輝くウォーターメロン 1話・2話 あらすじと感想

輝くウォーターメロン


輝くウォーターメロン 반짝이는 워터멜론 Twinkling Watermelon 2023年放送 tvN 月火 全16話

第1話視聴率3.144

第1話あらすじ

ハ・ウンギョルには耳が聞こえず、口がきけない兄がいる。ウンギョルは兄の代わりに耳となり、口となり、日常生活を支える。

(幼少期の回想) ウンギョルには両親がいるが、2人とも耳が聞こえず、口がきけない。家族は食堂を経営し、ウンギョルは家族の耳となり、口となって、弱者を利用しようとする悪者らから、家族を守る。

ある雪の日‥‥。雪だるまを作って、家族で遊んでいた。ウンギョルは兄の頭上の金属パイプが雪の重みで崩れ落ちて来ようとしているのを悟った。家族に知らせようとするが、聞こえず、反応がない。手に持っていたポインターで光を照らし、合図すると、やっと父が気づいて、ウンギョルの兄を突き飛ばして救い出した。

ウンギョルは父に「もし父さんとオレと2人が危険になったら、どっちをまず助ける?」と尋ねてみた。父は「まずお前を助けるさ。お前は家族を助けてくれているから」と答えた。しかし、ウンギョルは後日、そう尋ねたことを後悔した。

家族はある半地下のアパートに引っ越した。ウンギョルが優秀であることを知った建物主の息子は、ウンギョルを利用しようとした。

試験の時に、「オレの答案とお前の答案を交換しろ」と要求した。しかし、ウンギョルは断り、いじめにあった。

町にあった楽器店『ビバミュージック』の爺さんは、ウンギョルが店の前のベンチに座って泣いているのを見て、中に誘い入れて、ココアをご馳走した。

ウンギョルが泣いていたのはいじめられて悲しかったからではなく、店の前で鳴っていた音楽に感動したからだった。それを知った爺さんは、ウンギョルにギターを習わせることにした。

友人らにいじめられて悲しい時も、ウンギョルは爺さんからギターを教えてもらって、みるみる上達した。

ある時、両親が出かけ、ウンギョルは風邪で寝ている兄を見ているように言われた。しかしウンギョルはギターを背負って、爺さんのところに出かけて行った。

建物主の息子がウンギョルに腹を立てて、通行人のタバコの吸い殻を、ウンギョルの家の窓から投げ捨てた。タバコの吸い殻はカーテンに燃え移り、火事になった。

爺さんは睡眠薬を大量に飲んで自殺した。ウンギョルが店のドアをいくら叩いても返事はなかった。

消防車がウンギョルの家に駆けつけ、救急隊員がウンギョルの兄を助け出した。夜ウンギョルの両親は遅れて現場に駆けつけ、ウンギョルの父はウンギョルがいないのに気づき、燃える建物の中に入っていった。

ウンギョルは火事現場に到着し、父も救急隊員らによって助け出される。放火した建物主の息子は、小便を漏らしていた。建物主はウンギョルの家族を追い出す。

6年後‥‥。

ビバ爺さんの店は取り壊され、新しく建物が立つ。そこに母と娘の2人だけの家族が引っ越してくる。娘はチェロを背負っていた。

アイスクリーム店でバイトしていたイ・チャンはその娘に一目惚れする。イ・チャンは友人の学生証を使ってバイトしていたのが祖母にばれて、追いかけられる。

ウンギョルの父は商売相手と飲んで、2人の息子を褒められ、酔っ払って嬉しくなる。「1人はテコンドーの国家代表として試合に出る。もう1人は将来、医者になるために勉強している。お前たちが誇りだ。ありがとう」と父は言って、ウンギョルをハグした。

遅くまで勉強していたウンギョルは、筆入れの中からピックを取り出し、街へ出る。フードを深くかぶり、マスクをして、ウンギョルはギターを弾いて路上ライブをする。多くの人々が集まり、ウンギョルは喝采を受ける。

(回想) ビバ爺さんの言っていたこと。「CODAの意味を知っているか。この記号が出て来たら、綺麗にまとめて終了しなくちゃいけない。お前は家族にとって、CODAだ。音が満ちている世界と、静寂の家族をつなぐ役目だ」と。

第1話感想

音楽の話ということで、ワクワクします。ベートーヴェンが耳が聞こえなかったという話を思い出します。ウンギョルの父が助け出されて良かったです。悲劇の話かなと一瞬、後悔がよぎりました。笑 

チョン·ホジン、キム·ミファ、ホ·ジョンミンが特別出演しています。

第2話視聴率3.311

第2話あらすじ

いつもウンギョルが路上ライブをする場所に、3人の男性らが待っていた。ウンギョルが現れ、ギターを弾き始めた。その途端、3人の反応は変わった。「泥の中にダイヤモンドを見つけた」と彼らは言った。

路上ライブが終わって、彼らは「ギタリストを探している。君にオファーをしたい。このCDを聞いて、オーディションを受けに来てくれ」とCDを渡す。ウンギョルは一旦は断るが、また以前の夢を追いかけたいと言う気持ちを抑え切れない。

オーディションにウンギョルが現れ、3つの条件でバンドに加わることに同意する。
「1つ、理由があって、マスクを外すことができない。2つ、高校生なので、学業を優先する。3つ、うちは特別な事情がある家族で、家族を優先しなければいけない」

セウォン芸術高校の11年生のチェ・セギョンはチェロを弾いているが、様々な芸能事務所からのオファーを受けながらも断り、独自にリサイタルやイベントを行っている。

ある時、イチャンは彼女のチェロリサイタルに無断で侵入して、物陰からリサイタルの様子を見ていた。主催者の会長の娘に見つかって、つまみ出されようとするところ、「私が招待したのよ」とセギョンが言った。

物陰でセギョンは、「あなたのエネルギーと時間をストーカーに費やしちゃだめよ。それにあなたのジッパーが開いてる」と言われ、イチャンは恥ずかしくて逃げる。

ユン・ドンジンという有名なアーティストのマネージメントをする、オ・マジュという人が、ウンギョルがギターを弾く映像を見る。

ウンギョルのバンドのマネージャーは、「オ・マジュがお前らの演奏を見に来るぞ」とメンバーらに教える。バンドのメンバーらは飲み屋に行くが、ウンギョルに、父からメッセージ。「事故にあったので、警察に来てくれ」

警察署にはウンギョルの父と以前の建物主の女性が座っていた。話を聞くと、この女性の車がウンギョルの父の「倉庫に激突し、逃走した」。しかし父の話では、「車を運転していたのはその女性の息子」で、女性は「車を運転していたのは自分だ」と主張する。折り合いがつかずに3人は警察署を出る。父はその女性に「あなたは全然変わっていない。息子をダメにしたのはあなただ」と言って去る。

ウンギョルの母は成績表を見て、最近著しく成績が落ち落ちたことを心配する。

ウンギョルは『ビバミュージック』のあった場所に行ってみる。新しい建物の中から女性が出てきて、「あなたもしかしてウンギョルじゃない?」と尋ねる。ビバ爺さんの葬式の時に、この女性は、ウンギョルが店の前で激しく泣いていたのに気がついた。

その女性は、爺さんの娘だった。爺さんは「ウンギョルへ」と遺したものがあり、ミュージックの壁に飾ってあったギターだった。

ウンギョルはバンドに戻り、そのギターを聴き始める。バンドメンバーらは喜ぶ。

セギョンが廊下を歩いていると、反対方向から歩いてきたユン・チョンアはいじめっこにつまずかせられる。チョンアが持っていた筆で汚れた水のバケツは、セギョンの制服に当たる。トイレでチョンアは、セギョンに有名バンドのTシャツを渡す。

そのTシャツを着て、セギョンが校庭を歩いていると、男子生徒らが取り囲む。そこで現れたイチャンも同じTシャツを着ていた。男子生徒らは「あいつら付き合ってるのか?」と、噂し合う。

バンドのボーカルが風邪にかかってしまい、ウンギョルは薬屋に走る。クラブの前でボーカルが持っていたタバコをとって、ウンギョルは薬を飲ませ介抱していた。建物主の女性が通り掛かり、その様子を見る。

ウンギョルの父は事件の日に近くに停車していた車のドラレコを警察署に提出する。そこには建物主の女性の息子が映っていた。建物主の女性はウンギョルの父に食ってかかる。「他人の息子の心配するくらいなら、自分の息子のことを心配しなさいよ。ドラッグやって、タバコ吸って、酒飲んでる」と。

ウンギョルの父はその噂のクラブに姿を現す。バンドの演奏を聴きに、オ・マジュも来ていた。

演奏が終わった後、父は「お前は嘘をついた。だました」と言う。ウンギョルは「音楽がやりたいんだ。オレは通訳じゃないし、天使でもない」と答える。「それなら説得しなかった。それが家族じゃないか」「どうやって説得できる!? 俺が出す音さえ聞こえないじゃないか」ウンギョルは怒鳴る。

ウンギョルがギターを床に地面に叩きつけ壊そうとしていた時、月が2つになり、『ラ・ビダ・ミュージック』が目の前に現れる。

そこに入っていくとマスターが現れる。ウンギョルはギターを売り、大金を受け取る。「この取引説明書をなくしてはダメよ。なくすと大変なことが起こる」とマスターは言う。

ウンギョルが店を出ると、店は古本屋だった。ウンギョルが落ちていた新聞を見ると、日付は1995年になっていた。話しかけてきた人の名札を見ると、「ハ・イチャン」とあり、ウンギョルは「父さんか?」と眉をしかめる。

第2話感想

SFファンタジーのようです。とすると、韓国での視聴率は低いかもしれません。

ウンギョルが店から出た時に落ちた5円玉のようなものは、何だったのでしょうか。

リョウンはこのドラマで初めて見ましたが、かなり演技がうまいです。父に「自分は通訳でも天使でもない。音楽がやりたい」と怒鳴るシーン、涙が出ました。アイドルかなと思っていましたが、驚きました。

子供は親のために存在するのではなく、親が子供の面倒を見るべきです。逆転すると、子供はダメになってしまいます。

チョン·ホジン、ユン·ドヒョン、ク·ジュンフェ、キム・ミファ、キム・ジュンヒョンが特別出演しています。

輝くウォーターメロン 3話・4話 あらすじと感想

輝くウォーターメロン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP