運の悪い日 (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想

運の悪い日


2023年放送 全10話 tvN 운수 오진 날

neroさん

第1話あらすじ

「タクシードライバー」

タクシー運転手のオ・テク(イ・ソンミン)は、何匹もの豚に囲まれる夢を見て目を覚ます。豚の夢は吉夢であることから、慌ててロトを買いに走るテク。友人に騙されて大金を失ってから、テクは家族と離れて暮らし、借金の返済に追われていた。

その日、タクシーを走らせるやいなや学生の客が乗ってきて、さらにはお釣りはいらないという。その後も一日中客が絶えることなく、上機嫌なテク。そんななか、息子のスンヒョンから電話がかかってくると、なんと姉スンミの学費400万ウォン(約40万円)を賭博で使い込んでしまったと明かす。

子供たちの母ミリム(ウ・ミファ)がソウルへ向かったと聞き、慌てて迎えに行くテク。テクとミリムは、もうだいぶ前に離婚していた。

借金の返済で余裕など一切ないテクだったが、スンミのために学費分を貯金しておいたと嘘をつく。明日の朝振り込むと約束して、ミリムを娘の家まで送るテク。

その頃、息子ユノの死に疑問を抱くファン・スンギュ(イ・ジョンウン)は、ユノの件で話したいことがあるという息子の友人と会うため、ソウルへ。ところが、約束の時間を過ぎても友人は現れず。不審に思ったスンギュは、別の友人に連絡を入れる。すると、会うはずだった少年が事故に巻き込まれ病院に運ばれたというのだ。

慌てて病院へ向かったスンギュは、集中治療室から出てくる不審な男を目撃。それはユノが死ぬ前に撮られた動画に写っていた男だった。すぐさま男の後を追うも、人混みに消えて見失ってしまう。

その後、少年の容態が急変し、死亡が伝えられる。男の犯行だと確信するスンギュは警察に通報するも、聞く耳を持ってもらえない。

一方、テクは友人たちに頼みこんでなんとか300万ウォンを確保することになったものの、残り100万ウォンがどうしても足りない状況。交代の時間となり会社へ戻る途中、テクのタクシーに一人の客が乗り込んでくる。

テクは「交代の時間なので…」と断るも、クム・ヒョクス(ユ・ヨンソク)はどうしてもと粘った。明日までに100万ウォンをどうにかしないといけないことを思い出したテクは、ヒョクスを乗せてふたたびタクシーを走らせる。

目的地へ向かう途中、飛び出してきたオートバイと衝突してしまいそうになるテク。慌ててハンドルを切り、なんとか事故は免れた。オートバイの男が悪態をつくのを見て、「黄色信号だった。運転手さんが怒鳴られる理由はない」とヒョクス。それでもテクは、笑って受け流した。

そんなテクを気に入った様子のヒョクスは、「僕と木浦(モクポ)まで行きませんか?」と声をかける。会社の規則だからと断るテクだったが、ヒョクスは倍の料金を支払うという。ふと娘の学費の件が頭をよぎり、「だったら100万ウォン払えますか?」とテク。少し考えたのち、ヒョクスはテクの提案を受け入れるのだった。

警察が当てにならないと考えたスンギュは、知り合いの男に頼んで、先ほど病院で見たクム・ヒョクスという男について調べる。ヒョクスの自宅住所を聞き出したスンギュは、彼が先ほどタクシーでどこかへ向かったと知る。

誰もいないヒョクスの自宅に侵入したスンギュは、本の隙間に挟まっていたポラロイド写真の中に、息子ユノの姿を発見し…。

木浦へ向かう道中、「面白いものを見せてあげましょうか?」と話したヒョクスは、おもむろにナイフで自分の掌を切りつけた。事故で扁桃体を激しく損傷した影響によって、恐れや痛みを感じなくなったというヒョクス。

驚いたテクは思わず車線をはみ出してしまい、隣にいたキャンピングカーの運転手にまたもや暴言を吐かれてしまう。その後、立ち寄った休憩所で男が乗るキャンピングカーを見つけたヒョクスは、男に襲いかかり…。

第1話感想

タクシーに乗せた客が、実は連続殺人犯だった?!

韓国の人気ウェブトゥーンを原作にした本作。吉夢を見て上機嫌なタクシー運転手・テクの前に現れたのは、凶悪な連続殺人犯・ヒョクス。そんなヒョクスの正体を知らないまま、大金を提示したヒョクスを乗せて木浦(モクポ)へ向かうテク。

初回から緊張感あふれる展開がつづきます。木浦へ向かう道中で、しきりにサイコパスな一面を見せていくヒョクス。ヒョクスを演じるユ・ヨンソクは、これまで医師役だったり銀行員など、どちらかというと正統派な役が多かったイメージ。

「ミスター・サンシャイン」でも影のある役を演じていましたが、、今回はサイコパスということもあって、その不気味な雰囲気に思わずゾッとさせられました。

そして、「財閥家の末息子」でのレジェンド演技が記憶に新しいイ・ソンミンが、温厚で人に騙されやすいタクシー運転手・テクを演じます。ユ・ヨンソクの冷徹な視線にたじたじなイ・サンミンが、なんだか新鮮。

さらに息子を殺したヒョクスを追うスンギュ役に名優イ・ジョンウンが登場し、ますます目が離せません。怖いけどつづきが気になる、そんなドラマです。

第2話あらすじ

「いい人はなかなかいない」

休憩所のトイレでまたもや悪態をつかれたことに納得のいかないテクは、男が乗っていたキャンピングカーへと向かった。ドアを叩いて、運転手に出てくるよう呼びかけるテク。

その頃、キャンピングカーの中では今しがた男を殺害したヒョクスが、凶器を手にじっと外の様子を伺っていた。ヒョクスが扉を開けようとした瞬間、テクのもとへ電話がかかってくる。

電話の相手はテクの友人で、同じくタクシー会社で働くジュファン(チェ・ドクムン)だった。テクの話を聞いたジュファンは、変な客に捕まったなと心配する。

ジュファンと通話していると、ビニール袋を片手にヒョクスが戻ってくる。助手席に座ったヒョクスに向かって、前金をもらえるかとテク。ヒョクスが50万ウォンを差し出すと、テクは安心した様子でふたたび車を走らせた。

ヒョクスの家で見つけたポラロイド写真をすべて携帯のカメラで撮影したスンギュは、すぐに刑事に連絡を入れる。しかし、なかなか電話は繋がらず。

ふとヒョクスがタクシーに乗ったということを思い出したスンギュは、近くのコンビニでCCTVを確認。そこでタクシーのナンバーを確認すると、タクシー会社に連絡し、担当ドライバーの番号を聞き出す。しかし、スンギュが手に入れた番号はテクのではなく、テクと交代する予定だったヤン運転手の番号だった。

タクシーの中で暇を持て余したヒョクスは、テクに自分の高校時代の初恋相手について話しはじめた。ヒョクスの初恋の相手セナ(ハン・ドンヒ)は、演劇部に所属する女子学生だった。セナの影響で、自分も演劇部に入部したというヒョクス。

すっかりセナと親しくなったヒョクスは、ある日、セナの願いを叶えるため、彼女の父親の車に細工を施した。これによってセナの父は大怪我を負い、よろこぶセナを見て、ヒョクスも気分が良かったという。

ところが、別れは突然訪れた。セナに新しい彼氏ができたのだ。居ても立っても居られなくなったヒョクスは、セナの彼氏に殴りかかったが、彼は体育の特待生だった。ボコボコに殴られ情けなくなったヒョクスは、海に向かうバスに乗り込み、そこで事故に遭ったのだという。

痛みを感じなくなったヒョクスは世界を手に入れた気分だった。セナの彼氏を屋上に呼び出し、またもやボコボコに殴られるヒョクス。しかし、まったく痛みは感じず。高笑いするヒョクスを見て、男は次第に恐怖心を抱いていく。そして、カッターを振り回すヒョクスから逃げようとして、屋上から転落した。

それからしばらくして、ヒョクスの前に屋上から落ちて死んだセナの彼氏がうろつくようになる。病院に通っても、症状はまったく改善しなかった。いまも後ろに座っていると言われ、ゾッとするテク。

つづいてヒョクスは、自身の最初の殺人について自慢げに話し始めた。ヒョクスが殺したのは、公園で出会ったホームレスだったという。なぜ自分にそんな話をするのかと尋ねるテクに、「誰かに聞いて欲しかった」とヒョクスは答える。

そして、おもむろにジャンパーの中から何かを取り出したヒョクスは、それをテクに見せる。ヒョクスが取り出したのは、切断された人の指だった。

あまりの衝撃に思わず急ブレーキを踏むテク。これ以上ヒョクスを乗せて走ることはできないと判断し、お金も返すとテクは言う。しかし、もちろんヒョクスがこれを受け入れるわけもなく…。

仕方なく走り出したテクは、ヒョクスの目を盗んで非常ボタンを押す。タクシーのライトが赤色に点滅すると、それを見た一台の乗用車がタクシーに接近。不審に思ったヒョクスは次の休憩所で車を停めるよう促す。

慌てて後ろの車に助けを求めるテク。しかし、ヒョクスは車から降りた男性2人を次々に襲い…。

第2話感想

ついに本性を現したヒョクス!

ヒョクスが本物の殺人鬼であることに気づいたテクは、なんとかヒョクスから逃げようとするも、上手くいきません。ヒョクスが男性を襲った時点でさっさと車に乗って逃げてしまえばよかったのに、、と悔いが残ります。

果たして、テクは無事この窮地を逃れることができるでしょうか。

一方、ヒョクスがタクシーで木浦へ向かったと知ったスンギュは、改めて警察に捜査を依頼するも、これまた失敗。警察としても、ユノの件は調べるだけ調べたという反応です。スンギュが見つけた証拠も、違法に入手したものなので法的効力はないと言われ…。

いくら法的な効力がないとしても、スンギュとしてはすがるような想いで警察を頼っているので、話だけでも聞いて欲しかったですね。。結局、警察の力を信用できないと考えたスンギュは、自らヒョクスを捕まえようと立ち上がります。

第2話では、非常事態を知らせるために防犯灯を点灯する場面が登場。調べてみると、日本でも同じようにタクシーのランプが赤く点滅していると、非常事態を知らせる意味があるようです。もし道で赤く点滅するタクシーを見かけたら、すぐに警察に通報しましょう。ドラマでこういう知識を学ぶことは、とても大事だなと感じました。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP