私のおじさん 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2018年3月21日(水)~

私のおじさん  나의 아저씨 全16話

第15話視聴率 %

marikoさん

第15話あらすじ

盗聴されているスマホを通して、「すべて聞いた。電話くれ」と言うドンフン。衝撃を受けるジアン…。ジアンは公衆電話からドンフンのスマホに着信する。ドンフンは、公衆電話の場所を突き止めてタクシーで向かうのだった。ジアンは慌てて部屋から逃げる。ジアンは1人で道端にうずくまり、「ごめんなさい」と言って泣きむせぶのだった…。

ユニは「ジアンは私をドンフンの元に戻そうとしていた。ジアンはドンフンを好きだと感じた。彼女は全身でドンフンを守ろうとしていた」と言う。ユニは、「ジアンだけに1人で逃亡させるわけにはいかない、警察に全部話そう」と言う。ユニはジアンの携帯に電話し、「逃げるのはやめて、全部話そう。私が助ける」と言うのだった。

その時、ジアンは車に轢かれるが、走って逃げてしまう。車に轢かれたジアンは、体調不良に。取り立て屋は、ジアンの録音ファイルを聴いていた。自分とジアンの子どもの頃の話を聞いて涙を流す取り立て屋。

清掃員のおじさんは、ドンフンに電話をする。おかげでジアンを見つけたドンフン。「情けない俺の人生を知っても、嫌いにならないでくれてありがとう」と言う。「なんでお前みたいな若い子が、俺のような者を可哀相がって…。俺は幸せにならなきゃな。俺が幸せになるのを見ろ」と続けるドンフン。ジアンは泣きながら、「おじさんが本当に幸せになって欲しかったの」と言う。

その後、病院で手当てを受けたジアン。ドンフンは「もういいから警察に全部話せ」と言う。ドンフンはさらに「その人を知ると、その人が何をしても関係ない。俺はお前を知っている」と言うのだった。ジアンは「もう盗聴は消します」と言う。しかし、最後に寝ながらドンフンの足音を聞くジアン…

一方、取り立て屋の仲間は、録音ファイルを使ってジュニョンを脅していて…。
 

第15話感想

 
ドンフンの心の広さと優しさに感動です。そしてその気持ちを受け入れ、ドンフンを好きになってドンフンを守ろうとしたジアン…。感動的です。

近所の仲間たちも、良い仲間たちで羨ましいです。ジアンが最後に「生まれ変わったらこの街に生まれたい」と言った気持ちがすごく分かります。どんな人と出会うかで決まってしまう人生。ドンフンと仲間たちのように、誰かを幸せにすることができたらいいなぁ…。

世の中辛いこと、酷い人もたくさんいるけれど、良い人もたくさんいるよ、ということを伝えたいドラマなのでしょうか?いよいよ次回は最終回。ジアンがどのような人生を歩んでいくのか、とっても気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第16話(最終回)視聴率 %

marikoさん

第16話(最終回)あらすじ

ドンフンと警察に出頭し、陳述を始めるジアン。しかしジュニョンはすべてジアンのせいにしていた。録音ファイルを消してしまったため、不利になっていしまっているジアン。ユニが「なぜ録音ファイルを消したの?」と言うと、「おばさんの話が入っているから。おじさんが辛い時の」と答える。ジアンは「おじさんみたいな人がいるのに、どうして浮気したの?」とユニに聞く。ユニは、「たくさん理由があるけど、それが本当の理由かは分からない」と言うのだった。

その後、祖母が亡くなり、ドンフンと一緒に霊安室に行くジアン。ドンフンの兄は、寂しい葬儀場のため、へそくりをはたいて花を出してやる。さらにサッカーチームの人も呼んで、弔問客を増やすのだった。

取り立て屋は、ジアンの音声ファイルを必死にUSBに入れていた。そんな時、ジュニョンに買収された追手が取り立て屋のもとを訪れる。殴り合いをしながら、なんとかUSBを守った取り立て屋。そしてそれをドンフンに送るのだった。USBは警察に提出され、社内ではジュニョンとユニの不倫が話題になってしまうのだった。

ユニは、海外にいる息子の元へ。ドンフンはソウルで1人暮らしを始めていた。堪らなくなって、1人むせび泣くドンフン…。

会長と会ったジアンは、釜山で働くことに決めていた。その後、ジアンは手話の講座で教えたりしながら、会社員生活を楽しんでいた。そんな時、ジアンは釜山からソウル本社に来ることになる。同僚たちと入ったカフェで、ドンフンの声に気付くジアン。テラス席に回ると、そこにはドンフンの姿が。久しぶりに出会った二人は、握手をして別れるのだった。

 

第16話(最終回)感想

すごく素敵な最後でした。ギフンも自分の作品を作り始めているようなシーンが出て来てよかったです。そしてジアンの祖母のために、へそくりを使ってしまったドンフンの兄。あのシーンも感動的でした。お金を返そうとするジアンに、「そんなに人生はきっちり生きるものじゃない」と言ったドンフンの友人も良いこと言っていました。

ジアンは会社生活になじめたようで、ホッとしました。視聴率は最初よりも上がって行ったようです。IUは出る作品ごとにどんどん演技力を上げてきている気がします。今回の役は、本当に実力がないとできない難しい役だったと思いますが、とてもよかったです。
 

私のおじさん (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー