赤い月青い太陽 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

赤い月青い太陽  붉은 달 푸른 해 全32回 (全16話)

第21話視聴率 4.6% 第22話視聴率 4.8% (※第11話)

第21話・第22話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第21話・第22話感想

残酷に殺害されたコ・ソンファンの別の倉庫で目を覚ましたウギョンの隣には、ハナも一緒で、二人には怪我はなく、ハナは犯人の顔まで目撃した状態。でも、犯人が誰なのか、ハナは語ろうとせず。。。恐怖のあまり、子供なのに子供らしくない、感情を表すことができないハナの姿に切ない気持ちになりました。

コ・ソンファンが隠そうとした離せない秘密が明らかになりました。生後15ヶ月の幼児の遺体が発見され、父コ・ソンファンが死亡したことを知ると、父の犯行を語り始めるハナ。しかし、コ・ソンファンを殺害した犯人は、なぜ、コ・ソンファンの秘密を知っていたのでしょうか。

コ・ソンファンの家には監視カメラが3台も設置されていたにも拘わらず、犯人がパソコンを持ち帰ったことで証拠が残っていない状況の中、施設内で子供たちと仲良く過ごしていることから、刑事のジホンはイ・ウノ(チャ・ハギョン)への疑いを強めます。これまでは反論することなかったウノが、アリバイを聞かれると、疑われていることに気づいたのか、強く反論します。

これまでの事件に関わっていると疑われているレッドクライは、ウギョンにコンタクトを取ってきて、約束された時間になると、ウギョンがもしかしたらと思うパスワードを入力します。パスワードが正しいことから、サイトにアクセルすることに成功したウギョン。Razor Headを介してアクセスに成功したサイトは、パスワードで制限がかけられた、許されたユーザーのみアクセスし、児童虐待の事例を紹介する秘密のサイトでした。サイトにアクセスしたウギョンは、IDとパスワードをジホンと共有することになり、警察と共に捜査をすることになります。

 児童虐待が疑われるケースをアップし、アップされた内容をベースにユーザー間で意見交換を行い、ひどいケースは審判を受けることになる。。。これまで7件の審判がおり、1件は待機中の中、7件のうちの3件は、ウギョンが働く児童相談所と関連がある物でした。ウギョンの近くにレッドクライがいるのでしょうか。それとも、ただの偶然なのでしょうか。

 犯人を捕まえるため、ウギョンとジホンは、嘘の児童虐待を作り上げ、サイトにアップします。実際にあった事件と、架空の事件をミックスしたストーリーに、興味を示したレッドクライ。虐待を受けていることを証明する書類を指定された場所に置き、警察が張り込みます。

 しかし、書類が消えた!持ち去ったと思われる人物をジホンが追います。暗いフードをかぶった人物を見失ったジホンは、突然後ろから攻撃され気を失います。ジホンは相手の顔を確認しますが、マスクをつけていて誰なのかが確認できない状況で終わりました。

 一方、ウギョンの妹のセギョンの様子がおかしい。植物状態にあるはずの彼女が、反応を見せる様子が描かれました。レッドクライの疑いがある人物を追う姿と、異変を見せるセギョンの姿が交互に描かれることには、何か特別な理由がありそうですが、全く予想できないところが面白いです。

簡単に次が予想できるドラマとは違い、犯人に近づきそうで、近づけない計算されたミステリアスな展開がすごくいい!

ウギョンの妹セギョンに何があったのか、事件を解決するために重要な人物になりそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第23話視聴率 4.5% 第24話視聴率 5.1% (※第12話)

第23話・第24話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第23話・第24話感想

サブタイトルは、犯人!

犯人と思われる人物を追っていたカン・ジホン(イ・イギョン)は、怪我を負い入院。仮面をかぶっていたため、犯人を特定することはできず、作戦が失敗したことで手がかりとなるサイトまでシャットダウンされてしまいました。

ハンウル児童相談所で3年前まで勤務していたユン・ヨンテが殺害される新たな事件が起きました。殺人凶器に残された指紋と、発見された本に残されていた指紋は、イ・ウノ(チャ・ハギョン)のものと一致。ユン・ヨンテは、Razor Headを通じてアクセスした裏サイトで、審判を待つケースの一つでした。やはり、すべてはハンウル児童相談所と深い関係があるようですね。

ウノがユン・ヨンテ殺人犯として逮捕されますが、殺人を否認し続け、監視カメラのデーターをウノが隠していると刑事の勘をきかせるジホン。発見された監視カメラのデーターには、ユン・ヨンテを殺害するセンター長、ソン・ホミンの姿が映っていて、逮捕されることになったソン・ホミン。

3年前、ハンウル児童相談所のセンター長だった父の病気を機に、新たなセンター長として就任したソン・ホミン。ソン・ホミンセンター長からウノが暴行を受けていることを目撃したウギョンは、これまで常習的に暴行を受けていたことに気づきます。元センター長で、ソン・ホミンの父を恐れるウノ。これまでソン・ホミンが起こしてきた数々の事件の後を処理してきたのがウノでした。これまでの関係から抜け出すことができないように見えるウノ。

今話を観て、疑問に思ったのは、ウノもソン・ホミンも体調不良で引退した元センター長(院長)を恐れることでした。息子のソン・ホミンも殺人犯として警察に逮捕されたことよりも、父の元センター長に知られることを恐れている姿が、気になります。

グリーンのワンピースの少女は、再びウギョンの前に現れ、いまだ謎のまま。妹のチャ・セギョン(オ・ヘウォン)は一命をとりとめ、新たな治療法を受けることに。すると、植物状態にあったセギョンの意識が戻ったような。。。彼女の意識が戻ってもグリーンワンピースの少女が現れたことから、少女のイメージはセギョンではなさそうです。

どちらが先に明らかになるのでしょうか。レッドクライのIDを使う犯人でしょうか、それともグリーンワンピースの少女の正体でしょうか。先が読めない最高の緊張感が続きます。

【豆知識】2018年MBC演技大賞 ミニシリーズ 女優 最優秀賞を受賞

 

赤い月青い太陽 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想

 

赤い月青い太陽 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー