秘密(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●日テレプラス(2019/9/24から)月~金曜日8時から 字幕
●日テレプラス(2019/8/3)11時から全16話連続放送 字幕
●KBS World(2018/10/18から)水・木曜日深夜28:10から

秘密  全16話
2013年放送 
平均視聴率 11.3% 시청률 KBS 最低視聴率第1回5.3% 最低視聴率第16回18.9%
秘密 DVD-BOX 1
あらすじ

演技大賞7 冠受賞、“愛”と“復讐”の正統派メロドラマ

 ホテルグループの御曹司ミニョク(チソン)は、父親に恋人ジヒ(ヤン・ジンソン)との仲を引き裂かれ、国会議員の娘セヨン(イ・ダヒ)との政略結婚を迫られていた。
一方、ユジョン(ファン・ジョンウム)は、恋人のドフン(ペ・スビン)からプロポーズされるが、その雨の夜、ドフンはひき逃げ事故を起こしてジヒを死なせてしまう。ユジョンはドフンの身代わりになって警察に出頭。
ジヒを失った悲しみに暮れるミニョクは、ユジョンに復讐の矛先を向け・・・

 2016y07m09d_225637193
KNTV 秘密 相関図
キャスト

チソン チョ・ミニョク(27歳→31歳) Kグループ御曹司 財閥総帥の後継者で容姿端麗
ファン・ジョンウム (26歳→30歳)カン・ユジョン 罪をかぶり服役した女性
ペ・スビン アン・ドフン(28歳→32歳) ユジョンの恋人、頭脳明晰でスマートな検事
イ・ダヒ シン・セヨン(26歳→30歳) ミニョクの婚約者、国会議員の娘

イ・ドクファ チョ会長(チョ・ハニル) (62歳)ミニョクの父、Kグループ会長
チョ・ミリョン ホン女史(ホン・インジュ) (45歳)ミニョクの継母
ソン・ミンギョン チョ・ミンジュ(18歳→22歳) ミニョクの妹
イ・スンジュン チェ・グァンミン(30歳→34歳) チョ会長の弁護士
チェ・ウン チェ・グァンス(22歳→26歳) グァンミンの弟、ミニョクの右腕
カン・ナムギル カン・ウチョル(56歳→60歳) ユジョンの父、パン屋
アン・ジヒョン ヤン・ヘリ(20代) ユジョンの後輩、高速道路料金所職員
チョン・スヨン イ・ジャヨン(ダンパル) (34歳)ユジョンの刑務所仲間
カン・シニル アン・イナン(58歳) ドフンの父
ヤン・ヒギョン パク・ゲオク(57歳) ドフンの母
キム・ヒョンギュン パク・ヒョンソク(36歳) ドフンの先輩検事
ハン・ギジュン ヤン・イクテ(42歳) ドフンの上司、部長検事

スタッフ /[脚本]チェ・ホチョル[演出]イ・ウンボク、ペク・サンフン
コメントにて随時感想募集中です。

 

受賞歴
2013年KBS演技大賞男最優秀賞、人気賞、ベストカップル賞 チ・ソン
2013年KBS演技大賞女性最優秀賞、ネチズン賞、ベストカップル賞 ファン・ジョンウム
2013年KBS演技大賞男賞 ペ・スビン
2013年KBS演技大賞女性賞 イ・ダヒ
2014年のアジア・レインボーTVアワード TV現代ドラマ部門優秀賞


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
tae88さんの感想より

「秘密」は、一言でいうなら、愛の意味を問う作品と言えるでしょう。

すべての秘密は、雨の日の交通事故から始まりました。新米検事になり、7年間支えた恋人ユジョン(ファン・ジョンウム)にプロポーズしたその日、財閥御曹司ミニョク(チソン)の恋人ソ・ジヒ(ヤン・ジンソン)を車の整備不良でひき逃げしてしまったアン・ドフン(ペ・スピン)でした。彼は恋人をその場に残し逃げてしまいます。ユジョンは、そんな彼のために身代わりになろうとします。とても一途な愛ですよね。彼だけは変わらないと信じ、自分の人生をあきらめようとする献身的な愛。

その逆で、財閥御曹司のミニョク(チソン)は、父親によって恋人の中を引き裂かれ、その恋人を交通事故で失い、父親の勧めでシン議員の娘セヨン(イ・ダヒ)と愛のない結婚をしようとしている男です。そんな二人が、交通事故の被害者と加害者として出会い、復讐に出ながらも、一途の秘密を守ろうとするユジョンを通して、凍った心を取り戻し、愛を信じようします。

前半は、ミニョクがユジョンに対して、憎しみや憎悪で復讐しようとする話が展開しますが、後半は、権力欲しさに恋人ユジョンを捨てる冷酷なアン・ドフンに対して疑惑を持ち始め、秘密を明らかにしていく展開になります。ユジョンを監視しながら、次第に惹かれていく過程が丁寧に描かれています。

ミニョクを演じるチソンですが、日本でも人気の高い俳優です。主な作品は「私の期限は49日」「大風水」ボスを守れ」「ロイヤルファミリー」などあります。コメディーでもシリアスでも、多彩に役がこなせるハンサムな俳優さんですね。

この作品でも、凍りついた表情、憎悪にあふれる表情、戸惑いの表情など様々な表情の演技を見せてくれました。献身的な愛のユジョンに愛を信じないミニョク。権力欲しさに冷徹なアン・ドフンに権力で愛までも手に入れようするセヨン。この四角関係が、「愛とはなにか」「幸せとは」問いかけます。

アン・ドフンの母親が子供を養子に出していた事実。アン・ドフンの父親が事故の原因を作っていた事実。セヨンが交通事故の引き金を作った事実。複雑に絡み合う秘密が暴かれる時、本当の愛が問われます。作品を通し、もう一度愛し方を考えてしまいました。もし、自分ならどうしますか?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー