花様年華~君といた季節~ 3話・4話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

花様年華~君といた季節~ 3話・4話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


花様年華~君といた季節~ 花様年華-人生が花になる瞬間

かようねんか 화양연화 – 삶이 꽃이 되는 순간

2020年放送 tvN 全16話

第3話視聴率5.420%

第3話あらすじ

無理やり審議会を開こうとするソギョンに対し、ジェヒョンはソギョンの浮気相手の名前を出して思いとどまらせる。そんな中、ソギョンはジェヒョンが女物の手袋を買ったことを知り、ジスとの仲を疑い始める。一方、本社前のデモ隊を始末するよう会長に急かされたジェヒョンは、そのデモに関わっているジスを呼び出し…。

出典:LALATV 花様年華~君といた季節

daisySSさん

第3話感想

ハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)とユン・ジス(イ・ボヨン)の関係を疑うジェヒョンの妻チャン・ソギョン(パク・シヨン)は、ユン・ジスのことを調べます。スーパーのパートとして働いていたジスが解雇されたこと、離婚したことまで調べると、夫との関係を更に疑います。

夫が浮気している相手がみすぼらしいジスだということが、彼女のプライドを傷つけたのでしょうか。まだ、ジェヒョンとジスの関係は浮気にまだ発展していないのに、チャン・ソギョンのせいで二人の関係が変っていくのでしょうか。ジスが解雇された理由は、不当な解雇を訴えるストライキに参加したからでした。



過去のジェヒョン(パク・ジニョン)と過去のジス(チョン・ソニ)の様子は、1994年の頃のエピソードが描かれました。ジェヒョンと一緒に居たい気持ちから彼が参加するボランティア活動に参加したジス・・・冷たかった彼も彼女に惹かれ続ける。大学生の頃の二人の様子は理想を追う爽やかな20代の学生たち。二人が別れることになった理由はそろそろ明らかになるのでしょうか。それとも様々な出来事を重ねて、後半部で二人が別れた理由が明確なるのかなぁ。。。

学生運動の中心にいたジェヒョンが今では、不正解雇した会社側の役員として働いている理由が疑問です。過去の様子からすると企業側ではなく、労働者側に立って働いているべき、、、では?と、ふと思いました。彼の過去に何があったのでしょうか。

息子が暴力を受けた真相と処罰を求めるチャン・ソギョン(パク・シヨン)は、学校に圧力をかけますが、ジェヒョンが阻止します。ジスはジェヒョンの現在の姿に戸惑いを見せます。彼女が記憶する過去の彼は、社会の弱者のために戦おうとする学生運動家。しかし、今はその反対。。。過去、ジェヒョンが大好きだったジスは、年を重ねたジェヒョンにも魅力を感じるようで、二人のロマンスの今後が楽しみです。

ホテルでピアノの演奏をするジス、、、第1話で彼女が演奏する「ラブレター」の主題歌を聴いたジェヒョンですが、今話でピアノの演奏をしていたのが彼女だと知ります。ホテルにいた理由をわざわざ説明するジェヒョンの姿は、少しドキッとしました。妻には誤解されても構わないけど、ジスには誤解されたくないという意味でしょうか。

妻、チャン・ソギョン(パク・シヨン)にジスが大学の後輩であることを明かす時もそうでしたが、頼りになりそうなタイプのジェヒョンでした。ジスの大学の同級生チュ・ヨンウは長年、彼女に片想いしているようで、果たして今後どのような関係へと発展していくのでしょうか。

第4話視聴率4.209%

第4話あらすじ

ジェヒョンは、デモ隊を釈放させる代わりに不正の後始末をするという会長との取引に応じる。そんな中、ヨンミンが倒れてしまう。偶然その場を目撃したジェヒョンがヨンミンを病院に運び、ジェヒョンはそこでジスの元夫と対面する。一方、ソギョンは、ジスが仮面をしてホテルでピアノを演奏していることを知り、悪巧みを企てる。

出典:LALATV 花様年華~君といた季節

daisySSさん

第4話感想

前話、チャン・ソギョン(パク・シヨン)の通報でストライキに警察が入り、ハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)の目の前で逮捕されてしまったユン・ジス(イ・ボヨン)。。。彼女が逮捕される姿を黙ってみるしかできないジェヒョンは、義理の父チャン・サン(ムン・ソングン)のやり方に反対的な意見をあらわしますが、ジェヒョンができることはない。

チャン・サンが所有する隠し口座のことがニュースになるとジェヒョクに取引きを持ち掛けます。隠し口座をジェヒョク所有として認める代わり、解雇された被雇用者たちの復帰を約束し、ジェヒョクは条件をのみます。これまでの展開からすると、彼が義理の夫の代わりに罪を償ったこともあるようで、なぜジェヒョクがチャン・ソギョン(パク・シヨン)と結婚することになったのか、本当に疑問に思います。

一方、チャン・ソギョン(パク・シヨン)はジスがジェヒョクの初恋の相手だと知り、彼女がホテルで仮面をつけてピアノの演奏をしていることを知ると、自分が主催するパーティーのピアノ演奏者としてジスを指名します。夫の前で彼女を辱める予定だったチャン・ソギョンの計画通り、パーティーに出席したジェヒョクは、ジスを目撃します。

過去、学生運動をしていたジス、、、思った以上に芯が通っていて合理的で、多少頑固な一面も見えますが、堂々とした対応が素敵でした。自尊心も高いタイプのようですが、彼女が過去、ジェヒョクの前から姿を消した理由には、誰かの死が関わっているように思え、本当に何があったのか早く知りたくなる展開でした。

生き残った?と語る場面があることから、これまで罪悪感を持って生きてくる特別な理由があったとすれば、過去の学生運動と関係があるのでしょうか。ジェヒョクとの再会後、強く彼への気持ちを断ち切ろうとしていたジス、、、いつも冷たい言葉でジェヒョクを接していましたが、パーティーでの屈辱的な出来事の後は、優しいジェヒョクに自分の気持ちを隠せない。。。

最後のシーンはドキドキ!「君は僕の夢だった。失ったはずの夢が再び現れた・・・」と真っすぐに見つめ語るその言葉に、強がっていたジスの心を温かくします。夢じゃないことを確認するにジェヒョクにキスするジス。

初恋だった二人が数十年後、再会。。。それだけでも胸がいっぱいになる設定です。ただ、ジェヒョクは既婚者なので、二人の恋が実るまで様々な困難がありそうですね。本格的な恋物語が始まるのでしょうか。

花様年華~君といた季節~ 5話・6話 あらすじと感想

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー