第3の魅力 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3の魅力  제3의 매력 全16話

第11話視聴率 2.614%

quetalsurinoさんより

第11話 あらすじ

2度目の別れを迎えたジュニョン(ソ・ガンジュン)とヨンジェ(イ・ソム)。別れを機に退職することになったジュニョンは、傷ついた気持ちを癒すため旅行に向かうことに。。。一方、別れを先に切り出したヨンジェも、ジュニョンとの思い出を浮かべ涙を流します。

旅行先のポルトガルで、計画も立てず目的地もないまま、ひたすら見える前の道を進み歩き続けるジュニョンは、偶然立ち寄った田舎の小さなレストランで味わった、傷ついた心まで癒す温かい料理に魅了され、帰国することなくポルトガルの料理学校に通いことになります。

シェフになることを目標に一生懸命頑張るジュニョンが、寂しさに負けそうになった時、届いた韓国からの郵便物。中にはミン・セウン(キム・ユネ)巡査から贈られた手紙のマフラが入っており、その後、ジュニョンから届いたお礼の手紙はいたって形式的なもの・・・だと知りながらも、ジュニョンの手紙に笑顔を見せます。気持ちを伝える勇気などないミン・セウン。

しかし、セウンは勇気を振り絞ってジュニョンのいるポルトガルに一人向かいます!セウンがポルトガルに着た理由を知らないジュニョンは、久々に再会したセウンと楽しい時間を過ごします。翌日帰国予定のセウンは、ジュニョンに気持ちを打ち明けることなく帰国することになり・・・空港で後ろ髪を引かれるよう、ソワソワするセウン・・・

焼きたてのエッグタルトを持ってセウンを見送りに来たジュニョンの後ろ姿に、セウンは勇気を振り絞って気持ちを告白します。突然の告白に驚いたジュニョンは彼女の素直な気持ちを受け入れ、長距離恋愛を始めることになった二人。

5年の月日が経ち、

卒業後働いていたレストランを辞め、帰国したジュニョンはワンテーブルレストランを開きます。そして、長距離恋愛を続けてきたセウンについにプロポーズ。その夜、予約したジュニョンのレストランを訪問したのは、ヨンジェとチェ・ホチョル(ミン・ウヒョク)・・・・!

第11話 感想

ヨンジェとジュニョンの5年後の再会にドキドキ!現実感のあるロマンスがよかったです。

刑事を辞めた32歳のジュニョンの職業はシェフ!韓国では今でも職業として注目されているのがシェフで、「恋の温度」でヤン・セジョンが演じたシェフの姿に繊細な芸術家のイメージまで持ってしまった記憶がありますが、刑事からシェフへと職業を変えたジュニョンに違和感は全くなく、繊細なジュニョンにピッタリでした。

第11話はジュニョンの27歳から32歳までを中心に描かれました。ミン・セウン巡査との恋が描かれることなく終わってしまうの?と疑問を持たせた第10話でしたが、今話では内気で勇気を出せないミン・セウンがジュニョンと恋人になっていく過程が短いけど、しっかり描かれ見ごたえのある一話でした。

ジュニョンの心の声もセウンの心の声も、すごく現実感あって、響きました。ディテール過ぎるため、展開が遅く感じた話もありましたが、第11話はしっかりとしたストーリーラインの中に、登場するキャラクターの気持ちを詳細に描いたところに共感できた気がします。

ヨンジェと別れた直後、悲しみをぶつけるように旅行を続けるジュニョンの姿が痛々しくて見るのが辛かったです。でも、目標とするシェフへの道を進み、セウンとの恋に明るく積極的で、幸せそうに見える32歳のジュニョンにほっとさせられました。恋愛においてお互いのために努力し合う関係の心地よさを語るジュニョンの言葉通り、すべてにおいて真逆のヨンジェと恋愛していた時には見られなかったジュニョンの優しい表情!ソ・ガンジュン素敵!

5年間の間、作家として成功することになったヨンジェの兄、スジェ(ヤン・ドングン)と彼の側にはペク・ジュラン(イ・ユンジ)がありましたが、恋人へと発展はしなかったようです。一方、論理的で大胆なジュニョンの妹オン・リウォンと親友のヒョン・サンヒョンの間には娘が生まれ、できちゃった結婚するのかと思ったら、結婚することなく一緒に子育てを励む・・・!卒業後、事業まで成功させたリウォンって第1話から思っていましたが、考え方が現実的なだけではなく、行動力まであるのが凄い。

長い期間の長距離恋愛を経てプロポーズされたセウンの目には嬉しい涙が。しかし、その夜、5年ぶりに再会することになったヨンジェ。結婚記念日をお祝いするためジュニョンのレストランを予約していたお客さんとはヨンジェとチョルでした。

カップルが別れた後、すれ違うことは現実にもあり得ることですが、ヨンジェを見るジュニョンの表情が動揺したように見えたのは錯覚でしょうか。このタイミングでの再会は何を意味するのか、疑問を抱かせますね。

第12話ではさかのぼって、ヨンジェとホチョルの話が中心に描かれるのでしょうか。次の話が気になる・・・悩ましい展開になりました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話視聴率 2.614%

quetalsurinoさんより

第12話 あらすじ

レストランを予約したのはヨンジェ(イ・ソム)とホチョル。ジュニョンは、オーナーシェフとして冷静に振る舞います。結婚記念日だと思われていた二人の夕食は、夫婦として最後の食事・・・離婚したヨンジェとホチョル。

雑誌に載ったジュニョンのインタビュー記事を読んだヨンジェの兄スジェは、ジュニョンが気になる様子で、スジェとヨンジェ兄弟は久々の再会を果たします。その頃、ジュニョン宅では両親、妹家族、ミン・セウンを含め家族団らんで愉快な時間を過ごします。

スーパーで買い物を終え帰る途中、車にひかれそうになった子供を発見したヨンジェ。しかし、車の持ち主はひかれそうになって驚いている子を心配する様子はなく、車を心配する言動に持っていた物を車のライトに向け投げて、警察に行くことに。。。ヨンジェの事件を担当することになった警官は、ジュニョンの元部下。

連絡を受けたジュニョンがヨンジェの居る警察署に向かいます。警官の仲裁もあり告訴までには至らず、ヨンジェは帰宅することに。ジュニョンはヨンジェが心配でおくることになりますが、途中、ヨンジェが離婚したことを聞かされます。「ジュニョン、結婚は?」と聞くヨンジェに、結婚する予定であることを伝えるジュニョン。

ヨンジェのために温かい食事をご馳走したいジュニョンは、ヨンジェをレストランに招待し、看板メニューのブイヤベースを準備します。ジュニョンがシェフになった訳を聞くヨンジェに、旅行の話をするジュニョンは、ミン・セウンからの着信に気づかず・・・お互いの5年間の話をしていた二人は、同じ時期にポルトガルにいたことを知ります。もしかすると、すれ違ったかも・・・と話すヨンジェと、近くにいたんだ・・・と考えるジュニョン。

ヨンジェのポルトガルでの生活を聞くジュニョンに、暗く辛い時間を過ごしたことを正直に話せないヨンジェ。その時、レストランのドアが開き、ミン・セウンが姿を現します。

第12話 感想

何故このタイミング、ヨンジェとジュニョンが再会したのでしょう・・・?

27歳の2度目のヨンジェの一方的にも見える別れ理由を考えると、正直32歳のヨンジェがホチョルと結婚し、離婚していたことは、ちょっと理解が難しい。結婚を控えたジュニョンに離婚したことを話すべきだったのかも、ヨンジェが理解できない!でも、子供を事故で亡くし、荒れた生活を送っていたヨンジェがかわいそうにも思えました。

ヨンジェとホチョル、娘に何があったのかは、今後少しずつ描かれるようですが、レストランを予約したホチョルは、ジュニョンがオーナーシェフでいる店と分かって、ヨンジェのためにわざと予約したようで、3度目の出会いは偶然ではなかったように思えました。

2度付き合って別れているヨンジェとジュニョンですが、実際に付き合った時間は短いですよね。1度目は1日、2度目の恋も決して長くはなかった。それに比べ、ミン・セウンは、片想いから始まり、ポルトガルの空港で告白するまで、その後、ジュニョンが帰国するまで続いてきた相手で、プロポーズしたばかりなのに、この先、ミン・セウンが傷つくことになりそうな、不安な予感が。。。

第12話はこれまで知らなかったミン・セウンのジュニョンへの想いと過去の出来事に関して、ミン・セウンの話しが語られました。何気ないエピソードには裏があったことを知りました。そのあとだからか、ヨンジェとジュニョンの恋ではなく、ミン・セウンとジュニョンの恋を応援したくなっちゃう!

果たして残された4話ではどんな様子が描かれ、どんなエンディングを迎えることになるのか、ロマンスをリアルに描いてきただけに、共感ができるエンディングになるのか、最終話まで注目したいドラマです。

恋て複雑。。。

 

第3の魅力 13話・14話 あらすじと感想

 

第3の魅力 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー