豚の王 (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想とキャスト

豚の王



目次

放送予定

【日本放送】

未定

【韓国放送期間】2022年 3月18日~

豚の王

出典:https://www.tving.com/
豚の王 돼지의 왕 The King of Pigs
2022年 TVING 全12話
連続殺人事件の現場に残された20年前の友人のメッセージから、“暴力の記憶”を思い出すようになった人々のストーリーを描く追跡スリーラー
(脚本:タク・ジェヨン、演出:キム・デジン、キム・サンウ)原作:ヨン・サンホ 「豚の王」

キャスト

キム・ドンウク(ファン・ギョンミン役)(子役:イ・チャンユ)

35歳。1987年生まれ。新石運輸代表。20年前、学校暴力の記憶を忘れずに生きる男。

キム・ソンギュ(チョン・ジョンソク役)(子役:シム・ヒョンソ)

35歳。1987年生まれ。ソウル警察庁広域捜査隊強力1チーム刑事。20年前に友人から受け取ったメッセージを追跡する刑事。警察隊出身。部下たちの信頼も厚い。ファン・ギョンミンとは幼い頃から親しい関係であり、いじめられたギョンミンの唯一の友人だった。

チェ・ジョンアン(カン・ジナ役)

ソウル西洞警察署強力2チーム刑事。講壇のある原則主義者であり、事件に差し込まれれば水火選ばないカリスマ刑事。警察隊出身でジョンソクとは先輩後輩。

ファン・ギョンミンの周辺人物

ファン・ミンイク  (パク・ソンジン役)

運輸管理所長。

イ・ジハ  (キム・ソンヒ役)

ファン・ギョンミンの母。息子を心から愛し、ギョンミンが学校暴力を受けている事実を知って悲しむが、何の措置も取れなかった。

リュ・ヒョソン (ファン・ギョンミンの父役)

ファン・ギョンミンの父。ファン・ギョンミンが幼い頃、家庭暴力と暴言で彼にトラウマを抱かせた人物。

広域捜査隊

イ・テゴム (ソ・ドンジン役)

ソウル警察庁広域捜査隊強力1チーム長

アン・ドゥホ (ナム・ドクウ役)

ソウル警察庁広域捜査隊強力1チーム刑事。

チ・チャン (チョ・ピルドゥ役)

ソウル警察庁広域捜査隊強力1チーム刑事。

パク・ジン役 (ドゥ・マンジェ役)

ソウル警察庁広域捜査隊強力1チーム刑事。

ソウル西洞警察署

キム・ヒョンジュン(キム・ジェホ役)

ソウル西洞警察署強力2チーム長

チョン・ウィジェ (ジン・ヘス役)

ソウル西洞警察署強力2チーム刑事

キム・ミンソク (キム・ミンシク役)

ソウル西洞警察署強力2チーム刑事。

ソ・ジェギュ(オ・ドシク役)

ソウル東洞警察署強力2チーム刑事。

中学校側の人物

オ・ミンソク (カン・ミン役)(子役:ムン・ソンヒョン) 

中学校時代には医師の家の息子であるうえ、勉強もでき、各種の競技大会で受賞して学校の名誉を高めた模範生であり、これにより先生たちに人気が良かった。しかし、これはイメージメイキングで作られた姿に過ぎず、実像は一進群の頭頭で喫煙など学生身分に似合わない行動をすることはもちろん、ファン・ギョンミンに対するいじめを主導した。自分の評判にとても執着する姿を見せて、ファン・ギョンミンをいじめるときにも他の子供たちを前に立てたが、たまに自分も直接的な暴力を振り回した。

チェ・グァンジェ (チョンヒ役)(子役:ソン・スンファン)

ドリームカーセンター社長。ファン・ギョンミンを苦しめた加害者 1.本来は自動車油や盗む特別な人生を生き、シン・ソク運輸代表のファン・ギョンミンがナム・ギチョルで身分を偽装した。

チェ・ヒョンジン  (キムチョル役)

キム・ミンソク (チェ・ソンギュ役)(子役:チャン・デウン)

ファン・ギョンミンと同じクラスであった同窓生の一人。チョン・ヒョンヒがファン・ギョンミンを這うようにさせると、ファン・ギョンミンを足で蹴ったり、カンミンが班長になったときに席に起きて拍手をするなどカン・ミンの群れに叫ぶ姿を見せる。大人になっても、その習性は相変わらずカン・ミンに電話をして警察が訪ねてきたことを知らせたり、自分の会社に新約束が発売されたが、カン・ミンの病院にどうしようかということを言う。警察が訪れてファン・ギョンミンについて尋ねると、記憶が出ないふりをする。

カン・ジョンウ(イ・ギウォン役)(子役:キム・ワンギュ)

ファン・ギョンミンと同じクラスだった同窓生の一人。中学生時代、チェ・ソンギュと親しい間に見え、半分で同様のポジションに見える。チェ・ソンギュと大人になっても連絡をして過ごすものと見られる。銀行員として働いており、チェ・ソンギュと同様に職場に警察が訪れてファン・ギョンミンについて尋ねると記憶がないという。

ウン・イェジュン(パク・ジェウ役)

カン・ジソク(パク・チャンヨン役)

イ・ギョンヨン(チェ・ソクギ役 )

ファン・ギョンミンが中学校2年生だった時代、彼の担任だった。

原作との違い

原作とドラマの展開がまったく他の作品だと見ても良いほどかなり変わった。原作の場合、ファン・ギョンミンとチョン・ジョンソクの嘆きと絶望を中心とした回想物式展開だが、ドラマはこれによって起こる殺人事件と彼を追う人々の話を扱った犯罪スリラージャンルに変わった。内容から見た過去の加害者たちに向けた復讐劇で原作と違って加害者たちの最後が出てくる。

原作ではチョン・ジョンソクの職業が小説家だったが、ドラマでは刑事として登場する。

原作ではチョン・ジョンソクとファン・ギョンミンとも大人になって社会的に成功できなかったが、ドラマではチョン・ジョンソクは警察隊出身経緯で、ファン・ギョンミンは成功したタクシー会社のCEOになるなど、両方とも社会的に成功したと出ている。

話数ごとのあらすじと感想

neroさん

豚の王 1話・2話 あらすじと感想

豚の王 3話・4話 あらすじと感想

豚の王 5話・6話 あらすじと感想

豚の王 7話・8話 あらすじと感想

豚の王 9話・10話 あらすじと感想

豚の王 11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●事件現場に残された20年前の友人からのメッセージ・・・忘れかけていた過去の“イジメ”の記憶が蘇る、衝撃の追跡スリラー!

2012年にカンヌ国際映画祭へ進出したヨン・サンホ監督の長編アニメーション「豚の王」を原作とし、新たにオリジナルストーリーを追加した本作。私は原作のアニメは見ていませんが、ドラマだけでも十分楽しめる内容となっていました。

主演を務めたのは、「その男の記憶法」や「君は私の春」で知られる俳優キム・ドンウク。これまでどこかほんわかとした雰囲気で、優しい男性を演じることが多かったキム・ドンウクが、本作では連続殺人犯を演じます。終始すべてに失望したような、無気力な表情を見せていたキム・ドンウク。新たなキム・ドンウクの魅力に出会える作品です。

そして、キム・ドンウク演じるファン・ギョンミンの同級生で警察のチョン・ジョンソク役には、Netflixオリジナルシリーズ「キングダム」で一躍ブレイクしたキム・ソンギュが抜擢。キム・ソンギュの鬼気迫る演技に、思わず釘付けになってしまいました。

さらにドラマオリジナルキャラクターであるジョンソクの先輩刑事、カン・ジナ役に女優チェ・ジョンアンが登場します。チェ・ジョンアンとキム・ドンウクは、大ヒットドラマ「コーヒープリンス1号店」以来、約15年ぶりの共演。しかし、実際に2人が顔を合わすシーンはほとんどなく、本格的な再共演はまだ先になりそうです。

物語は、とあるアパートの一室で起きた女性の不審死からスタートします。容疑者として浮上したのは、被害者の夫ギョンミン。部屋の壁にはギョンミンのかつての同級生ジョンソクへ向けた、とあるメッセージが残されていました。果たして、ギョンミンとジョンソクの過去に一体何があったのか。

そんななか、またしても新たな事件が発生します。壁に貼り付けられた状態で絶命する1人の男。さらにその横には、またしてもジョンソク宛てのメッセージが。。

事件の背景を探るなか、ジナはジョンソクとギョンミンの過去に迫ります。実は2人はかつて、同級生から執拗ないじめ被害に遭っていた被害者同士だったのです。なぜ2人がイジメのターゲットになったのか、そしてギョンミンの復讐の果てにあるものは一体何なのか。

最初はバラバラだったパズルのピースが1つになった時、衝撃的な真実が明らかに。スピーディーな展開と緊迫感溢れる演出の数々に、あっという間に見終わってしまいました。サスペンスや謎解き、心理戦を描いた作品が好きな方にオススメです!




【放送情報】


【ポッサム-運命を盗む】

●BS-TBS 全28話(2023/1/26から)月~木曜日12:59から 字幕

ポッサム-運命を盗む (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【誰も知らない】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2023/1/26から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

誰も知らない(韓国ドラマ)全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●BS日テレ 全28話(2023/1/31-3/9)日テレ月~金曜日11:30から 字幕 ※シーズン2・シーズン3も放送決定!

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【悲しくて、愛】

●サンテレビ 全22話(2023/1/31から)毎週 月-金曜日 11:00~ 放送

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【風と雲と雨】

●テレビ大阪 (2023/2/2) (木) 月~金曜日 9:30~

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト) 


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP