絶対彼氏。7話・8話 あらすじと感想 ホン・ソヨン  ダイアナ役

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

絶対彼氏。  절대그이 全36回(18話)●韓国放送2019年5月15日~

第13回視聴率 2.3% 第14回視聴率 2.7%

えぱたさん

第7話(第13回・第14回)あらすじ

ダダといつも一緒に居たいヨングは、テレビ局でクム代表が電話中に接近。ルックスとメンタルの強さが見込まれ、ワンジュンのマネージャーとして就職することに。ワンジュンは拒否するも、イジメてやると承諾。ヨングがワンジュンのマンションに行き、性格分析していると、ダダのクレイケーキを見つけ、ダダとワンジュンの交際が7年にわたることを知ります。

ボウォンがダダの家に現れ、食事して去ります。コ部長はゼロナインの居場所として、ダダの特殊メイク事務所REALのことを嗅ぎつけ、刑事だと言い様子を伺います。

ワンジュンのフィットネスクラブでヨングはショートして、システムがシャットダウンして気絶してしまいます。後をつけて来ていたダダが心配して駆け寄り、その様子を見たワンジュンは「お前たち一緒に寝たのか」と。ヨングは目を開け、ダダと去りますが、ダダの指輪は黒く光り…。上から植木鉢がダダ目がけて落下、ワンジュンがダダをかばい、犯人を追ったヨングが男を捕まえ警察へ。男は無実を主張。ワンジュンに脅迫電話があり、「交際をやめなければ写真を公開する」と。

ヨウンからワンジュンはあの日レストランでダダを待っていたと聞いたダダは、部屋に閉じこもり、ヨングが呼んでも答えず。ヨングがうたた寝するダダをベッドに寝かせると、「ワンジュン」とうわ言を言うダダ。

ダダが目を覚ますと、黄色いオープンスポーツカーに乗せられていて、そこは海岸でした。「恋人同士は海を見に行くと聞いたので連れて来た。一度だけチャンスをくれ。僕は愛されたい」とヨングはダダに言うのでした。

 

第7話(第13回・第14回)感想

ミナの低めでハスキーな声、良い声です。ヨングが汚い子猫ニャンと戯れる姿が、ニャンとも可愛いです。

ヨングの面接テストで、好みのキャラメルマキアートコーヒーを持って来させたり、中国人シェフの特製ジャジャ麺を頼むと、シェフを連れて来て料理してもらったりが面白かったです。8ヶ国語話せるとは、さすがAIロボットの強みです。

脅迫状の入ったギフトボックスを送りつけていたらしい男が、ダダの上に植木鉢を落とそうとしましたが、本人は否定。もしかしたら、犯人はワンジュンのファンで、ダダとの交際を妬む女性だったりして?

コ代表がヨングを狙っているし、ダイアナに顔を知られてしまったので、テレビ局でのバイトでウロウロするのが心配です。ボウォンが数日と言っているのは、何か策があるのでしょうか。ロボットも嫉妬をするのか?は課題です。

OSTにGFRIEND ウナの『Mr.Stranger』がアップテンポで、各シーンに合っていて、キャッチーです。

 

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15回視聴率 3.4% 第16回視聴率 3.1%

えぱたさん

第8話(第15回・第16回)あらすじ

ダダはヨングが突然愛されたいと言い出したのを不思議に思い、ユーザーズガイドで、「愛されたいモードはありますか」と訊くと、「そのようなモードはありません」との答え。

隠れてヨングの頬にダダがキスしたのを見て、アシスタントのユジンはビックリ。ダダは「従兄じゃない、彼氏だ」と言います。打ち上げで飲みに行く撮影スタッフ、ダダはワンジュンに「あの日レストランに呼んで何が言いたかった?」と訊くも、脅迫のことがあり、ワケを言えないワンジュン。

ヨングとの会話の中で、あの日ダダとヨングは船に乗らなかったことを知り、ダダがレストランに行ったと悟るワンジュン。ワンジュンはヨングに、「ダダは自分に帰って来る」と言います。「本当の彼氏なら彼女を苦しめるようなことはしない」と反論するヨング。

どうやったらダダに愛されるのか考えて、女性はフラワーイベントが好きと知ったヨングは、家じゅうに花びらデコし、「愛して」と文字を作って愛情表現。「お金のムダ」とダダ。

コ代表はダダの家に押しかけ、コードを言ってヨングをシャットダウンさせ、連れ去ろうとします。ヨングの履歴書を見たワンジュン、ダダと同棲していると知り、家まで来て騒動に割って入り、通報するぞと。どこからかパトカーのサイレンが聞こえ、コ部長らは逃走。

ボウォンからヨングを哀れに思って盗んだ経緯を聞くダダ。「あの日レストランに来たのか」と訊くワンジュンに、「行った。だけど、いつも私は二の次にされる。もう待たない」と答えるダダ。

ボウォンの頼みでワンジュンのマンションに行ったヨング、暗くさみしい家に1人残るダダ。物音に怯え、ヨングが残したロボットをベッドに横たえ、ダダは眠ります。翌朝、何者かが石を窓から投げ入れ、玄関に例の脅迫ギフトボックスが…。ダダはワンジュンがギフトボックスのことを警察で言っていたのを思い出して、ワンジュンのマンションへ向かいます。風邪でフラフラのワンジュンがダダに倒れかかり、さみしげに2人を見るヨング。

 

第8話(第15回・第16回)感想

ヨングは愛を与える目的で作られたロボットでありながら、愛されたいと願うようになり、ワンジュンが多くの人々に愛されているのを見て、秘訣を探って真似してみるところが、可愛いです。台本の読み合わせで皆が集中している時に、色んなジェスチャーでダダに愛してると強く表現してきたり、「ブルドーザーのように」「不器用だけど可愛く」「エネルギッシュに精力的に」を実践して、壁ドンでキスを迫ったり、ダダが他の男性に優しくしていると、自分もと割り込んで来たり。

ヨングが居なくなってさみしくなった家の一部屋を愛の部屋としてデコしたダダに、「この瞬間の僕との愛の思い出をありがとう」とヨングが言ってダダをハグする場面が素敵でした。

コ代表がゼロナイン奪還でダダの家に来た時、ワンジュンが「オレのマネージャーに何をする⁉︎」と追い返したのには、笑ってしまいました。パトカーのサイレンはボウォンの仕業でした。時間が迫って来ているコ部長が躍起になってゼロナインを奪還しようとし、ワンジュンのマネージャーになったのも功を奏して危機を回避、面白い展開になって来ました。

最後にいったい誰のハッピーエンドになるか、楽しみです。ダダとヨングのハッピーエンドは、ヨングがロボットなので少し弱い気はします。まさか、ヨングをワンジュンが自分のマンションにかくまってあげるとは、思いませんでした。

 

ホン・ソヨン  홍서영 ダイアナ役
出典:https://programs.sbs.co.kr/
生年月日:1995年1月7日
パンドラ 小さな神の子供たち(OCN,2018 )[チョン・スイン]
悪い家族たち(KBS2,2017 )[キム・ナナ]
カノジョは嘘を愛しすぎてる(tvN,2017 )[チェ・ユナ]

 

絶対彼氏。9話・10話 あらすじと感想

 

絶対彼氏。(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー