空から降る一億の星 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ソミン  ユ・ジンカン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

空から降る一億の星 하늘에서 내리는 일억개의 별 全16話

第3話 視聴率2.988%

onwardさんより

第3話 あらすじ

テレビから流れる、容疑者逮捕のニュースにチョロンが映っているのを見つけるジンガン。チョロン達は、拘置所で元恋人サンフンを夜通し尋問しますが、自白に追い込むのは難しい状況。

アーツ醸造所ロゴ制作の為、顔合わせに行くジンガン達。制作チームの一員として醸造所第一助手ムヨンに紹介されます。見学が終わった後、彼女は、一人作業をしていたムヨンに近づき、今後、怪しまれる行動をしないようにと警告します。そして帰ろうとすると、悲鳴が聞こえ、ムヨンが機会に手を挟まれた!?走って引き返すジンガン…しかし、その「事故」が冗談だと分かると、憤然と仕事場を出ていくのでした。

凶器となったトロフィーの所存を聞き出すため、ユリを呼び出すチョロン。知らない、と冷淡な返事をするユリですが、部屋へ戻ると、床に落ちていたトロフィーの飾り部分を踏みそうになったことを思い出し、ムヨンに電話をします。「サンフンが持ってきたんだろうけど、寝ていて全然分からなかったんだ。」

デートの後、スンアを家まで送るムヨン。母親のことを聞かれ、とても厳しかったし、叔母も沢山いて、いつも同じ服を着ていた、と言います。父は熱血警察官だった、とも。スンアは、ジンガンを「両親を亡くして、警官の兄に育てられた、とても可哀そうな人」と説明します。家の前で、ムヨンを抱締めるスンア。CCTVでそれを見た母親は、一瞬憤りますが、ウサンが結婚を急ぐ理由だと悟り、今度は大笑いします。

その頃、ムヨンの調査報告を受けるウサン。6歳から15歳まで孤児院で育ったこと、仕事熱心なこと、女性関係は続かず、家には連れて行かないこと…

カフェにやって来たユリの首に入れ墨がある事に気付いたジングクは、署に走って帰り、殺人課に貼ってある写真を確認します。あの娘だ!ユリと被害者はアメリカで同じ学校に通っていた、と言うチョロン。

再び醸造所に来たジンガンは、袖無しシャツから覗くムヨンの右腕に釘付けになります。雨が降ってきて、ムヨンのトラックで帰宅したジンガンに、彼と関わるな、と警告するジングク。

サンフンのスーツケースの中からスノードームの手土産を見つけたジングクは、その並び順についてサンフンに訪ね、何の話か判らない彼の様子から、犯人ではないと推測します。そして家に帰り、アーツ醸造所が前に使用したロゴをみて愕然とします。更にジンガンから、スンアのブレスレットを元通りにしたムヨンの話を聞いて、ムヨンに対する疑惑を深めるのでした。

意思に反して、ウサンの家族の食事会へ行かされたスンアは、交差点で車が止まった時に逃亡し、アーツへ。結婚したくない、と訴えるスンアを作業場へ導き、キスをしながら服を脱がせるのでした。翌朝、家に戻ってきたムヨンを待ち伏せしていたジングク。「人を殺すってどんな気分だ?」

 

第3話 感想

たった3話のうちに、ありとあらゆる事が起こった感じで、単純なあらすじでは、細かいニュアンスがカバーできません。実際に観るしかない。ジングク、ムヨン、ユリは、それぞれとても複雑なキャラクターです。なぜジングクは、殺人3課に在籍しながらも無視されているのか。ユ兄妹とムヨンはヘサンの出身で、ムヨンの父が警官だったらしいことから、恐らく過去に関わりがあったと窺えます。ムヨンとジンガンは幼過ぎて、覚えているのはジングクだけ。でも、ずっと会っていないので、ムヨンが、その時の子供なのかはっきりしないのでしょう。ソ・イングクの演技はとても魅力的で引き付けられるものがあります。役所のムヨンは「人の心を弄ぶ悪」ですが、実は修復できないほど心が折れていて、そこに悲哀を感じます。是非、子供の時のトラウマを克服して、人生を立て直して欲しいと思います。

ムヨンは殺人犯ではないけれど、誰がやったかを知っている可能性が出てきました。彼が後始末をしたのだとすれば、犯人は、彼の人生に少なからぬ影響を与えた人物のはずですが、今はまだ見当がつきません。

スンアがなぜムヨンに惹かれるか。母やウサンと違って、ムヨンは彼女に何も要求しません。相手に何も望まないが故、いずれ離れていくのです。でも、ジンガンに対しては興味を持ちました。ムヨンとジングクの対立が深まりそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

空から降る一億の星 하늘에서 내리는 일억개의 별 全16話

第4話 視聴率3.046%

onwardさんより

第4話 あらすじ

ムヨンを待ち伏せしていたジングクは、ムヨンに、お前は殺人容疑者だと告げます。「おじさん頑張って!」と背を向けるムヨンの顔からは、笑みが消えていました。車に戻ったジングクは、ジンガンに、スンアはムヨンと別れるべきだと言います。

ムヨンとの関係がウサンにバレて、追い込まれるスンア。ジングクの忠告が気になるジンガンはスンアに電話しますが、スンアは「助けて、監禁されているの」とジンガンにSMSします。アーツ醸造所の会議に出たジンガンは、会議に集中出来ず、終わるとすぐにヒジュンからムヨンの電話番号を聞き出し、SMSを転送するのでした。

シスターの葬儀にそっと参列するムヨン。そこにはヤン精神科医の姿もありました。誰にも合わずにその場を去るムヨン。バス停で、ジンガンからSMSを受け取ります。

ユリのバイト先を訪ねたジングクは、被害者とムヨンが知り合いではない事を聞き出します。そして、ユリがムヨンにイカレテいるのを見て、ムヨンは容疑者だ、と伝えるのでした。一方、チョロンには、2人だけで事件の再調査をするべきだと持ち掛けます。

週末、デート中のチョロンを見つけた3課の人達は、車を止めてちょっかいを出しますが、女性がジングクの妹だと分かると、顔がこわばります。署に帰ると、ジングクに向かって、わざわざ兄妹に見えるよう、似たような名前にしたんだな、というリーダー。

会話のすべてを聞いていたソジュンは、こだわりすぎ、とジングクに言うのでした。

スンアをムヨンの所に送り届け、決めた時間に再び迎えにきたジンガン。やって来たスンアの母親に頬をぶたれ、スンアは無理やり車に乗せられます。「あんたのせいよ。あっちへ行って!!」とムヨンに叫ぶジンガン…

スンアから2度目のSMSを受け取った時、ジンガンはムヨンに直接会いに行きます。以前の態度を謝り、食事をする2人。2人は両親がいない事や、虐められたことなど、共通点が多いことが分かり、親しくなります。それを蔭から聞いていたユリは、心を開くムヨンに腹を立てるのでした。

次の日、ヤン精神科医を訪ねるユリ。それを尾行したジングクは、ネットでヤン・ギョンモを調べ、著書を購入します。ユリはヤン医師にムヨンの事を話し始めますが、彼が好きなのかと聞かれると、また本の題材にする気だろう、薬をくれ!と叫びます。

雨の中、猫に餌をやろうとユ・ジンガンと呼ぶムヨン。猫の鳴き声に笑顔になりますが、猫が倒したクーラーボックスの中にトロフィーが入っているのを見ると凍り付きます。

酒を飲んだジングクを、傘を持って迎えに行くジンガン。赤い車が猛スピードでジンガンに突進し、脅かそうと隠れていたジングクは、体当たりでジンガンを助けます。そして、車のドアを開けると、意識不明のユリが!

第4話 感想

リーダーの一言で、ジングクとジンガンが本当の兄妹でないことが分かりました。リーダーは刑事として、これら人々の過去を知っているわけですね。ジングクがチームから疎外される理由はこれでしょう。

ユリは危険な存在です。彼女はムヨンにイカレテいる。初めに彼女に手を差し伸べたのは、ムヨンでした。でも、ムヨンが彼女に何も求めていない事をどこかで分かっているからこそ、ジンガンに嫉妬するのだと思います。今の状況からすると、この娘が殺人犯と思えるのですが、そうだとしたら、なぜムヨンの所にトロフィーを置いたの?ジンガンと仲良くするムヨンが癪にさわったから?

1話以来出てこなかったヤン医師ですが、彼はユリとムヨンが現在のような人間になったことに、一役買っているようです。ジングクが見ていた彼の著書。目次の1番目は、「殺人犯の息子」でした。ムヨンは、父が警官だと教えられて育った可能性がありますね。医師は主役ではありませんが、今後の彼に注目したいと思います。

ジンガンとムヨンがやっと少し馴染んできました。イングクとソミンのケミがとても良さそうなので、個人的には、2人でトラウマを克服する話になればよいな、と思っています。オリジナルのラストは今や乱暴且つ非現実的に感じられますが、皆さんはどうでしょうか。

 

チョン・ソミン  정소민 ユ・ジンカン役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1989年3月16日 モデル、女優。身長165cm。S.M. Culture & Contents所属。韓国芸術総合学校演技科に首席で入学。2010年ドラマ『赤と黒(原題:悪い男)』ホン・モネ役でデビュー。
この人生は初めてだから(2017年)ユン・ジホ役(30歳ドラマ補助作家)

お父さんが変(2017/KBS) ピョン・ミヨン ピョン家次女、インターン社員
ココロの声(2016/KBS) チェ・エボン ソクの恋人
D-DAY(2015/JTBC) チョン・トルミ 整形外科レジデント
ビッグマン(2014/KBS) カン・ジナ ドンソクの妹
ミス・コリア(2013-/MBC)   マ・エリが目をつけたガソリンスタンドのバイト
私たち結婚できるかな?(2012-/JTBC) ヘユン 教師、料理の達人
スタンバイ(2012/MBC) チョン・ソミン スヒョンの家の間借人、ジョンウのパスタ店バイト
赤と黒(2010/SBS) ホン・モネ ヘシングループ次女
イタズラなKiss(2010/MBC) オ・ハニ パラン高校成績最下位組

 

空から降る一億の星 5話・6話 あらすじと感想

 

空から降る一億の星(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー