結婚作詞 離婚作曲シーズン3 1話・2話 あらすじと感想

結婚作詞 離婚作曲シーズン3



結婚作詞 離婚作曲3 결혼작사 이혼작곡 3 2022年放送 TV朝鮮週末 全16話

daisySSさん

第1話視聴率5.240% 6.293%

第1話あらすじ

陣痛が始まったソン・ウォン(イ・ミニョン)は病院に運ばれ、義理の両親パン・ムンホ(キム・ウンス)とソ・イェジョン(イ・ジョンナム)も、産婦人科に同行しようとしますが、パン・ムンスの体調不良で二人は自宅に残り、安全な出産を望む。

キム・ドンミ(イ・ヘスク)が娘シン・ジア(パク・ソギョン)を呼び出したことを知ったサ・ピヨン(パク・ジュミ)は、急いで駆け付け娘を自宅に帰します。シン・ユシン(チ・ヨンサン)と同居中のアミ(ソン・ジイン)との関係を明かすことで、アミを自宅から追い出せると考えるキム・ドンミの計画。

娘を利用しようとした継母キム・ドンミに怒りをぶつけるサ・ピヨン。キム・ドンミも引き下がらず無礼な態度を取るサ・ピヨンの顔を平打ち。その場面を目撃したシン・ユシンは、アミとの関係を娘に伝える時がきたと語りますが、サ・ピヨンは娘が傷つくことを考慮し、彼を阻止します。

パク・ヘリュン(チョン・ノミン)が行方不明になったことに罪悪感を持つナム・カビン(イム・ヘリョン)は、ストレスから入院。彼女を慰めるソ・ドンマ(ブ・ベ)は、揺れる彼女の気持ちをつなげるため、結婚を急ぎます。

イ・シウン(チョン・スギョン)、プ・ヘリョン(イ・カリョン)と一緒にいたソ・バン(ムン・ソンホ)。車に問題が起きたとプ・ヘリョンの連絡に席を外したソ・バン。戻ってくると、イ・シウンが会計を済ませて既に帰宅。彼女に連絡を取ったソ・バンは、イ・シウンが離婚をしたことを知ると、話しがあると会いたいと伝え、シウンの自宅の近くまで訪れたソ・バン。

ブ・ヘリョンの車の状態を尋ねるイ・シウンに、「僕たちの話しをしよう」と語るソ・バン。夫との関係が終わったことに対して質問すると、酔っていない時にきちんと話がしたいと語ると、シウンを送ります。ソ・バンのこれまでとは違う反応が気になるシウン。

その夜、行方不明になっている元夫パク・ヘリュン(チョン・ノミン)から連絡を受けたシウンは、顔面麻痺がおこったことを知らされます。水を飲むのも辛い状態だと語る彼の言葉に、シウンは驚きます。

長く続く陣痛に苦しむソン・ウォン(イ・ミニョン)は、無事に出産を終えます。父が亡くなったとの知らせに悲しむアミを慰めるシン・ユシン(ジ・ヨンサン)。

第1話感想

シーズ3が始まるのを楽しみにしていましたが、パン・サヒョン、シン・ユシンとキム・ドンミを演じる俳優と女優が変わり、少し違和感がありました。特に、シン・ユシンを演じるイ・テゴンの決して爽やかとは言えない雰囲気が好きだったため、チ・ヨンサンが演じるシン・ユシンに慣れるのに時間が必要になりそうです。

チ・ヨンサンは15年ぶりのドラマ復帰となるようで、以前はクォン・ヒョクジョンという名で俳優活動をしてようですが、逆に他のドラマで演じた役のイメージと重なることがないため、チ・ヨンサンが演じるシン・ユシンにすぐになれそうな気もします。

シーズン化されこることを想定して制作されたドラマではなかったため、スケジュール調整が上手くいかず三人が交代されることになったようです。回想シーンまで取り直すほどの丁寧さを見せましたが、正直、これまで持っていたイメージをキープできなったのは残念です。

パン・サヒョンを演じる俳優はカン・シンヒョ。彼は、2014年に放送された「ユナの街」で注目を浴び、2016年には「六龍が飛ぶ」、2017年は「猟奇的な彼女」、「操作」と「疑問のイルスン」に出演。久々にカン・シンヒョの出演となり、個人的にはソンフンが演じるパン・サヒョンよりはダンディな姿が期待しています。

演出を担当するプロデューサーも変わり、演出面でも変化がありそうで、これまで持っていたイメージを考えずドラマの展開に集中して視聴したいと思います。

シーズン3では、ソ・ドンマとナム・カビンが結婚を控えた状態。妊娠していたソン・ウォンが出産。イ・シウンの離婚を知ったソ・バンの意味深げな発言など、二人の新たな関係が築かれることになりようで、期待が高まりました。

極端な展開が描かれるのがこのドラマの魅力だと考えると、アミの父が亡くなったこと、サ・ピヨン(パク・ジュミ)とシン・ユシンの娘シン・ジアが、幽霊として現れた祖父の歌声が聞こえるようになり、シン・ジアの身に何かが起きそうです。

シン・ユシンを諦めることができない継母のキム・ドンミは、アミと同居を続けながら、ユシンとアミを別れさせる方法を模索する姿が描かれました。キム・ドンミ役をイ・ヘスクが演じています。

第2話視聴率5.772% 6.733%

第2話あらすじ

サ・ピヨン(パク・ジュミ)がシャワー中、シン・キリム(ノ・ジュヒョン)の幽霊が現れ、孫娘シン・ジア(パク・ソギョン)の体に乗り移ると、シン・ユシンの自宅へ向かいます。父が亡くなった後、落ち着かない気持ちから教会に出かけたアミ(ソン・ジイン)は、シン・ジアを発見すると、彼女と共に自宅に戻る。

玄関を入ってキム・ドンミ(イ・ヘスク)を見つけたシン・ジアは、大声で「シン・ドンミ!」と呼ぶと、「まだ生きられたのに・・・」と語るとシン・キルムが亡くなった時と同じように左の胸の痛みを感じそのまま倒れて気を失う。シン・ドンミの目にはシン・ジアではなく、シン・キリムの姿が見え、恐怖を感じながらも冷静を保とうとする。

娘がいなくなったことから警察署を訪れた母サ・ピヨンは、アミから連絡をもらうとシン・ユシンの自宅に向かいます。何が起きたのか把握できないサ・ピヨンに、アミは出来事を詳細に語ると、キム・ドンミがシン・キルムを殺害した可能性があると疑うと、探偵を雇い調査をすると言い、サ・ピヨンはショックを受けた様子。

出産後、「息ができない・・・」と訴えていたソン・ウォンは、死亡。ソン・ウォンが出産したことを知らされた義理の両親パン・ムンホ(キム・ウンス)とソ・イェジョン(イ・ジョンナム)が病院に駆け付けた時には、ソン・ウォンは既に亡くなり、残念な状況。突然の彼女の死を受け入れることができないパン・サヒョン(カン・シンヒョ)は泣き崩れ、彼女を助けて欲しいとソン・ウォンの手を離さない。

元夫パク・ヘリュン(チョン・ノミン)が顔面麻痺になったことを知らされると、彼が気になりパク・ヘリュンを訪れるイ・シウン。そのまま一人ほっておくことができず、彼を連れて漢方院を訪れ治療を受けられるよう配慮します。後日、パク・ヘリュンの状態をサ・ピヨン(パク・ジュミ)とプ・ヘリョン(イ・カリョン)に伝えると、パク・ヘリュンに関わらないようアドバイスする二人。

パク・ヘリュンの行方が分からず心配していたナム・カビン(イム・ヘリョン)は、彼の病気のことをソ・ドンマ(ブ・ベ)から伝えられます。パク・ヘリュンへの罪悪感を持つナム・カビンを説得して、結婚式を早めることの承諾をナム・ガビンからもらったソ・ドンマは安堵します。

約束した通り、翌日ソ・バン(ムン・ソンホ)と食事をするイ・シウン(チョン・スギョン)。ソ・バンはイ・シウンと初めて出会ったのが、小学校5年生の時に通ったアートクラスだったと語りますが、シウンはソ・バンの記憶が全くない。一緒に過ごした時間は10日間程の短い時間だったけど、優しかったシウンのことを覚えていると語るソ・バンの言葉に、ドキドキするイ・シウン。

ソ・バンは、小学生の頃は「ソ・ドンミン」と呼ばれていたことを語り、母が異母兄弟のソ・ドンマと同じ字を使うことを嫌い、改名したと教える。「名前で呼んでほしい」と語り、イ・シウンへの気持ちを伝えるソ・バン。ソ・バンと別れた後も、彼の言葉を思い浮かべると笑顔を消えないシウンは、元夫パク・ヘリュンのことが頭をよぎると、気分が落ち込む。

ブ・ヘリョンは友人から葬儀場でパン・サヒョン(カン・シンヒョ)を見たと聞かされると、気になり、パン・サヒョンに連絡を取ります。

第2話感想

新しいシーズンが始まり、第2話で二人が亡くなる展開。第1話ではアミの父が亡くなり、第2話ではまさかのソン・ウォンが出産後に、羊水寒栓症(様子が母体に流入し肺寒栓等を発生させると知られている出産時のリスクの一つ)で亡くなるというショッキングな展開!

韓国「マクチャンドラマ」の多くを手掛けたこのドラマの脚本家は、登場するキャラクターを死なせる展開に描くことが多いと言われていますが、予想を外すことのない展開と、予想していたよりも展開がはやいです。

手掛けたドラマの中に「花の仙女様」や「芙蓉閣の女たち〜新妓生伝」がありますが、ムダン(韓国シャーマン)などが登場したり、霊的な存在が乗り移ったりするような展開が登場する点、このドラマでもシン・ジアに乗り移ったシン・キリムが登場するシーンが今話登場しました。

シン・キリムの死が自然死ではなかったと疑うアミ、、、これまでも気の強いキム・ボミに負けることなく同居するアミの姿から、シン・ドンミの秘密を探る役を果たすことになりそうですね。

突然始まったソ・バンとイ・シウンのロマンス。シーズン2でソ・バンがシウンに気がありそうに見えたことはありましたが、誰にも親切なキャラクターのため、突然の進展に驚きました。元夫パク・ヘリュンの登場で、果たしてソ・バンとイ・シウンのロマンスが幸せな結末を迎えることになるのか、今後の展開が全く予想できないです。

ただ、ドロドロする展開へと発展していくことになるのは、予想できますね!!






【放送情報】


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP