血も涙もなく 93話・94話・95話・96話 あらすじと感想

血も涙もなく


血も涙もなく 피도 눈물도 없이 2024年放送 KBS 2TV 毎日 全103話

第93話視聴率7.9%

第93話あらすじ

病院から脱走したドウン(ハ・ヨンジュ)は、姉ヘウォン(イ・ソヨン)と結託して自分を陥れたドクター・デイビッドのもとへ向かう。そして、デイビッドに麻酔剤を注射するドウン。

自分の記憶をすり替えた臨床ノートを渡せと脅すドウンだが、デイビッドがそんなノートは存在しないと答えると、ドウンはふたたび注射器をデイビットの首元に突き刺した。

その頃、遅れて警察からドウンの脱走を聞いたヘウォンは、慌ててデイビッドに連絡を入れる。ヘウォンの電話に気づき、『今は電話に出られません』とメッセージを送るドウン。しかし、普段のデイビッドと口調がちがうことに気づいたヘウォンは、すぐに警備員を送り込む。

警備員が駆けつけたときにはすでにドウンの姿はなく…。幸い、ドウンに麻酔剤を投与されたデイビッドは、命に別状はなかった。

病院を立ち去る前、ドウンは睡眠薬で眠らせた看護師のスマホを奪い、それをデイビッドの診療室に仕込んでいた。2人の会話内容から、自分の記憶をすり替えた証拠となる動画がヘウォンの家に保管されていることを知るドウン。

その日の夜、ドウンは家政婦から家には誰もいないという情報を得て、YJ家へ乗り込む。しかし、そこで待っていたのは他でもないヘウォン。実はドウンが看護師のスマホを持ち去ったことに気づいたヘウォンは、診療室が盗聴されていることを知り、ドウンをおびき寄せるために一芝居うったのだ。

「じき警察が来るわ」とドウンに告げるヘウォン。するとドウンは、持っていたナイフでヘウォンの腹部を突き刺し…。

第93話感想

ドウンを追い込んだと思われたヘウォンでしたが、反対にドウンから攻撃を受け、重傷を負ってしまいます。果たして、ヘウォンは無事なのでしょうか。

それにしても、これだけの事件を起こしておいて、まったく罪の意識というものを感じていないドウンには呆れてしまいますね。デイビッドの姉である看護師を殺したのも、看護師が自分を虐待しているという妄想によるものだと、自分は無罪だと主張しています。

殺したのは間違いなくドウンで、ヘウォンとデイビッドが証拠を捏造しようが、それは変わらない事実。よくもまあ、なぜこうも堂々としていられるのか。理解に苦しみます。

ついにヘウォンにまで手を出したドウン。ヘウォンの話では、じき警察が駆けつけるということでしたが、、これはもう、ドウンも言い逃れはできないのでは?ヘウォンの容態が心配ではありますが、ドウンが捕まるいい機会だと思いたいです。

第94話視聴率7.4%

第94話あらすじ

連絡のつかないヘウォンを心配するジュンモ(ソ・ハジュン)。実家にも戻っていないことを知ったジュンモは、慌ててYJ家へと向かう。

その頃、ヘウォンの腹部をナイフで刺したドウンは、すぐさま手袋をソファーのすき間に隠す。そこへ、ヘウォンを心配して駆けつけたジュンモがやってくる。ヘウォンに気をとられるジュンモを後ろから攻撃しようとするドウンだが、気配に気づいたジュンモは、松葉杖でドウンを攻撃。間もなく警察が駆けつけ、ドウンはその場で逮捕された。

警察に連行されたドウンは、ヘウォンともみ合いになった拍子に、ヘウォンが自らナイフで腹部を刺したと供述する。ドウンの証言通り、現場で押収された凶器からドウンの指紋は検出されず…。

そんななか、ソンユン(オ・チャンソク)が保管していたハウスキーパー殺害の現場に落ちていたドウンのDNAが付着したペットボトルのキャップまでもが、何者かによって持ち去られてしまう。

キャップを持ち出したのは、ソンユンの後輩弁護士のチェ・ミンジュだった。実はミンジュは、ドウンの秘書ピルソ(イ・ヒョンソク)の妹だったのだ。

凶器からドウンの指紋が見つからなかったことにより、状況はヘウォンにとってますます不利になっていく。ドウンがソファーのすき間に隠した手袋は、すでにピルソが回収したあとだった。

手術の末やっとの思いで目を覚ましたヘウォンだが、急性肝不全を起こしており、一刻も早い肝移植が必要だと医師は言う。その後、ヨンジュ(ユン・ボクイン)とジャングン(カン・ソンジン)はドウンを訪ね、ヘウォンのドナーになってくれないかと頼む。

第94話感想

肝移植が必要となったヘウォン。エンディングでは、母のヨンジュとその夫ジャングンが拘置所に入るドウンを訪ね、ドナーになってくれないかと伝えるシーンが登場。衝撃の展開となりました。ヘウォンを救うには、ドウンの助けを借りるほかないのでしょうか。

実の姉ヘウォンを刺し、重傷を負わせたドウン。しかし、ドウンはヘウォンが自ら持っていたナイフで腹部を刺して倒れたと供述し、罪を逃れようとします。そもそも、警察が回収しなかった手袋をピルソが持ち去るのもおかしいですし、すべてにおいて不自然すぎます。

警察もまったくあてにならないですし、困ったことになりました。そして、ここに来てヘウォンの容態が悪化。急に肝移植とは、これまた驚きましたね。さて、ドウンはヘウォンのドナーになるのでしょうか。つづきも気になります。

第95話視聴率7.3%

第95話あらすじ

適合検査の結果が思わしくないと、ジャングンはジュンモに、ヨンジュを連れてドウンと会ってくると話す。この期に及んでドウンの手を借りるしかないという事実に憤るジュンモだが、今はそれしか方法がなく…。

その日、ヘウォンは痛みに耐えながら、はじめてジュンモの前で「生きたい」と、その想いを明かした。

ヨンジュからヘウォンの話を聞いたドウンは、「イ・ヘウォンの命が私にかかっているというのね、面白い。生きたいなら私の前に来て、直接請うように伝えて」と言う。

そんななか、ヨンジュの姪が検査に通過し、移植の日程が確定。泣いて喜ぶヘウォンだったが、手術前日、急に姪の夫が現れ、手術に同意できないと言い出す。結局、ヘウォンは手術を受けることができず、ますます容態は悪化してしまう。

弱気になったヘウォンは、伯母のミンスク(キム・イェリョン)に、自分の身に何かあったら息子のヨンギを頼むと話す。しまいには、吐血して倒れてしまうヘウォン。

呼吸器をつけてベッドに横たわるヘウォンを見て、ジュンモは何かを決意。その後、ドウンに会いに行ったジュンモは、「ヘウォンに何かあったら、お前は俺の手で殺す。」と告げ、ドナーになる代わりに何が望みかと聞く。

しばらくして、ふたたび目を覚ましたヘウォンにドナーが見つかったと伝えるジュンモ。手術へ向かうヘウォンを見送ったジュンモは、警察に出頭。そして、ドウンの代わりに精神病棟の看護師を殺害したと自白する。

第95話感想

ヘウォンを救うため、ジュンモは自ら罪を被って刑務所に入る道を選びました。これは一体・・

どうやらドウンは、適合検査に合格したようですね。よりによってヘウォンを救えるのがドウンしかいないだなんて、なんとも受け入れがたい真実。やはりどんな形であれ、姉妹は姉妹のようです。

しかし、これでふたたび健康を取り戻したとしても、まさかドウンの肝臓で生かされているだなんてわかれば、私だったら受け入れられないと思います。さらに自分を救うために、愛するジュンモが犯罪者の濡れ衣を着せられることになるだなんて、、許せません。いくらヘウォンを救うためとはいえ、ほかに方法はなかったのでしょうか。

何から何まで気に入りませんね、ペ・ドウン。結局、ヘウォンに対する殺人未遂も、証拠不十分で罪に問うことはむずかしそうです。警察は何をやっているのでしょう。むしろドウンの言葉に翻弄されて、ヘウォンの証拠捏造を疑う始末。まったく役に立ちません。

第96話視聴率7.0%

第96話あらすじ

ジュンモが代わりに自分の罪を被ることを条件に、ヘウォンのドナーになることを承諾したドウン。警察に出頭したジュンモは、精神病棟の看護師を殺したのは自分だと話す。

一方、ヘウォンの手術は無事に終わり、経過は良好だという。

ジュンモは警察に行く前、ミンスクとジャングンにだけ、ドウンがドナーになることを伝えていた。そして、しばらくの間はヘウォンには自分が出張だと嘘をついて欲しいと頼むジュンモ。

同じ頃、ソンユンもまた、ヘウォンの義理の父イチョル(チョン・チャン)にその事実を明かす。

手術を終えたヘウォンは、留置所でジュンモがドウンに殺される夢を見る。手術は無事に終わったものの、どこか胸騒ぎを感じるヘウォン。

警察でドウンが考えたシナリオ通りに供述するジュンモ。以前からドウンに想いを寄せていたジュンモは、姉ヘウォンによって精神病棟に入れられたドウンに会いに行った際、ドウンを虐待する看護師の姿を目にし、カッとなった勢いで看護師を殺害。その後、ドウンとの関係が思わしくいかないと、腹を立てたジュンモが看護師殺害の罪をドウンに着せようとした、というのがドウンの考えた内容だった。しかし、刑事は淡々と自らの犯行を認めるジュンモの態度を不審に思う。

一方、いつまで経っても姿を見せないジュンモを心配したヘウォンは、ミンスクから出張でアメリカに行っていると聞いて驚く。電話は繋がらず、代わりにメッセージのやり取りだけがつづいた。

ある日、ヘウォンの息子ヨンギは、病院のロビーでドウンの姿を発見。ヨンギがドウンの姿を見たと話すのを聞き、ヨンジュはハッとする。

そんななか、廊下で同じく患者服を着たドウンと遭遇するヘウォン。驚愕するヘウォンに向かって、ドウンは「どう?私の肝臓は?」と聞き…。

第96話感想

ドウンに言われた通り、ジュンモは看護師を殺したのは自分だと警察に出頭しました。それにしても、ジュンモが長い間ドウンをストーキングしていただなんて、、いかにもドウンの考えそうなストーリーですね。

結局、そのおかげで肝移植に成功したヘウォンは、健康を取り戻していきます。しかし、いつまで経っても姿を見せないジュンモ。ヘウォンからしたら、一番会いたい人がそばにいないなんて、不安でしかないでしょう。

そんななか、病院の廊下で顔を合わせたドウンとヘウォン。自分のドナーがドウンだと知ったとき、ヘウォンはどんな反応を見せるのか。次回の展開からも目が離せません。

血も涙もなく 97話・98話・99話・100話 あらすじと感想

血も涙もなく(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【女神降臨】

●BSJapanext 全26話(2024/7/17から)月~金曜日11時から字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【商道(サンド)】

●BS日テレ 全66話(2024/7/18から)月~金曜日13時から 字幕

商道(サンド) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【太陽の末裔 】

●BS Japanext 全16話(2024/7/22から)月~金曜日15時から 字幕

太陽の末裔  全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図

【魔女は生きている】

●BSフジ(BS182 - サブch) 全16話(2024/7/25から)月~金曜日8:55から 字幕

魔女は生きている あらすじと感想 相関図・キャスト 視聴率

【ブラインド】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/26から) 金曜日19時から2話連続放送  字幕

ブラインド(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【優雅な一族】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/29から)月~木曜日9:45から 字幕

優雅な一族 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 ネタバレ

【馬医】

●BS日テレ 全50話(2024/7/29から)月~金曜日17時から2話連続放送 字幕

馬医 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 外部リンク

【スティーラー-七つの朝鮮通宝】

●WOWOWプライム 全12話(2024/7/31から)月~金曜日8:30から 字幕

スティーラー-七つの朝鮮通宝 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【イ・サン】 

●BS松竹東急 全77話(2024/7/31から) 月~金曜日12時から 字幕

イ・サン あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

【スノードロップ】

●BSJapanext 全32話(2024/7/31から)月~金曜日19時から 字幕 2024/7/20に第1話先行放送

スノードロップ(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

★★★★★★

ネットフリックス 6/15~ 土・日

Missナイト & Missデイ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP