴を履いて工房を訪ねて来たテオ(イ・ギウ)。4人の運命が交わり動き始める…。

DATV 運命と怒り
キャスト

イ・ミンジョン ク・ヘラ 美貌も頭脳も兼ね備えている。インジュンの恋人

チュ・サンウク テ・インジュン 財閥2世。ゴールドグループ次男、ゴールド製靴社長

ソ・イヒョン チャ・スヒョン インジュンの元婚約者、アナウンサー
イ・ギウ チン・テオ スヒョンの元恋人
コ・インボム テ・ピルン インジュンの父、ゴールドグループ会長
ソン・オクスク ハン・ソンスク ピルンの妻、インジュンの継母
コン・ジョンファン テ・ジョンホ インジュンの異母兄、ソンスクの息子
シム・イヨン コ・アジョン ジョンホの妻

ユナク(SUPERNOVA) カン・イゴン ソニョンの弟
チャ・スヨン ク・ヒョンジュ ヘラの姉

パク・スア(元AFTERSCHOOL) テ・ジョンミン

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
aulajapaさん

「ずる賢いバツイチの恋」の再現、イミンジョンとチュサンウクの美しいカップルです!

靴製作というビジネスの詳細が、デザインの考案、材質の選択や縫製までの細かい過程まで描かれていて興味深いです。女性主人公のクヘラは、靴職人であった父の遺志を継いで、靴デザインの勉強のため、イタリア留学中、姉ヒョンジュの自殺未遂という事件に遭い、帰国を余儀なくされました。父が釜山に遺した小さな靴製作会社で働き、意識不明となった姉の治療費を稼ぎながら…。

貧しい家庭に育ち、家族思いで、友人らに恵まれていますが、自分の能力や美貌でその可能性を追求したいという意志に燃えたクヘラを、イミンジョンが情熱的に演じています。自分の未来を阻むものに対し、燃える意志をもって立ち向かいます。

男性主人公のテインジュンは、財閥ゴールドグループ会長の愛人の息子で、母親は早くに病死。母親の影響で靴製作への熱意があり、靴の焼印にまで思い入れがあり、ゴールドグループ傘下のゴールドシューズの社長です。

家族の中での冷たい戦いに慣れていたところ、ヘラとの初めての出会いで燃える怒りを表した彼女に惹かれたと言っています。愛に飢え、騙されているかもしれないと思っても、ヘラに惹かれる自分をどうすることもできない育ちの良さそうな男の姿を、チュサンウクが上手く演じています。

出会いは靴製作への熱意という点では一致して、本当に愛し合えるかに見えた2人ですが、ヘラの復讐心が勝り、愛する人を陥れる手先に使われてしまいます。ヘラは誰を信じるかを間違ったのではと思いました。また、ストーリー設定について、姉にされたことの復讐をそこまでするかなとは思いました。

インジュンの腹違いの兄テジョンホ役に、「絶対彼氏。」にクロノスヘブン社コ代表で出演中のコンジョンファンが、目的のためには手段を選ばない非情の財閥2世を演じています。
インジュンのフィアンセのアナウンサー、チャスヨン役に「清潭洞アリス」などで魅惑のライバル役で常連さんの、ソイヒョンが出ています。相変わらず美しく、演技も巧みになってきていて、背が高いのでファッションも見どころです。スヨンの元カレで、隠し子の父親チンテオ役に、「イケメンラーメン店」でタマネギと呼ばれていたチョンイルのライバル役のイギウ。

おもな舞台はソウルですが、ヘラの故郷が釜山という設定です。「完璧な妻」などに出演のチョンスヨンが、ヘラの友人カンソニョン役でキーポイントの役どころですが、釜山の方言を使っているのが面白い印象を与えます。ヘラもイタリア留学した過去があり、イタリア人ビジネスマンの観光通訳としてアルバイトするシーンがあり、かなりたくさんイタリア語を話していてスムーズでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー