豚の王 1話・2話 あらすじと感想

豚の王


豚の王 돼지의 왕 The King of Pigs 2022年 TVING 全12話

neroさん

第1話あらすじ

通報を受けて、事件現場へ駆け付けた女性刑事カン・ジナ(チェ・ジョンアン)。そこでジナが目にしたのは、リビングの中央に横たわるパク・ミンジュ(ハン・スヨン)の遺体でした。遺体の脇には、練炭が…。

現場を調べるなか、パク・ミンジュの首筋に圧迫したような痕を発見したジナ。さらにトイレには、別の人物のものと思われる吐しゃ物がありました。他殺の可能性が高いと考えるジナ。すると、ジナと一緒に現場を調べていたジン・ヘス(チョン・ウィジェ)が、窓ガラスに書かれた謎のメッセージを発見します。そこに書かれていたのは、ジナの後輩で強力班の刑事チョン・ジョンソク(キム・ソンギュ)へ向けたメッセージでした。そしてそのメッセージを書いたのは、被害者の夫ファン・ギョンミン(キム・ドンウク)。

署へ戻ったジナは、後輩のジョンソクとファン・ギョンミンの関係を調べます。2人は同じ中学校出身で、中学2年の時にジョンソクは別の学校へ転校。同じ年にギョンミンが学校を退学したとの記録が。

ジョンソクの自宅へ向かったジナは、突然の訪問におどろくジョンソクに向かって、ギョンミンとの関係についてたずねます。中学の同級生だが、今はもう20年以上連絡を取っていないと話すジョンソク。そんなジョンソクに、ジナはギョンミンの妻が死亡したこと、そして窓ガラスに残っていたジョンソク宛てのメッセージについて話します。

司法解剖の結果、ギョンミンの妻ミンジュの死は練炭による典型的な自殺と判断。その一方で、遺体の首と胸元についた圧迫痕から、強制的に死に追いやった可能性も考えられると医師はいいます。その後、ジナとジョンソクは、ギョンミンが通っていた精神科の医師から話を聞くことに。

ギョンミンの担当医はもともと妻のミンジュと親しい間柄だったようで、ミンジュを通して夫ギョンミンの診療を行うようになったといいます。幼い頃の家庭内暴力が原因で、トラウマに悩まされていたギョンミン。ミンジュと結婚してから、その症状はだいぶ改善されたと医師は話します。しかし1年前、ミンジュがギョンミンの実家で幼い頃のアルバムを目にした頃から、ふたたびギョンミンの症状は悪化。アルバムには、ギョンミンが同級生からからかわれる姿が映っていました。

ギョンミンの自宅で見つけた大量の睡眠薬について質問したジナは、ギョンミンではなくミンジュに睡眠薬を処方したという医師の言葉に、思わず眉をひそめます。その頃、事前に逃走を計画していたかのように、公衆トイレで着替えを行い、仕度を整えるギョンミン。そんななか、ギョンミンの目に自分をからかっていた少年たちの姿が。ただ黙って言うことを聞くしかなかった幼い頃の自分の姿を見て、苦痛に顔をゆがめるギョンミン。

一方、死亡する前のミンジュの行動を追ったジナは、CCTVの映像から、スーパーの一角で何かを手に取るミンジュの姿を発見。そこに置かれていたのは、なんと練炭でした。実は無理心中を計画したのはギョンミンではなく、妻のミンジュだったのです。

過去のトラウマに悩まされ、自分を苦しめた少年たちに復讐を誓ったギョンミン。そんなギョンミンの計画を知ったミンジュは、「私が助けてあげる。」と言って、ギョンミンに睡眠薬を飲ませます。しかし、日頃から睡眠成分が入った薬を大量に服用していたギョンミンには、効果がなく。眠りから覚めたギョンミンは、隣で動かなくなっているミンジュを見て、必死に心肺蘇生を行います。ミンジュの身体についた圧迫痕は、この時にできたものでした。

第1話感想

20年前の友人が残したメッセージから、過去の記憶を呼び覚ます追跡スリラー!

TVINGオリジナルで配信がスタートした本作。2022年上半期最高の問題作とも言われ、話題を呼んでいます。ヨン・サンホ監督の同名長編アニメを原作に、ドラマならではのオリジナルストーリーも追加。実力派揃いのキャストと緊張感あふれるストーリー展開で贈る、本格サスペンスドラマです。

主演を務めるのは、「その男の記憶法」や「君は私の春」で知られる俳優キム・ドンウク。キム・ドンウクが演じる主人公ギョンミンは、過去のトラウマに悩まされる男性。妻が死亡した現場に20年前の同級生に対するメッセージを残す場面から、物語はスタートします。

ギョンフンの同級生で現在は強力班の刑事を務めるジョンソク役には、Netflixオリジナルドラマ「キングダム」でブレイクを果たしたキム・ソンギュが抜擢。ギョンミンが起こした事件とそこに残されたメッセージから、20年前の記憶を振り返るジョンソク。果たして2人の過去には、一体何が…?

そして、ドラマオリジナルキャラである女性刑事ジナを女優チェ・ジョンアンが演じます。主演のキム・ドンウクとチェ・ジョンアンは、「コーヒープリンス一号店」以来、15年ぶりの共演。といっても、実際に2人が顔を合わせるシーンはないようですが、実力派同士の演技に期待が高まります。

第2話あらすじ

幼い頃、父親からの家庭内暴力に苦しめられたギョンミン。そんな父親の最期に立ち会うこととなったギョンミンは、隣に立つ母親と妻ミンジュに、父親と2人きりにして欲しいと頼みます。2人が病室を出た後、呼吸器をつけてもうすぐそこまで死期が迫っている父親に向かって、「やっと天が僕の望みを聞いてくれた。」とギョンミン。次の瞬間、ギョンミンは延命装置の電源を切ります。

上司からチーム長の席を提案されるジョンソク。上司はジョンソクに、昇級審査の準備をしておくようにと伝えます。その後、ジョンソクとジナが向かったのは、ギョンミンが代表を務めるシンソク運輸。そこで2人はギョンミンが本名ではなく、ナム・ギチョルという偽名を使って会社を運営したことを知ることに。1年前に経営難でつぶれかけていた運輸会社を買収したギョンミンは、新たに会社名をシンソク運輸に変え、経営を持ち直したといいます。そんななか、職員と思われる男性にふと視線を向けるジョンソク。

車に戻ったジナは、中学時代のギョンミンについてジョンソクに尋ねます。小学校の時から、同じ地区で暮らしていた2人。中学2年になって同じクラスになってからは、急速に仲が深まったといいます。

新学期が始まってやっと不良たちから解放されると喜ぶギョンミンでしたが、新しいクラスで待っていたのは、1年の時にギョンミンをいじめていた不良たちでした。そこで同級生から執拗ないじめに遭うギョンミンの姿を目にしたジョンソク。しかし、友人たちから止められ、ジョンソクは見て見ぬふりを貫くことに…。

着替えを済ませたギョンミンは、かつて自分をいじめた同級生の1人が働くカーセンターへ。ギョンミンの正体を知らないアン・チョンヒ(チェ・グァンジェ)は、ギョンミンのことを「ナム代表」と呼びます。

応接室へ案内されたギョンミンは、隠し持ったナイフでチョンヒを襲おうとしますが、なかなかタイミングが合いません。すると、チョンヒの家で一杯飲みたいと誘うギョンミン。最近購入したばかりだというチョンヒのマンションに足を運んだギョンミンは、壁にかけられた家族写真を一瞥します。

小さな整備会社を営むチョンヒに、シンソク運輸の代表ナム・ギチョルとして接近したギョンミン。シンソク運輸という名前の響きがいいと称賛したチョンヒは、自分も同じ名前の中学校に通っていたと語ります。ギョンミンにとっては地獄のような日々だった中学時代。しかしチョンヒは、中学時代にはいい思い出が沢山あったと笑います。

チョンヒから酒をすすめられたギョンミンは、それには口をつけず、反対にチョンヒのグラスに酒を注ぎます。しばらくして、薬の影響で意識が朦朧とし始めるチョンヒ。そんなチョンヒに向かって、ギョンミンは自分がかつての同級生ファン・ギョンミンであると明かします。最初はファン・ギョンミンが誰かすらわからないチョンヒ。するとギョンミンは注射器を取り出し、目の前のチョンヒに向かって襲いかかります。

力ずくでギョンミンから注射器を奪うチョンヒ。さらに近くにあった果物用のナイフでギョンミンに切りかかるも、ギョンミンも必死にそれに抵抗します。そんななか、ギョンミンの目に映ったのは、フードを深く被った謎の少年の姿。

その後、ふたたびギョンミンが事件を起こしたと聞き、現場へ駆け付けたジナとジョンソク。そこには、無惨な姿で殺害されたアン・チョンヒの姿が。さらに壁には、またしてもジョンソクに向けたメッセージが残されていました。

第2話感想

ついに始まったファン・ギョンミンの復讐劇・・・

殺されたアン・チョンヒは局部が切られた状態で見つかり、かつてチョンヒらがギョンミンに行った性的な嫌がらせが思い出されます。さらに壁に残された、ジョンソクに向けたメッセージ。

ジョンソクとギョンミンは、唯一無二の親友でした。しかし、同じクラスになって初めて目にした、ギョンミンに対するチョンヒによる執拗なイジメ。最初は止めに入ろうとしたジョンソクでしたが、手を貸せば今度はお前がターゲットにされると言われ、結局何もできず…。ギョンミンにとってはただ傍観するだけのジョンソクもまた、チョンヒと同様に見えたのではないでしょうか。

ギョンミンの受けた心の傷を考えると、胸が苦しくなります。イジメの事実を知った母親はすぐに転校を勧めますが、どうせ同じ目に遭うだけだとそれを断るギョンミン。結局、チョンヒによるイジメはエスカレートする一方。

ギョンミンが自らの本名を明かした時、誰のことかわからないといったチョンヒの反応が余計にショックでした。ギョンミンにとっては忘れたくても忘れられない過去だというのに、当の加害者はまったく記憶にないという事実。これがイジメの現実なのでしょうか。

まだ2話だというのに、俳優陣の高い演技力と緊張感あふれる演出に、思わず夢中になってしまいます。次回の展開も気になります。




【放送情報】

 

【グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~】

●BS 12 2024/2/14(水)16:00~

グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

 

【応答せよ1997】

●BSフジ 全16話(2024/2/16から) 月~金曜日10時から 字幕  2/15に事前ナビ特番

応答せよ1997 キャストと相関図 視聴率 あらすじと感想

 

【あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜】

●BSJapanext 全20話(2024/2/17から)土曜日14:30から4話連続放送 字幕

あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【本当に良い時代】

●BS日テレ 全50話(2024/2/19から)月~金曜日15時から 字幕

本当に良い時代 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【太王四神紀】

● BSフジ   全31話(2024/2/21から)(BS182 - サブch)月~金曜日9時から 字幕

太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想 相関図 (※外部リンク)

 

【イノシシ狩り】

●WOWOW (2024/2/22~2/27) 2/22(木)2/23(金) 2/26(月)2/27(火) 午前8:30~

イノシシ狩り(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

 

【王女ピョンガン 月が浮かぶ川】

●テレ東(2024/2/23から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

王女ピョンガン 月が浮かぶ川 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

 

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP