走れサバ! あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

【韓国放送期間】2007年5月12日から6月30日

走れサバ!

달려라고등어

2007年放送 SBS 全8話

視聴率

平均視聴率— % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

走れサバ! [DVD]

あらすじ

ゴンチャン(イ・ミンホ)が通うのは超一流の名門私立高校。サッカーの決勝戦でトラブルを起こしたゴンチャンは学校の鼻つまみ者に。大好きなサッカーをやめて退学しようとしていたゴンチャンだったが、そんな矢先、クラスに転校してきた美少女ユンソ(ムン・チェウォン)にひとめぼれをして学校に通い続けようと思い直す。しかし、そこには大きな問題があった。出席日数が足りず、あと1日でも欠席したら退学処分になってしまうのだ。ゴンチャンは恋も学校生活もあきらめないと決心するが・・・。

DATV 走れサバ!

キャスト

イ・ミンホ チャ・ゴンチャン 高校2年生、退学の危機

ムン・チェウォン ミン・ユンソ  ゴンチャンの初恋の人、帰国子女 気さくで飾らないおどけた謎の女子高生

チョン・グヨン ユン・セミ イケてる女子高生、アナウンサー志望

クォン・ユル ペク・ホン 完璧高校生、サッカー部エース

●以下感想ネタバレ有。



ハル_HARU_さん

●フレッシュさが魅力な青春ラブコメ!

喧嘩っ早いけれど正義感が強く、ちょっと抜けているけど情に熱く裏表のないイケメンゴンチャン(イ・ミンホ)。
ある日突然やってきた帰国子女で不思議な美少女転校生ユンソ(ムン・チェウォン)。

この主人公とヒロインの設定を見ても伝わるように、視聴者の期待を裏切らない定番の王道ラブコメでした。きっと上手く行くと思いながらも、毎回ヒヤヒヤさせられ、すっかり振り回されてしまうところなど演出の上手さが光っています。

当時の韓国ドラマで人気だった「ノンストップ」のようなシットコムスタイルで制作されているので、笑わせたいシーンでは漫画のような演出で思いっきり笑わせにくるのも面白かったです。

何より「走れサバ!」一番の見どころと言えば、今をときめくイ・ミンホさんのまだデビューしたての初々しい演技が見れることではないでしょうか。

韓国版の「花より団子〜Boys Over Flowers」で道明寺司役を演じ、国民的人気俳優となりました。その後も、「神医」や「シティーハンター in Seoul」といったヒット作品を飛ばし続けています。

そんな彼のデビュー作「秘密の校庭」に続く2作目が「走れサバ!」だったのです。放送当時も、情熱ばかりが先行してしまう思春期の少年ゴンチャンの初恋を、上手く演じきったと高評価でした。相手のヒロインユンソを演じたムン・チェウォンさんも、現在では「華麗なる遺産」や「王女の男」・「グッド・ドクター」といったヒット作品に出演し、清純派も敵役もどちらもこなせる演技派女優として高く評価されています。

他にもチャン・ドンゴン役コ・ギュピルさんを筆頭に脇を固める役者の方々が、色々な作品でよく見かけるようなベテランの演技者となっていて、他のドラマを見ながらまた探してみるのも面白いかもしれません。例えば、名前を挙げたコ・ギュピルさんは、「熱血司祭」で主人公を助けるソンサクとヨハンのコンビで愛されたヨハン役を演じています。

今では豪華なキャストの皆さんと、輝かしい成長を遂げた主演二人の初々しい姿と演技を見れる「走れサバ!」は、青春ストーリーとしてもしっかり楽しめるお得な作品となっています。




【NEW!】7/29放送開始【悪の花】を追加で第6回開始

イ・ジュンギ 出演ドラマ ランキング



【NEW!】8月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【U-NEXT独占先行配信】

2020/9/2〜

太陽の帝国〜復讐のカルマ〜

太陽の帝国~復讐のカルマ キャスト・相関図 視聴率

2020/9/2〜 

君の歌を聴かせて

君の歌を聴かせて 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2020/10/2〜

欠点ある恋人たち

2020/10/2〜

ノクドゥ伝〜花に降る月明り〜

※姉妹サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 (別ページで開きます)

ノクドゥ伝 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー