美女と純情男 9話・10話 あらすじと感想

美女と純情男


美女と純情男 미녀와 순정남

第9話視聴率14.8

第9話あらすじ

ピルスンが目を覚まし、「なんでそんなに顔を見つめているんだ」と言うと、ドラは「蚊がいる!」とピルスンの頭を叩く。

ドラはピルスンから離れ、海の上の大空にかかった虹を見つけ喜んでいると、ピルスンも来る。「私たちのドラマがヒットする兆しかな」とドラは喜び、「動物園の猿のように写真を撮られ『整形じゃないか』と悪口を言われてきた。ここならそういう人たちもいない。こういう島を買い取ったらどうかなぁ。お兄さんも来ていいよ」と言う。

救出の船が到着する。ドラは、「なんでそんなに早く来るの。もっとゆっくり来ればいいのに」と呟く。

スヨンはデスクの入院先の病室を見舞い、「お粥を作ってきました」と出すと、「こんな汚いもの」とデスクはそれを床に払い落とす。コン会長が急いで入ってきて、慰めるがスヨンは出て行く。

コン会長は「おばさま。こんなことでは米国に帰っていただかなければなりません」と言う。デスクは、スヨンの子供のことを話そうとするが、口ごもり、「スヨンに謝罪する」と言う。デスクはチョ女史に電話し、「コン会長にスヨンのことを話してほしい」と頼む。

マリは母に「おばちゃんは、米国に帰ってほしい」と言う。デスクはスヨンに謝罪する。

ヒョンチョルはキム家の人々に、「会社を解雇された。どこででも仕事ができれば感謝だ。誰も止めないでくれ」と言う。

ドラはピルスンとの離れ小島での出来事を回想し、にやけ、「ドラ、しっかりしろ」と自分自身に言い聞かせる。

ジンダンからドラにネックレスのプレゼントが送られてくる。ミジャはドラがネックレスをした写真をジンダンに送る。母に「付き合ってみれば」と言われ、ドラは「そんなつもりは全くない。ネックレスを返してね」と母に言う。

米国留学中の弟ドジュンからドラにビデオ通話がある。「ドジュンのために働いているの」と姉は嬉しがる。

撮影中、スタッフがピルスンと接触が激しいので、ドラはやきもちを焼き、「私がやります」と言う。ピルスンは木の切り株に頭を打って、動かなくなり、ドラは「死なないで」と泣き叫ぶが、ピルスンは目を覚ます。

マネージャーは、ドラが感情的になったのは、共演者のボンスに恋愛感情を持っているのではないかと勘違いするが、ドラは否定。しかしドラは「そう思ってくれたら好都合」と独り言。

ジンダンは母にドラのことを話すと、エギョクは反対する。ドラを呼び出し、エギョクは「息子と別れなさい」と言う。「そのような関係ではありません。恋愛感情は少しもありません」と言い、去る。

エギョクは息子に「『何の関係もない』って言うじゃない」と言うと、ジンダンは「お母さん、ドラさんに会ったのか」と怒る。

ジンダンはドラに謝るが、ドラの本心を探ると、「ミュージカルはデートだとは思いませんでした。ネックレスは返します」とドラの返事。

ミジャは博打をやって、ネックレスをとられてしまう。ドラは母に「ジンダン代表のお母さんに呼び出されて『別れて』って言われたのよ。ネックレス返して」と言う。

ジンダンはミジャに「ドラさんは私に対して『何の感情もない』そうですが」と言うと、ミジャは「ドラはトップ女優ですよ。スキャンダルなど起こしたくありません。あなたに関心はあるんです」と丸め込む。ジンダンはドラが自分の母を気にして無関心を装っているのだと誤解する。

ミジャはドラには「ネックレスは返した」と嘘をつく。

スタッフがピルスンに近づくと、ドラは大声で「監督様!」と叫び、「トッポギを食べよう」と約束をする。

コン会長は撮影現場でピルスンを見かけ、カフェに誘う。会長は「高校生だったのに好青年に育った」と目を細める。ピルスンは「母が毎日、肉や栄養の良いものを食べさせてくれました」と答える。

ドシクはミョンドンの働くカフェに行き、ブランドバッグをあげようとするが拒否され、平手打ちをくらう。

コン会長はスヨンに、「ピルスンに会った。マリのお婿さんにどうかな?」と言い、スヨンは動揺する。

ピルスンと屋台で酔っ払うドラは、「あのヘアサロンのチョンミ、どうなったかな?」と言うと、「大学に合格したら付き合ってくれるって約束したのに、合格通知を見せに行ったら、他の男の子供をお腹に宿していた。男にとって愛には年齢は関係ない」と涙を流す。

ピルスンが酔っ払って気分良く、街を歩いていると女の子たちが笑っている。ピルスンの背中には「私は愚か者です」と書いた紙が貼ってあった。

第9話感想

ドラは相当、ピルスンの魅力にまいってしまった様子です。ピルスンとスタッフとの関係に焼きもちをやく姿に笑ってしまいました。

俳優はどこからが本気なのか、どこからが演技なのか、分けるのが難しいのではないかと想像します。

ドラの母ミジャの開き直った嘘にジンダンがまんまと引っかかるので笑ってしまいました。BGMな滑稽な音楽が絶妙です。

デシクが2回も傷つけたミョンドンに執拗にプレゼントをあげようとするのが、いったい何のためかとイラつきました。

コン会長がピルスンのことを気に入ってしまい、自分の2人の子供を結婚させようとしていると知り、スヨンの悩みと葛藤は極限に達しています。しかも、敵に秘密を知られているとも知らず。

第10話視聴率16.5

第10話あらすじ

「ピルスンは君の友人の息子だし、家柄も信用できる。君から話してみてくれないか」とコン会長が言うと、スヨンは「ソニョンは息子1人を大変な思いをして育ててきた。さらに彼女にうちのマリを託す考えはあまりにも欲が過ぎる。マリのために、彼の人生を犠牲にさせるのか。それに、もう彼女がいる」と弁解する。

スヨンは動揺して部屋から出てきて、急いで水を飲む。デスクが近づき、スヨンはびっくりする。デスクはエギョクに「汚い女」と独り言を言い、「いったい誰?」とエギョクは呟く。

チョ女史は「天候が悪くフライトがキャンセルされた」とデスクに電話で話す。「それにしても子供がいて、今まで隠していたのかしら。それとも秘密に付き合ってるのかしら」とデスクはスヨンについて呟く。

ソニョンとグムジャは、通りで酔っ払って千鳥足のピルスンを見る。背中の貼り紙をはがしてピルスンに見せると、ピルスンはドラと飲んでいたことを思い出すが、「撮影スタッフの飲み会だった」と言い訳する。母は「絶対に許せない。誰だ」と言いがかりをつける。

「あんなヤツとはもう終わりだ」と独り言を言っているドラに、ピルスンは貼り紙の写真を送り、「お前だろ」と言うが、ドラは否定。「女優に対してこういう失礼なことをしないで。撮影現場のみでの会話にしてください」とドラは返事。

ピルスンは屋台に戻り、女将に「これ誰が貼ったか見ましたか」と尋ねると、「一緒にいた女性。『紙とペンを貸して』って言うから」とのこと。

「話がある」とピルスンからメッセージが来て、「もしかして」とお化粧してドラは出かける。貼り紙を突きつけるが、トボけるドラを、「証拠がある」とピルスンは屋台に連れて行く。

「なぜやった」と言うピルスンに、「お兄ちゃんが好きだからだよ。それなのに『チョンミが好きだ』なんて言うのは愚か者以外にない」とドラは言う。ピルスンは「ごめんよ。気をつけて帰って」と走って逃げる。

スヨンからソニョンにプレゼントが届く。ピルスンは「コン会長からコーヒーに呼ばれた」と母に言う。

ソニョンはキムチを作って、スヨンに持っていく。コン会長はソニョンに、ピルスンについて「彼女がもういるそうで」と言うが、スヨンは懸命に取り繕う。

翌日、撮影現場で再度ドラに迫られるピルスンは「オレはお前のこと好きじゃない。交際もしたくない。1番、シツコい女は嫌い。2番、背中に貼り紙しただろう。軽蔑するような女嫌い。3番、好みじゃない」と言う。

ドジュンが米国から帰国する。マリが街で男に絡まれ、ドジュンが助ける。

デスクがコン会長とチョ女史を会わせようと呼び出すが、チョ女史は事故で亡くなる。デスクはスヨンの友人だったというジェシカを探すことにする。

ジンダンからドラに電話で、「清潭洞の高級フランスレストランでのデート」の誘いがある。ドラは会話を聞いていたピルスンに「これが最後よ。もし『行かないで』って言えば私は行かない」と言うが「行くなとは言わない」とピルスンは去る。

帰宅するピルスンは気になり、ドラに「早朝の撮影スケジュール」の伝言メッセージを送るが既読にならない。

ジンダンはドラの前にひざまずき、プロポーズの指輪を見せるが、ドラは断って、去ろうとする。ジンダンはドラの腕をつかみ、無理矢理にハグする。恐れたドラは逃げ去る。レストランの前に来ていたピルスンに会ったドラは「どっかに連れてって」と言う。

帰宅するジンダンは兄であるコン会長に「オレが人々からさげすまれるのは、兄貴がそういう扱いをするからだ。オレは兄貴を訴えてやる」と叫ぶ。

公園のベンチで必死に冷静さを取り戻そうとするドラは、ピルスンに「お兄ちゃんに嫉妬させたかったからコン代表の誘いを受けたけど、間違いだった」と言う。

女子高生らがドラを見て、近寄ってくると、2人は逃げる。路地で隠れ、ピルスンはドラをかばう。ドラはピルスンにキスする。

第10話感想

突然2人の関係が急接近でとまどいました。

ピルスンがドラに何度迫られても「嫌い」だったので、昔のデチョンの時代を思い出して、そう言えば‥‥的に懐かしく思っていたのですが。もしかすると、ピルスンはいわゆる「ツンデレ」なのでしょうか。

チョ女史はあっけなく去ってしまいました。やや不自然な感じがします。

スヨンは自分の過去を隠そうとすればするほど、ソニョンにも疑問を持たれ、ボロが出る道を自分でつくっている様子です。

コン会長役の俳優さんが役にピッタリで没入感があります。

ドラの可愛い弟ドジュンが登場しました。マリとの絡みがどう発展するでしょうか。

ドシクがまたミョンドンのカフェに粘り、もう一発くらうかと思いましたが、無事でした。

美女と純情男 11話・12話 あらすじと感想

美女と純情男 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP