輝くウォーターメロン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

輝くウォーターメロン


放送予定 

【日本放送】 

●【日本初放送】WOWOWプライム 全16話(2024/6から) 字幕

Leminoで配信中

【韓国放送期間】 2023年9月25日~11月14日 午後8時50分

輝くウォーターメロン~僕らをつなぐ恋うた~

반짝이는 워터멜론 Twinkling Watermelon

2023年放送 tvN 月火 全16話

視聴率

平均視聴率 3.625% 시청률 最低視聴率第8回3.089% 最高視聴率第4回4.688%

輝くウォーターメロン

出典:https://tvn.cjenm.com/

あらすじ

生まれつきの音楽の才能を持っているCODA(耳が聞こえない、または聞こえにくい親のもとで育つ子どものこと)の少年ウンギョルが1995年にタイムスリップし、若い頃の父親イ・チャンとバンドをしながら繰り広げるファンタジー青春ドラマ

相関図

出典:https://tvn.cjenm.com/

キャスト

主要人物


出典:tvN

 

リョウン ウンギョル役
18歳/男/秘密の模範生
「私には3つの世界と3つの言語があります。 沈黙の世界、音の世界、そして音楽の世界。 手話、口語、そして音楽。」

大人っぽい。 大人しい。感心する。 大人たちがウンギョルを見る度に、背中を叩きながら言う言葉だ。 これで終わりではない。 「我が家の息子なのか羨ましい。このような息子なら10人でも育てる」というバース(verse)が続き、「親さえよく会っても」で始まるサビがついてきて、チュッチュッチュッとかわいそうなスキャット(scat)が続けば、ウンギョルの人生に、最も多く聞かれた一つの曲が完成する。 タイトルは「聞きやすい花のタリョンも1、2回だよ」。

きちんとしている。まじめだ。 責任感が強い。 明るくて肯定的だ。 教師たちがウンギョルを評価する時によく言う言葉だ。 全校1位。 公益広告型模範生。 交友関係円満。 ジェントルさとユーモラスさの完璧な調和。 教師たちが生活記録簿を作成する度に、完璧すぎて疑われるのではないかと悩ませる。

清涼感がある。わくわくする。 初恋の記憶がやたらに操作される。 同年代の女子生徒たちがウンギョルを思い出すたびに思う考えだ。 疲労回復剤を持っていてもイオン飲料に見えるようにする、まさに人間イオン飲料。 あの頃、私たちが愛した少年だ。

しかし···。先に列挙したウンギョルの姿は、社会的必要によって作られた人格であるだけだ。 数回の試行錯誤を経て自ら作り出したウンギョルのペルソナ。 ウンギョルの正確なMBTIはCODAかもしれない。 ウンギョルは家族の中で唯一、声を聞いて話す清人、コーダ(Children Of Deaf Adults)だ。 赤ちゃんの頃から母親の手振りと表情を真似しながら手話を自然に学んだ。 つぶやきも唇の代わりに手でやった。 話をやめてからは家族の専任通訳士になった。 引っ越す時、銀行に行って融資相談を受ける時、役場に苦情を受け付けに行く時、さらには母親の産婦人科病院までついて通訳をした。 そうするうちに大人同士が喧嘩になると、途中で審判のように立って話を伝え、六頭文字は適当に抜くが、しばしば気の利く大人たちはウンギョルの中で子供が一人座っていると舌を巻いたりする。 ウンギョルが手話と口語、2つの言語を持っていたからこそ可能なことだった。

実際、彼にはもう一つ秘密の言語がある。 まさに音楽だ。 幼い頃、両親が農人だという理由でいじめられた時、ビバ爺さんに会った。 町の古い楽器店「ビバミュージック」を運営する奇異な老人…。その方を通じてギターを学び、ギターを通じて世の中に話しかける方法を学んだ。 音楽という世の中に目覚め、音楽が慰めになることが分かった。 その日以来、ウンギョルは3つの世界と3つの言語を持つようになった。 沈黙の世界、音の世界、そして音楽の世界。 手話、口語、そして音楽。 音楽の世界で音楽で話す時、ウンギョルは一番幸せだった。

その日。火災事件が起こるまでは······。不幸は手をつないで一緒に来ると言っていたが、人生のメンターだったビバ爺さんまで世を去った。 世界中が彼に「今あなたが音楽をする時か、しっかりしろ」と叱るようだった。 まるで追い出されるように暮らしていた町を離れた日、ウンギョルはギターを捨てて決心した。 これから勉強だけ頑張ると。 私がこの社会の既得権になって、これ以上障害者だという理由で無視されない家族を作ることに。 両親にとって素晴らしいトロフィーのような、チートキーのような息子になってもらうことで。 そうして今の彼が作られた。 優しい息子で模範生の人気者、ハ·ウンギョルというペルソナが。 そして18歳の現在、ウンギョルは暫定的に二重生活中だ。 隠密に、偉大に、そして情熱的に。


出典:tvN

チェ・ヒョヌク イチャン役
18歳/男/愉快なレトロボーイ
「青春はきらめくウォーターメロンだよ」

明朗な漫画を破って出てきたような18歳の青春。 ウンギョルがソ·テウンなら、イ·チャンは「左手は偉そうなだけ」であるカン·ベクホだ。 大学街でカタツムリ下宿を経営する祖母と二人きりで暮らしている。 全国の青春たちが集まった下宿で成長したおかげで、イチャンは知り合いのお兄さんたちも多く、それ以外の知り合いも多い。 知っておくと余計な神秘的雑学常識から、最新トレンド情報まで備える。 例えば、下宿自体がイチャンにはインスタグラムでありネイバー知識人であるわけだ。 おかげで得たニックネームが「破られた百科事典」だ。 問題は破れたということ。

X世代のお兄さんたちと互助しながら過ごしたおかげで、とてもヒップなふりをするが、実は彼は骨の髄までアナログだ。 単純だが心が深く、どうせなら世の中のすべてを肯定的に解釈し、最近世の中では震えながら極嫌する。「情熱」「努力」「希望」このような単語が好きで、自分を育ててくれた祖母のためなら命を捧げる覚悟ができており、愛においてはボンツービー純情マッチョだ。

セギョンを初めて見た瞬間もそうだった。 自分の体より大きいチェロを背負って、友達と明るく笑って歩いていくセギョンを現実に迎えた時、世の中はワン·ガイ監督のステッププリンティング技法で動き、耳にはカリフォルニアドリームがOSTで敷かれ、太陽はセギョンのための単独ピン照明になる奇跡を経験する。

なんとなく何かを悔い改めなければならないようで、何かを捧げなければならないような感じにとらわれる。 それで悔い改めた。 真にあなたを気づかなかった私という奴の愚かさを。 それで惜しみなく捧げた、私という奴の純情と情熱を。 高慢なセギョンの相次ぐ拒絶にも傷つかなかった。 「おい、チェ·セギョンの彼氏がいるって。 最高にかっこいいって。 大学生だって。 なんと医大生だって。 それにバンドサークルでギターも弾くんだって。 ファンクラブもあるんだって」

クレッシェンドに伝わる悲報にイチャンは揺れたのかな? どういたしまして。「セギョン、バンド好きなんだね? もっと早く言ってくれればよかったのに。 私もバンドしてるよ。 1ヵ月後、私たちの学園祭の時に公演するんだけど、見に来ない?」大型グラを打ってはその日からバンドを結成すると言って闘志を燃やす。

 
出典:tvN

ソル・イナ チェ·セギョン役
18歳/女/万人の女神、万人のミューズ
「これから万人のミューズではなく、君だけのミューズになってあげる」

21世紀の用語で言えば、当時江北一帯に噂された美人芸高生。 清純な美貌と優雅で古典的な雰囲気で、「書院芸術高校の女神」と呼ばれる。 チェロのカバンを肩に担いで道を歩くだけでも青春映画の一場面であり、長いストレートヘアをなびかせながら微笑む姿はシャンプーの妖精以外に他にない。 校門の前には顔を一度見るために集まった男子学生たちで門前市を成し、青春スターに育てるというマネージャーたちが列をなしているが、セギョンは全く関心がない。

それもそうだろうし、幼い頃から家族同士が知り合いだった名門大学医学部生の兄を彼氏にしたため、普通の男は目につかないだけでなく、ジュリアード予備学校オーディションを準備するのに、あっという間もなく忙しかったからだ。 結局、オーディションに合格した彼女が留学に行ってしまうと、男子生徒たちの心臓は痕跡器官としてのみ存在するようになるが…。

留学に行った彼女が帰ってくる! 完全に別人になって! 予告のないカムバックだった。 突然の登場だった。 破格の変身だった。 高貴な家門の霊愛のようだった彼女が、酸素のような霊愛のようだった彼女が、弾ける炭酸のようなコ·ソヨンのような彼女になって帰ってきた。 何て言うか···顔はそのままだが、雰囲気や性格が戸惑うほど変わったというか? いつもロングストレートを固守していた彼女が、さわやかなボブヘアに変貌した。 ひとしきりスイセンのように清楚だった彼女が、満開のひまわりのように明るくなった。 売店がどこにあるのかも知らなかった彼女が、売店のおやつ争奪戦に全身で参戦する。 しかし何よりも最も衝撃的な変化は、いつも「ノー!」と叫びながら鉄壁を叩いていたイ·チャンにとても積極的で親切になったということだ。

でもこの子は何か怪しい。 たびたび昔のことを覚えていない。 たびたび人を見抜くことができない。 しばしば道に迷って迷う。 一体アメリカで何があったのだろうか?


出典:tvN

シン・ウンス ユン・チョンア役

18歳/女/沈黙の島に閉じ込められてしまった高慢な氷姫
「黙れ! どうせ聞こえない」

冷たく、高慢で貴族的な雰囲気を漂わせる美少女だ。 ところで…。なんとなく誰かに捨てられた高貴な血統の野良猫のような感じがする。 どうしてあのきれいで貴重な猫が捨てられたんだろう。かわいそう…。チュールでも渡すつもりならアーサーだ。 アンカルジン河の悪質さとひっかき洗礼を受けることになるだろう。

チョンア。清らかで美しい音がしそうな名前。 ピアノ製造会社を経営する父と声楽を専攻した母の間に生まれた娘。 美しい音を業とする家の中で、皮肉なことに農人として生まれた子供。 そうだ。彼女は生まれつきの農人だ。 他人の視線と体面を重視する父親は、チョンアの障害を隠した。 彼の観点から「手話」は「私は障害者です」を全身で表す恐ろしいパフォーマンスだった。 上手になればなるほど、健常者の世界からは遠ざかる恥ずべき行為だった。

その無知の隙を正確に掘り下げた人が、後日チョンアの継母になるイム·ジミだった。 彼女はチョンアの言葉を奪いに来た魔女だった。 娘と父親とのコミュニケーションを絶ち、真聖家の女将の座を占めるため、緻密な計画とともに登場した詐欺師。 どうせこの家で君の言うことを聞いてくれる人はいない。 だからおとなしく死んだように生きて。」口も、手も、そのどんな言語も持てなかったチョンアは、彼女の実体を、自分が受ける虐待を、父親に伝える方法がなかった。 チョンアの筆談よりは彼女の口が早かった。 書く前に彼女の口に詰まった。 チョンアはもう口を開かなかった。 心も閉ざしてしまった。 言語を失ったチョンアが自分を表現できる唯一の手段であり慰めは絵だった。

現在、イム·ジミが財団理事長を務めている書院芸術高校美術科2年生に在学中だ。 入試競争率がかなり高い名門芸術高校に、財団理事長の娘であり障害者が編入すると、特権論議が加わり子供たちに密かないじめを受けている。 しかし、言ったのではないか。 彼女の性情もやはり侮れないと。 子供たちが彼女の前で堂々と耳が聞こえないように嘲弄したりいじめたりすると、自分が聞けないことを誇示するかのようにキィィーーーーー爪で黒板を長く掻いたり、子供たちの耳に刺さったイヤホンのボリュームをぐっと上げてしまうようなやり方で、騒音攻撃をする。 どうせ私は聞こえないから。 堂々としている。

チョンアが一番好きな画家は「フリーダ·カロ」。 一番好きな作品もフリーダ·カロが描いた「Vivala vida」だ。 ものすごい苦痛の中でも「人生よ万歳」を叫んだ彼女の強さを愛する。 私も叫べるかな? 人生万歳を? 私にもあるかな? そんな強さが? 輝かせてあげようか? 私の人生も? 彼女の質問の前に、まるで神様が投げてくれた答えのように2人の少年が飛び込む。

バンドメンバーたち


出典:tvN

アン・ドギュ オ・マジュ役
18歳/男/バンドマネージャー
イチャンの幼なじみ。 カタツムリ下宿のスティーブ·ジョブズ。 情報収集、人脈管理と活用、企画と交渉の達人。

イチャンの親友だ。 イチャンがバンドを設置した時、最初は全身で引き裂くが、結局彼だけの情報力と交渉力を動員して、メンバー構成に多大な貢献をする。 以後、バンドマネージャーとして彼らと共にする。 東大門で呉服店を経営する両親のおかげで、幼い頃から情報習得に敏捷で理財に優れ、「本格的なビジネスパーソン」としての面貌を整え始めた。 イチャンの祖母の味に反してカタツムリ下宿にほとんど住んでいるが、イチャンより下宿の兄たちの身の上についてよりよく知っている。 おかげで証券街ちらしに次ぐ消息筋、人脈管理と活用の鬼才、企画と交渉の達人になる。

音楽に対する知識も才能もないが、聞き耳は生まれつきだ。 大衆的で、勘がいい。 バンドメンバーたちが自作曲を作れば、一番先に彼に聞かせたい理由がまさにここにある。 バンドウォーターメロンシュガーのマネージャーとしてイチャン、ウンギョルたちと共にしながら、いつからか自分の名前MJ看板をかけた大型企画会社を創立する夢を見始める。


出典:tvN

ユン·ジェチャン カン·ヒョンユル役
18歳/男/天才ベーシスト
ねじれた天才ベーシスト。なんとなく秘密裏通りのスメル。

ざらざらしている。 鋭敏なふりをする。 実は音楽をする時だけそうだし、普段はねじが緩んだ「トライ」だ。 一時、裏通りを転々としながら彷徨っていた疾風怒濤の時期もあったが、音楽と恋に落ちた後、改過遷音して天才ベーシストに生まれ変わった。 本人に劣らない「トライ」に関心のある従者の集合所であるペ広告バンド部にしばらく所属したが、公演の度にお互いに飛び散ろうと大熱狂パーティーを行った末、強制廃部措置を受ける。 廃部以来寝所もなく(これまでバンド部室を自分の専用ホテルとして愛用していた)、「何か面白くて斬新なことはないかな?」という退屈さに身震いしながら震えたあの時! やはり立派な性格を誇るイチャンが一緒にバンドをしようと三顧の念を示す。 ヒョンユルはぱくりとその手を握って···。それはなく、あらゆる恩着せがましく、気になることと鋭敏さとざらつきを試伝した末に多く見てくれるという風に「初恋記憶操作団(以下詐欺団)」に合流する。

音楽への愛情は超えている。 天賦の才能を持っているのも明らかだ。 ウンギョルの天才性とイチャンの無限の可能性に一目で気づいたのも彼であり、この面白いバンドに誰よりも愛情が多い人も彼だ。


出典:tvN

イ·ハミン イ·シグク役
18歳/男/地獄からのドラマー
教会の一員だが、聖霊よりロックスピリットが充満したロック生ロック死。
バンド内の愛称は「忘却」

母は勧士。 父は牧師。 私は母胎信仰。 私たちの称賛も少しでも楽しく面白くしてみようという純粋な意図で、外国ドラマーたちのミュージックビデオを探していたところ、師匠作詞部作録の世界にはまってしまった。 結局、賛美団合奏練習の時、方言の代わりにロックスピリットが爆発してしまい、テンションを抑えられず「地獄へようこそ~」~~~~!! 叫びを飛ばしたが、両親にそれこそ異端扱い、サタン扱いに、按手祈祷なのか背中スマッシュなのか区別できない贖罪祈祷を受けながら、「神様、イエス様がそんなにせこい方ではないのに…」悲しみに涙で明かす夜が多くなる頃、イチャンからバンド合流提案を受けて改宗の代わりにまともな反抗を選択する。

米粒一つ浸からない浅い音楽知識と初心者反抗児の対策なしがしばらく彼を支配したが、実は彼は非常に善良な奴だ。 外剛耐油·外殻触の標本。 濃いメイクを落として、かつらを脱いで、真の自分の顔を現すと、清涼な彼の姿に「時局宣言」をする少女ファンが増え始める。


出典:tvN

イ·スチャン ノ·セボム役
18歳/男/実力派鍵盤
クラシックピアノ専攻で早期留学してきた実力派。
バンド内の愛称は「スブジ(水分不足型脂性)」または略して「スジ」

クラシックピアノ専攻者で13歳の時、米国に早期留学し失敗して帰ってきた不運の天才だ。 原因はコンクール恐怖症。 続いて、すべての舞台恐怖症に転移。 まず、人を先に助けようという師匠の提案に両親は血の涙を飲み込んで帰国の荷物をまとめ、彼は夢を包んでしまった。 性格は脂っこさ一つない淡白な男だが、顔が産油国だ。 圧迫感や緊張感を感じれば、開いた汗の穴から冷や汗の代わりに油が湧き出る。 コンクール用の舞台化粧は油に溶けて黄色く流れ、顔はテカテカ。 満天下に「私、せがんで緊張した」ことを知らせる悲しいパフォーマンス。

普段は金縁眼鏡をかけたペ·ヨンジュンだが、眼鏡を外して舞台に上がる瞬間、恐ろしく急変する。 ファンキーな音楽ではぶる動く狂気、甘い音楽では再びヨン様。 真のギャップサイシンだ。

ウンギョルの家族


出典:tvN

チェ·ウォニョン ハ・イチャン役 ウンギョルの父役
46歳/男/正義のオジラファー
とんでもない発明王だ。 彼の家には農民の便宜のために考案された発明品がたくさんある。 便宜ではなく、イライラを誘発する発明品の方が多いというのが落とし穴だが…。

「農民は手話という言語を使う特別な少数民族」だと思う。 そして、本当に選ばれた少数の民族のように堂々と行動する。 障害者、小商工人の権利守護のための集団行動にも総代を担いで先頭に立つ。 (お父さん、どうか······ウンギョルは、「たまにそのような父親がとても負担で疲れる)彼の手話はとても躍動的でかっこいい。 手話をする時、彼の手振りは時には政治家の扇動のように強烈で、時には暇から出てくるラッパーのバイブのようにスウェグがあふれ、時にはバレリーノの振り付けのように優雅で美しい。 そこに愉快で楽天的な彼の性格まで加わると、彼が持つ「違い」が「障害」ではなく「魅力」のように感じられる。

妻子だけは絶対飢えないという現実的な目標を抱いて一生懸命走ってきた。 その結果、今はきちんとした自主開発チキンブランド「言葉が要らない鶏」の社長になった。 子供たちも羨ましくないようによく育ってくれて、それなりに成功した人生だと思う。 その日、息子のウンギョルと大喧嘩するまでは…。


出典:tvN

ソ·ヨンヒ イ・チョンア役 ウンギョルの母役
46歳/女/愉快で朗らかな母
おしゃべりだ。 もちろん、手話で。 手と顔が少しも休まない。 陽気で軽快に動く彼女の手振りを見ていると、白い鳩が一匹手の中に隠れていて飛び上がりそうだ。 普段は人(夫)が好きで、子供(息子たち)さえ見れば好きで狂ってしまう、純粋でワンちゃん美溢れるゴールデンレトリバーのようだが、たまに背筋がひんやりするほど冷たい野猫の姿を見せる。 そんな時は本当に周りが凍りつくような感じがするほどだが、本当に一時ロシアの王女だったのかと思うほど冷たく、高慢で怖い。 ハンサムで賢い2人の息子は彼女の誇りであり宝物だ。 一緒に外出する時は混成アイドルグループの女性メンバーのように必ずセンターに立つ。 農人のウンホと清人のウンギョル。 2人の子供に一寸の誤差もなく公平な愛を与えたと自負する。 清人だからあまり。 農人だからもっと。 たった一度も考えたことがない。 2人の息子も同じ気持ちだろうと思った。 農人の親だから。 清人の親だったら。 こんなことは考えないだろうと。 そうやって育てたんだよ。 そうだったんだけど···。


出典:tvN

ポン·ジェヒョン ウンホ役
19歳/男/ウンギョルの兄
農人なのにハンサムだ。 農人なのに明るい。 農人なのにスポーツ選手だ。 ウンホが生きてきて最も多く入ってきた音だ。 問い返したい。 農人がハンサムではいけないの? 明るかったらダメ? 運動が上手になったらダメ? ひねくれているからではない。 本当に気になるからだ。 子犬に「お前は聴力はいいのに、 なんで話せないんだ?」って 聞かないじゃん。 ホビット族や脳眼奪族に「お前はなんでそんなに短いの?」「お前は目つきがどうしたの?」って言わないじゃん。 作家が創造した設定値だと思ってクールに受け入れるじゃん。 私も同じ。 私のデフォルト値が農人であるだけ。 神様がそれなりの世界観を持って設計した人間なのに、どうしてしきりにあなたたちと同じでなければならないと思うの? デフリンピックメダリストを夢見て熱心に練習しているテコンドー選手だ。 障害を克服しようとする崇高さや敬虔さなどはない。 ただ運動が楽しくて、どうせ生まれた人生、楽しく生きたい。

カタツムリ下宿


出典:tvN

コ·ドゥシム コ·ヤンヒ役
60代後半/女/イチャンの祖母でカタツムリ下宿の主人
驪州でかなり長い間韓定食屋をしていたが、一つしかない孫の教育のためにソウルに引っ越しを敢行したことまでは良かったが、残念ながら孟母の三天地教がイチャンに通じなかった。 10年以上下宿しながら大学生たちに洗濯してご飯を作ってあげたのに···。イチャンが学士帽をかぶった姿を見ることを願いに生きる。 イチャンとは毎日言い争い、ティキタカ、幻想のケミカルを披露するが、誰よりも孫であるイチャンを大切にし、信じて、愛している。


出典:tvN

イ·ソクヒョン チョン•バルサン役
23歳/男/衣装デザイン学科復学生
きれいに伸ばしたショートカットで顔の半分を退廃的に隠したまま、脇に女性マネキンをつけてキャンパスを走っていく男がいるなら、彼がまさに正髪山だ。 髪の毛に視野が遮られて倒れても、教授たちに脅迫とクサリを交互に聞いても、「自分がまさにファッション」という折れない謹磁感の持ち主。 カタツムリ下宿の最古参で、イチャンが苦境に陥る度に兄の役割を十分に果たす。

ウンギョルの関係人物たち


出典:tvN

チョン·ホジン ビバ爺さん役
60代前半/男/楽器店 ビバミュージックの社長
ウンギョルにギターと音楽を初めて教えた師匠でありメンターでもある

外見は平凡だ。 本人も本人のお店も。 「ナミヤ雑貨店の奇跡」に登場しそうな暖かいおじいさんの姿、「おじいさん古い時計」がBGMになりそうな童話的雰囲気の内部。ところが何か違う。 特別な何かがある。 本人も本人のお店も。 楽器店の楽器はすべて古くて古いものだが、よく見るとどれもかなり高価で途方もないレアアイテムだ。

彼も同じだ。 平凡なおじいさんのような姿だが、瞬間アーティストの鋭敏さと隠れた達人のバイブが感じられる。 人との往来はほとんどない。 お客さんもあまりいない。 別に執着しない。 音の世界と沈黙の世界で混乱しているウンギョルに「音楽」という言語もあることを知らせた人も、コダ(CODA)の意味を初めて知らせた人もまさに彼だ。


出典:tvN

チョン·サンフン マスター役
???/男/身元不詳
怪しい楽器店「ラビダミュージック」のマスター

2つの満月が昇るある夜、時代が分からない奇妙で曖昧な雰囲気の楽器店のドアが開かれる。 入る時は勝手に入っても、出る時は勝手に出られない怪しい楽器店「ラビダミュージック(La vida Music)」。 そこには意味深長な笑みを浮かべた正体不明のマスターが存在するのに··· スタッドが刺さった革ジャンパーと革ズボン、骸骨のTシャツに長髪。 本格メタルロッカービジュアル。 意味が本当に心臓なのか、ただコンセプトなのか、すごく怪しいけど······ 楽器店のドアを開けて出てきた瞬間、新しい世界が繰り広げられる。


出典:tvN

イ·ソヨン 成人したセギョン役
46歳/女/ヘリコプターママ
娘の成功によって自分の失敗と傷を補いたいヘリコプターの心

皆の初恋、万人の女神でありミューズだった過去の名声そのまま40代になった今も一人で歳月を逃れたように相変わらず美しく優雅な女性。 何の縁か「ビバミュージック」があった場所に美しい田園住宅を建てて暮らしている。 夫との不和で心身が疲れていた頃、誰かの訃報を受けて娘と一緒に帰国し、その道に居座ることになった。 離婚の事実もクールに認め、現在の生活に満足しているようだが、夜になると一人でワイングラスを傾けながら娘に愚痴をこぼしたりする。

6年前、短い縁ですれ違ったウンギョルに偶然再会し、とても重要なものを伝えることになる。


出典:tvN

パク・ホサン チェ·ヒョン役
40代/男/中古楽器店 『白夜ミュージック』の社長
ロックバンド『白夜』のギタリスト、『初恋記憶操作団』の第1号ファン

一時ロックバンド『白夜』のギタリストとして活動していた有名なアーティスト。スキャンダルで指を負傷した後、引退した。 歌手の夢を諦めて中年になった彼は、中古楽器店を経営し、お腹が空いた後輩たちにご飯も奢り、合奏室も貸して助力者の役割を自任している。


出典:tvN

ウ·ジェヨン オン•ジファン役
23歳/男/名門大学医学部生
ミョンセ大学医学部本科2年生に在学中、バンド『ゴールデンメス』のボーカル兼ギタリスト

すらりとした身長にほのぼのとした外見、医師一家出身の名門大学医学部生で、大学でバンドサークルとして活躍し、女子学生たちに人気も高い。 セギョンとは幼い頃から互いの家を行き来しながら兄と弟をしてきた間柄で、両親同士は冗談半分、本気半分で「姻戚関係を結ぼう」暫定合意した状態だ。 幼い頃は兄、兄とよく従っていたが、大きくなったといつのまにか澄ましたセギョンがただ可愛いだけだ。

ジンソン楽器の人々


出典:tvN

キム·テウ ユン·ゴンヒョン役
49歳/男/ジンソン楽器会長
チョンアの父。
総合楽器製造会社(株)ジンソン楽器会長。
企業家として利害打算が徹底し、美しい音の具現に対する執念も強い。

美しい音を業とする家の中で先天的な農人として生まれたチョンアは、彼に悲しみであり衝撃だった。 苦労して得た娘なので、その深みが増した。 母系隔世遺伝。 妻に対する恨みを隠すことができなかった。 彼の冷遇と恨みの中でついに心の病気を得た妻が自分から離れると、一歩遅れて後悔する。 「口語教育だけが娘に正常人の人生を与えることができる」というイム·ジミの言葉にしがみつく。 彼女を入居家庭教師に入れ、チョンアの教育を全面的に一任する。口語教育を苦しめながら反抗するチョンアが気の毒ではなかったが、苛酷な訓練とむち打ちだけがチョンアを人間らしく生きさせる道だと考えた。 それが娘の心を病ませ、父娘間の信頼を崩すことだったとは、その時の彼は知らなかった。 ある日、ハ·ウンギョルという名前の少年がその前に登場するまでは…···


出典:tvN

キム·ジュリョン イム·ジミ役
44歳/女/書院芸術高校財団理事長
チョンアの継母。
野望の化身。 狂った演技力の持ち主。

論理整然とした話術で相手を説得することにも一見識があり、自分に不利な状況もいくらでも有利な方向に導く能力がある。 何よりも自分の二重性を隠して包装できる狂った演技力の持ち主だ。 チョンアの入居家庭教師として入ってきて、スルハの2人の兄妹を連れてユン·ゴンヒョンと再婚、チンソン家の女主人になった。 家庭教師として、法的な母親としてチョンアの口語教育を専担する。 夫の前ではまるでヘレン·ケラーとサリバンのような感動的な姿を演出するが、隠密に、知能的に、チョンアに精神的、身体的虐待を日常的に行う。


出典:tvN

クォン·ドヒョン ユン·ジュヨプ役
23歳/男/イム·ジミの実の息子
チョンアの義理の兄

元々未婚の母だったイム·ジミの姓を取ってイム·ジュヨプだったが、6才の時にはイム·ジミと結婚した象牙父親の姓に沿ってカン·ジュヨプになり、イム·ジミとユン·ゴンヒョンの再婚で再び戸籍が変わりユン·ジュヨプになった。 幼い頃、母親にほとんど放置されて田舎の祖母の手に育ったため愛情欠乏によるコンプレックスがあり、認められたい欲求も強い。 計算的で現実的だが、決定的な瞬間に簡単に感情に振り回される。 経営学を専攻し、将来真聖家の実力者になろうとするイム·ジミと志を同じくして真聖楽器後継者の座を狙う。


出典:tvN

イ·スミン ユン·サンア役
18歳/女/イム·ジミの実の娘
チョンアの実弟、書院芸術高校の美術科の学生

気が利くのに頭は悪い。計略もめぐらすが、緻密ではない。それでしばしば見つかる。主にウンギョルやセギョンに。その前はばれなかったのではなく、みんな目をつぶってくれた。理事長の娘だから。 傍若無人だ。友達もクラス分けで付き合う。金持ちの父親ができてからの弊害だ。セギョンが整頓されてこそ、自分とレベルが合うと思う。私一人でセギョンと親友だ。まあ利己的で憎らしいが、単純で中途半端でかわいいところもある。

その他の人物


出典:tvN

ク・ジュンフェ ク·ジュンヒョン役
20代/男/『スパイン9』メインボーカル
徒党のように見える諸葛亮。 サムマイのように見えるニマイ。

幼い頃、アイドルの提案を受けたほど歌も外見も優れているが、彼はバンドがやりたかったし、バンド音楽が大衆にもっと愛されることを望んだ。 それで自分で作った。 バンド『スパイン9』を。 16学番の同期たちと一緒に。 バンド名の『SPINE9』は「9番脊椎骨」という意味だが、由来はこうだ。 ある日、彼がバイク事故でレントゲン写真を撮ることになったが、写真を見た担当看護師が「9番脊椎骨が本当にきれいですね」と親切な冗談を言ったという。 以後、彼女は彼のガールフレンドになり、烏鵲橋の役割をした「9番脊椎骨」がバンドの公式名称になった。 もう分かったかな? そうだ。彼は別名「ジャルト」 ハンサムなお利口さんだから。 許堂と諸葛亮を行き来し、サムマイとニマイを行き来しながら突然飛ばす寸鉄殺人は相手の肺腑を突く。


出典:tvN

ヨノ チョン·ジオ役
20代/男/スパイン9ベーシスト
仲裁者で現実派ベーシスト

紛争を嫌う。 特に利益のない紛争は極度に嫌悪する。 無口のように見えるが、バンド界が回る事情を誰よりも知っており、スパイン9を分析し、進む方向を計画するパワーJ。彼がISTJという事実は自分以外には分からない。 誰も知らないはずだ。 ハンサムな外見とジェントルなエティテュードで女性ファンを多数確保している。


出典:tvN

ハン・ミン ぺ•スタク役
20代/男/スパイン9ドラマー
多血質のドクゴダイドラマー

バンド内のウンギョルの天敵。一党百をこなすコアファンが相当だ。 食い荒らしを吐くが、実は誰よりもウンギョルの実力を認めている。 無形文化財である父親に続いて舌鼓を打つところだったが、中2の時ドラムの趣にどぶんとはまって、計7回の家出を敢行してついにドラムを守った。 言葉よりは拳、拳よりはドラムで戦うことをとても楽しむ方。


出典:tvN

キム·ジュンヒョン ユン·ドンジン役
20代/男/春川教育大学伝説のギタリスト
天才ギタリスト。 7歳の時にギターに入門、13歳の時に自作曲を作り、この曲を既成歌手が歌うようになり一躍天才性が認められた。 「春川」と言えば、昭陽江(ソヤンガン)娘の次に彼を殴ってあげるほど。 不本意ながらウンギョルとイチャンをつなぐヒドゥンキーの役割をすることになり、後日、自他公認MJエンターの看板スターになってマジュとの縁を継続する。

 

出典:tvN

スタッフ /演出:ソン・ジョンヒョン、ユ・ボムサン、脚本:チン・スワン
作成:え/.キえ

話数ごとのあらすじと感想

えぱたさん
輝くウォーターメロン 1話・2話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 3話・4話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 5話・6話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 7話・8話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 9話・10話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 11話・12話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 13話・14話 あらすじと感想
輝くウォーターメロン 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

ソル・イナとリョウンの爽やかな青春を思い出させる、学園ファンタジー&音楽ヒューマンドラマ!

この『輝くウォーターメロン』を見ようと決めたのは、まず音楽をテーマとしたドラマで、ほとんどの登場人物が楽器を演奏するシーンがあるので、それがまず楽しみでした。ソル・イナのチェロ、リョウンのギターを弾く演技、バンドメンバーらの実際演奏する場面など、フルに楽しめました。特にリョウンの演技はさすがで、このドラマのためにギターを弾く練習をしたとは思えないほど、プロっぽくギターが両手になじんでいました。

また、ソル・イナが人気なのが最初のきっかけでしたが、リョウンという存在を知ることができたのが、今回は最大の収穫でした。

リョウンは『人生最高の贈り物〜ようこそサムグァンハウスへ』でビッチェウンの義弟役を経て、『悪の心を読む人たち』では統計分析官の役で、2022年SBS演技大賞の男性新人賞を受賞。『コッソンビ熱愛史』で初めて主役を務めました。ビジュアルが最高、低音のイケボで、演技がうまく、アイドルの1人かなと思っていたので驚きました。これからこの方に注目して、動向・活躍を見ていきたいと思いました。

もちろん、ソル・イナも安定感のあるキャラクター、演技で楽しませてくれました。以前に見たドラマでは硬めの役だったので、今回はこんなにも可愛く魅力的な表情を見せる方だったのかと、新たな面を見ることができました。

チェ・ヒョヌクの自然体の演技も素晴らしかったです。そして、リョウンの幼少期を演じた、チョン・ヒョンジュン。どこかで見たことあると思いましたが、『十八の瞬間』(2019年) でオン・ソンウの演じたチェ・ジュヌの幼少期を演じたのでした。さらに、アカデミー賞『パラサイト 半地下の家族』(2019年) でチョ・ヨジョンとイ・ソンギュン扮の裕福な家の息子パク・ダソン役。今回も独特のキャラクターで、子役でありながら、もう確立した個性を感じさせました。ギターを弾く演技も自然でした。

個人的には、過去は変えられないが今を生き選択をすることで未来は変えられると思っているので、タイムトラベルで過去を変えるというテーマは、あまりピンと来なかったです。しかし、いわゆるメンタルタイムトラベルという点で、特定の人に過去に話したくても言えなかったことなど、イメージの中で実際に言っているように言いたいことを語る、特に感謝の気持ちを言うことで、自分が解放されるというメッセージは共感しました。

コミュニケーションの距離感が話題になった昨今、手話を扱ったドラマとして、口を使うより両手を使うので効率が良いかなと、改めて思わされました。この際、手話を全世界共通にしたら良いのにと思いました。

2023年の人間が1995年にタイムトラベルしてしまうストーリー。スマホが無い時代でポケベルを使っていたり、公衆電話もレトロな感じ。街並みや通行人らも年代を感じさせる特別なセットで撮影しているようで、凝っていて面白かったです。




【放送情報】

【アイリス(IRIS)】

●サンテレビ 2024/5/18 (土) 21:30~

アイリス(IRIS) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【奇皇后】

●BS松竹東急 全51話(2024/5/21から)月~金曜日12時から 字幕

奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想  外部リンク

 

【太陽を抱く月】

●テレ東 全20話(2024/5/22から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

太陽を抱く月 あらすじ 視聴率 キャスト・相関図 感想 外部リンク

【ワン・ザ・ウーマン One the Woman】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2024/5/23から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ワン・ザ・ウーマン One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~】

●BSJapanext 全27話(2024/5/24から)月~金曜日19時から 字幕

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【カンテク~運命の愛~】

●テレビ愛知 2024/5/28(火) 09:30~

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

【ブラボー私の人生】

●BS日テレ 全120話(2024/5/28から)月~金曜日15時から 字幕

ブラボー私の人生 (ウラチャチャ 私の人生) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP