賢い監房生活 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

賢い監房生活  슬기로운 감빵생활 全16話

 

第9話 あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第9話感想

quetalsurinoさんより

看守のペン部長の意外にも人情溢れる姿と、荒い姿など見せたことのないジュノの新たな姿に驚きました。新たに登場した収監者は恐ろしく驚愕な人物で、何気なく観ていてだけに刑務所って想像以上に様々なことが起きますね。数年前、米国ドラマ「プリズンブレイク」を熱心に観ていた頃を思い出して、ジェヒョクが生活する場所かいかに普通の常識では生きていくのが大変なところか、を改めて確認しました。

右腕を使ってボールを投げる練習を始めたジェヒョクでしたが、練習をしてもスピードアップすることができない中、腹痛で病院に運ばれます。虫垂炎(盲腸)の手術をすることになったジェヒョクを看病するのは、優しいジュノでした。

ユ大尉は軍隊式の整理整頓する真面目な人物。全く正反対のヘロンイとのギクシャクする姿に爆笑しちゃいました。少し同じ部屋の収監者たちと溶け合い始めたユ大尉の姿が描かれました。事件のあった経過を聞いたペン部長が気にしていた不寝番日誌(勤務日誌)の存在。事件の真相を知るユ大尉の部下が隠し持っていた不寝番日誌(勤務日誌)がついに兄の手に渡らいました。これで無罪を晴らす兆しがみえてきたようにも思えますが、証言をする部下っているのでしょうか。

新たな収監者の登場を匂わせる終わった第9話。どんどん面白くなってきて、時間が過ぎるのがあっという間。チョン・ヘインの話が中心になってきました!最終話までチョン・ヘインを見続けたいです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第10話感想

quetalsurinoさんより

新たな収監者はジェヒョクの肩を傷つけたトルマニでした!

2上(サン)6房(バン)部屋には再び緊張が押し寄せるエンディング。何かまた事件が起きてしまうのでしょうか。予想外の人物の再登場です。

周りの応援を受け、一生懸命練習を続けたジェヒョクは、ついに猛スピードのボールを投げられるようになった2017年夏に話が突然進みました。

会社の上司の代わりに横領の罪で服役中だったコ博士は、別の刑務所へ移ることになったエピソードでは、彼の残した「ジェヒョク日誌」を読むジェヒョクと共に私も感動して、泣いちゃいました。ドラマの感想を書く時、感動したと表現することが多々ありますが、ここで感じた感動とは心の震えるような感動というより、気持ちの温かさが伝わった時に感じる感動の涙。

登場から衝撃的だった舌足らずの声の持ち主、ムンレドンカイスト(パク・ホサン)は、妻が浮気していることを知りひどく落ち込みますが、インターネットの発達と共に刑務所の中まで迅速に必要な情報が伝わるのが不思議に感じ、笑いが止まらなかったです。

笑ったり、ないたりを繰り返す不思議な力を持つドラマは、話が2017年の夏に話がすすめられたことで、ジェヒョクが刑務所から出る日が遠くないことを意味するのでしょうか。

トルマニの登場で、これまでの平和な雰囲気が壊れてしまうのか、新たなハプニングを起こすことになるのか、興味津々な展開は続きます!

 

賢い監房生活 11話・12話 あらすじと感想

 

賢い監房生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー