血も涙もなく 65話・66話・67話・68話 あらすじと感想

血も涙もなく


血も涙もなく 피도 눈물도 없이 2024年放送 KBS 2TV 毎日 全103話

第65話視聴率6.9%

第65話あらすじ

本格的にヘウォン(イ・ソヨン)を引きずり下ろそうと考えるイチョル(チョン・チャン)は、故チャ・ジウンの母、ミン女史と密会。2人はどうにかして、ビジョンインベストメントの投資を阻止しようとする。

そんな2人の密会の様子を、部屋に仕掛けた隠しカメラで確認するジュンモ(ソ・ハジュン)。さらにドウン(ハ・ヨンジュ)が仕掛けたカメラの存在に気づいたジュンモは、偽の映像を送ってドウンとイチョルを騙そうと考えたのだ。

イチョルを完全に信じ込ませるため、ヘウォンまでも騙すことにしたジュンモ。何も知らないヘウォンは、金庫に入っていたYJグループの売却案に関する資料を見て、失望をあらわにする。

イチョルの誕生日祝いでYJ家へやってきたジュンモは、ヘウォンと真っ向から対立。しかし、スジョン(ヤン・ヘジン)はそんなジュンモの態度を不審に思った。

スジョンからジュンモのスマホを受け取ったヘウォンは、暗証番号が自分の誕生日だと知って驚く。そして中には、自分を陥れようと作戦会議するイチョルとミン女史の姿が映った映像が残されていた。

ジュンモが自分を守ろうとして芝居を打っていることに気づいたヘウォンは、その日の夜、居てもたってもいられずジュンモに会いに行く。「会いたかった」と告げるヘウォンを力強く抱きしめ、キスをするジュンモ。

緊急理事会が開かれると、ヘウォン側だったはずの理事たちはこぞってイチョル側に着席。そんななか、ビジョンインベストメントのYJグループへの投資が決定する。

一方、いつものようにジュンモの家に仕掛けた隠しカメラの映像を確認していたドウンは、それが偽物だと気づき…。

第65話感想

ついにジュンモの本心に気づいたヘウォン。ジュンモの携帯の暗証番号は、なんとヘウォンの誕生日でした。なんともロマンチックな設定ですね。

ジュンモはイチョルを完全に信じ込ませるため、自ら憎まれ役を買って出たのでした。一体、どこからどこまでいい人なのでしょう。

スジョンのナイスアシストでジュンモの計画を知ったヘウォンは、ジュンモに向かう自分の気持ちに素直になることに。ずっと自分の気持ちを押し込めてきたヘウォンでしたが、ついに想いが通じて本当によかったです。

そして、ジュンモの狙い通り、ビジョンインベストメントはYJグループへの投資を決めます。これでヘウォンは無事、YJの倒産を免れることができました。

そんななか、隠しカメラの映像が偽物にすり替えられていることに気づいたドウン。次回の展開も気になります。

第66話視聴率7.6%

第66話あらすじ

ジュンモの家のカメラ映像が偽物だと気づいたドウンは、すぐにイチョルにこれを知らせようとするも、ふと思いとどまる。

その頃、ジュンモに辞表を出したソンユン(オ・チャンソク)は、父にYJグループへ投資する会社を探して欲しいと頼んでいた。その代わり、父はソンユンにヘウォンを整理して、自分のすすめる相手と見合いをしろという。

一方、ヘウォンとジュンモを呼び出したドウンは、イチョルにカメラの件を内緒にする代わりに、自分をデザインチームで働かせるよう求めた。これには納得のいかないヘウォンだったが、今イチョルにすべてがバレては意味がないと、ドウンの要求に応じることに。

さらにドウンはソンユンに、ヘウォンとジュンモがヨリを戻したと明かす。2人がソンユンを仲間外れにしたと告げ、ソンユンを揺さぶるドウン。

そんななか、ドウンはイチョルが服用する薬を調べ、それが麻薬性の鎮痛剤だと知ると、深刻な病気か何かかと疑った。

ヘウォンの息子ヨンギを連れ、ピクニックに出かけるジュンモ。ヨンギもすっかりジュンモになついたようで、ヘウォンはそんな2人を微笑ましく見つめる。

まるで夫婦のように、家族団らんの時間を過ごすヘウォンとジュンモ。そんな2人の姿を、ドウンとソンユンが見ていた。「羨ましいでしょう?」と聞くドウンに、ソンユンは「お前と一緒にするな」と吐き捨て、その場を立ち去る。

その夜、ジュンモの父の特許申請書をながめながら、何かを決心したかのように、どこかへ電話をかけるソンユン。

第66話感想

ドウンはどうやら、ソンユンを利用してヘウォンとジュンモの仲を引き裂こうと考えているようです。これまでずっとヘウォンの隣で支えてきたというのに、ここに来てジュンモが急浮上したことで、またもやかわいそうな立場になってしまったソンユン。。

66話のエンディングでは、何かを決心したかのように電話をかけるソンユンの姿が。果たして、ソンユンは何をしようとしているのでしょう。

一方、ドウンは自分に隠れて薬を服用するイチョルに気づき、薬の成分を検索。そこには、脳腫瘍などで痛みが生じたときに飲む薬だと書かれていて…。

イチョルが余命一年の身だとわかれば、ドウンがまたどんな悪だくみをすることか。不安です。

そして、いまだにジュンモにひそかに想いを寄せるドウン。相変わらずの妄想っぷりに、思わず呆れてしまいました。ソンユンもドウンの言葉なんかには惑わされないで、自分の信念を貫いてほしいですね。

第67話視聴率6.1%

第67話あらすじ

ソンユンが電話をかけた相手は、イチョルだった。イチョルに例の特許書類を差し出すソンユン。そしてソンユンは、かつてイチョルが自殺に追い込んだイ・サンギュの息子が、ビジョンインベストメントのジュンモだと明かす。

これには驚きを隠せないイチョル。なぜ自分にこんな話をするのかと聞かれ、ソンユンは最初に嘘をついたのはジュンモの方だと語った。

そしてソンユンは、ジュンモの愛が本物かをテストしたいという。

一方、子供ができない身体のドウンは、ヘウォンの息子ヨンギをかわいく思う。ヨンギが自分とジュンモの子だったらと、妄想を膨らませるドウン。

ドウンがヨンギに犬を買ってあげると約束したことを知ったヘウォンは、「私の許しもなく勝手に息子と約束をするなんて、どういうつもり!」と怒りをあらわにする。そんなヘウォンに、ヨンギの親権がイチョルにある限り、自分にとっても孫だと話す。

その頃、ソンユンはワインを片手にジュンモを訪ねていた。ドウンからカメラの件を聞いたと明かすソンユン。ジュンモはソンユンがドウン側につかなかったと知り、安堵した。

翌日、ヘウォンに会いに行ったソンユンは、申し訳なさそうにするヘウォンに「必ずしもお互いが同じタイミングで愛し始めるわけではない。俺の感情は俺がケジメをつけるから、心配するな」と告げる。

そんななか、ジュンモのもとへアメリカの本社から一通のメールが。なんとアークマン会長がYJに対する投資の撤回を決めたというのだ。さらにジュンモに対しても、YJの企業価値報告書を捏造したとの疑いがかけられ…。

第67話感想

今度はジュンモが窮地に立たされる!?アメリカの本社から届いたのは、会長の指示でYJへの投資を撤回するというメールでした。これは一体、どういうことでしょう。

そして、ジュンモの部屋の前ですれ違ったソンユンとイチョルは、なにやら意味深な表情を浮かべ…。一連の出来事は、ソンユンの計画でしょうか。だとすると、本当にソンユンはジュンモではなく、イチョルと手を組むことにしたのでしょうか。

一体だれが味方で誰が敵なのか、わからなくなってきました。ソンユンはやはり、ジュンモの本心が信じられないといった様子ですね。いくら愛のためとはいえ、本当に父を死に追いやった会社に投資をするのかと疑うソンユン。

ヘウォンとジュンモの前では自分の気持ちにケジメをつけると話していたソンユンですが、最後の表情を見る限り、そんなつもりは毛頭ないといった感じにも見えます。一体どちらのソンユンが本物なのか。なんとも複雑な展開になってきました。。

第68話視聴率6.9%

第68話あらすじ

本社からYJへの投資を撤回するというメールを受け取ったジュンモ。送信メールを確認すると、ジュンモが作成したメールは送信取消しになっており、代わりに身に覚えのないメールが本社に送られていた。

誰かが自分のフリをして偽の報告書を送ったと気づいたジュンモは、おそらくイチョルの仕業だろうと考える。

一方、ドウンがカメラの映像が偽だったことに気づきながら、自分に報告しなかったことを知るイチョル。イチョルはドウンの荷物をまとめ、今すぐ家から出て行けと言う。

しかし、ドウンはイチョルが服用する薬をちらつかせ、病気の件が理事たちにバレたらどうなるかと脅した。その後、大量に服用すると呼吸困難に陥るという注意事項を読んだドウンは、「どれだけ大量に飲んだら死ぬのかしら。気になるわ」とほくそ笑む。

そんななか、風邪をこじらせて熱を出してしまうヨンギ。ヨンギの不調に気づいたドウンがイチョルと一緒に病院へ連れて行き、遅れて病院にやってきたヘウォンはイチョルに小言を言われる。

翌日、事態を収拾しようとアメリカに渡ったジュンモが空港で緊急逮捕されたというニュースを目にしたヘウォンは、言葉を失う。どうやら中国企業にAI技術を流出した疑いで、FBIの調査を受けることになったという。さらに投資が撤回になったことを受け、YJの株価は暴落してしまった。

投資の件よりもジュンモの安否を心配するヘウォン。

すると今度は、勝手に理事会を招集したイチョルが、ヘウォンに会長解任案を突きつける。慌てて家に戻ったヘウォンは、警備員に追い出されるミンスク(キム・イェリョン)の姿を発見。息子のヨンギは家の中にいるという。

しばらくして、ヘウォンの呼びかけに気づいてヨンギが外に出ようとするも、ドウンがそれを許さず…。

第68話感想

目の前で引き離されるヘウォンとヨンギ。子供には何の罪もないというのに、本当にやることが酷すぎます。大人の争いに子供を巻き込む必要があるのか、疑問です。

ヨンギが自分の利益のためなら手段を選ばないイチョルやドウンの手に渡るなんて、絶対に許せません。しかし、今のヘウォンに出来ることはなく…。

また、ソンユンがイチョルの計画にどの程度加担しているのかが気になるところ。ヨンギを奪ったことに関しては「話が違う」といった感じでしたが、実際どこからどこまでがソンユンの計画なのでしょうか。

そして、まんまとイチョルらの策にハマってしまったジュンモ。ジュンモの技術流出の濡れ衣を着せたのは、他でもない会長本人でした。自分の罪をジュンモになすりつけるなんて、、果たして、ジュンモとヘウォンの運命はどうなってしまうのか。つづきが気になります。

血も涙もなく 69話・70話・71話・72話 あらすじと感想

血も涙もなく(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP