車輪 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 感想と視聴率

2022年


放送予定 

【日本放送】 

●ネットフリックス 同日配信

【韓国放送期間】 2022年12月19日~2023年 2月7日 22時~

車輪

트롤리

2022年放送 SBS 月火 全16話

視聴率

平均視聴率 3.86% 시청률 最低視聴率第11回3.3% 最高視聴率第1回4.6%

車輪

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

過去を隠したまま、静かに暮らしていた国会議員の妻の秘密が世間に知られて繰り広げられる物語を描く、“ミステリージレンマメロドラマ”だ。正解のない選択肢の前で、混乱と葛藤を経験する人物たちの激変する感情を繊細に描き出す。

相関図

出典:https://programs.sbs.co.kr/

キャスト

主要人物


出典:SBS

キム·ヘジュ役    キム·ヒョンジュ
ナム・ジュンドの妻。傷んだ本を治す本の修繕家。 2期目の国会議員の妻でありながら、選挙運動期間を含めてこれまで一切外部に露出したことがない。

奉仕活動をしながら出会ったジュンドと恋に落ちたが、平凡な人生を望むヘジュには彼が持つ政治への夢はあまりにも重かった。しかし、ジュンドを愛していたので、結局は彼を選ぶ。両親を知らずに育ったヘジュにとって、ジュンドは初めてできた家族であり、自分が選んだ家族だ。

8年前、ジュンドが国会議員比例代表公認を受けた。 国会議員だなんて…いつかはそうなるかもしれないと漠然と考えていたが、いざ現実になるとヘジュは気が遠くなった。しかし、ジュンドがどんな人間で、なぜ政治を目指したかを知るからこそ、ジュンドの意思を尊重した。 ただ、自分が政治家のナム・ジョンドの妻として、決して外部に姿を見せない条件で。

比例代表としてスタートしたジョンドは、地方区選出職の再選まで成し遂げ、今や3期目がかかった総選挙を控えている。 しかし、「ヘジュの静かな暮らしを守る」というジョンドの約束はこれまで守られている。 おかげでヘジュが持っていた漠然とした恐れも今はある程度薄れていた。

しかし、予想もできなかった事件によってヘジュが世間に露出され、彼女がずっと昔に埋めておいた秘密すべてを根こそぎ揺さぶり始める。

ヘジュは考える。 いったいどこから間違ったのだろうか。 政治家を夢見た男性と結婚したことだろうか。 それとも…あなたを愛するべきではなかったのだろうか。

けれど、一つだけ確かなこと。これからどんなことが起きようとも、私はこの善良な男を愛したことを後悔することはないだろう。

ただ今のヘジュはすべてに対して…不慣れだ。
愛する夫でさえも。


出典:SBS

ナム・ジュンド役   パク·ヒスン
ヘジュの夫。2期目の国会議員。 地方区はソウル新陽(シンヤン)区。

司法研修院修了後、自分が生まれ育った町に小さな弁護士事務所を開いた。弱者を弁護しながら、人知れず寄付と奉仕活動をしていてヘジュに出会った。しかし、静かな暮らしを望んだヘジュはジュンドが持つ政治への夢に大きな不安と拒否感を示す。それで、ジュンドは約束した。いつか自分が政治家になっても、君の静かな暮らしは必ず守ると。配偶者が対外活動をしないことが政治家にとって大きなマイナスではあったが、ジュンドはそれほど深くヘジュを愛していた。

世の中をより良くするという志(こころざし)一つで、8年前に大韓党の比例代表公認を受けて初めて国会に足を踏み入れる。その次の総選挙では自身が生まれ育った、ソウルで最も経済的に立ち遅れた地域の一つである新陽区に出馬して当選。 比例出身者にとってはかなり難しいと言われる地方議員の再選を叶えた。そして今、3期目がかかる次の総選挙が半年ほど先に控えている。

政治家になる前からそうだったように、汝矣島(ヨイド、国会・日本でいう永田町)でも常に弱者を代弁しようとしている。彼が発議した法案のいくつかは、しばしば既得権層を守る国会議員らの激しい反対に直面した。しかし、ジュンドの地道な活動は地方区を越え、徐々に彼の名前を全国的なものにしていった。そこで数回の国政監査と聴聞会を通じ、今やかなり成功した若き政治家になった。

国会議員を務めて来たこの7年半の間、ジュンドはヘジュとの約束を守るために最善を尽くしてきた。 日頃、地方区の票田を固めるどころか、選挙運動の時でさえも姿を現さないヘジュを非難する声は、自分がすべて受け止めた。愛する妻との約束を守ることがジュンドには何よりも重要だから。

そんなある日、想像すらできないヘジュの秘密が世間に露わになる。
しかし、ジュンドは慌てない。
板はひっくり返せばいい。そして私は必ずやり遂げる。

ただし。
お願いだ、愛するヘジュ。
私を…疑わないで。


出典:SBS

チャン·ウジェ役     キム·ムヨル
ジュンドの首席補佐官。ジュンドが最も信頼する人物で、逆にジュンドを最も信頼する人物も(ヘジュを除けば)またウジェであろう。

放送局社会部記者新人の頃。弁護士だったナム·ジュンドと知り合い、自分が世の中を変えることができなくてもこの人はできると感じた。それで、ジュンドが初めて比例代表に当選した時、放送局をやめて一緒に汝矣島にやって来た。今は首席補佐官としてジュンドとほぼすべての時間を共にしている。

徹頭徹尾で状況判断が早く、ジュンドが時々「人間的」な表情を見せる度にそれを察するのもウジェだ。しかし、だからといって気難しいとか人間関係が悪いわけでもなく皆と仲良くしているが、同時に本当は誰とも親しくない。

ジュンドには彼の政治キャリアを全力でサポートしてくれる配偶者が必要だと思う。これは性の役割の話ではなく、政治家の配偶者という特殊な状況の話だ。 だから、ヘジュのことが気に入るわけもない。地方区の票田管理どころか、選挙運動すらしないヘジュが政治家の配偶者とは…。 ジュンド自身に特に不満はないが、ヘジュを説得できなかったこの一点だけが唯一の不満だ。

しかし、どうしようもないのだろうか。
僕がナム・ジュンドを選んだのは最高の選択であり、
これからも最高の選択になるだろう。私が必ずそうして見せる。
私が汝矣島の住人になる夢を叶えるため、この人に人生をかけただろうか?

だから答えてください、議員。
議員が夢見る世の中と奥さん、どちらか一つだけを持てるとしたら。
いったいどちらを選ばれますか?


出典:SBS

キム·スビン役    チョン·スビン
幼い頃、両親が離婚してグループホームで暮らす。
高校中退後、グループホームを出て数人の友達と暮らしていたが、予期せざる出来事を経験することになる。

ヘジュの家族


出典:SBS

ヒョン·ヨジン役    ソ·ジョンヨン
ジュンドと幼い頃、同じ町で育った年上の幼馴染。

ジュンドとヘジュの頼みで、生前ジュンドの母親が運営していた小さなカルグクス店の社長になった。
その後、妊娠と育児で苦しんでいたヘジュの頼みで、ジュンドとヘジュの家で一緒に暮らしている。
こうして、ヘジュと気の置けない実の姉妹のような仲になって久しい。

病気ではないが、体がかなり弱い。
そのため、カルグクス店ではお客さんが一番多いランチタイムまで働き退勤する


出典:SBS

ナム·ユンソ役   チェ·ミョンビン
ヘジュとジュンドの娘。中学2年生。学校では成績最上位の優等生。

父が国会議員だからと良いことは一つもなく、
むしろ、そのせいで生活態度に厳しい母親にイライラさせられることばかり。

周囲には父が国会議員だとも言うこともできないのに。

ジュンドの補佐陣


出典:SBS

キム·ビンナ役   ユン·サボン
汝矣島議員室・5級秘書官。

社会的弱者と少数者政策に関心が高く、
国会任期の度に本人の所信と議員の政策によって部屋を渡り歩く。
言うなれば、スカウトされ続ける有能者だ。

ジュンドの議員室には今期に合流した。
ジュンドの補佐陣の中で唯一の既婚者。


出典:SBS

チェ·ジャヨン役   チェ·スイム
汝矣島議員室・6級秘書。

行政大学院で会った先輩たちの紹介で
7年半前、ジュンドの9級行政秘書に志願して初の汝矣島生活を始め、
今度の任期で6級秘書に昇進した。
しっかりして几帳面だ。


出典:SBS

コ·ミンソク役   チョン·スンウォン
汝矣島議員室・6級秘書。

NGOで働いていたが、6級秘書として初めて汝矣島生活を始めた。
その後、辞職後もNGOで働き続けながら党員活動を続け、途中でスカウトを受ける。
前回の総選挙キャンプを一緒に走り、ジュンドの当選とともに再び汝矣島に復帰した。


出典:SBS

パク·ドゥソプ役   イ·ジェグ
汝矣島議員室・7級随行運転秘書。

ジュンド以前にもずっと国会で多くの議員に随行秘書として仕えて来た。
以前に仕えた権威的な議員とは異なるジュンドと、親しく様々な対話を交わしたりもする。


出典:SBS

イ·ガンホ役   イ·チャンウォン
汝矣島議員室・行政秘書

汝矣島議員室の末っ子。 
国会で数少ない男性の行政秘書(通称 行秘)。

基本的な秘書業務に加え、事務室管理、維持とジュンドの日程管理、領収書処理を専任している。
あらゆる話が飛び交う行秘たちのメッセンジャーグループトークで時々使えそうな情報を聞いてくる。


出典:SBS

ユ·ウンギュ役  イ·ヤンヒ
地域事務所・地域補佐官。
ソウル新陽区ジチョン洞にあるジュンドの地域事務所に常勤する地域補佐官。

新陽区の生え抜きであり、顔が広い。 ヘジュの代わりに日頃から地方区の票田を固めているので、 対外活動をしないヘジュに対する不満が大きい。


出典:SBS

イ·ソンフン役   チュ·スンミン
地域事務所・秘書。

地域事務所に常勤。
ジュンドの前回の総選挙キャンプにボランティアとして合流し、
当選後、地域事務所8級秘書に採用された。


出典:SBS

チョ·ヨヌ役   シン·チェヨン
地域事務所・インターン。

1年半前に採用されたインターン秘書。
最初の1年は汝矣島で勤務し、今は地域事務所で勤務中。
幼くて経歴も浅いので、まだ目新しくて不思議に思うことが多い。

ヨンサンの人々


出典:SBS

チン·スンヒ役   リュ·ヒョンギョン
ヘジュの高校の同級生。ギヨンの妻。

3年前、一人でカナダ語学研修に行って最近帰国したが、
長い間消息が途絶えていたヘジュの近況を偶然知ることになる。


出典:SBS

チェ·ギヨン役   キ·テヨン
スンヒの夫。スンヒ、ヘジュとヨンサンで同じ高校を出た。

大学進学後、両親とオーストラリアに移民し、数年前に一時帰国、 偶然スンヒに会って結婚した。
現在、ヨンサンでゴルフレッスン場を運営中。


出典:SBS

イ・ユシン役   キル·ヘヨン
スンヒの母親。5期目の国会議員カン·スンホンの義妹。

「ユシンの土地を踏まなければヨンサンを歩き回ることができないほど」と言われる忠清北道ヨンサンの有力者。
代々受け継いだ不動産がすでに多いのに土地に執着する。

国会の人々


出典:SBS

ウ·ジンソク役   キム·ミギョン
大韓党代表。判事出身。

8年前、弁護士のナム·ジュンドを抜擢し、比例代表に公認した当人。
前回の総選挙の時、ジュンドが地方区の公認を受けるのにも大きな影響力を発揮した。

大漢党の総選挙候補者のうち、ジュンドの選挙遊説現場に
最も頻繁に姿を現すほどジュンドを大事にしている…とみんな思っている。

まぁある程度は合っているだろう。 少なくとも今までは。


出典:SBS

カン·スンホン役   チャン・グァン
5期目の保国保民党・最高委員。

忠清北道ンサンの有力者である妻の実家の支援で政界に進出したため、
これまで妻の実家に多くのことを与えた。
国会国土委員会から入手したヨンサンの土地開発計画を義妹に流したが、
これに対してジュンドが土地投機疑惑を提起するや、機嫌が悪くなり始める。

しかし、私が理由もなくただ5期当選すると思うのか?

その他の人々


出典:SBS

チョ·グィスン役   ウォン・ミウォン 
ヘジュの町にある製油店の主人。

偉い議員が訪ねてきた日。
グィスンは70歳生きて来たこれまでの人生と、全く違う人生を生きようと決意する。


出典:SBS

クォン·ダソム役   カン·ジウ
ユンソの親友。

ユンソとは些細なことまで互いのすべてを共有する仲だったが、
思いがけず、ユンソにも簡単に言えない秘密ができてしまう。

出典:SBS

スタッフ /演出:キム・ムンギョ、脚本:リュ・ボリ
作成:え/.キ.さ

作品感想

daisySSさん

●秘密を持つ政治家の妻、、、20年前の秘密が開かされ、、、愛妻家の夫の過去の過ちが明かされ、、、信頼を裏切る愛憎メロドラマ!

主役を演じるパク・ヒスンとキム・ヒョンジュの演技が最高!

ドラマのタイトルになっている「トロリー問題(トロッコ問題)」を頭に入れて、ストーリーを追っていく、、、独特の暗い雰囲気があり、主役ナム・ジュンドを演じるパク・ヒスンの演技力の高さに驚いた作品!

絶対的に重い空気が漂い、主人公ナム・ジュンド(パク・ヒスン)とキム・へジュ(キム・ヒョンジュ)の家族と、キム・へジュの人生を根こそぎ揺さぶる人物、高校同級生のチン・スンヒ(リュ・ヒョンギョン)の家族が軸となり進むストーリー。

ドラマの進行途中、誰を信じて誰を信じないのか、、、家族の歯車がずれ始めたことで、先が読めない面白さがあるドラマでした。

主人公ナム・ジュンド(パク・ヒスン)は、現役国会議員。愛妻家で政治家として「正しい」をモットーに真面目に生きる元弁護士。妻のキム・へジュ(キム・ヒョンジュ)は、夫が政治家でありながら、公に姿を見せることなく、、、静かな生活を送る女性。

過去の秘密を抱えるキム・へジュの姿が偶然マスコミに流れたことで、隠れていた彼女の秘密が明かされ、、、妻を守ろうとする夫と隠された別の事件が浮上するという、、、サスペンスドラマではないですが、起きた事件やその背後を明かすタイミングなどからハラハラする展開が続きます。

ドラマは家出をした娘を捜すところから始まりますが、意外にも中学を卒業して以来、ひどい反抗期を経験する息子が遺体で発見されたこと、ポケットに麻薬が入っていたこと、息子の子を妊娠したと語るキム・スビン(チョン・スビン)が現れたことで複雑な内容へと発展します。

ドラマのタイトルになっている「トロッコジレンマ(問題)」を簡単に説明すると、汽車が走る線路の不具合が起き、線路を変えると5人、変えず進むと一人が犠牲になるという前提で、「あなたならどちらを選びますか?」というジレンマ。どちらを選んでも犠牲者は出る、、、これをドラマに置き換えて考えていくことになり、最後まで結末が読めずハラハラさせられます。

主人公ナム・ジュンド(パク・ヒスン)は、現役国会議員。選挙戦を勝ち抜くため、性犯罪に関連する法案を通そうとする過程で明かされる3つの性犯罪事件が、このドラマの中ではジレンマとして描かれます。

通そうとする法案のために家族まで犠牲にしようとするナム・ジュンド、、、家族や妻の過去まで利用して法律を通そうとするナム・ジュンド(パク・ヒスン)の悪事がバレて、、、最終話まで妻キム・へジュの葛藤が描かれます。キム・へジュも過去、性犯罪の被害者の一人ということから、矛盾が矛盾へと繋がり、ジレンマがジレンマへと続くなか、出された最終話の結論が意外でした。

個人的には「トロリー問題」というよりは「Metoo問題」を扱ったドラマという印象を受けました。単純に性犯罪を扱っている内容ではなかった点が、好き嫌いが明確に分かれるタイプのドラマだとは思いますが、想像していた内容とは違う方向にドラマが進み、個人的には最終話まで面白かったです。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP