花様年華~君といた季節~ 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

花様年華~君といた季節~ 9話・10話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


花様年華~君といた季節~ 花様年華-人生が花になる瞬間

かようねんか 화양연화 – 삶이 꽃이 되는 순간

2020年放送 tvN 全16話

第9話視聴率3.772%

第9話あらすじ

“君の元へ戻る”とジスに宣言したジェヒョン。そんなジェヒョンにジスも少しずつ心を開き始める。そんな中、会長はジェヒョンの密告により家宅捜索を受ける。ジェヒョンの行動に憤りを覚えた会長は、ジェヒョンの弱点であるジスを呼び出す。一方、ジスのことや会社の件で複雑な心境のジェヒョンは、ある日酒を飲みすぎてしまい…。

出典:LALATV 花様年華~君といた季節

daisySSさん

第9話感想

ハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)とユン・ジス(イ・ボヨン)の恋愛がスタート!ジェヒョンと不倫関係に陥ることを避けていたジスは、二人だけが知る思い出の場所で彼と出会うと、これまでの重荷をすべておろすように結局は、彼を受け入れます。過去、一度彼女を失ったことのあるジェヒョンも再び彼女を失うことを恐れ、必ず彼女を幸せにできるよう努力すると自分に誓います。

ジスへのジェヒョンの想いは、積極的な彼の言葉と態度で伝わりました。付き合うことになったその夜、二人が外のベンチに座り、ジスがジェヒョンの肩にもたれかかり朝方まで眠りに落ちてしまうシーンやその後、ジスのマンションの前まで行くものの、チャームを押せないジェヒョンの姿から、二人の気持ちが伝わります。長年お互いを想い続けたからこそ、ゆっくりと進む二人の関係。



ジェヒョンはジスのマンションの玄関のカギを取り換え、監視カメラまで設置。それから間もなくして、酔っぱらった勢いでジスのマンションまで来るものの、やはりチャームを押せず階段で眠りに落ちてしまったジェヒョン。監視カメラの映像を通じて、ジェヒョンの姿を発見しジスは、彼を家にいれ。。。翌朝、ジスの自宅のソファーで目を覚ましたジェヒョンは、彼女の使っている古い電化製品を新しいものに変え、プレゼントのネックレスまで準備。。。玄関の靴箱に片方しかない古い靴を発見します。

チャン・サン(ムン・ソングン)はジェヒョンとジスの関係を知ると、ジスを呼び出し二人の関係を非難しますが、その過程でジスの父とチャン・サンが協力し合っていた仲だったことを知ります。会社で起きた問題のすべての責任を義理の息子ジェヒョンに負わせるつもりのチャン・サンは、ジェヒョンが検察の調査を受け始めると不安を見せます。チャン・サンが隠した裏の資金に関して情報をジェヒョンが流した可能性があることから、不安を見せるチャン・サン。

そしてジスの家族に起きた不幸に関して描かれ、、、過去、ジスの誕生日を祝って家族でパーティーを開く予定だったジスの妹と母。その日は軍隊にいるジェヒョンとの面会がある日で、ジスは家族を待たせて彼との久々の再会を楽しみます。そんな中、百貨店の建物が崩壊する事故のニュースが報じられます。母と妹がケーキを買うために崩壊した百貨店によったはず、、、急いで自宅に帰る道、、、列車の中で号泣するジスの姿が登場しました。

片方しか残っていなかった靴の持ち主は、妹の靴だったようです。突然停電になった列車で過去のことを思い出して苦しむジスの姿と、彼女を慰めるジェヒョンの姿に悲しみがにじみます。

第10話視聴率3.739%

第10話あらすじ

ジェヒョンとジスのことが原因でジュンソとヨンミンは殴り合いのケンカになる。先に殴ったのはジュンソだが、校長はヨンミンだけを悪者にする。そんな中、離婚を拒むソギョンは、ジェヒョンの母親にジェヒョンを止めるようお願いする。一方、ジスから5年前の組合員の自殺について聞かれたジェヒョンは、ある事実を明かす。

出典:LALATV 花様年華~君といた季節

daisySSさん

第10話感想

妹と母を失った記憶から、移動中の電車が停電で止まると過去の記憶がよみがえり苦しむユン・ジス(イ・ボヨン)を慰めるハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)に、彼女はジェヒョンとの時間を過ごすことを優先したせいで、母と妹があの日、百貨店を訪問したことを正直に語れず。。。ジェヒョンは25年前、ジスが姿を消した本当の理由を今話で知ります。

母と妹を亡くした後、ショックのあまり正気を失った父は、汚職事件に関与し検察を首になります。無気力になり、次第に施設で生活することになり、、、彼女は大学を辞めて姿を消してしまった。彼女が姿を消した本当の理由を知らないハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)は、その後、ずっと彼女を捜し続けていました。涙を流す姿を見ると、本当にジスを心から愛していたことが分かります。切ない。。。25年経っても気持ちが変わらない二人の恋は純愛そのもの。

ハン・ジュンソとイ・ヨンミンは再び暴力事件を起こします。二人が争った理由は、ユン・ジスとハン・ジェヒョンの不倫が学校内で噂されていたためでした。ジスはジェヒョンが初恋の相手であることを説明し、ジェヒョンも息子にジスが初恋であることを説明します。

その後、チャン・ソギョン(パク・シヨン)とチャン・サン(ムン・ソングン)の申し立てで、イ・ヨンミンはクラスメイトへの暴力を理由に処分を受けることになる状況。。。しかし、イ・ヨンミンはそれまでいじめにあっていたことを訴えると、学校を自ら辞めることになります。

過去、ジスが姿を消した理由はジェヒョンと一緒にいると、ジェヒョンに母と妹の死の責任転換をしてしまうことを恐れたからでした。過去、姿を消した理由を明かし、息子を守りたいと語るジス。ジェヒョンとの関係に戸惑います。何があっても彼女を守り、一緒に居たいと願う気持ちg強いジェヒョン。

第10話はこれまでになかった驚きの事実が明かされます!ジェヒョンがチャン・ソギョン(パク・シヨン)と結婚した本当の理由!!ジェヒョンの父はチャン・サンが経営する会社に勤めていたこと、労働組合の一員だった父、、、しかし、会社との交渉を担当したジェヒョンの父は、会社側のスパイとして、裏切り者として認識され自ら命を絶っていました。会社からも捨てられた父が選んだ選択、、、ジスが姿を消した後だったので、ジェヒョンは本当につらい時間を耐えてきていたことが分かります。

彼は父が亡くなった時と同じ状況が5年前にもあったことを知ると、復讐を始まるのでしょうか。第11話からハラハラする展開になりそうですね。

 

花様年華~君といた季節~ 11話・12話 あらすじと感想

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー