私生活 (韓国ドラマ・ソヒョン) 【プライバシー戦争】 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ 




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

Netflixでは【プライバシー戦争】の題名

【韓国放送期間】 2020年10月7日-11月26日

私生活

사생활 Private Life; Personal Life

【プライバシー戦争】Private lives

2020年放送 JTBC 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回2.5% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

出典:JTBC 사생활

 

あらすじ

プライベートを共有し、盗み、操作する時代に、詐欺師がすべての技術を総動員して国家の巨大な“私生活”を明らかにする痛快なストーリー

相関図

画像出典:JTBC

キャスト

主要人物

出典:JTBC

ソヒョン チャ・ジュウン役 キャリア29年の生活型詐欺師。パサパサしてジメジメした人生が嫌いなので、プライバシーを操作する女性。これは詐欺ではなく、ドキュメンタリーだ!ベテラン詐欺師ミスクとヒョンテの下で育ったジュウン。学生時代から生命型詐欺師として家族経営へ正確に貢献してきた。詐欺キャリア29年、1年6か月の服役まで終えた生命型詐欺師。そんなジュウンの前に、ジョンファンが現れた!よくできる大企業チーム長で、和気あいあいとした家庭的ルックスまで備えた、現代の花婿候補ジョンファン。「私、孤児です」とのジュウンの意外な告白(?)と共に、2人の距離はさらに近くなる。ドキュメンタリーなのか、実話なのか、分からない曖昧なジュウンの生活、それが気になる。「私、いい年していたい」

出典:JTBC

コ・ギョンピョ イ・ジョンファン役 GKテクノロジー開発第2チームに所属。生きるために、詐欺師たちの間に私生活を投げる男、ジョンファン!35年間、母胎ソロ一筋の人生で、いよいよ運命の女性に会った。最初の出会いから迷惑がっていたジュウンも、ジョンファンの無限な直球に、徐々に心を開いて近づいてくる。ジュウンの私生活を全く配慮しないジョンファンは、震える心で彼女にプロポーズし、2人の結婚はまばたきもしないうちに進行する。自分も知らない新しい詐欺師たちの間に奥深く足を踏み入れることになったジョンファン。ところが、まだ無限直球しか知らない彼の姿から、妙な既視感が感じられる。この男、自分が今どこに向かっているか、知っているのだろうか?「…真実を明らかにします。」

出典:JTBC

キム・ヒョジン チョン・ボッキ役 前アナウンサー、現詐欺ビジネス専門家。他人のプライバシーを利用する女性は、前アナのチョン・ユンギョン。現詐欺師。大韓民国のすべての人が彼女を殺そうとした時に、ジェウクだけが助けの手を差し出した。その手を握って、詐欺師に生まれ変わる。ところがある日、ジェウクがネズミも鳥も知らないうちに消えた。なぜ誰もが彼女の命を狙ったか?ジェウクはどこに消えたのか?謎のようなボッキの生活。彼女の私生活が気になる。「これから何をしても、キム・ジェウクがすることに最高の障害物になるぞ」

出典:JTBC

キム・ヨンミン キム・ジェウク役 GKテクノロジー出身の詐欺師。もっと豊かになるために、他人のプライバシーを踏みにじる人、ジェウク!子供の頃、力はなかった親は、あまりにも簡単にすべてを失った。命までも。そんな人生は一度で足りる。より悪辣に踏みつけて、二度と踏みつけられはしまい。一国の大統領であっても、私の足の下にある!「世の中に真実がどこにある…事実だけあるんだ」

ジュウンの周辺人物

出典:JTBC

パク・ソングン チャ・ヒョンテ役 ジュウンの父。田舎から上京したナイトクラブのウェイター出身、詐欺師。普段は富裕層の顧客を扱い、詮索して各種違法な状況と証拠を集めて、脅迫して金を強要する。チンピラ詐欺で詐欺業界に足を踏み入れる。ナイトクラブ(常連)のキム・ミスクに会って、彼女と本格的に詐欺のビジネスを始める。きれいで頭のいいミスクに落ちていくヒョンテ。恋に落ちて、同居を始める。すぐに思いがけず子供が(ジュウン)生まれ、生まれた赤ちゃんのため、結婚式はなく、婚姻届だけになる。以来、20年が過ぎた。詐欺の生活25年。大変幸せな家庭を築いたヒョンテ。そんな彼にボッキという女性が訪ね、スカウトを受ける。ミスクに相談もなく、ヒョンテは提案を受け入れる。彼女に少し近づいたように感じたヒョンテは、何かが間違っていることを直感するが、すでに時遅かった。懺悔の涙を流すヒョンテ。彼はジュウンとミスクに許されるだろうか?再び幸せになるために何をすべきか?

出典:JTBC

ソン・ソンミ キム・ミスク役 ジュウンの母。かつてナイトクラブ。詐欺師。いつもサービスで洋酒と牛肉揚げをくれた優しいナイトウェイター兄、ヒョンテ。もちろん水質管理のために、自分のような若くてきれいなホステスが必要とは知っているが、それでもヒョンテ、コイツは私に格別である。詐欺をし始めたが、絶対に悪いことはしていない素朴な感じがする。ロマンチックなヒョンテと平安なプリンセスのような気持ちで同居を始め、子供(ジュウン)も生んで幸せな家庭のため、20年を犠牲にした。ところが帰ってきたのは、ヒョンテの裏切りだった。こっそり隠しておいた資金で、ミスクは高利貸しを開始する。そんなミスクにジュウンが訪れる。結婚したので融資してほしいと。寂しかった。自分が母親なのに、一言も相談せずに結婚を選択したことへの空しさであった。それでも融資はしてあげなくちゃ。法定最高の利子で!

出典:JTBC

テ・ウォンソク ハンソン役 ジュウンの詐欺メンター。かつてボクシング選手、そしてギャング。ミスクとジュウンの詐欺パートナー。男は片手のみを使用するという奇妙な哲学を持っており、呼ばれたニックネームが、片手。実際に彼はギャング時代、相手との血を流す決闘でも片手を使ったという伝説がある。弟のようだった組織の後輩に、大金(ギャング運営資金)の詐欺にあった後、後輩を訪ねて暴力で解決しようとしたが、むしろ警察に逮捕され、特殊暴行犯で2年の懲役刑を終えて出所する。後輩を手配するが、すでに外国に脱出した。その事件でパンチ的には勝つことができない相手があることを知ったハンソンは、復讐するために詐欺業界に目を開く。業界で出会った詐欺師の先輩キム・ミスクと詐欺計画中、ミスクの娘ジュウンを知ることになる。一目で尋常ではない強い印象を受ける。いつの間にか彼女を愛するようになった。いや愛を超えた信仰になってしまった。信じ通し、守ってあげたい存在。しかし、ジュウンは自分を一度も男に見てくれていない。彼女の隣にいるだけでも幸せだ。ところがそんなジュウンが結婚をするという。彼は最後までジュウンを守ることができるだろうか?自分を見ていないジュウンのためにどこまで犠牲にすることができるだろうか?あらゆるいかさまと裏切りが飛び交う、詐欺世界で!

出典:JTBC

ユ・ヒジェ パク・テジュ役 ジョンファンの同窓。ジョンファンと保育園の同期で、高利貸し。ジョンファンはたまに金を貸して、高い利子で返す優れた顧客のうちの一つだ。金を貸すなら信用が必要で、ジョンファンの名前で生命保険をかけた。受益者は、テジュ、まさに自分の名前で。ところがあってはならないことが起きた。保険金受取人がチャ・ジュウンに変わっている。ジュウンはいったい誰なのか。調べてみると、ジョンファンと結婚した人間。ジュウンを訪ねて脅迫する。通常の女性であれば、テジュの言葉にぶるぶる震えるのが普通なのに、この女性は何のカンのと、テジュに口答えだ。すると、…彼女の後ろに片手があった。この底知れない片手!片手が怖いので、一度だけジュウンを助けることにする。しかし、私はいつまでコブンの役割をしなければないか?

出典:JTBC

チャン・ジニ チャン・ミンジョン役 ジュウンの親友。ジュウンと女子刑務所での同室の同期。かつて花柳界の女性対象の違法賭博場を運営。ジュウンより1歳だけ歳上だが、友達として付き合うことにした。ジュウンよりも先に出所して、適性に合わないリハビリセンターで美容技術を学び、着実なこともできると錯覚する。しかし、出所したジュウンに付いて詐欺業界に目を開き、民間企業に魅了される。ジュウンを助けて学んでいくが、生きるためには利益のために永遠の友達もない。ミンジョンは果たしていつまでジュウンと友人でいられるだろうか?

出典:JTBC

ユン・サボン ヤン・インスク役 前凶悪犯罪捜査殺人課の班長で、現豚カルビ屋の社長。同病相憐の心情で、ジュウンに近づいた。現在は、警察をやめた状態なので、現場での助けは与えないが、ジュウンに唯一、心的助けを与えられる存在。しかし、ますます大きくなる、更に危険になるジュウンの詐欺を見ながら、かつて警察だった自分の良心に問う。このままずっとジュウンを見守らなければならだけだろうか?どちらが正しい選択なのか?

出典:JTBC

キム・ソウォン ナム社長役 ヤン・インスクの夫。アーティストと先見の明の間。豚カルビ屋の中の壁画を描く。いつも予想できない無茶で不埒な行動を見せる彼のおかげで、ヤン班長は引退後も24時間監視体制を維持する。

ジョンファンの周辺人物

出典:JTBC

キム・ミンサン キム室長役 GKテクノロジーの室長。GK電子戦略企画2室。すべての手法を動員し、政府機関の力を弱体化し、その上にGKが君臨するようにした張本人である。イ・ジョンファンを寵愛するが、彼が一人の女性(ジュウン)に会った後から変わったことを知る。自分の前途に害になる存在であれば、誰でも容赦なく排除することができる。たとえイ・ジョンファンであっても。ところが、意外な状況が繰り広げられる。自分が築いた数々の巨塔、その一番下から一つ一つ踏み上がってくるイ・ジョンファン。もう処理する時間になったようだ。

出典:JTBC

キム・パダ オ・ソクホ役 GKテクノロジーチーム長。GK電子戦略企画2室チーム長。ジョンファンとは同期入社。2歳歳上だが、ジョンファンにライバル意識がある。キム・サンマン室長が基であれば、確実な忠犬で、結婚もサンマンがお膳立てしたオ・ヒョンギョン弁護士とした。彼女はGKの系列会社の副社長の娘である。この結婚によって、地位を固めたかった。2017年に結婚し、ジョンファンより要職を占めたものの、流れる時間の中でも愛は毛頭なかった。ところがジョンファンも結婚したと言う。それも、自分が愛する女と。非常にきれいな女と。いつも力の論理で動く男、いつ、どのように心変わりしていくか、誰も知ることができない。

出典:JTBC

チャン・ウォンヒョク チェ・ユンソク役 天才ハッカー。コンピュータの天才。近所のコンピュータの修理店「モッコチョコンピューター」経営。本業はハッカー。高校生の時からモッコチョコンピューターを経営して、お金を稼いだ。GK電子電算セキュリティ網も貫通することができるほどの実力者だ。ジョンファンと兄弟と呼び合う、近しい間柄だ。復讐心と義理のジョンファンの仕事を手伝い始めはしたが、思ったほど普通の仕事ではないようだ。恐怖にとらわれて、海外に脱出することまで考える。相手は、困難な大物たちだ。深入りすればするほど、もう本当に死にそうだ。どうしよう?ところが、この瞬間にも、彼女があまりにも見たい。私の愛、ヘウォン。

出典:JTBC

ソン・サンウン コ・ヘウォン役 スパイ興信所経理。元ヨンサンワールドのミス。情報処理能力に優れ、それなりの簡単なCCTVハッキングまですることができる。ジョンファンを片思いしているが、ジョンファンは目もくれない。甘く平凡なコンピューターの虫、弱虫チェ・ユンソクだけが、無謀にダッシュしてきている。そのことを知らない傲慢な奴。そして興信所を訪ねてきたジュウン。さあ、聞き慣れない女がジョンファンの妻だそうだ。あっけなく、すぐに片付けたかったが、自分の給料だけ待っている母を思う自尊心から、ジュウンを助け始める。女性の嫉妬によって、8月でも霜が降りるが、ずっと仲間でいられるだろうか?

出典:JTBC

チャ・スヨン オ・ヒョンギョン役 オ・ソクホの妻。弁護士、GK会社副社長の娘。ボッキがヒョンテと宗教詐欺を設計していた時代、一緒に仕事をした弁護士である。結婚したが、多数の男と会って、まるでシングルかのように住んでいる。夫に関心が全くなかったが、最近夫に関心が生じる。その理由はジュウンとボッキである。敵のようで、味方であるように、しきりに攻撃的なヒョンギョンの周りをぐるぐる回る。ヒョンギョンは過去を知っているジェウクに助けを要請する。果たしてジェウクはヒョンギョンの意のままに動くか?

出典:JTBC

ミン・ジオ ユ・ビョンジュン役 前検事。現第1野党の改革保守党所属国会議員。有力な次期大統領候補。検事時代、権力の味を知ってしまった。GKと手を握って数多くの計画をした結果は、すべてが成功!ちり一つから泰山を生み出す設計能力。民間人はもちろん、高官公職者のプライバシー操作も堪能である。検事時代、絶対的真の姿を見せてくれた彼は、自分を大統領にしようと、キングメーカーのキム・ジェウクと会った。ジェウクの正体を、隠された強力な鍵を握っている彼の姿を、ビョンジュンはいつ知るだろうか。そしてそれを知った瞬間、彼はどこにどのような姿で立つだろうか。

警察署の人々

出典:JTBC

イ・ハクジュ キム・ミョンヒョン役 凶悪犯罪捜査課第3チーム刑事。ある日突然起こった交通事故。単純な交通事故を殺人課で引き受けたが、この事件は不審な点が多い。捜査課長が特に関心を見せる事件とまでも。解けない謎を解くために事件を追う中、ジュウンと出会う。そんなジュウンを見ながら、妙な魅力を感じるミョンヒョン。しかし自分自身を反省する。事件関係者と私的な感情を持たない原則主義者だからだ。心は意のままにならない!事件自体への疑問と、加えられた個人的なジュウンへの関心のおかげで、捜査に拍車をかけるミョンヒョン。しかし突然、事件を終了するようにと、捜査課長の指示を受ける。そのため事件にさらに疑問を持つようになるミョンヒョンは、単独で、最後まで事件を暴くことを決心する。詐欺師であるジュウンの姿を見て、失望する部分も生じるが、逆に彼女への感情はさらに大きくなる。ところが、彼女はいつも他の人(ジョンファン)だけ見つめている。ジュウンに向けた自分の心が無視されたと感じたときに、彼はどのように変わるか?

出典:JTBC

パク・ソンフン チョン・デサン役 凶悪犯罪捜査課第3チームの捜査課長。大きな事件一つ取って、出世のチャンスをつかもうと虎視眈々と狙う。上層部から交通に横切り、事件を引き受けてほしいという特別な指示を受ける。一介の警察庁捜査課長がなぜ受けられるだろうか。すぐに事件を殺人課に任せ、捜査指揮する。それなりに感が速いデサンは、この事件に執拗な疑問を感じている。野望のあるデサン。彼は夢に描いた青瓦台に果たして入ることができるか?

出典:JTBC

イ・ジュヨン カン・スジン役 凶悪犯罪捜査課第3チーム刑事。ミョンヒョンのパートナー刑事。捜査課長デサンの直属の部下である。ミョンヒョンを片思いしている。かなり絆ができたと感じた瞬間、ジュウンが現れ、すべてを台無しに。だからジュウンが嫌いだ。全部嫌いだ。

出典:JTBC

クァク・ミンホ イ・ミンギュ役 凶悪犯罪捜査課第3チーム長、一時インスク班長の後輩。インスクが班長の時代から、ボッキと内通した間柄だ。現在凶悪犯罪捜査課第3チームのチーム長でも、まだボッキと情報取引中。いつも宝くじを買い、常に運が悪い。だから人間宝くじを探し中。宝くじのような人が現れたら、それらの人々は支払う準備ができている。誰が、どのような取引で、イチーム長の宝くじになってくれるのか。

出典:JTBC

ユン・ジョンフン パク・ギョンソプ役 ソウル地方庁凶悪犯罪捜査課第3チームの末っ子。気づきゼロの白痴美いっぱいの性質のおかげで、毎回射手スジンに後頭部を打たれる。それでもいつも愉快な笑いを失わない、チームの雰囲気メーカー。

 

出典:JTBC

スタッフ /脚本:ユ・ソンヨル、演出:ナム・ゴン
OST:
作成:え





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー