賢い監房生活 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

賢い監房生活  슬기로운 감빵생활 全16話

 

第15話 あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第15話感想

quetalsurinoさんより

予想していた通り、木工所の元ヨム班長の登場で、再び緊張させられました。ジェヒョクのために特別に準備された練習所の存在を知ったヨム班長と仲間は、特別待遇されている様子を記者にばらすと、ジェヒョクを脅迫しお金を要求します。

元彼女ジホのアドバイスで、練習所を閉鎖し片づけたことで、無事終わるのかと思いました。でもヨム班長のせいで、法者が罰を受け一人部屋に送られたことを知ったジェヒョクの驚く顔を最後に、ドラマは終わりました。

次の第16話は最終話ですが、果たしてどのようなエンディングを迎えることになるのでしょう。リアル感を持たせた展開だけに、登場するみんなが幸せな結末を迎えることになるとは限らないのは分かっていました。

でも、出所したヘロンイが再び薬物に手を出して再び逮捕されることになるのは、残念過ぎる。。。指輪を準備してヘロンイを待つ恋人の姿と、息子を更生させようとする両親には残酷すぎる終わりでした。仮出所の審議で落ちてしまったチャン・ギスでしたが、クリスマスに合わせ仮出所が決まり、女子学生はチャン・ギスの娘だと分かり、家族の大切さがしみじみと伝わった一話でした。

一方、進展がないのが心配だったユ大尉の事件ですが、兄の努力の甲斐があって、真犯人がユ大尉ではなく、オ兵長だったことが明らかになりました。裁判の結果は最終話で分かりそうですね。

どんな最終話を迎えることになるのでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第16話(最終回)あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第16話(最終回)感想

quetalsurinoさんより

感激の最終話でした!

挑発されていると知りながら、2上(サン)6房(バン)の収監者たちに被害が及び始めると、行動に出たジェヒョク。予想外のジェヒョクの緻密な計画に驚きます。妹の話しで挑発されたジェヒョクは、コントロールができず、覚悟を決めヨム班長に一撃を加えようとした時、先に手を出したのは、ジェヒョクが助けた無期懲役のおじいさんでした。

「キム選手、遅くなったけど、命を助けてくれてありがとう」との言葉に、無期懲役囚になった事情が頭をよぎりました。強姦された娘の死、受け入れることができず自殺した妻、有力者の息子だった犯人は権力で裁判をコントロール。残された父は自ら加害者を征伐する。。。この父が無期懲役囚のおじいさんでした。生きる希望を失って刑務所暮らしを続けていた彼に、ジェヒョクが贈った花。花言葉が「家族への思い」だったようです。

刑務所の中でも外でも、自分らしさを失うことなかったジェヒョクを通じて多くの感動を知ったような気がします。ペン部長は最後まで最高にいい人でした。コミカルな役から悪役まで、どんな役も万能に熟せるチョン・ウンインが演じたペン部長も大好きでした。正直、「君の声が聞こえる」をみて以降、悪役俳優のイメージが強かっただけに、意外性に毎話驚かされたように思います。ユ大尉の第2審も受け入れられました。

1話からジェヒョクに刑務所マニュアルを伝授し、サポートしてきた法者(キム・ソンチョル)は、刑務所を出てジェヒョクのマネージャーとして働く姿に、希望まで与えた理想的なエンディングでした!案外、適当に無茶な設定を作ることがあるドラマとは違い、詳細かつリアルに、視聴者目線で描いていったところに惹かれたようです。

再び野球選手としてマウンドに立つジェヒョクの姿と、看守として成長したジュノの姿を最後に、ドラマは終了。

賢い監房生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー