私のおじさん 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2018年3月21日(水)~

私のおじさん  나의 아저씨 全16話

第11話視聴率 4.965%

marikoさん

第11話あらすじ

ジアンはドンフンがサンダルを履いてないのを見て、サンダルごみ捨てに捨てる。しかしそれに気付いたドンフンは、なぜサンダルを捨てた?と聞く。ジアンは、「私を辞めさせたと言え」と言う。今さら知らない人のようになれない、と言うドンフン。今さら知らんぷりの関係には戻れないと言うのだった。お互いの母親・祖母の葬式に出るような関係だという、ドンフン。

一方、会社では相手が聞いてきそうなジアンとの関係を調査していた。そして相手側も、ドンフンを潰すための会議を行っている。

ユニは、ジュニョンから「会いたい」とメッセージを受け取っていた。ドンフンはその通話を聴いてしまう。

ジュニョンは徹底して部屋の盗聴器を探すが、怪しいものは見つからない。その後ジアンはジュニョンの家に呼ばれ、告白した時の録音を聞かせろと言われる。そしてジュニョンはジアンが本当にドンフンを好きだと知るのだった。

気分転換に寺に行ったドンフンは、「大したことない」という友達の言葉に励まされる。そして会社へ行き、ジュニョンの部屋に妻との浮気を怒って怒鳴り込むのだった。社内的にも問題になるが、ジュニョンの「ただの大学の同期だ」という言葉に、それ以上は問題が広がらないのだった。

その日の帰宅後、自責の念でたまらなくなったユニは、ドンフンに跪いて謝る。するとドンフンは、興奮してドアを殴り破ってしまう。自分だって人間なんだといって泣き叫ぶドンフン。そんなドンフンに、ユニは謝るしかなくて…。

第11話感想

寺で坊主になっている友人と、飲み屋のおかみさんの関係は、元恋人なのでしょうか?このドラマは人生が厳しく描かれていますが、それでもジアンがドンフンという希望を見つけたように、人生も捨てたもんじゃないと言ってくれている気がします。ジュニョンのように生きる人もいれば、ドンフンのように生きる人もいる。世の中にはいろんな人がいますが、どういう風に生きるかは自分次第なのでしょうね。

ギフンはすっかり女優さんのことを好きになってしまったようです。早く人生を辞めたいという女優さんと、まだ人生は終わってないという酒屋のお客さんのやり取りも、面白かったです。最初はただ暗いドラマかと思っていましたが、希望が見えてきて嬉しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話視聴率 6.035%

marikoさん

第12話あらすじ

ユニはドンフンに、辛い心境を吐露していた。自分がドンフンにとって、本当に一番だったのかを問い詰めるユニ。ユニは、ドンフンが家族や仲間を大事にしすぎなことで傷ついていた。ジュニョンとの不倫はいけないことだったとしても、ドンフンは自分の母と息子を思って、離婚したくないんでしょう?と吐き捨てるユニ。そして、「離婚についてはあなたの言う通りにする」と約束するのだった。

その後、ドンフンと部下、ジアンは一緒に残業して最終電車を逃しそうになっていた。ドンフンに、「会いたくて待っていました」と言うジアン。するとドンフンは、ジアンが可哀相な人同士の同情心、仲間意識で好きなだけだと切り捨てる。しかしジアンは、「2人とも自分が可哀相で、人に優しくしているのは同じ」と返すのだった。ちょうどその時、ジアンは2人の写真を撮っている男を見つける。追いかけるドンフン。駅に着くと、ドンフンの街の仲間たちが出迎えていた。一緒にジアンを家まで送り届ける一行たち。ジアンの表情もほぐれている。

ジアンはユニに連絡して、ジュニョンの企みを告げる。ジュニョンを呼び出し、ドンフンを守るためにすべてを会社に話すと脅すユニ。ユニはジアンに、「本当にドンフンさんのこと好きなの?」と聞き、「ドンフンを守ってくれて、ありがとう」と言うのだった。

一方、ドンフンを常務にするかどうかの部下のインタビューが予定されていた。ところが、ジュニョン側の陰謀で部下を違う人に変更されてしまう。選ばれたのはジアン。ジアンは、ドンフンのことを好きだし尊敬していると言う。そんな会社と部長に感謝しますと言うジアン。ドンフンは、ジアンに「俺はそんなに良い奴じゃない」と言うのだが、ジアンは「部長はすごく良い人です」と譲らなくて…。

第12話感想

ジアンが素直になってきて可愛いです。ドンフンへの思いは、感謝と恋しさと、人間らしさが混ざっていて、私まで愛おしい気持ちになってしまいます。ユニとジアンの関係も複雑ですが、それぞれの人が傷つきやすい心をもっていることが共感できます。

ドラマが始まった頃は、撮影の大半が夜のシーンだし、内容も暗くてどうなることかと思いましたが、登場人物それぞれの心が繊細に描かれていて良い作品です。ドンフンの街の仲間たちも、人情味があって、あんな仲間がいてくれたらいいなぁ~と思いました。IUにとっても、イ・ソンギュンにとっても、この作品に出るのは冒険もあったのでは?と思うのですが、視聴者にとっても印象深い作品になりそうです。

私のおじさん 13話・14話 あらすじと感想

私のおじさん (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー