謗法(ほうぼう)(韓国ドラマ)~運命を変える方法~ キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ 


放送予定

●【日本放送】

●衛星劇場 全12話(2020/10/7-15から) 字幕

●【日本初放送】衛星劇場(2020/6/19から)金曜日23時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2020年 2月10日から2020年 3月17日まで

謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~

방법 The Cursed 
2020年放送 tvN 全12話

視聴率

平均視聴率 4.233% 시청률 最低視聴率第1回2.492% 最高視聴率第12回6.721%

出典:tvN 방법

tvN 방법

あらすじ

[イントロダクション]

漢字の名前、写真、所持品で死に至らせる呪いの能力“謗法(ほうぼう)”を持つ10代の少女と、正義感あふれる社会部記者がIT大企業の背後に隠された巨大な悪に立ち向かう物語。呪いで人を殺すという“謗法(ほうぼう)”をテーマにした超自然ユニバーススリラー。

[ストーリー]

真っ直ぐな信念と行動さえあれば、不義に打ち勝つことができると信じてきたジニは、横暴な権力の前で自らの無力さと憎悪の心を同時に感じていた。そんなジニの前に呪いの能力を持つ謗法士ソジンが現れ、常識では考えられない奇怪な事件に次々と出くわしていく…。

出典:衛星劇場 謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~

相関図

画像出典:http://program.tving.com/

キャスト

主要人物

画像出典:http://program.tving.com/

オム・ジウォン イム・ジニ役(30代後半)-重鎮日報社会部記者 不正不義に立ち向かう熱血記者。

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ジソ ペク・ソジン役(10代後半)-高校生 強力な不思議と特別な能力者

画像出典:http://program.tving.com/

ソン・ドンイル チン・ジョンヒョン役(50代半ば)-フォレスト会長 韓国最大手のIT企業。お祓いで再起に成功してからシャーマンに頼る人物。

画像出典:http://program.tving.com/

チョ・ミンス チン・ギョン役(50代と推定)巫女 フォレストの子会社である霊的コンサルティング会社の代表

 

警察署

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ムンソン :チョン・ソンジュン役(30代後半)-強力チーム長、ジニの夫

画像出典:http://program.tving.com/

キム・トユン  :ヤン・ジンス役(30代半ば)-強力チームの刑事 チョン・ソンジュンの腹心

画像出典:http://program.tving.com/

ホン・ジョンホ  :イ・ジンソン役(30代半ば)-強力チームの刑事 強力チーム最古参刑事だ。

画像出典:http://program.tving.com/

ナム・ヨンオ  :ユ・ジョンフン役(30代前半)-強力チームの刑事 警察が自分の天職だと思っている人物。

画像出典:http://program.tving.com/

ヨン・ウジン:ガン・ヨウンス役(20代後半) – 強力チームの刑事 強力チーム末っ子刑事だ。

 

フォレスト

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ミンジェ  :イ・ファン役(40代後半)-常務、フォレスト創立メンバーでジンジョンヒョンの右腕であり、手腕がいい。

画像出典:http://program.tving.com/

イ・ジュンオク :チョン・ジュボン役(30代半ば)巫女のチン・ギョンの右腕、

画像出典:http://program.tving.com/

パク・ソンイル  :ジョンイン(40代前半)-コーディングチームのスタッフ

 

イム・ジニの周辺人物

画像出典:http://program.tving.com/

チェ・ビョンモ :キム・ジュファン役(40代後半)-チュンジン日報社会部部長

イム・ジニの協力者

画像出典:http://program.tving.com/

キム・イングォン  :キム・ピルソン役(40代半ば)-興信所社長(都市探偵代表)警察出身らしく問題解決能力が卓越して優れた触媒を持っている。

画像出典:http://program.tving.com/

コ・ギュピル :タク・ジョンフン役(30代半ば)-巫俗学教授。事件解決の糸口を提供するキーパーソン

 

画像出典:http://program.tving.com/

キム・シンロク:ソクヒ(30代後半)- 巫女、ペク・ソジンの実母

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ / 演出:キム・ヨンワン、脚本:ヨン・サンホ、制作:レジンスタジオ、企画:スタジオ・ドラゴン
 



感想

なんだかなぁさん

● オカルト系が好きな人にはおすすめの韓国ドラマ

2020年にtvNで放送された「呪いで人を殺すという謗法をテーマ」にした超自然「ユニバーススリラー」です。韓国では、平均視聴率が「約4.2%」、最高視聴率が12回の「6.7%」でした。

日本でも大ヒットを記録した「パラサイト 半地下の家族」の「チョン・ジソ」が主演を務めており、映画「新感染 ファイナル・エキスプレス」の「ヨン・サンホ」監督が、初めてドラマ脚本を務めている話題作です。

韓国ドラマ「謗法〜運命を変える方法〜」は、初回の視聴率が「2.5%」台と今ひとつでしたが、最終回になるにつれてどんどん視聴率が上がっていき、最終回の時には「6.7%」まで上がっていきました。1桁台だと視聴率は悪く見えますが、韓国のケーブルテレビの場合、「3%」が一つの目安となっているため、5%を超える視聴率を取っているため、優秀な視聴率だと言うことが言えます。

自分が観た感想としては、序盤の低視聴率の割には「とても面白く、興味が湧く」設定になっているなと感じました。オカルト系が好きな自分には、この作品がどんな風になっていくのか、序盤からドキドキしながら観ることができました。

この作品は、特殊な設定がされているため、興味ない人には全く受けないかもしれませんが、自分みたいにツボにハマってしまうととても面白い作品になっていると思います。ドラマ自体は、ドラマが成功したため、シリーズ化して映画をするのではないかと言われています。

漢字の名前や写真、所持品で死に至らせる呪いの能力「謗法」を持つ10代の少女を演じているのが「チョン・ジソ」なのですが、観ていてとてもいいキャスティングだなと感じました。自分的にも、チョン・ジソは少し変わった役柄の方が合っていると思っているので、今回の作品のようなキャラ設定の方が自分は好きです。演技も迫力がありましたし、とてもいい女優さんだなと感じました。






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー