賢い監房生活 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

賢い監房生活  슬기로운 감빵생활 全16話

 

第7話 あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第7話感想

quetalsurinoさんより

麻薬常習犯として服役中のハニャン(イ・ギュヒョン)との面会に現れた恋人が男だった!

ドラマでは通称、ヘロンイとして呼ばれている彼は、コミカルで誰にもため口の独特な言葉遣いのキャラクターで、逆転がたくさんあるキャラクターかもと、予想はしていました。ゲイで恋人までいたとは思えなかったのが、予想外。

ヘロンイの恋人、ソン・ジウォン役を演じているのはキム・ジュンハンです。ドラマ「時間」でシン・ミンソク役を熱演した同じ俳優です。これまで明かされることのなかったヘロンイですが、薬学部出身の超エリートで、薬を服用するとそれまでに見せたことのないほどの秀才ぶりを発揮することでした。恋人が登場したことで、ヘロンイがこれまで以上に気になります。ヘロンイに関するエピソードはまだまだ続いて欲しいですね。

野球を続けることにしたジェヒョクはリハビリに励みますが、苦戦が続きます。一方、班長の無茶ぶりで皆が迷惑していた刑務所の木工所の新たな班長になったのはジェヒョク。怖い人がたくさんいる刑務所の中で、元班長を怒らせることになったジェヒョク。このまま静かな監房生活が続くことを願います。

ユ・ジョンフン大佐の事件を確認していたペン部長は、事件の経緯に注目します。何かがおかしいと気づいたペン部長。常習的な暴力があったことは事実でした。でもその中心にいたのはユ大尉ではなく、別の人物だった!ユ大尉の事件には何か裏がありそうですね。

ジェヒョクを中心に刑務所内での生活やそこで生活する人物を描いていくドラマですが、完成度が非常に高く、どんどんとひきつけられる感じが強く、日常とは違う話に親近感まで湧いてします。

演劇やミュージカルを中心に活躍する俳優が多く出演するからか、演技面でのバランスは最高です。時間が許すなら第1話から最終話までいっきに観たい!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第8話感想

quetalsurinoさんより

笑いと感動が共存する展開が素晴らしい!

「あなたが眠っている間に」で、イ・ジョンソクの弟を演じたシン・ジェハが、刑務所内の木工所で働く受刑囚として登場しましたが、第8話になってやっと名前がキム・ミンソンだと明らかになりました。

真面目なキム・ミンソンの仮出所が1点不足との理由にナ課長から却下されたことを知ったジェヒョクは、1点足りず対象から外れたミンソンのために、ジェヒョクは寄付金を準備、反対したナ課長に10分間だけミンソンの日誌を読んでもらうようお願いします。ミンソンが刑務所に入ることになった理由に、やるせない気持ちになりました。ジェヒョクのアドバイスに涙するミンソン同様、悲しい気持ちでもらい泣き。

堅物のイメージのユ大尉はやっぱり、まっすぐなだけで悪い人物じゃなかったですね。軍隊で起きた暴行事件の真犯人は、議員の息子でした。暴行事件を目撃したユ大尉が取った行動は、加害者と被害者に一発ずつ叩いたこと。しかし、翌日被害者が死亡したことで、ユ大尉が殺人の罪に問われることになったとは。真相を知ったペン部長が悩ましい表情になるのも分かります。弟の無罪を証明するため動くユ大尉の兄の姿が描かれましたが、誰からも証言を得られないまま。。。ユ大尉の無罪を果たして晴らすことができるのでしょうか。

ユ大尉が2上(サン)6房(バン)部屋の皆と、仲良くなることになるか、関心が高まります。ジェヒョク、ユ大尉、コ博士、キム・ミンソンのエピソードまで、一話の中に多くのエピソードが描かれています。でも全く雑になることがないのが、すごいと思いました。

【豆知識】野球選手アン・テヨンが特別出演しています

賢い監房生活 9話・10話 あらすじと感想

 

賢い監房生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー