補佐官-世界を動かす人々 7話・8話あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

補佐官-世界を動かす人々  보좌관 – 세상을 움직이는 사람들 全10話
韓国放送 2019年6月14日~7月13日

daisySSさんより

第7話あらすじ

ハン・ドギョン(キム・ドンジュン)はチャン・テジュン(イ・ジョンジェ)に渡した監視カメラの映像が公開されることがないことや、イ・チャンジン代表との関係を知ると、テジュンを問い詰めます。「政治の世界は知りませんが、犠牲になった人を見捨ててまで、よりよい社会を作れるのでしょうか?」と気持ちをぶつけます。

恋人のカン・ソニョン(シン・ミナ)もまた、ソン・ヒソプ議員やイ・チャンジン代表を信じないようテジュンを説得します。いつもでテジュンを犠牲にできると。。。テジュンは、イ・ソンミン議員から受けた助言を思い浮かべると、複雑な気持ちになります。

法務部の長官の候補になったソン議員がポストに相応しいのかを審議する法制司法委員会のメンバーになったイ・ソンミン議員に協力することになったソニョン。一方、ソン議員を法務部の長官にあげることで、ソン議員の選挙区を確保し選挙に出馬することを計画するテジュンは、イ・ソンミンが法制司法委員会のメンバーになったことや、恋人のソニョンも本格的にソン議員に対抗する姿勢を強化する姿に戸惑います。

一方、オ・ウォンシク(チョン・ウンイン)の指示で、刷られたマニフェストを受け取ったハン・ドギョン(キム・ドンジュン)。彼が事務所に持ち帰ったマニフェストの袋を確認したユ・へウォン(イ・エリヤ)は、2千部を刷ったと報告されていますが、実際は200部しか刷らず、差額を横取りしていたことを調べ上げます。政策研究開発日を横取りしていたことがソン議員にまで知られ、しばらく自粛するよう伝えられ。。。

テジュンは予想外の状況に悩み始めると、イ・ソンミン議員を訪ねます。暗い表情のテジュンに、助言するイ議員。ソン・ヒソプ議員からの反撃があることを知りながらも、法務部の長官の候補としての資格が十分なのかを追求する準備を整えるイ議員。ソニョン、イ・ソンミン議員とテジュンの間に流れる緊張感。。。

政治資金を受け取った疑いがあることから、企業とのつながりを調べ、ソン議員は全く芯を曲げないイ議員を陥れる計画を立てます。

ソン・ヒソプ議員に関する様々な疑惑をマスコミに流し、ソン・ヒソプ議員の聴聞会が開かれることになります。証言を求めるために出席を求められたのは、イ・チャンジン代表でした。ついに、法務部の長官候補としてソン・ヒソプ議員が相応しいかを決める聴聞会が開かれることになります。

堂々とした姿を見せるソン議員は。。。

第7話感想

ソン・ヒソプ議員は、テジュンを捨てる決心をしたようで、聴聞会が開かれる前、ソニョンはテジュンにソン議員を注意するようにアドバイスしますが、10年間補佐官として頑張ってきた目標は、国会議員になるための選挙区を手に入れることで、あともう一歩のところで諦められないテジュン。これがテジュンの本心なのでしょうね。

裏で政治資金をもらっていた責任をすべてテジュンに背負わせる計画のソン議員ですが、果たして計画した通りに、テジュンが簡単に彼の計略に引っかかることになるのでしょうか。戦略家のテジュンが何も準備をすることなく、聴聞会を迎えることはないと思うので、別の政治家と手を結ぶことになるのか。。。

一方、チョウ・カププヨン議員と手を結んだソニョンも、油断できない状況に置かれました。ソニョンの弱点を握るため、彼女に監視をつけるチョウ議員の姿に、政治の世界の善は生き残った者、権力を握った者のみが勝者でありながら善。

10年間秘めていたテジュンの政治への野望、国会議員になることへの目標に向けて、本格的に歩み出したようで、恋人ソニョンとの関係も今後どうなるか未定。ハラハラする展開が次の話では描かれることになりそうです。

インターンのハン・ドギョン(キム・ドンジュン)は、母に政治家事務所でインターンとして働いていること知られてしまいました。安定した未来のために公務員試験を受けるようすすめていた母に逆らっていたことから、罪悪感を感じるドギョン。しかし、問題を起こしたオ・ウォンシク(チョン・ウンイン)

のせいで、ドギョンはインターンを辞めさせられることになり、ユン・へウォン(イ・エリヤ)は、事務所に本を置いて帰ったドギョンを訪ね、記者を辞めた経緯を話します。過去、情報提供者から提供された情報をもとに記事を書いたヘウォンは、匿名で記事を書く予定が情報提供者の身元が明かされ、世間から非難を受けた情報提供者が自殺を図ったことを語ります。

その時、情報提供者を助けられなかったことから、誰なの力に少しでもなれる仕事を求め、秘書になったことを話します。心に秘めていた気持ちをドギョンに伝えるヘウォンの姿に、この二人の間にロマンティックな感情が芽生えたようで、政治の話しばかり展開されると、こんな風にホッとするシーンがあると、心が安らぎます。

次から次へと悪知恵を働かせるオ・ウォンシクもこのまま引き下がらないようで、チョン・ウンインの演技嫌いじゃないなぁ。



daisySSさんより

第8話あらすじ

イ・ソンミン議員とチャン・テジュン(イ・ジョンジェ)の関係は、10年前警察を辞めて議員の事務所に秘書に応募してきた時から。。。その後、ソン・ヒソプ議員にスカウトされ事務所を移ることになったテジュン。

開かれたソン・ヒソプ(キム・ガプス)議員の聴聞会で、ソン議員は自信満々の態度を見せ、イ・ソンミン議員は、イ・チャンジン代表とソン議員の内密な関係などを追求し、準備した質問を投げかけます。しかし、ソン議員はイ議員の質問には答えず、チャン・テジュン(イ・ジョンジェ)とイ・チャンジンの間にお金のやり取りがあったことを挙げると、聴聞会の雰囲気はテジュンを調べる場へと変わり。。。

聴聞会の後、検察はテジュンを緊急逮捕しようとしますが、その前に二人きりで食事をしたいと申し出たソン議員。すぐに釈放され選挙の準備にも取り掛かれるとテジュンを説得しますが、裏では検察に、テジュンに5年ほどの求刑を下すよう命じます。

この状況に危機を感じたテジュンは逃走し、緊急指名手配されることになります。逃走したテジュンは恋人のカン・ソニョン(シン・ミナ)にコンタクトを取り、ソン議員の不正に関連する資料をソニョンに渡します。

そんな中、ヨンイルグループのソン・ヨンギ会長とソン・ヒソプ議員を結び付ける決定的な証拠を見つけるため、ナウ法人代表に圧力をかけ、LDグローバル会計帳簿を手に入れようとします。その後、ソン議員と直談判するために彼の事務所を訪れたテジュンは、「長官の夢を実現したいのなら、僕を先に自由にしてください」と語ります。

しかし、強気だったテジュンは、過去、イ・ソンミン議員のために支持者から不正な政治資金を受け取っていたことがニュースに流れると、ソン議員への怒りを爆発させます。卑怯な微笑みを浮かべるソン議員と補佐官のオ・ウォンシク(チョン・ウンイン)。一方、ニュースが流れた後、検察の調査を受けることになったイ・ソンミン議員。事務所に戻った議員を訪ねたテジュンでしたが、イ議員は会うことを拒否し。。。

資金のことを知らなかったイ議員は絶望し、すべては自分がやったことだと、検察に明かすとドア越しにテジュンが約束します。その後、イ議員から掛かってきた電話、「気にするな。大丈夫だ」と語るイ・ソンミン議員。彼の異変に気づいたテジュンは、急いでイ議員の事務所に向かいます。しかし、テジュンの目の前で自殺を図ったイ議員。

雨が降る中、テジュンは転落したイ議員の姿を確認すると、唖然と。。。

第8話感想

イ・ソンミン議員が死を迎えることになりました。

極端な方法がなかったのかと、考えさせられる展開でした。10年前の二人が初めて出会った頃から、その後も続いた信頼関係まで描かれた時は、まさかのイ議員が亡くなるとは全く予想もできなかったので、やるせない気持ちになりました。ドラマっていい人は残念な結末を迎えますね。

このドラマに登場するテジュン、ソニョン、ヘウォン、ドギョンやイ・ソンミン議員は誰かのためになるできることがしたいと望み今の位置にいる人々。

テジュンも10年前に秘書として議員事務所で働き始めた頃は、こんな取り返しのつかない事態になるとは予想もしていなかったのでしょうね。環境が彼を変えたのか、権力への野望が彼を変えたのかは、分かりませんが、イ議員が亡くなったことで、テジュンはソン議員と対立できるほどの力を手に入れようとすることになるのでしょうか。

対抗できる力をつけるためには、ソン議員と同じ位置に立つしかなく・・・とすると、何とかしても国家議員を目指すことになるのでしょうね。ソン・ヒソプ議員の悪事や不正を最もよく知るテジュンがソニョンに渡した資料は、ソン議員の不正を証明するに十分な内容なのか、これを使ってソニョンが何を計画するのか、興味深い展開になりそうです。

補佐官のオ・ウォンシク(チョン・ウンイン)が登場する度に、イライラ感を消せない。視聴者にイライラ感を与えるのが彼の役だとすれば、大当たり。どんな状況でも卑怯な人にしか見えないので、今後もソン議員側に立って、テジュンをノックアウトさせるために一生懸命になりそうですね。

一方、ワイロを渡したヨンイルグループのソン・ヨンギ会長は、テジュンが二人の関係を探っていることを知ると、ソン議員に長官を辞退するよう圧力をかけます。政治家のソン議員の方がパワーを持っているのかと思ったら、やはり、お金の力には政治家も頭があがらないのでしょうか。

テジュンを政治の世界から完全に排除する計画だったソン議員。果たして彼の計画は成功することになるのか、テジュンの反撃が始まるのか、クライマックスを迎えるのも近い!!

補佐官-世界を動かす人々 9話・10話あらすじと感想

補佐官-世界を動かす人々(韓国ドラマ) あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー