貴婦人(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●FOX S&E(2018/10/2から)月~金曜日8時から全話無料放送です 字幕
●FOX S&E(2018/4/19から)月~金曜日11時から全話無料放送 字幕
●TBSチャンネル1 (2017/11から)再放送 字幕

貴婦人  귀부인 全114話
2014年放送 JTBC
平均視聴率 2.04% 시청률
貴婦人 DVD-BOX1
あらすじ

 住み込みで働く家政婦の娘シネ(ソ・ジヘ)と、その屋敷に住む韓国有数の富豪“名家グループ”の令嬢ミナ(パク・ジョンア)。シネはミナの母ソンジュの口利きで名家デパートに就職し、上司のジョンミン(ヒョン・ウソン)に恋心を抱いていた。ところがある日、シネはミナとジョンミンが恋人同士であることを知り、ショックを受ける。その上、無理難題を押しつける客とトラブルを起こし、デパートを解雇されてしまう。そんな中シネは、親に黙って留学をやめてアメリカから帰国していたミル化粧品社長の息子ヨンミン(チョン・ソンウン)と最悪の出会いをする。

一方ミナは、家柄が釣り合わないことを理由にソンジュからジョンミンとの交際を反対され、デヒョンメディアグループの御曹司キハ(リュ・テジュン)との縁談を強引に進められてしまう。ジョンミンはソンジュに交際の許しを請うが、ソンジュは気にも留めず、冷酷にもジョンミンを解雇する。
数日後、シネが新たな就職先を求めて面接に行くと、そこに現れたのはかつての上司ジョンミンだった…。

キャスト

パク・ジョンア イ・ミナ 名家グループ令嬢 デパートを経営する両親の元で何不自由なく育つ。
ヒョン・ウソン ハン・ジョンミン ミナの恋人、名家デパート商品政策室長
ソ・ジヘ ユン・シネ 名家グループの家政婦の娘、名家デパート社員
チョン・ソンウン パク・ヨンミン ジョンミンの従兄、ミル化粧品常務 留学をやめて帰国。

リュ・テジュン ペク・キハ テヨン財閥代表。
チャン・ミヒ ホン・ソンジュ ミナの母、名家デパート社長
ソヌ・ウンスク パン・ジョンシム シネの母、ミナの家の家政婦
イ・シオン ユン・シンジュン シネの兄
ハン・イェウォン チョン・ソッキョン シネの友人、シンジュンの恋人、カフェ店員
ムン・ヒギョン パク・キョンジャ ジョンミンの母、ジョンシムの友人
トッコ・ヨンジェ パク・キョンジュン ヨンミンの父、キョンジャの兄、ミル化粧品社長
ユ・ヘリ ファン・ミョンジュン ヨンミンの母、ミル化粧品オーナー

スタッフ /[脚本]ホ・ヨンオク[演出]ハン・チョルス
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
oyuki0501さんの感想より

●貴婦人となっていく二人の女性の行方は?!

「貴婦人」という響きに惹かれてこのドラマを見始めました。「貴婦人」という題名だけあってきっと上流社会の話なんだろうと思いまして。個人的にそういうドラマが好きでよく見ています。

このドラマは、ある財閥の令嬢ミナという人物と、ミナの家で住み込みの家政婦をしている母の娘シネという人物の二人が中心となっています。この二人が紆余曲折ありながらもたくましく貴婦人への階段を一歩一歩上がっていくという、ざっくりいうとそのようなストーリーです。

愛、金、権力、嫉妬、記憶喪失、嫁姑のいざこざなどといったような韓国ドラマによくありがちな事柄が盛りだくさんで、そういった系統のドラマがお好きな方にはもってこいの内容となっていますよ。

また演じている俳優さんたちが役柄にぴったりなんです。一人一人がすごく役にはまっていて、とても関心しました。その中でも特に印象に残っているのが、このドラマの男性主役を務めておられるジョンミン役のヒョン・ウソンさんです。とてもむずかしい役だったと思うのですが最後までとても立派に演じておられました。

ジョンミンという人物は初めはまぁふつうの人なのですがストーリーの中盤以降ぐらいから人間が変わってしまうのです。歪んだ欲望に捕らわれた悪役に変身していきます。そしてとんでもない不幸を背負うのです。演じていてとてもむずかしく大変だったのでないかと思いますが案外こういった役は慣れていたのかも知れません。というのもヒョン・ウソンさんは韓国ドラマ「福寿草」「カッコウの巣」「嵐の女」などといった、いわゆるドロドロ系ドラマの常連みたいですね。

1979年生まれで元々はモデルさんだったそうです。たしかに183㎝と高身長ですし、さわやか系のお顔立ちですね。女優さん達もすごくきれいでした。特にシネの花嫁姿には、ほんと心打たれました。ウエディングドレスのデザインがとても素敵でシネのために作られたのではないかと思うぐらい似合いまくっていて感動しました。

ミナは初めからほんと嫌なやつで正直好きになれなかったのですが最後に「自分の周りにある幸せをつかんだほうが良い」とシネに言うシーンがあります。その言葉にミナの成長を感じてなんだかほっこりした気分になりました。

終わりがすっきりしないドラマがたくさんありますが、この「貴婦人」はどちらかというと温かい気分で終わりを見られるドラマだと思うので良いですよ。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿