賢い監房生活 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

賢い監房生活  슬기로운 감빵생활 全16話

 

第11話 あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第11話感想

quetalsurinoさんより

ジェヒョクと同じ拘置所にいたトルマニが、ジェヒョクと同じ部屋で過ごすことを誰よりも気にするのはジュノ。ジュノだけではなく、同じ部屋の収監者は皆トルマニからジェヒョクを守ろうと必死になる中、恐れていた事件が起きてしまいました。トルマニはジェヒョクを消そうと火をつけましたが、中にいたのはジェヒョクではなく、無期懲役の収監者のおじいさん。結局、怒りをおさえることができず、ドルマンを暴行するジェヒョクの姿にハラハラさせられました。

嬉しいニュースは野球選手として復帰できる可能性が高くなったことです。焦ることなくゆっくり受け入れてくれる球団を探すことになるジェヒョク。色々とあったけど、ホッとしました。でも、トルマニとの問題はどのように解決していくのか、この先が気になりますね。

兄の働きかけで第2審を準備中のユ大尉。証拠と目撃者がいるため、順調に進むように思えましたが、嘘があったことを立証するためには、その場にいた全員の証言が必要とのことで、予想していた以上に厳しい裁判になりそうです。

段薬を続けていたハニャン(ヘロンイ)は、体調不良に陥りながらも、恋人ソン・ジウォンとの面会のチャンスを逃さないため、痛くても痛いと言えない姿に心苦しい気持ちになりました。ハニャンとジウンのラブストーリーまで描かれ、ドラマを観るのがすごく楽しかったです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第12話感想

quetalsurinoさんより

さまざまな様子が描かれ、今話の一言感想は、ハラハラ・・・

ジェヒョクからの暴行で入院中のトルマンが再びジェヒョクを狙う姿が描かれました。確か第1話で、ジュノが刑務所の中は、世間でいう犯罪者ばかりで誰も信じてはいけないと忠告したことがありましたね。刑務所内のマニュアルを伝授し、ジェヒョクをサポートする法者の姿に、外の常識が全く通らない世界ではないだろうと思っていたら、お金で簡単に裏切る人物がいた

トルマンが目をつけたのは、ドーピング検査。野球選手として復帰することが決まったジェヒョクの胃薬を別の薬にすり替え飲ませる計画は、ユ大尉とヘロンイのおかげで失敗に終わりました。決着がつくまでトルマンは何度も何度も仕掛けてくる気がします。

ジェヒョクの野球選手復帰のニュースが流れて以降、手を挙げた球団は10か所。しかし、ジェヒョクの契約条件を受け入れたのはNexenのみ。妹を守ろうとするジェヒョクの姿カッコよかったです。契約条件は、妹の話を一切記事にしない、マスコミから妹を守れる球団でした。

ジェヒョクの妹ジェヒとジュノのロマンスも描かれ、火傷の痕があるペン部長を気遣うジュノの姿に優しさを感じました。ジェヒョクスタイルも嫌いじゃないけど、どんなこともスマートに対応するジュノもドラマも進行と共に好きになるしかないキャラクターですね。

もしもトルマンがすり替えさせた薬をジェヒョクが飲んでいたら?と、彼の再登場から緊張を緩めることができなった展開に、ハラハラ。最もハラハラさせられたのは、ジェヒョクが直談判に訪れた時でした。ジェヒョクの言葉に耳を疑ってしまった。。。「一緒に野球をしよう。キャッチャーになれ!」の言葉に、ホッと。

ジェヒョクらしい解決方法に感心!

賢い監房生活 13話・14話 あらすじと感想

 

賢い監房生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー