私の解放日誌 キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

私の解放日誌



放送予定 

【日本放送】 

●netflix 放送後同日配信

【韓国放送期間】 2022年4月9日~5月29日 午後10時30分

私の解放日誌 나의 해방일지

2022年放送 JTBC土日 全16話

視聴率

平均視聴率 4.09% 시청률 第1回2.941% 最低視聴率第4回2.325% 最高視聴率第16回6.728%

私の解放日誌

出典:tv.jtbc.joins.com

あらすじ

田舎っぽい3兄妹の可愛らしい“幸福蘇生の過程”を描く。限界に到達した人生、極端な方法を使ってでも状況から脱出しようとする彼らの姿が、笑いと共感を与える。

相関図

出典:JTBC

キャスト

主要人物


出典:JTBC

イ·ミンギ ヨム·チャンヒ役  3兄妹の2番目
私が何か言うと分別がつかないって。 なぜ?  言うことがないんだよ。 なんで言うことがないんだ? 私が正しいことだけ言うから。論理的で理性的なふりをして、状況分析して言う人間たち、狂ってしまえ。人間の感情と理性に論理があると思う? ないよ。自分が好き嫌いが論理だ。 愛情が論理だ。この世に愛情法以外には何の法則もない。一気に核を突き破って入って話したら、 僕に全部分別がないんだって。物心がついていないという言葉は認められない。

素直に見えるっていうのは認める。でも決定的に僕は変なことはしない。これを認めてくれる人がいないといけないのに… 残念だ。ある出来事を経験し、未練なく会社を辞める。よし、やめよう。 やめてもいい。率直に言って、どこにも旗を立てられそうな所を見つけられなかった。お金、女、家、お茶…。そういうのに旗を差して走るから、 一緒に走っただけ。欲望もなかったのに、ただ一緒に走った。最初からフィーリングだけで知っていた欲望のない自分の人柄について認め始める。性分が幸運だと言った。この道をまっすぐ行けば、幸せでもなく疲れるだけだ。


出典:JTBC

キム·ジウォン ヨム·ミジョン役  3人兄弟の末っ子
愛される自信はないが、嫌われない自信はある。自分を対話の中心に据えるのが上手な同年代に比べ、ミジョンは、言葉で人々の視線を集めるのに才能がない。 僕の言うことと彼らの言うことは違う。 彼ら同士で通じる愉快で騒がしい言葉は、一句も未定の心にしみずはじき出される。それでも、いつも笑顔で聞き入ってくれる。 「わあっ」と笑って笑って済ます同年代の子供たちを見ると、依然として見慣れない。

彼らは本当に幸せなのだろうか。 私だけ人生がこんなものなのかな? 人生が騒然としている。

無表情でも目の前に人が入ってくると自動的に微笑む。社会的に適応した人間。組織ではそのように動くのか、 幼い頃から生まれ育った町では、無愛想な表情を隠さない。一人でいるときは深い顔になる。 死んでもおかしくない顔。疲れることなく疲れる。誰とも戦うことなく無難に生きてきたが、表に出さずにいただけで、人々に対する失望とわだかまりは着々と積もっていた。もしかしたらそれが全宇宙に私一人でいるような気分にさせたのではないだろうか。疲れることなく疲れた原因ではないだろうか。考えたらいいだけの人! そんな人が一人いるなら! わだかまり一つなく、考えればいいだけの人がいたら!

作ってみよう。そういう人。止めよう。座り込まないようにしよう。 これが人生であるはずがない。 道を探そう。私は解放されるだろう。


出典:JTBC

ソン·ソッグ ク氏役 よそ者
1日を耐えるのにお酒ほど簡単な方法がまたあるだろうか。飲んでいるうちに酔って、 酔っているうちに夜になって… 。そうやって一日が過ぎる。この生活もいいね。憂鬱な気分はつかの間。 憂鬱なら、また飲めばいい。近所の大人がちょっと助けてくれと言うので手伝うと、その後時々呼ぶ。お金もくれてご飯もくれて。一日に何時間もないけど、働きながらお酒を飲むから、そんなにゴミのようには見えない感じ。

ある日突然この村に入って来て静かにお酒ばかり飲む私に、人々は、うかつに話しかけたり、自分たちの世界に引き込んだりしない。何か苦汁をなめて休んでいるんだろうと思っているようだ。人と話さずに過ごすということがこんなに楽なことだったなんてね。これまで、人々の間で自分をどのような人間に、どのような位置に置くべきか、どんなに疲れて計算しながら生きてきたのか改めて感じる。

そのように過ごしているうちに、お年寄りの娘が訪ねてきた。この生活にすっかり浸っている私をまたしっかりさせて無理に起こしたくない。–男女関係で、またどんな服を着て、どんな人間を演じるべきか。 そのような意志も気力もない。この女、生まれつき注目されない無彩色の感じがするが、社会生活大変だったんだろうな。だからヨンゲップをしたんだ。あれ、この女何気にだな、これ。 引き返す気配がない。

そう、ちょっとだからいいじゃないか。不安だ。彼女と幸せなほど不安だ。


出典:JTBC

イ・エル ヨム・ギジョン役 3姉弟の長女
朝目を覚ますとすぐにシプことがシプル距離、足元を撮って、家に入ってシプことがシプル距離、膝を撮る既定を見て。母は獲得したのが運がないと、シムポが運命だと、シムポちょっときれいに書けと。年取ったら、洗練されて唐突に『セックス・アンド・ザ・シティ』を撮影しながら買うとは思っていたが、毎日道端に数時間ずつ捨てて、ソウルに通勤するのに、ソウル人らよりも早いテンポで老いていく。夜には足の裏は破れそうだし、肩には誰が乗って座っているみたいだし。地下鉄の車窓に映った顔を見ると、「あの女は誰?」と思ったりして。

私、こんなに暮れているのか。その前に。最後に。誰でも。愛してみます。誰でも、一度だけ、熱く、愛して見ます。

今まで人生に汚点を残さないために、最初から最後の終着地になる男を探してて、ガンボとチャンボで···。そうして生きて来た人生は何もなくただ退屈な時間でした。もう、最後だから、誰でも、本当に誰でも、愛してみます。 お当てします。

その他の人々


出典:JTBC

チョン·ホジン ヨム·ジェホ役 3人姉弟の父
自分の存在価値を証明しようと言葉を使わない人。 ただ生きている人。朝起きて夜寝るまで一時も休まない。多世帯住宅に入る安価なシンク台を作る仕事をしながら、ちょっとでも暇があれば畑仕事をする。コーヒーを一杯たりと買って飲んだことがなく、少し息をつくときも座って休んだことがない。20年前、妹の夫の妹の夫と妹の夫に保証されたことがないようになった。それを返すのに苦労しながら、相変わらず一日中仕事をする身になった。 それさえもこの事をしていたから、その困難な状況でも家も守り、土地も守ったと思う。年をとってからは、この一言は言いたい。「迷惑をかけずに生きた」老年に誰にも頼らないためには、ずっとこのように進まなければならない。

ところが、これは思いもよらなかった。 こんなことが起るとは。気が抜けるようだ。どうしてこれを考えられなかったんだろう。こんなことが起こることもあり得るということをどうして知らなかったんだろう?
仕事を辞めて失業者になった息子に毎日計画はないと叱られたとき、息子の言ったことが思い出される。「お父さんの人生は計画通りでしたか。 計画してここまで来たんですか」って?


出典:JTBC

イ·ギウ チョ·テフン役 ミジョンの職場の同僚
妻と結婚する時、最高の切り札を取ったと思っていたが、 妻にはなかったようだ。暮らしながら、だんだん失望する気配が見えて、結局海外に出て、勉強をちょっとしてくると言った時に感じとった。 こうしていては別れるだろうね。たとえ離婚したとしても、人生で一番うまくやったのは結婚だと思う。理由はただ一つ、愛らしい子どものユリムに会ったからだ。しかし、今は思春期に入った娘が、母と全く同じ様子を見せる。 堪えるしかない。娘の面倒を見て、姉の店を助けるために会社、お店、家、会社、お店、家。リスの車輪のような人生を 自任するが…。あの女の人は何かな? 雷の素っ裸のあの女…。


出典:JTBC

チョン·ヘジン チ・ヒョナ役 3人兄弟の村の友
チャンヒ、ヒョナ、ドゥファンは三銃士のように野原を歩き回りながら、カエルも食べ、ボールも一緒に蹴った。その中でいつも大将をしていたヒョナ。20歳になって家族そろってソウルに引っ越した。その後もたまに会うけど、久しぶりに会っても、昨日会った人たちのように気兼ねがない。こんなに自由でこんなに熱い女がまたいるだろうか。田舍臭いこの村の友達には、ヒョナの話は不思議で驚く。数多くの男に会ったことがあるから、ヒョナが語るエピソードは、彼らには「肉が血」になる…。人間に対する愛情は並大抵ではないが、自己嫌悪も甚だしい。決定的な瞬間に土下座する、逃げ出すこと、騒動が得意。いつも安定した生活を送れるタイミングで、あきれるほど避ける。

出典:JTBC

スタッフ /演出:キム・ソクユン、脚本:パク・ヘヨン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

hg@さらんさん
私の解放日誌 1話・2話 あらすじと感想
私の解放日誌 3話・4話 あらすじと感想
私の解放日誌 5話・6話 あらすじと感想
私の解放日誌 7話・8話 あらすじと感想
私の解放日誌 9話・10話 あらすじと感想
私の解放日誌 11話・12話 あらすじと感想
私の解放日誌 13話・14話 あらすじと感想
私の解放日誌 15話・16話 (最終回) あらすじと感想

作品感想

◎生きるのがしんどくて疲れている人々を応援する物語。

どこの国でも大勢の中で生きていくのがつらい人々がいます。自己肯定感が低かったり、他人の圧に耐えられなくて、人前で自分の意見を話すことが苦手な人々…。主人公は田舎の町で阻害されて生きている三兄妹の一番下の妹ヨム・ミジョンと、どこから来たのかも名前さえも明らかでない謎めいた男ク氏です。

ミジョンはヨム家の長女ギジョン、長男チャンヒに次いで、三兄妹の一番下の妹です。三人ともなかなかに優秀で、一流大学を出てさえ就職が厳しいと言われる韓国の、しかもソウルできちんとした職にありついています。その中で三人それぞれが葛藤を抱えて生きているのですが、まず第一に家がソウル市内ではないところ。三兄妹の家は京畿道というソウル市のベッドタウンで、漢江を超えて行った場所にあります。ソウルの人たちがどれほど漢江が好きか。だけど、漢江を超えて通勤するのはあまり好みません。なんて言ってもそこは自然にあふれていると言ったら聞こえはいいけれど、ソウルの便利さになれた人たちにはお世辞にも便利な場所とは言えないからです。大都市と地方の明らかな地方差別が存在しています。

長女のギジョンは三人の中で一番激しく、一番独特な性格をしています。恋愛観も独特で彼女曰く受け止める女。一度好きになったらとことん突き進み、たとえ相手が犯罪者で斬首刑になったとしてもスカートを広げて、その首を甘んじて受け止める女。

長男チャンヒは実直で勤勉。でも、おしゃべりは多めで弁は立つ方かもしれません。地方に住んでいることで一番つらかったことは付き合ったソウル在住の彼女が、彼の住んでいる場所に関心さえ持たなかったこと。そして、ある種の能力者でもあります。

そして、ミジョンは特に自己肯定感の低さが目立ちます。契約社員という立場がそうさせるのか、根っからの人嫌いなのか。人と交わるごとに疎外感をものすごく感じています。それ故、ある日、そういう自分から抜け出したくなったのです。

その対象は父のシンク製作所を黙々と黙って手伝う日雇いの年齢不詳、氏名不詳の男性ク氏。ある日突然ミジョンの家の隣に越してきた彼。仕事がない時はいつも縁台に座って焼酎を飲んでいます。毎日毎日毎日…。彼もまた何かに疲れてただ生きているだけの人。

ミジョンが始めた「解放」という活動によって、4人がどのように自分を追い詰めたものたちから解き放たれるのか、が描かれていきます。




【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP