凍てついた愛 (美しい世界) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2020/9/5から)土・日曜日17時から 字幕

●フジテレビTWO(2020/7/18から)土曜日11時から11話連続放送 字幕

●【日本初放送】フジテレビTWO全16話(2020/1/20から)月~金曜日深夜24時から 字幕

【韓国放送期間】2019年4月5日~5月25日 毎週金土の23時

原題:美しい世界

邦題:凍てついた愛

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

凍てついた愛 (美しい世界)

아름다운 세상

2018年放送 JTBC 全16話

視聴率

平均視聴率 3.785% 시청률 最低視聴率第1回2.178% 最高視聴率第16回5.785%

出典:JTBC 아름다운 세상

あらすじ

校内暴力で生死の崖に立たされた息子とその家族が息子の名をかけて真実に迫るストーリーを描く作品。嘘と隠蔽、不信、暴露、他人の苦痛に鈍感な自己中心の世界の中で、互いの傷と痛みを慰め合い、「美しい世界」への希望を見つけようとするドラマ

一般的に、親たちは校内暴力が蔓延しているというニュースを頻繁に耳にするものの、危機感を感じるのはその時だけで、自分の子どもがその犠牲者になるとは夢にも思わないものだ。
だが、ある日、校内暴力で実際に子供を亡くし、地獄の日々を過ごすことになる親がいた。そして、苦悩の中で自分の子どもが何故こんな状況に陥ったのか、せめてその真実だけでも知りたいと思うようになる。
対して、加害者側にも親がいる。
もし、自分の子どもが犯した犯罪を隠蔽できる機会が与えられるなら、あなたはどのような選択をするのだろうか。
裕福ではないが、平凡で幸せだった「ソンホ」の家族に青天の霹靂のように悲劇的な事件が起きる。校内での暴行が原因でソンホが脳死判定を受けたのだ。苦しい現実と醜い真実の前に立たされたソンホの家族は、果たして悲しみを乗り越え、真の美しい世界を実現できるだろうか。

あらすじ出典:https://otn.fujitv.co.jp/

相関図

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キャスト

カン・イナの家族

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チュ・ジャヒョン カン・イナ役 ソノとスホの母。ムジンの妻。ベーカリー「HOHO」経営者。息子の事件の背後にある隠された真実を見つけるために火に対抗し、全身で闘争する女性。 1年前、栄養士だった妹ジュナとベーカリー「HOHO」を開業した。「ほほ」という名前は、彼女の息子ソノと娘スホの名前から取って一文字ずつとって名付けた。

ところが…息子ソノが、学校の屋上から落ち、意識不明に。 想像もできない悲しみと絶望、怒りが彼女の人生を飲み込んだ。機械の力を借りずには自分の力で息さえできない息子を無気力に見守るしかない彼女の世界は、刑務所の中の終身刑に変わった。

ソノの言葉、行動、表情、記憶にあるすべてを思い出してみた。ソノの焦りと不安が自分に送った切実な希望の救助信号を、無視して通り過ぎてしまったことに気づいた。 ソノの事故の夜、故障で録画されなかった学校のCCTV。消えたソノの携帯電話。そして消えた日記。ソノが、学校内暴力の被害者であるという事実を誰かが隠蔽したという確信を与えた。 「明らかに隠された真実がある。」 息子ソノがなぜ? 誰のために外の世界に墜落したのか、その理由を、真実を見つける必要があった。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

パク・ヒスン パク・ムジン役 ソノとスホの父。高校の物理教師。息子の事故の後、これまで回避していたことに対面し、正義感を回復し、真の大人に生まれ変わる男性。 マサチューセッツ肯定的な理想主義者。笑い多く、思いやりも多い。良いものは良いだろうという態度が身についており、争いや葛藤を嫌い、是非を問うことを気にする。お酒が好き、人が好きな彼は、自称平和主義者。

息子ソノが、ただ健康にのみ育つようにと望んでいたが、内心もう少し成績を上げたいと変わり、「君がいれば幸せ」だった心は、可能であれば、自分が望む息子になって私も幸せにしてくれればという期待に変わった。しかし、平凡だった穏やかな日常が一日にして地獄に変わった。

私の息子、神の贈り物だと信じていた私の息子ソノに近づいた不幸! 到底信じられなかった。夢であってほしかったが、現実だった。 警察と学校は、青少年の衝動的な自殺未遂という結論に、急いで仕立て上げてしまった。

しかし、理由もなく、自殺をしようとする子供はないことを、教師である彼は誰よりもよく知っている。その瞬間浮かんだのは、学校内暴力だった。 彼は今、逃げずに立ち向かい、正当な怒りを表に出した。真実を隠蔽しようとする者たちの行動に怒ってパンチを飛ばすことも往々に行われた。教職に身を置いている者が受ける懐柔と脅迫にも、彼は堂々と対抗した。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ナム・ダルム パク・ソノ役 イナとムジンの息子。中学校3年生試練の中でも「自殺」はなく「生きよう」を誓っていた、星のような少年 。父ムジンと母イナの性格の丸い部分だけそっくり。相手へ配慮し思いやり、優しくまろやかな性格。

勉強が面白いとはあまり言わなかったが、母親の期待に応えて獣医師の夢を達成したいと、中位だった成績を着実に中上位圏まで引き上げたものの、最近になって少しずつ低下した。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キム・ファンヒ パク・スホ役 ソノの妹。中学校2年生。陽気な性格で、自分の意思が明らかで、母親の性格に似ている。こだわりが強く、勝負欲も強いが、いざ勉強にあまり関心がない。落ち着いた兄ソノとは異なる。

ダンスに興味があり、踊るのも好きである。よく笑い、おしゃべりで、友人も多い。 いつも自分に譲る優しい兄ソノが意識不明に陥ると、多大な悲しみと喪失感で、深い心の傷を受ける。しかし、ソノの悔しさを暴くために、それなりの方法で激しく戦う。 ソノの事件をめぐり繰り広げられる、大人の理不尽さと不当に対面しながら、徐々に怒りを育て、自分だけの復讐を夢見て行動に移す。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

イ・チョンア カン・ジュナ役 イナの妹。自由主義者、愉快で陽気である。とんでもないこととユーモアで武装した四次元魅力的な女性。彼女は甥ソノが意識不明になった多大な悲しみの中でも、笑いを見つけることを知っている無限肯定の所有者である。 ベーカリー「HOHO」のキッチンを担当。

担任教師のジヌに向かって、「先生がなぜそんな態度のか、先生の資格はない」という毒舌を口にする。悲しみに陥っている姉の家族に、自分だけの方法で活気を与えようと努力する。 そしてさまようスホの友達になって、スホの復讐を唯一気づいている。

ウンジュの家族

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チョ・ヨジョン ソ・ウンジュ役 ジュンソクの母。専業主婦。息子の罪を覆うための間違った選択で崖っぷちに。 裕福な実業家の家の1男1女の中で二番目。持って生まれた美貌と着実に管理されたスタイル、洗練されたルックスと整頓された口調で武装している彼女は、幼い頃から男たちのロマンであり、女性にとっては羨望の対象だった。他人の目からは、完璧な幸せの庭で明るく咲くバラのように見えますが、肝心の彼女は自尊心が不足している。

しかし、彼女は自己愛を自尊心と勘違いし、足りない自尊心から選民意識に満ちた。ジンピョの強圧的な態度と暴力性がジュンソクに向かわないかと思って恐れて過剰保護し、ジュンソクの誤ちを包み隠し、言い訳することが増えていった。

ジュンソクがしばしば逸脱した行動を見せた時も、思春期の男子によくあることだろうと思ったし、自分の子供は誰よりも優しくて問題ない子だと思った。 彼女は高校の同級生であるイナとの再会は不都合で、喜ばなかった。優柔不断な彼女とは異なり、自分の意思がはっきりして堂々としたイナが、彼女はうらやましかったし、嫉妬した。そして劣等感を感じた。

信じていた私の子供が、友人を失った悲しみに涙を流した私の子供がこのように残酷なことをしたという事実がとても信じられなかった。 息子を守るという一念は彼女の良心を瞬時に飲んだ。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

オ・マンソク オ・ジンピョ役 ジュンソクのお父さん。教育財団理事長。他人の痛みに鈍感な気質の所有者。 ソウルの政治外交学科を卒業。卒業と同時に、行政試験に合格、文部科学省に数年間在職し、政治、官僚と人脈を築いた。

文部科学省を辞めた後、父親の下で私学財団の実質的な長の役割をして、39歳で理事長職を受け継いだ。 親日の先頭に立ち、祖父が味わった富と権力は父親と彼に続いた。骨の中の深い階級主義者で、強者に弱く、弱者に無慈悲である。不正なことをしながらも、恥と罪悪感がなく、どのようなこともお金で解決しようとする習性は、父親から学んだ。 彼のお金と権力であれば、簡単に防ぐことができると自信を示した。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ソ・ドンヒョン オ・ジュンソク役 16歳。ソノの友人。中学校3年生学校の中では模範生、学校の外では、加害者の二つの顔の少年。 共感能力が不足して感情の起伏が激しく、自己陶酔する面が強い。教師たちの間では、模範生として知られており、子供たちには、活発な性格で自信に満ちたリーダーシップで人気があるが、いざ他人の感情や自分の本当の感情には鈍感である。

ジンピョの権威的抑圧的な養育方式、過度な期待に抑圧された感情は、中学校高学年になって、弱い子供に向けた暴力性に表出され始めた。また、母ウンジュの過剰保護と執着は、自分しか知らない利己的な子供に育てた。

思春期を経験しながら、利己的な傾向がさらに強まって、感情の起伏も激しくなった。ソノの平常心と思いやりはジュンソクを安定させ、心を許せて、快適に感じられた。ソノの家では、自分の家で感じることができない暖かさを感じた。 しかし、ソノの成績がますます向上し、存在感がない奴だと信じていたソノが、周囲から関心を持たれて、存在感を現し始めた瞬間、ジュンソクはソノに対する嫉妬心と友情の間で、感情が複雑に絡み始めた。

中学校の人々

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ユン・ナム イ・ジヌ役 ソノの担任教師。国語教師として子どもたちの間では「遊び人先生」の略である「ナルセム」と呼ばれる。物事は面倒で、学校に行くのが世界で一番嫌いだ。 学校や教育の方針、社会的批判を口にして生きながらも、肝心の本人は行動で定義を実践することは稀である。 新任教師時代、彼は誰よりも正義感と使命感が充満していた教師であった。

しかし、勝手な子供と利己的な親に対して権限はなく、責任と義務を強調する教育システムは、彼の意欲を低下させ、冷笑主義者にした。 不幸に誰よりも大きな衝撃を受けた罪悪感が大きい。嘘をつく子供と加害者の親の非良心、そして事件を隠蔽しようとする学校側の行動に、怒りと冷笑的な視線を送りながらも、肝心の自分は無気力な態度を見せる。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ミョン・ギェナム  中学校校長役 生涯を教育現場で過ごした教育者。名門私学と称する中学校校長になって8年、校長の定年で、今年が最後である。根が善良で悪がなく、事なかれ主義が身に染みている。ただ定年を終え、穏便な生活をすることが彼の望み。ソノの事件は、彼の人生に最後の話題を投げる。 彼はどのような師の姿で、教壇を離れるだろうか?

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チョン・ジェソン ぺ・サンボク役 中学校教頭。地方中学校で教師になって、名門私立中学校に困難を経て転職して、教師生活4年。現校長の定年を控えて、自分が新校長になるのを熱烈に夢見ている。貧しい家の長男、地方大学出身という劣等感を克服できず、出世に熱心だ。 権力に弱く、教育者としての使命感に包まれている。親の権力と地位が子供を評価する基準である彼は、子供たちに対する偏見と差別がひどい。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チュ・ソクジェ シン・ガンフン役 教務部長。数学担当教師。教師として海千山千空中戦まで経験したベテランだが、子供の心を推測して、より自分の思い通りに子供を制御しようとする態度が強い。 彼も最初からそうだったのではなかった。初年教師時代を経て挫折を経験した。教師はいつの間にかただの仕事になり、20年過ぎた教師生活は慣れになった。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

アン・ソヨ ハム・ヨンジュ役 スホの担任教師。英語の教師としての理想的な教師を夢見る。幼い頃からの夢が教師だった彼女は、子供の友人のような先生になるために努力している。しかし、思ったほどの子供たちとの距離が簡単に縮まらず、思ったより子供はずるいために当惑する時も多く、色々な書類に追われ、子供の教育は後回し。日に一度や二度、会議がある。まだ教師としての経験が多くなく、ソノのことをきっかけに、教師としての使命感が硬くなる。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キム・ハクソン シン・テギル役 中学校の警備員。警察を退職。息子が社会不適応者で、貯金したお金も息子の後始末にすべて使い果たした。ソノを発見し、警察に通報した最初の目撃者。

ソノのクラスメートとその家族

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

イ・ジェイン ハン・ドンヒ役 中学校3年生。ソノの不幸を全身で抱きながらも、自分だけの方法で希望を示している子供。借金を返済できず、父は刑務所で、母は生活苦を悲観して家出し、高校生の兄と中2の時から二人きりで家賃借りの部屋に住んでいる。アルバイトで稼いだお金が生活費のすべて。生活費を節約するために、バスで通学する距離を歩いて通いながら、不平も不満もない、いい子。

中2の時、女性の子供たちにいじめを初めて経験したドンヒは、その時から心の扉を閉め、一人だけの世界に閉じこもって、意地悪なニックネームを得た。それでも気にならなかった。いじめを受けるよりは、自分一人になることを選択したほうが心が楽だった。そうやって自分だけの世界で目に見えない友人を作っていって、中3になった。 そうするうちにソノに何か危機が生じたと知ることになる。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ソ・ヨンジュ ハン・ドンス役 高校2年生。ドンヒの兄。ムジンの高校生。 生活費を稼ぐためにアルバイトを夜明けまでして、学校では、ほとんど寝る。将来の夢も希望もない。大人の不信でお金が権力というものをひしひし体験し、お金を稼ぐことが人生の夢であり希望である。

同じ年頃の子供たちは、つまらないし、相手にならず、先生はすっかり偽善者に見える。言葉より拳が先に出る、多血質的な面がある。 妹が世界で最も大事な彼。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

パク・ジフ チョン・ダヒ役 中学校3年生。ソノのクラスメート。有名な韓国料理店を経営する親の一人っ子。ソノの初恋。きれいなルックスと、誰にでも親切な性格で社交性が良い。勉強ではなく、外見に関心が高く、流行に敏感で、自分を飾ることを好む。商売をする親のために幼い頃から一人でいる時間が多く、携帯電話とインターネット中毒があり、友達が世界と疎通する最も重要な手段である。表面上は活発に見え、臆病な小心者である。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

クム・ジュンヒョン チョ・ヨンチョル役 中学校3年生。ソノのクラスメート 24時間営業のコンビニを運営する母子家庭の一人っ子。消極的で内向的な性格。自信がなく、どもる癖がある。父親の死の後、意気消沈して自信がさらに低下した。

ジュンソクと一緒に通い、ジュンソクの言葉に服従的である。ソノを頼って、信頼し、自分自身をジュンソクの嫌がらせから救ってくれた張本人であるソノをむしろ嫌がらせしながら、被害者であったが、加害者に変わる子供。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ヤン・ハニョル イ・ギチャン役 中学校3年生、ソノのクラスメイト友達 建物賃貸業をするゴルフ中毒父親と不動産投機に熱を上げる母親。多動症候群という名前を聞くだけでもわかるように、おしゃべりで情緒不安定。少しもじっとしていられず、騒がしい。ゲーム中毒で、デマを広めることが趣味。いたずらで始まったゲームがソノに対する暴力に変わり、最初は対立したが、徐々に群衆心理に巻き込まれ、暴力に加担する。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

カン・ヒョヌク ナ・ソンジェ役 中学校3年生、ソノのクラスメイトの友達 弁護士の父親と歯科医師である母親のひとりっこ。問題に割り込むことが嫌いで傍観者的な性格。特に良いことも、特に嫌なこともない。気づくのが速く、利口なとところがあり、状況に応じて有利な側に話を変える。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

イ・ジヒョン イム・スッキ役 チョ・ヨンチョルの母。HOHOベーカリーと近距離にある24時間営業のコンビニ経営者。3年前、銀行に勤めていた夫が退職した後コンビニを開業した。しかし、1年経たないうちに、夫が肝臓癌で死亡して一人ヨンチョルを育てている。 勤勉で本当に多く優しい性格の持ち主だが、優柔不断である。他人に嫌なことを言わず、自分の主張ではなく、相手を配慮することが多く、近所の人との摩擦なしに円満にやっている。

ファン・テグァン イ・サンウ役 ギチャンの父。亡父から受け継いだ遺産が多く、これまで別々に仕事を持ったことがない建物賃貸業者。月に1,2回は海外遠征でゴルフのため留守にする日が多いほど、ゴルフにはまって過ごす。高額課外の学園の教育費やお小遣いでも、ギチャンにお金を投資することにしたが、肝心の息子との時間を過ごすことは稀である。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ミョン・ジヨン クォン・ジへ役 ギチャンの母 不動産投資が趣味であり、得意。買いたい土地や家があればと不動産中毒である。子供たちへの愛を、物質的な豊かさを提供することではなく、誤った行動のしつけより無条件で包みこんでみる。

ソン・ギユン ナ・ピルジュン役 ナ・ザイの父。法律事務所の弁護士。エリート主義者としての自己陶酔的な面が強い。失敗を経験したことのないせいで息子が劣ることを容認しておらず、性格的に敏感である。週末ザイと一緒に時間を過ごすことを鉄則としているが、肝心のザイが望むものではない、自分の計画通りに動いて、むしろザイにストレスを与える。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

カン・マルグム ウン・ギョンソン役 ナ・ザイの母。歯科医師。息子ザイの学業に全神経が集中している。ザイが名門大学に合格することが、一生に一度の課題だ。夫と争いがたえずに離婚を検討中だが、ザイが大学に行くまで我慢しようという気持ちを持っている。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

イ・ソファン チョン・マンソプ役 ダヒの父。韓国料理店経営。高校しか出ていない劣等感があるが、自力で成功し、韓国料理店を開業し、有名になった誇りも格別だ。誠実な性格である彼に、一人娘ダヒが宝物であり、幸福の源泉である。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チェ・ユソン チェ・ギョンスク役 ダヒの母。夫と一緒に韓国料理店を運営。頑固で几帳面な性格で、韓国料理店運営にかかり切りのことが多い。食堂の運営のためにダヒが一人で過ごす時間が多いので、もう食堂の仕事から手を引いて、ダヒの世話をしようとする計画を持っている。

警察署の人々

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チョ・ジェリョン パク・スンマン役 凶悪犯罪捜査課チームの刑事。晩婚で、小学校​​低学年の娘を持つ父。凶悪犯罪捜査チームの専門分野の意識が強いベテラン。もう事件や事故が日常だから、信念も正義感も枯れて、なくなってしまった。彼にあふれる事件や事故は処理する必要があり、毎日それだけである。そんな中、ソノの事件を引き受けることになる。ベテラン刑事の勘で見ても現場の状況から見ても、単なる中学生の自殺未遂事件なのに、親が学校内暴力だから他殺だからと騒ぐので迷惑がっている。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キム・ドヒョン キム刑事役 凶悪犯罪捜査チームの刑事。慶尚道地方の方言のたくましい男。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

スタッフ /脚本:キム・ジウ、演出:パク・チャンホン、制作:MI

●以下感想ネタバレ有。




話数ごとのあらすじと感想

話数ごとのあらすじと感想

BS12 トゥエルビは全22話で放送

以下目安

ver22 1~5・6話 → ver16 1~4話
ver22 5・6~11話 → ver16 4~8話
ver22 12~17・18話 → ver16 9~12話
ver22 17・18~22話 → ver16 13~16話

えぱたさん
凍てついた愛 (美しい世界) 1話・2話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 3話・4話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 5話・6話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 7話・8話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 9話・10話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 11話・12話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 13話・14話 あらすじと感想
凍てついた愛 (美しい世界) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

警察や学校内組織の腐敗、隠蔽に立ち向かう、家族の戦いを描いたヒューマンドラマです!

16歳の男子高校生が学校の屋上から落ち、瀕死の重傷を負い、意識不明になります。屋上には彼の靴が揃えて置いてありました。

「月は血に変わる」(ヨエル書2:31/旧約聖書)という言葉を彷彿させる、血のしたたりのように赤い月が夜空にぼんやり浮かぶ、皆既月食の夜に起こった謎の怪事件。

息子が自殺など、するわけがない…。それとも、何を苦に自殺したのか? 完璧に見えた家庭に、突然襲った破壊。息子が何を見聞きし、感じ考えていたか、事件の直前までの足取りを全く知らなかったという事実に、夫婦は愕然とします。

パク・ソノ (ナム・ダルム) の父親で、高校教師のパク・ムジン (パク・ヒスン) は、「教鞭を取り、他の生徒たちを教えていながら、自分の子供も起こったことを見よ」との言葉まで浴びせられます。あの時こうしていればと後悔して、ソンホが意識不明になったのは自分のせいと自責の念にさいなまれます。しかし、ムジンが事の重大さを受け止め、休職して真相究明に立ち向かい始めると、傍観的&批判的だった人々が、味方につくようになります。警察や学校内組織の腐敗によって、保身に走り、真実を隠蔽しようとする人々までも。

事件の真相究明していく中で、夫婦の思いも一致してきて、謎も解けてき、夫婦がお互いの欠けを補い合おうとする姿が素敵です。

燃える熱い性格で事件関係者に聞き込みをする、ソノの妹スホ、プラス、イナの妹でパン屋の助っ人カン・ジュナ (イ・チョンア) に注目です。

謎解き的要素だけでも面白いですが、検察が圧力をかけるので刑事が放り出した事件の捜査を、家族が手分けして追いかける姿に、応援したいという気持ちになってきます。

最初はナム・ダルム君が目当てで、あまりに出番が少なかったので、それは残念ですが、時々、いい声になったダルム君が見れて嬉しかったです。

特に、子を持つ母親の演技、チュ・ジャヒョン (ソノの母カン・イナ役) とチョ・ヨジョン (オ・ジュンソクの母ソ・ウンジュ役) の演技は見応えがあります。

ソノの妹パク・スホ役のキム・ファンヒちゃんも、存在感を示して、充分満足の行く演技でした。これからが楽しみです。

脚本がとても良く、伏線が丁寧に張られて計画されていて、最後まで飽きさせない展開です。視聴率もずっと右肩上がりで、家族を大切にする韓国人の視聴者の人気をどんどん獲得して行ったことが分かります。

韓国ドラマに興味のある方には、ぜひおすすめのドラマです。






11月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー