賢い監房生活 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

賢い監房生活  슬기로운 감빵생활 全16話

 

第1話 あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第1話感想

quetalsurinoさんより

超人気野球選手だったキム・ジェヒョクが、暴行されそうになった妹を助けようと、犯人を殴って意識不明の状態に陥ります。正当防衛のはずが、加害者となったジェヒョク。刑務所に収監されることになり起きる様々ハプニングを描いていく、ブラックだけどリアルな刑務所生活のスタートです。

韓国では根強い人気を誇る「応答せよ」シリーズを手掛けたシン・ウォンホ監督の最新作として、放送前から話題を呼びましたが、韓国ドラマが好きな方は、このドラマは「絶対に観ないといけないマストドラマ」と言い切れるほど、個人的には最近観た韓国ドラマの中でベスト・オブ・ベスト!

真面目に野球一筋の人生を生きたキム・ジェヒョクが、それまでとは全く違う刑務所での生活が始まることになりますが、果たしてこの先何が起きることになるのでしょう。順調に1年の刑を終えることができるのでしょうか。

外の世界とは全く違う刑務所での慣れない生活に怯えるジェヒョクは、気を使っていたにも拘わらず、喧嘩に巻き込まれたジェヒョクは、幼馴染のジュノと再会します。野球少年だったジュノが野球を辞めた理由が描かれました。恩師を亡くした交通事故で、軽い怪我をした選手と重傷を負った野球選手が登場。軽い怪我を負った先週は看守になったジュノで、酷い怪我を負いながらも野球を辞めなかった選手がジェヒョクだったとは。。。

ジュノは独房に入れられたジェヒョクに、刑務所は法を犯した犯罪者が収監される場所、中にいる誰も信じないようアドバイスしますが、果たしてジェヒョクの監房(刑務所)でのこの先どうなるのでしょう。

主人公ジェヒョクを演じるのはパク・ヘスですが、「青い海の伝説」や「六龍が飛ぶ」などに出演した俳優のイメージしかなく、主人公としての魅力は第1話では見つけられなかったです。でも出演したドラマが少ないということは、重なるイメージも少ないということで、新鮮さはありそう!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn181106/

第2話感想

quetalsurinoさんより

常にジェヒョクの心配をするジュノとは違い、中での生活に少し慣れてきたジェヒョク。ジェヒョクに優しかった普通のおじさんのように見えた受刑囚が殺人罪で死刑を宣告された人物だと知り驚くジェヒョク。第1話でジュノがアドバイスしていた通り、普通の人はだれ一人いないところが、刑務所なのでしょうか。第2審で、正当防衛ではなく過剰防衛の罪で1年を求刑されることになりました。

刑務所での日常が描かれ、ジェヒョクの大ファンのジュノの弟が登場!ジェヒョクとの面会が実現すると大喜びする弟ジュンドル(キム・ギョンナム)。ジュンドルの職業が気になるような描かれ方は、もしかして計画的なもの?と考えていたら、特別扱いされ一人運動する時間を送ることができるようになったジェヒョクの様子が描かれたことも含め、すべての理由が分かり、なるほど!と納得します。

弱い立場の受刑囚を利用して悪事を続けていた看守のチョ主任の様子がニュースに流れ、取材をしたのはイ・ジュンドル社会部記者!面会に来たジュンドルにチョ主任のネガ持ち掛けたのはジェヒョクだった。期待していなかったのに、この展開はスッキリ!チェ主任を演じたソン・ドンイルって不思議な俳優ですよね。悪役から、看守、裁判官まで様々キャラクターを演じながらも、全く同じ重なることのない演技を見せますね。登場人物が多いドラマなので、特別出演を含め、今後登場するキャラクターも個性溢れそうで、どんどん期待が高まります。

少しずつ刑務所内のルールややりやり取りなどを意識するようになり、静かな中での生活を送っているはずのジェヒョクにもストレスがあるよう・・・です。心臓発作で病院に運ばれたトルマ二が戻ってきたと思ったら、先の尖った歯ブラシでジェヒョクを攻撃することに。。。ジェヒョクの賢い監房生活はこの先どうなるのでしょう。

適度な暗さとリアルな刑務所生活の展開に、「応答せよ」を観た時とは違う意味での、ハマるツボがある展開に、最終話まで期待できるドラマだと感じました。

 

賢い監房生活 3話・4話 あらすじと感想

 

賢い監房生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー