紳士とお嬢さん 3話・4話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

紳士とお嬢さん 3話・4話 あらすじと感想

「広告」


紳士とお嬢さん  신사와 아가씨 2021年放送 KBS 2TV週末 全50話

第3話視聴率24.3%

daisySSさん

第3話 あらすじ・感想

パク・ダンダン(イ・セヒ)はチャン・グクヒ(ワン・ビンナ)から紹介された住込み家庭教師の面接に訪れ、イ・ヨングク(チ・ヒョヌ)が雇い主と知ります。面接にくる前に交通事故からイ・セジョン(ソ・ウジン)を守ったダンダンの膝には傷跡があり、、、山でお酒を飲んだ前歴があることからダンダンを誤解するイ・ヨングク。

パク・ダンダンの次に待機中の面接者を確認したチョ・サラ(パク・ハナ)は、不満そうな表情を見せると、面接の結果をイ・ヨングクに尋ねます。イ・セジョンが交通事故に遭遇しそうになったことを伝え、パク・ダンダンが助けたことを話すと、子供たちの安全を優先する姿勢を持つダンダンを採用するべきだと強く訴えます。

大学の同級生でパク・ダンダンの指導教授のチャン・グクからダンダンは成績も優秀で優しい学生だと聞かされると、パク・ダンダンを住込み家庭教師(チューター)として採用すると決める。父が引っ越した家も分からず、行くあてのないダンダンは採用されたとの知らせを聞くと安堵して、早速イ・ヨングクの屋敷で働くことになります。

チャン・グクヒ(ワン・ビンナ)の姉チャン・ミスク(イム・イェジン)は、チャ・サラがお見合いの場で、相手の男性を断ったことを知ると、チャ・サラがイ・ヨングクに片想いしていると確信、、、不安な表情を浮かべます。チャン・ミスクは妹とイ・ヨングクの結婚を望んでいる様子で、グクヒがヨングクに気持ちがあることに気づいている。



その夜、雷の音にイ・セジョンが泣いていることに気づいたダンダンは、怖がる彼を連れて自分の部屋で眠りに落ち、息子セジョンがダンダンと一緒にいるのを知ったイ・ヨングクは勝手に息子を部屋から連れ出したことに不満を見せます。

一方、イ・ヨングクの運転手として働くパク・スチョル(イ・ジョンウォン)は、しばらくお世話になるはずだった友人が元夫とよりを戻したことで住む場所がないと現れたチャ・ヨンシル(オ・ヒョンギョン)を屋敷内の自分が生活するスペースに一晩泊めます。イ・ヨングクの許可なしに、妻を住まわせることに抵抗があるパク・スチョル。しかし、チャ・ヨンシルは内緒で一緒に住みたいと訴え、パク・スチョルは彼女を住まわせる決心をします。

イ・セリョン(ユン・ジニ)は、クラブで一目ぼれしたパク・デボム(アン・ウヨン)を家に住まわせていた矢先、現れたワン・デラン(チャ・ファヨン)に発見されそうになると、バスローブのままイ・セリョンの家から逃げる。。。

家政婦のヨジュ宅から頼まれイ・ヨングクの運転手に料理を持って現れたダンダンは、パク運転手が父パク・スチョルだと知ると驚き、、、継母チャ・ヨンシルが姿を見せると更に驚きます。

イ・ヨングクの屋敷で住込みとして働くことになったパク・ダンダンは、運転手が父パク・スチョルだとしるとところで今話が終わりました。チョ・サラとワン・デランに気に入られ採用されることになったダンダン。チョ・サラがダンダンを採用するよう念を押した理由は、彼女が素朴だったからでした。

働いていた前の家庭教師を辞めさせた理由は、彼女がイ・ヨングクに色気を使い始めたからで、イ・ヨングクと結婚することを目標とするチョ・サラとしては、イ・ヨングクの近くに女性らしい女性を近づかせないことのようです。今話、チャン・グクヒもイ・ヨングクに気持ちがあることが明らかになり、チョ・サラとチャン・グクヒが今後対立することになるのでしょうか。グクヒの姉とサラの母が高校の同級生同士であることから、面白い展開を続けることになりそうです。

長女のイ・ジェニは学校で同級生からいじめられているようで、父イ・ヨングクとの間に溝がある様子。パク・ダンダンを気に入らないイ・ジェニ、、、しかし、彼女がいじめられていることにダンダンが気づいた様子で、今後、イ・ヨングクの三人の子供たちとダンダンの信頼関係が築かれ、イ・ヨングクとのロマンスが始まることになるのか、興味津々です!

第4話視聴率25.3%

daisySSさん

第4話 あらすじ・感想

パク・ダンダン(イ・セヒ)とパク・スチョル(イ・ジョンウォン)は、お互いが同じ屋敷で働いていることを知ると、どちらかは辞めるべきだと語り、、、屋敷内の様子をみることにします。しかし、以前運転手と家政婦が夫婦であることを騙して働いたことがある前例があり、家族だとしると二人とも首になると知ると、父パク・スチョルが運転手を辞めると伝え、新しい運転手が見つかるまで働くことになります。その間は、ダンダンとスチョルは親子であることを隠すことにします。

長女イ・ジェニの体であざを見つけたパク・ダンダンは彼女に事情を聞きますが、ジェニは沈黙、、、そんな彼女に、黙っているなら父イ・ヨングク(チ・ヒョヌ)にあざのことを話すと伝えると、これまで学校でいじめにあっていたことを話します。その後、ジェニが学校の同級生たちにいじめられている場面に遭遇したダンダンは、自分をジェニの姉だと語ると、暴力を振るう同級生たちに一撃を加え、、、怖い姉がいることを伝えたことで、ジェニのいじめ問題は解決。

亡くした妻の2回忌が近くづく、妻との思い出に浸るイ・ヨングク。「私が死んだ後、1年だけ悲しんで、その後は私を忘れて幸せになって欲しい」と語る妻の言葉を思い浮かべるヨングクは、妻が使っていた物を片すよう伝え、法事を準備します。

法事の準備をする家政婦からイ・ヨングクと妻ヨンエの馴れ初めを聞かされたパク・ダンダン。母の写真が部屋から消えたことを知った長女のイ・ジェニ(チェ・ミョンビン)は、イ・ヨングクに好きな人ができたのかと尋ねると、母の写真が片されたことに怒りを爆発させます。長男のイ・セチャンと次男のイ・セジョンも父の勝手な行動に悲しみを見せます。母との思い出を浮かべると悲しみに浸る姉弟たち。。。

イ・ジェニはそのまま家を出て、娘を探し始めるイ・ヨングク。ジェニを探していたパク・ダンダンと遭遇したヨングクに、ダンダンは「子供たちは母を亡くして今も不安なんです。セジョンは夜起きて母がいないことに泣いていることをご存知でしたか?大人には分からない子供たちの悩みは事情があります。大人目線ですべてを判断するのは辞めてください」とヨングクに考えを話します。

その直後、近くにいたジェニが現れ、イ・ヨングクはジェニの体にあざがあることを知り、これまで学校で彼女がいじめてあっていたことを知らされます。ジェニが無事に戻っていたことで、その夜ヨンエの法事は行われ、、、翌日、自分がイ・ヨングクに発した言葉が度を過ぎたと心配になるダンダンが、イ・ヨングクに呼ばれ。。。

今話、長女ジェニの心をつかんだパク・ダンダンの姿が描かれました。イ・ヨングクからお願いがあると言われたパク・ダンダンは、職を失う可能性があるのか心配そうな表情でヨングクを見つめるところで終わりました。イ・ヨングクはダンダンに何をお願いしたいのかは、次の話で分かることになりますね。

イ・ヨングクに片想いしていたチャン・グクヒ(ワン・ビンナ)は、ついに勇気を出してヨングクに気持ちを告白します。しかし、友達関係であることを強調し、グクヒの気持ちを受け入れることができないと、告白を断るヨングク。グクヒは失恋することになりました。偶然、ヨングクと一緒にいるグクヒを目撃したチョ・サラは酔った勢いで、グクヒに暴力を振るい、、、ヨングクを巡る二人の女性の暴力的な争いが登場しました。母を通じてヨングクに告白したグクヒが振られたことを知ったサラは、ライバルがいなくなったことを安堵します。

パク・ダンダンに対して全く警戒心を持っていないサラですが、彼女の知らないところで、ヨングクとダンダンの距離が少しずつ近づいていることに、いつ気づくのでしょう。

順調な展開で面白いです!

 

紳士とお嬢さん 5話・6話 あらすじと感想

紳士とお嬢さん 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー