結婚の女神 視聴率 キャスト 感想 相関図 あらすじ  | 韓ドラの鬼

結婚の女神 視聴率 キャスト 感想 相関図 あらすじ 

「広告」


放送予定

【日本放送】

【韓国放送期間】2013年6月29日~10月27日

結婚の女神

결 혼 의 여 신 goddess of marriage

2013年放送 SBS 全36話

視聴率

平均視聴率 10.2% 시청률 最低視聴率第2回8.0% 最高視聴率第31回13.9%

結婚の女神 コンプリートDVDBOX

あらすじ

ラジオの放送作家、ソン・ジヘ(ナム・サンミ)は出張兼休暇で訪れた済州島で、同じように1人で旅行に来ていた建築家のキム・ヒョヌ(イ・サンウ)と出会う。機内で隣だったジヘが落としていった本をヒョヌが拾ったことが縁で、一緒に島を回ることになる2人。3日間を一緒に過ごしながら、ジヘはヒョヌに魂が通じ合うような不思議な安らぎを抱いていく。そして、ソウルに戻る前夜、ヒョヌと一晩を共にしてしまう。だが、ジヘには結婚を間近にした検事の婚約者、カン・テウク(キム・ジフン)がいた。自分の過ちに戸惑い、冷たく突き放すジヘに、ヒョヌは1日考えてみてほしいと話すが、2人はすれ違ったまま済州島を去ることに。 ソウルに戻ったジヘは、強引に結婚話を進めるテウクに辟易し、財閥子息の彼や彼の家族との価値観のズレに結婚への迷いが膨れ上がっていく。そんな中、偶然ヒョヌと再会したジヘは、ヒョヌの誠実な気持ちを知り、心が激しく揺さぶられるが……。



一方、テウクの兄テジンの妻で元アナウンサーのホン・ヘジョン(イ・テラン)は、浮気性の夫や、俗物的で嫁を召使程度にしか思っていない姑のもと、感情を押し殺して「財閥の嫁」の座とプライドを必死で守っている。貧しい家の出のヘジョンは、惨めな思いに耐えながらも、この家で手に入れたいものがあった。 家柄や生き方、そして価値観。様々な結婚の条件のなかで、女たちは何を選び、何を捨てるのか。ジヘが選ぶ人生のパートナーは?

出典:結婚の女神 DVD/BD 日本公式サイト あらすじ

話数ごとのあらすじ

BSフジ 結婚の女神 あらすじ

相関図

結婚の女神 DVD/BD 日本公式サイト 相関図

BSフジ 結婚の女神 相関図

キャスト

主要人物

ナム・サンミ  ソン・ジヘ役  ラジオ作家、農園の娘(ナムギルの次女)

キム・ジフン  カン・テウク役  ジヘの婚約者、検事、シニョングループ三男

チョ・ミンス  ソン・ジソン役  ジヘの姉(ナムギルの長女)、広告会社商品開発部長

イ・テラン  ホン・ヘジョン役  テジンの妻、元アナウンサー

イ・サンウ  キム・ヒョヌ役  建築事務所の副代表

 

ジヘ&ジソンの実家

ペク・イルソプ ソン・ナムギル役  ジヘジソン、の父、緑の農園運営

 

テジン&テウクの実家

キム・ジョンテ カン・テジン役  テウクの次兄、シニョングループ副社長

チョン・グクファン カン・マノ役  テウクの父、シニョングループ会長

ユン・ソジョン  イ・ジョンスク役  テウクの母

ユン・ジミン  カン・ユジン役  テジン夫婦の次女

 

ジャンス・スンスの実家

クォン・ヘヒョ  ノ・ジャンス役  ジソンの夫、スンスの兄。大企業自動車整備ラインの作業班長

チャン・ヒョンソン  ノ・スンス役 ジャンスの弟、コリアンTVアナウンサー

キム・ギチョン ノ・ヒボン役  ジャンスの父
ソン・ビョンスク ピョン・エジャ役  ジャンスの母
イ・セヨン  ノ・ミンジョン役  ジソン夫婦の長女、アナウンサー志望
イ・プンウン  ノ・ギョンホ役  ジソン夫婦の息子
チェ・ダイン  ノ・ミンジ役  ジソン夫婦の次女
ヤン・ハニョル  ノ・ジャンウ役  スンス夫婦の息子

ヘジョンの実家

チョン・ウシク  ホン・ヘジン ヘジョンの弟、ミラのギャラリーの職員

ヨン・ウンギョン   ヘジョンの母

スタッフ /監督 オ・ジンソク

●以下感想ネタバレ有。


感想

なんだかなぁさん

韓国ドラマ「結婚の女神」は、お互いに価値観が違う人生観を持った女性たちの愛と葛藤を通じて、結婚生活の危機や和解を描いているラブストーリーです。

韓国ドラマには定番といってもいいほどの、財閥が揉め事の原因を作り出し、横暴な振る舞いに耐えていくのですが、またこちらも韓国ドラマのお決まりといっていい、息子を溺愛する姑が、最後の最後まで嫁に多くの苦労をさせていきます。

出演者もなかなかの俳優、女優陣です。「キム・ジフン」さんも「イ・サンウ」さんも、他のドラマでヒロインの相手役をしたことがあるので、とても上手い演技だと感じました。

今回のドラマのヒロインである「ナム・サンミ」さんは、他のドラマでは共感できたり、演技が上手だなと感じたりしていたのですが、今回は自分的には「今ひとつ」でした。今までのナム・サンミさんがやってきた役柄と違う感じがしたので、違和感を感じたのだと思います。

自分で選んだ道なのに、大きなため息を何度もついたり、鬱陶しく、わがままなキャラ設定で、観ているこちら側もイライラしてきます。そう感じさせたのはナム・サンミさんの演技力なのでしょうが、それでも違和感しかないので、ヒロインのキャスティングは今ひとつだったなと感じました。

韓国ドラマ「結婚の女神」を観た感想としては、韓国ドラマの定番な設定が多いですが、「胸がモヤモヤした気持ちが最後まで引きずっている」作品に仕上がっていると感じました。男性陣二人とヒロインが三角関係になることを予想していましたが、そうなってもどちらが幸せになるのか分かりづらく、その点に関して、男性陣二人の演技の上手さが光っていたのだと思いました。

しかし、自分的には最後の全36話まで観て話が完結しても、胸がモヤモヤしたままでした。たぶん初めの段階で、「ヒロインのキャラ設定」に対して、イライラしているからそれが最後まで引きずっていたのかもしれません。最後の結末が違うことになっていたら、イライラも解消されていたのかもしれません。

韓国ドラマ「結婚の女神」を観るなら、俳優、女優陣の今までの役柄を忘れて観た方が、スッキリと観れるかもしれません。


「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー