花遊記 (ファユギ) 3話 あらすじと感想 オ・ヨンソ 三蔵法師 チン・ソンミ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

花遊記 (ファユギ) (화유기)tvN 全20話

「西遊記」をモチーフにした新感覚ファンタジーラブコメディドラマ

 

bluepepperさん

 

花遊記 (ファユギ) 3話あらすじ

呼び戻されたソン・オゴンは、地面に散っていたソンミの血を蝶の形にして空にまき、血の匂いに群がる悪霊ごと吹き飛ばします。そしていきなりソンミに告白しました。「俺にキスして緊箍児を作動させただろ!そのせいで、俺はお前を愛してる!」

ひと昔前の頭にはめる緊箍児と違って、ブレスレット型の「新型」緊箍児は、相手を愛の奴隷にしてしまうという代物だったのです。
「このままじゃお互いに負担だろ?だからこれを外せよ」オゴンはソンミに迫りますが、ソンミは承知しません。「外したら呼んでも来てくれないでしょ!」悪霊から守ってもらうためには、どうしてもオゴンが必要なソンミでした。

その頃、どこかの空き地で2人の作業員が穴を掘っていました。そばには血まみれの若い女性の死体。どうやら2人は、誰かに命じられて、死体を埋めようとしていたようです。そこへ、飛ばされた蝶の形の血の一滴がひらひらと舞い降り、死体を不気味なゾンビに変えてしまいました。

一方、ひとり自分の部屋でベッドに入ったソンミは、まだオゴンのことを考えています。「呼ばなきゃよかったかな。ソン・オゴン・・・・」その瞬間、にやりと笑ってベッドに現れたのはソン・オゴン本人でした。「俺が風呂上がりだと知ってて呼んだな」

それからもオゴンは、ことあるごとにソンミの前に現れます。「寂しいだろ、これから食事する時は一人にしないから。必ず俺を呼べよ」そんなことでいちいち呼んだりしない、と言いながらも、ソンミはオゴンの分までお弁当を用意してしまいます。

ゾンビになった死体は、その後、農場のトラックに潜り込んでソウルにやってくると、ソンミの痕跡をたどり始めます。

ルシファー事務所では牛魔王がSNSで話題にのぼり、喜んでいます。載せられていたのは100年前の白黒写真。「100年前の紳士とルシファーの代表がそっくり」と話題になっていたのでした。

牛魔王は写真を見て、その時代を思い出します。京城で警察に追われた女性が、撃たれて倒れた事件。牛魔王の部屋の隠し扉の奥には、壁一面に、今でもその彼女の肖像画が飾られていました。切ない表情で肖像画を見上げる牛魔王。どうやら彼は、その女性を助けるために神仙になろうとしているようです。

翌朝、ハンビッ不動産のデスク、ソンミは牛魔王から提案された契約の内容を考えています。その契約とは「悪霊退治」。ソンミがオゴンを率いて悪霊退治すれば、牛魔王は神仙になるためのポイントが稼げる。緊箍児の代金をその契約で払え、というのが牛魔王の提案でした。

ソンミは牛魔王に聞きます。「ポイントがたまればあなたは神仙になれる。では私も平凡な人間になれるだろうか?」牛魔王は、使命をみつけてそれを果たせば、なりたいものになれるだろう、と答えるのでした。

その頃、ハンジュは仕事を終え、宅配荷物を届けるためにソンミの部屋に入ります。そしてその後ろから入り込んだのはあのゾンビ・・・。

夜景の綺麗な高台のベンチで、ソンミがビールを飲んでいます。そばで付き合うオゴンは、「ハンジュが襲われそうだ」とソンミに教えます。オゴンの契約の対象も緊箍児による束縛の対象もソンミただひとり。ハンジュがどうなろうと、オゴンにとってはどうでもいいのです。青ざめるソンミに向かって、オゴンはニヤッと笑うと緊箍児を示しました。「奴を助けたいか?だったらこれを外すんだな」

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

花遊記 (ファユギ) 3話感想

このドラマ、話の本筋以外の、脇役キャラもとても魅力的です。今回は猪八戒パルゲ、イ・ホンギ君が大活躍。巨大イノシシになってオゴンの青いスポーツカーと街中でカーチェイス(イノシシチェイス?)。その後、パルゲの頬にくっきりタイヤの跡がついていたのも笑えました。見ているとだんだんブタに見えてくるから不思議です。かわいくて憎めないキラキラのブタですね。

オゴンは緊箍児のせいでソンミへの愛に縛られますが、身勝手さは相変わらずです。でも、食事のたびに寂しくないよう俺を呼べ、と言ったあとのセリフにはやられましたね。「そんな風に言われたら気になるだろ?これからおまえは、箸を持つたびに俺のことを考えるぞ」きゃー!憎たらしい!でもかっこいい~!こんなこと言われたら、本当に気になります。

そして、いつも「殺しましょうか?」と言ってる美人の秘書さんは犬だったんですね。ルシファー芸能事務所の芸能人は、どうやら妖怪だらけのようです。「ジェソクはいつも自分がバッタだと言ってるが、実際みんなの目の前でバッタに変身しても、大笑いされるだけだ。ばれやしない」って。天下の名MC、ユ・ジェソクさんも、妖怪にされていて笑えました。

【豆情報】この回はチャン・グンソクが特別出演しています。彼はきらめく光の羽を持ったクジャクの妖怪。「最近調子悪いから三蔵の肉を一口だけちょうだい」と現れたのでした。

オ・ヨンソ 오연서
三蔵法師 チン・ソンミ役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1987年6月22日女優 170cm48kg 血液型O型
主な出演作品

猟奇的な彼女(2017/SBS) ヘミョン王女 元子の姉
帰ってきて ダーリン!(2016/SBS) ハン・ホンナン ギタクが転生した姿、絶世の美女
輝くか、狂うか(2015/MBC) ヤン・シンユル(ケボン) 渤海最後の王女、青海商団の副首領
私はチャン・ボリ!(2014/MBC) ト・ボリ(チャン・ウンビ) イナとスボンの実娘、ヘオクの養女
メディカル・トップチーム(2013/MBC) チェ・アジン トップチームを補助する胸部外科専修医
オ・ジャリョンが行く(2012-2013/MBC) ナ・コンジュ ATグループ令嬢
棚ぼたのあなた(2012/KBS) パン・マルスク グィナムの妹、整形外科コーディネーター
童顔美女(2011/KBS) イ・ソジン ソヨンの妹、モデル志望
キム・マンドク(2010/KBS) イウン 東門問屋の使用人
トンイ(2010/MBC) 仁元(インウォン)王后キム氏 肅宗の継室

主な受賞歴
2012 MBC演技大賞 女性新人演技賞
2012 KBS演技大賞 女性新人演技賞
2015 MBC演技大賞
2016 SBS演技大賞
他多数

 

花遊記 (ファユギ) 4話 あらすじと感想 イ・ホンギ(FTISLAND) 猪八戒 P.K 役

花遊記 (ファユギ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー