Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

絶対彼氏。9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

絶対彼氏。  절대그이 全36回(18話)●韓国放送2019年5月15日~

第17回視聴率 1.8% 第18回視聴率 1.8%

えぱたさん

第9話(第17回・第18回)あらすじ

風邪で倒れるワンジュンを介抱するダダ。目を覚ましたワンジュンは、ダダの手を握り、「今まで別れようと思ったことはない。帰って来てくれ」と言います。

ヨングはワンジュンに、脅迫ギフトボックスの中の写真に写っていた指輪のマークを教えて、これが犯人だと言います。

特殊メイク班のダダ含む3人は、新しいドラマのコンセプトを監督から聞きます。脅迫犯であるはずの指輪を、ライバル俳優がしているのを見て、ワンジュンは詰問。俳優はクム代表からもらったものだと言います。クム代表は犯行を認め、別れなければ、ダダが傷つくことになるとさらに脅迫。

ヨウンから「ダダはヨングに何の気持ちも持っていない」と聞いたワンジュンは喜び、ヨングにそれを話すと、ヨングは苦しみます。公園のベンチに1人座っているヨングを、クロノスヘブン社の者らが目撃。連行しようとするも、ボウォンが一時停止コードを削除していて効き目はなく…。

ワンジュンからレストランへの誘いを受けたダダに、「行かないで」と言うヨング。「大事な話だから」と去るダダを見て、胸が痛みます。指輪を出して本格的にプロポーズするワンジュンにダダは、「嘘つき。あの時に切り出した別れは本気だったはず」と、前にもらった指輪も返して去ります。

クロノスヘブン社の社員が1人、ダイアナの元に行き、事情を話し、ダダの家にダイアナを連れて来て、ヨングを見て…。

第9話(第17回・第18回)感想

ダイアナがヨングに何をしたのか、ヨングが下向き加減で、ダダを認識しなかった理由が分かりません。さらに、ダイアナがヨングにキスをすると、ダダに向かって「お前は誰だ。どけ」と言って、ダイアナに「こんにちは。僕の彼女」と笑ったのは、さすがに不気味で、背筋がゾ〜っとしました。

ヨングはダダを彼女として認識していて、既成のプログラムを逸脱するほどのダダが好きという感情を抱いたにもかかわらず、何が起こったのでしょうか。キスがヨングにとっては大きなコマンドを果たしているのかもしれません。それなら、ダダがもう一度キスすれば、ヨングはダダに戻るのでしょうか。ダイアナがお金に物を言わせ阻止するでしょうが…。

ワンジュンの授賞式当時の状況や行動などを落ち着いて分析して、ダダが勇気の決断をワンジュンに言った場面は、スカッとしました。成り行きで言うと、当然ワンジュンの行動に脅迫という理由があったので、ダダはワンジュンの申し出を受け入れていいはずですが、そう単純には行きませんでした。

脅迫犯は、なんとワンジュンの事務所のクム代表でした。どうなって行くのか、先が楽しみです。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19回視聴率 3.2% 第20回視聴率 2.9%

えぱたさん

第10話(第19回・第20回)あらすじ

ダイアナはヨングを連れ去り、豪邸で歓迎イベント、クジで名前をケンと名付け、着せ替え。

ボウォンはダダに破壊されて帰って来た女性型ロボットの写真を見せ、キスをすればリセットされると説明、ヨングの取り戻しに協力を頼みます。ワンジュンはマネージャーのヨングに電話するも、音沙汰なし。ブティックでヨングを見つけて話しかけても、他人の表情。ダイアナとヨングはホテルの屋上デート。

ダイアナは14歳の時に家事で両親と右手を失いました。その後、従姉妹たちに酷い扱いを受けたそうです。ヨングが夜空を見ると、ダダと星を見た記憶がフラッシュバックし、ダイアナが呼びかけも応答しない状況になり…。ダイアナは、スイスにあるクロノスヘブン本社に行き、完全なリセットを試み、ダメなら交換しようと旅行の準備をします。

ボウォンはコ部長に、ゼロナインはダダと一緒に居ることによって、当社に有益なデータ収集ができると説得します。

ダダはダイアナの豪邸に忍び込み、ヨングに「遅れてごめん。あなたが好き。行かないで」と言いますが、「何を言っているか分からない」とダイアナと車に乗り込みます。車中で雨が降り出し、ヨングはダダと一緒に星を見たこと、雨の日に傘を持って来てくれた記憶が蘇り、ヨングはダダを彼女と認識して自分からダイアナの元を去り、ダダを探してキス…。

 

第10話(第19回・第20回)感想

ロボットとしては消したはずのデータが残っているのは、ポンコツの印ですが、一ドラマ視聴者として、ヨングがダダの元に帰って来てくれて、感動しました。豪邸に入り込んでヨングを取り戻そうとして、「ロボットだということを忘れてあなたが好きだった」と告白するシーンは泣けます。例えばプラスチックと金属でできたペッパー君でも、与えてくれる共感や感情は人間からのものと同じなんだなと思わされます。もちろん、ここではヨングは人間ですけど。

逆に人間でも、通い合う感情が無くなれば、一緒に居ても物と同じになって苦痛になって来るのかなと思いました。豪邸の使用人全員が下を向いてジッとダダの告白を聞いていて、主人としてダイアナとダダとどちらを選ぶか考えているヨングに同情しているんだろうと想像しました。

これからAIが与えられた情報から自分で考え判断して行き、どのような影響力を持って行くのか、人間にコントロールできるのか、考えさせられます。

ダイアナの「私が好きなら、ここから飛び降りてみて」と言う言葉を真に受けて、ホテルの屋上の先端に立つヨングに、ハラハラして先送りしてしまいました。俳優ワンジュンバリューでプライベートスペースに入り込んだダダが、割って入り止めさせてホッとしました。

 

絶対彼氏。11話・12話 あらすじと感想

 

絶対彼氏。(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー