私の婿の女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●TOKYO MX1(2017/10/26から)木・金曜日16:29から 字幕
●LaLa TV(2017/11/6から)月~金曜日12時から 字幕
●BS11 全86話(2017/8/15から)オリジナルは全120話 月~金曜日13:59から 字幕

私の婿の女 내 사위의 여자 全120話
2016年放送 SBS
平均視聴率 10.5% 시청률
 2016y10m08d_170534388
私の婿の女 내 사위의 여자 公式サイト
あらすじ

 

チャンラング生きる男と結婚した女性。チャンの実の娘で明らかになって表れる母娘の葛藤!シングルマザー・ジンスクは恋人孤児院育ちのボクサーヒョンテを連れてくるもジンスクは猛反対。しかし、妊娠のためしぶしぶ結婚を認める。

しかし、娘は死に助かったおなかの子と婿(ヒョンテ)を死ぬほど憎むも同居生活をし、
住んでいるうちにヒョンテと次第に家族になっていく。その娘をなくして息子を新たに得たかのように、永遠に生きることのようだったジンスクの家にある日、義理の息子が愛する女性(スギョン)が現れる。

ジンスクは最初は死んだ娘を考えてスギョンが憎かった。しかし、ジンスクは、本当の関係を知る。

 2016y10m08d_180640876
ホームドラマチャンネル 私の婿の女 公式サイト 相関図
キャスト

ヤン・ジンソン パク・スギョン KPグループ 新入デザイナー

ソ・ハジュン キム・ヒョンテ KPグループ 新入社員 元アマチュアボクサー

パク・スンチョン イ・ジンスク ヨンチェ母 スギョン実母

チャン・スンジョ チェ・ジェヨン KPグループ 本部長

キル・ヨンウ パク・テホ スギョン父 アパレル会社 KPグループ会長

ソル・ジョンファン パク・スチョル スギョンの弟

イ・シウォン オ・ヨンチェ ヒョンテの元妻 子供を出産後死別

ファン・ヨンヒ マ・ソニョン チェヨンの母 SYエステ院長

イ・サンア チョン・ミジャ テホの後妻

ソ・ウリム パン女史 スギョンの祖母

イ・チェウン オ・ヨンシム ヨンチェの姉

キム・ハギュン チェ・ダルソク チェヨンの父

 

スタッフ /脚本:アン・ソジョン 演出:アン・ギルホ
コメントにて随時感想募集中です。

ソ・ハジュン 서 하준 キム・ヒョンテ 役
 2017y07m18d_233359499
 出典:http://program.sbs.co.kr/
 生年月日1989年9月19日 身長179cm 70kg
2016 MBCドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)(獄中花 ) 」明宗役
2014 SBSドラマ「ずっと恋したい」キム・テヤン役
2013 MBCドラマ「オーロラ姫」ソル・ソルヒ役

 

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●家族の愛と葛藤の物語
このドラマの主演であるヤンジンソンさんは「私の残念な彼女」に出演して印象的な演技をした女優さんです。

この私の婿の女というタイトルからは、どんな物語なのかは想像出来ませんがこの話はある家族を中心とした物語です。

シングルファザーとして頑張っていたヒョンテは、死んだ妻の母親と同居していた本当の親子のように仲良くしていました。しかし、ヒョンテを愛する女性が現れて、義母はその女性に激しく嫉妬します。

このシングルファザーを好きになるのがヤンジンソンさん演じるスギョンという女性です。普通に考えれば婿と仲良くなり過ぎた義母が、婿を取られることを嫉妬して婿の彼女に嫉妬するドラマのような感じがしますが、それだけではない人間関係がこのドラマの見どころです。その複雑な人間関係が、婿を好きになったスギョンが実は義母の娘だったという設定です。

意外するこの展開に驚きましたが、シングルファザーであるヒョンテのひたむきな姿がとても好きだったので、ヒョンテとスギョンには幸せになって欲しいと思いながらドラマを観ていました。2人を取り巻く環境は愛と憎悪で、いろいろなトラブルに巻き込まれて行きます。
それでも、2人はそれを乗り越え愛を貫こうとする姿がとても好きでした。

このドラマは人間関係が、少し複雑でドロドロしていますが、そこが最大の見どころだと思います。

このドラマの主演のヤンジンソンさんもこのドラマをきっかけに俳優としてステップアップしたいと撮影前に語っていました。実際にこのドラマの演技で彼女は俳優としてステップアップしたような気がします。

ヒョンテ役の契約問題で一時活動を停止していましたが、このドラマで復活出来て一生懸命に生きるシングルファザーを熱演しており、ドラマを盛り上げています。長いドラマですが、毎回いろいろな愛憎劇が繰り広げられてその愛憎劇を楽しめます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー