Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

美しい世界(韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

美しい世界 아름다운 세상 2019年放送 JTBC 全16話

第7話視聴率3.334%

えぱたさん

第7話あらすじ

ウンジュは警備員に「ソンホのスマホと日記を持っているでしょう?」と言います。事件当時、警備員に見つかり「口外しないで。お金はいくらでも出す」とウンジュは頼んだのでした。「持っていない。あなたは嘘をついた。ソンホが自殺したと言うのを信じたのに。CCTVは分からないように捨てた」と言います。実はソンホのスマホと日記は警備員が取っていました。

スンホの靴紐について、ウンジュは「夫から聞いた」とイナに電話して言います。

スホはギチャンに「ジュンソクが首謀者か」と聞き、ギチャンは「幽霊に聞けば分かる」と言います。それをスホから聞き、イナはヨンチョルに質問します。「ギチャンに打たれるのが怖くてアヴェンジャーのゲームをやった」とヨンチョルは言います。

警備員シン・デギルは「元刑事で迅速に行動、ソンホの命を救った」とされ、教頭から賞金を受け取ります。

ジュナはイナが受け取った名刺から、記者の身元調査。「記者はホステスを暴行した容疑で取り調べを受け、証拠不十分となったらしい」とイナに言います。記者はムジンに「息子さんに起こったことを記事にしたい」と接触します。

ジンウは刑事にCCTV映像を見せられ、「ソンホは塾の後に学校に行く途中で、リュックサックに人形をつけた学生と会っている。ダヒという学生じゃないですか?」と訊きます。それはドンヒでした。

ウンジュはジュンソクの持ち物の中に、女性用の物を見つけます。ジュンソクはソンホの枕元に立っていて…。

ジュンソクの父ジンピョは、警備員からICレコーダーを渡され、「興味深い会話が録音されてますよ」と言われます。

ドンヒはイナに「ソンホは自殺しない。あの日は私が死のうとしていた。『ソンホは自分を殺す勇気があるなら、生きろ』と説得した」と言います。

 

第7話感想

警備員はジュンソクの父にユスりをかけようとしていますが、自分の命が危ない行為じゃないかと思います。権力で何でもしそうな人です。俳優さん自体はあまり怖そうには見えないですが。

最初は警備員が怪しいとは思いませんでした。なるほど、第一発見者が一番怪しいのは、推理物の原則ではありますけど。思い出せば、あの皆既月食の夜の怪事件という設定が強力で、いろんな判断が鈍ったかもしれません。

警備員が来た時に救急車を呼んでいれば、もっと回復のチャンスは増えたでしょうに。一つの嘘がまたもう一つの嘘を生み、最初の罪の罰より重い結果を刈り取ることになってしまいました。

ということは、やはりあの動画をイナに送ったのは、警備員だったということになります。金をユスっておきながら、イナの家族が真実を発見するように動くとは…。自分の立場も危うくなってくるのに。

ジュンソクがソンホの病室に居て、ソンホは無事でしょうか? それとも、本当に悪かったと思っているのでしょうか?

ドンヒの証言は、ソンホが自殺したのではない証拠として、どれだけの効力を持つものでしょうか? これで警察を再捜査へと動かすことができるでしょうか?

ジンピョに恨みを持っているらしいチョ記者が、イナの家族にとって、良いほうに動くか、妨害に働くか…。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話視聴率4.001%

えぱたさん

第8話あらすじ

グループチャットでいじめに遭っていたドンヒは、大通りで自殺しようとして、ソンホが見て呼び止めます。「ライ麦畑でつかまえて」の本を渡し、「明日、学校で会おう」と言います。ドンヒはイナにそれを言うと、「やっぱり自殺しようとしてたんじゃなかった」と喜びます。

ジュンソクがドンヒをいじめるので、それを庇うソンホは対立し、ジュンソクがいじめるようになった経緯を話します。「他の子を遠くからコントロールし、自分では手を出さない。ジュンソクはダヒに興味が無かったけど、ソンホをいじめるために利用した」と言います。

暗がりの病室で、ソンホを見つめるジュンソク。ジュナが入ってきて、途端に天使の表情に。それを聞き、イナは「ソンホを転院させる」と言います。

ウンジュはジュンソクの机の引き出しから取ったリップを、自分の引き出しに隠します。ジンピョは警備員から受け取った録音を聞き、怒りでICレコーダーを投げつけます。「イギリスにジュンソクと1年行っていろ」とジンピョはウンジュに言います。

ウンジュをイナが訪問、「ある学生の証言で、ソンホはあの晩、誰かに会おうとしていた。誰か知っていた?」と聞きます。ウンジュはジュンソクに「ソンホと会ったのを、誰も知らないわよね?」と念を押します。ジュンソクはヨンチョルを疑います。ウンジュはICレコーダーを見つけ、聞きます。

ジンピョは警備員にバッグを渡し、「スマホ渡せ」と言います。「あの晩、捨てた。SIMカードを抜き取り、これに入れた」と警備員は言います。「どうしてあの晩、オレに電話してきた?」とジンピョが訊くと、「ウンジュはすぐに崩壊する。お前と交渉するのが良いと思った」と警備員は言います。ジンピョは警備員の息子を拘束しており、「ギャンブルと麻薬に潰れたお前の息子を殺す」と言います。

麻薬捜査から犯罪組織リーダー格の「氷の男」の父親が元刑事で、セア中学の警備員と発覚します。

ムジンとイナは、学校近くのCCTV映像に、ウンジュの車らしき白い車が映っているのを見つけます。

 

第8話感想

キ・デクチョルという犯罪者の名前がチラホラとずいぶん前のエピソードで出てきていましたが、まさかここで繋がってくるとは、思いませんでした。別々の事件が警備員で繋がっていました。これでパク刑事は警備員の身辺を調べ始めるでしょうか。

警備員のことをまだ疑っていないイナに、「生命力が強いんです。ソンホの部屋に飾ってください」と、怪しげな目つきで警備員がサボテンを渡していましたが、何か企んでいる気がしてなりません。盗聴器が仕掛けてあるとか?

「『明日、学校で会おう』と事件直前にソンホが言っていた」というドンヒの証言ですが、ソンホの墜落は自殺ではないとの裏付けとしてどれだけ効力があるのでしょうか。警察が公式には再捜査を始めるのが難しくても、パク刑事がまともで、個人的に動いて事件を解決していくという展開でしょうか。上から圧力がかかるという展開もあるかもしれません。

ジュンソクの父ジンピョのキャラクターが、いくら犯罪者とはいえ警備員の息子を拘束して脅したりして、やや青くて器が小さいような気がします。それに全然怖くない…。

今回はジンピョが事件当時から警備員にユスられていて、真相を知っていたということが明かされました。このあたりで、ジンピョと妻ウンジュとのやりとり(行き違いをどう埋めていくか)が語られていくと思われます。

警備員がジンピョとウンジュの夫婦の距離を知っていて、利用しようとしている気がします。ジンピョは現金入りと思われるバッグを渡す時、スマホのことしか言っていませんが、日記もあるのに。

 

美しい世界(韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想

 

美しい世界(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー