私たちのブルース キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

2021年



放送予定 

【日本放送】 

●Netflix  韓国放送後同日配信開始

【韓国放送期間】 2022年4月9日~6月12日 土日午後9時10分

私たちのブルース 

우리들의 블루스 

2022年放送 tvN土日 全20話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回7.324% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

私たちのブルース

出典:http://program.tving.com/

あらすじ

温かく生き生きとしている済州(チェジュ)と冷たく荒い海を背景に、様々な人物の人生のストーリーをオムニバス形式で描くドラマ

恋は甘く切なく、人生は楽あれば苦あり。いつもにぎやかな済州島を舞台に、この島で生きる人たちが織りなすさまざまな物語をオムニバス形式で描く。

相関図

出典:tvN

キャスト

※右に記載の話数が主人公として出演。同時に別のエピソードの主人公たちが周辺人物として登場します。

「ドンソクとソナ」6話、9話と10話、11話


出典:tvN

イ·ドンソク役 イ・ビョンホン 四十代前半

母親の家があるが行かず、トラック一つを頼りに野菜や生活道具などを適当にのせて済州近くの散らばった島々を行き来しながら島の人々に商売をして食べ、眠りもトラックで寝る。 人は彼のことを「生まれつきの荒っぽいやつ」と言うが、「知らない話」、「彼も他人のように平和であり、けらけら笑ってみたかったし、明るくいたずらしたくなり、幸せになりたかった。

貧しさに押されて姉ドンヒが海女になって19歳の若さで海で死にもしなかったのに、船乗りの父が波に流されて海で死ぬと、母(オクドン)が待っていたように父の友達であるソンジュに裁可さえしなかったとしても、自分のことを腹違いの兄弟たちに昔ながらの私に死なずとも、そして本当に守ってあげたかった初恋のその7人が私の純情を熱することになった。

…果たして、私が今この様な格好になるのか? (ウニ、イングォン、ホシクは、ソンアの後に2、3人の女性と会ったことを知っているので、この言葉に簡単に納得せず、言い訳だと思うが、とにかく、彼はそう思う)

新しい父親の家を叩いてソウルに来たなら、うまくいくはずだったが、彼はやることごとに失敗した。 下手に始めた古物商もつぶれて、タクシー運転手の免許を買おうとして詐欺にあって…。 またソンアに会って傷つき、そして再び済州、はてな、私を無残にも一度でもなく、二度も踏みにじって去ったその芸人が、私よりもっと惨めでみすぼらしい姿で私とバリ、済州沖に再び現れた。バッ!僕がやられたように 踏んでみようか?


出典:tvN

ミン·ソナ役 シン・ミナ 主婦

ソウル生まれ。口数が少なく物静かだ。 テフンは彼女の笑いがきれいで惚れたそうだが、 自信は分からない. 幼いころは笑いの愛嬌が多かったようだ。 お母さんが一言も言わずに自分を捨てるまでは。

7歳、幼稚園を卒業したソンアを、母親がいきなり車に乗せて、父親のところに帰ると言った。 ソンアはそのように母親に捨てられた。 父親はその後、ソンアと暮らそうと努めたが、いずれも失敗した。 そして、父親の故郷である済州(チェジュ)の叔父の家に行った。

「再起する事業資金をくれという父親、これ以上あげる金がない」という叔父は毎日口喧嘩をした。 ソンアは家にいることができなかった。(その時立ち寄りのゲームセンターで同席に会った。 荒っぽいが、それでも結構優しい村のお兄さん。 死が何なのか分からないまま死にたかった時代、ソンアにとって同席は小さな意志の妻だった)

済州(チェジュ)を離れ、ソウルで、会社の同期として会ったテフンと4、5年付き合っては別れたと繰り返していたが、結婚し、息子(金10、5歳)を産んだが、最終的には別れた。 彼女は心残りがなかった ところで、テフンちゃんは姑と自分で育てると言った。

僕には10万が前分だけど、 僕はどこに行けばいいんだ?
どうやって生きればいいんだろう?

「オクドンとドンソク」18話、19話、20話


出典:tvN

カン·オクドン役 キム・ヘジャ 70代半ば
小さな畑にいろいろな唐辛子、ジャガイモ、ゴマなどを建てて、オイル·マーケットに出す、ドンソクの母。

人に口数が少なく(一人ではよくぶつぶつ言うが)、無愛想で感情のない人のように無愛想で、ただ仕事ばかりする。 他人の目には優しく見えても、トンソクには優しくもない。

船乗りの両親が10歳の時に火災で亡くなり、弟と2人で家事や食堂の仕事をしながら暮らす(弟は木浦で暮らし、数ヵ月前に癌で死んだ。 死ぬ前に、姉のオクドンを訪れたというのに、字が分からず道を知らないオクドンには行く気になれなかった。 そして、地元の人が力仕事をしている同席の父親を紹介して、済州(チェジュ)に嫁いで暮らし、台風で夫が亡くなった。

その後、水が怖いという娘年を(自分も怖くて、これまでは畑仕事ばかりしていたが)連れて海に入って一緒に海女になった。 食べては生きなければならないから。 ところで、これはまた何事、娘も海で命を落とした。 夫を殺した海は怖くなかったが、娘に殺された海は愛想が尽きた。 どう生きる? 荒々しい同席が、「あいつはどうやって育てよう」というのか、その時だった。 もう人生に自信がなくなったのは…」 それで、夫の友達のパク·ソンジュが「一緒に暮らそう」という言葉に聞き入れようとした。 彼と一緒に暮らしていたのは、妾になった甘いもので、彼の病気の妻の介護(ほとんど植物人間)をしなければならないもので、他人の子供を自分の子供のように育てなければならないもので、村で夫の友達と喧嘩をするという話を聞かなければならないということだったが、いとわなかった。 同席を育てることができるし、再び海に入らなければそれでいい。

でも、息子のドンソクが喧嘩を売ってくる。私の人生が飴のようで馬鹿なことはすべて母のせいだというのか。玉童は意に介さなかった

「ハンスとウニ」1話、2話、3話


出典:tvN

チェ·ハンス役 チャ・スンウォン 40代後半 プルン銀行支店長

幼いころは貧しさが嫌いで、かっとなって無駄なサムチギもしたが、もう過ぎたこと。 今は世界の誰よりも真面目だ。 お金を節約しようと、一人で食事をし、お酒、タバコをせずに家事もよくやり、誰が見ても優しい笑顔に心やさしく誠実なサラリーマン。

妻と子の愛は無惨だ. 2男3女の長男と父親は酔っ払いで、彼が小学校の時、末っ子が2歳の時に溝に落ちて亡くなり、母親一人で他人の家の土地で農業をして生計を立てた。 彼は勉強がよくできてソウルに留学した. 弟たちは彼の世話をするために腰の痛い母親の面倒を見るために、みんな高校だけを卒業し、陸地の工場で食堂を早くから探しに出た。 上の妹だけ済州に残って夫とまじめに働いて馬農場をしながら暮している.

大学1年生の時、ミーティングで会ったミジンと結婚しては共働きをし、学資金融資、結婚資金融資の返済に追われ、娘のボラムがゴルフに才能を見せるようになってからは、ますます暮すのが精一杯だった。 彼女は妻のミジンと娘をゴルフ留学のために海外に行かせ、一人暮らしの父親になった。 米国に行った甲斐は、中学生の時は大活躍していたのに、高校に入ってから成績が急減し、現在はプロ2部にいる。 諦めるにはもったいなく、続けるにはコーチング費、滞在費、大会経費などお金がかかり過ぎるが、10年前の家を買う時の退職金も70%は繰り上げて使い出せず、2年前はソウルのマンションまで売ったが、そのお金さえ底をついている。

その頃、ソウルの銀行支店長から済州の故郷プルンの銀行支店長の地位の辞令を受けたのは、 自尊心はもう退社したかったが、この状況でプライドも退職もあり得ない。彼は故郷に帰る。


出典:tvN

チョン·ウニ役 イ・ジョンウン 40代後半 魚屋経営

農業の両親の下で4男1女中の長女として生まれた。プルンのソプソプ市場で一番お金の多い商人で粘り強く誠実で利口でもあるが、 自力で成功したため世の中で自分が一番偉いという考えも多い(現在済州市と西帰浦市、 プルンに魚屋を運営、 そして20代に生きた西帰浦の土地に建物が建てられ、 町内でくれた大金持ちになった)

彼女の人生は、いつも魚のように生臭く、魚の頭を叩くのと同じくらい残忍だった。 高校時代、父が急に畑で脳卒中で亡くなり、いつも傍に立っていた母も畑で熱中症で亡くなった。 高校を中退し、市場で魚の商売を始めながら、弟や妹は大学を全部通わせた。

そんなある日、一手が済州に現れた。 しばらくの間だけ来たのではなく、発令を受けてきたのだ。 それも離婚を準備しながら。 それならもうここでかなり住めるね。もしかしたら愛も可能かも、彼女の胸にしっとりときめきがやってきた。

「ミランとウニ」12話と13話


出典:tvN

コ・ミラン役 オム・ジョンファ 40代後半 マッサージショップ運営

済州プルン生まれ。 よく遊び、生まれつき楽天的で、気丈で、頭がよく、ユーモラスに茶目っ気が多く、クールだ。 ミランは子供の時から、みんなに羨ましがられていた。 貧しい恩姫、イングォン、好き嫌いのない性格の本当にパーフェクトで素敵な友達。

幼年時代は輝いたが、ソウルでの暮らしは容易ではなかった。 3度の結婚と離婚、そして今は一人。 大学時代に出会って、初めて結婚した初恋の人は弁護士だったが、事務長と浮気をした。 その後、マッサージショップを経営していたが、友人紹介で事業を営む男性と出会い、結婚して2、3年暮らした。 ところで、ある日、家に銀行の行員たちが来て、差し押さえのレッテルを貼られるんじゃないか? その後知った真実、ミランが知らないうちにミランの名義で借りたものも多かった。

三度目の結婚はマッサージショップのお客さんで来た外科医だったが、結婚してたった一年生きた。 結婚はやめたい、付きまとっても嫌だと思ったが、自殺を図ったせいで結婚した。 でも、男の子が子供を欲しがった。 私は結婚前に、あんなに子供だけは駄目だと、娘のジユンに何かしてあげた事が無いから、種付けがしたくないとお願いしたが、婚前は、そうだと言った男の人は、結婚してから心変わりし、いつまでも子供を要求してきた。 それなら、 こんにちは! ミランは3人目の男性とも別れた。 そして、 別れた男たちは現在みんな敵ではない友達として残った.

貧しくて生きてきた男たちは、それぞれ自分たちが「ミランのベープラ」と言い張っているが、とんでもない言葉だ。 彼女の優しい幼くても今もただ恩姫一人だ. 貧しくてもいつも堂々としていた子供、捨てたいほど厳しい家族の生計を全て立てている子供、自力で一家を助け、周りを助ける子供、私が呼べばいつでも済州からソウルに駆けつけてくる子供、今は老けてしまった私をいつもきれいだとおだててソフィー·マルソーに似ているという子供、チョン·ウニ…。 つらくてさびしく悲しいときも、ミランは太くて歯切れの良いウニの声を聞くと、「おい、頑張れ、野郎!」 君のそばには僕がいるじゃん! 「義理!」、その声を聞くとまた笑い転げる力が出た。

その日もそうだった。こんなに固いミランの心が崩れ落ちてしまったあの日も、限りなくミランはウニに会いたかった。そして済州に向かった。

「ヨンオクとジョンジュン」4話、11話、14話と15話


出典:tvN

イ·ヨンオク役 ハン・ジミン 30代半ば 赤ちゃん海女1年目(下君)

男たちはヨンオクがたまにサムダクのようではあるが、天性が明るく、面白くて、可愛くて、無条件に愛らしいと言うが、それは愛の「豆の皮」が書かれたためだ。 自分のひどいことを知らなかったことをヨンオクは何時も知っている. 人前では明るいふりをして善良なふりをして猫をかぶるが、あの深い本音は陰険で野蛮で二重的な、私だけが知っている利己的な悪気小僧。

両親は善良だが早く死んでしまいおばさんの家族の家で暮らす、18歳までは保育園で過ごすことになる。 からかう子供たちとヨンオクは毎日けんかするかのように過ごしていた. うんざりする戦いだった。 ヨンオクは仕事を探して仁川時計工場に、再び江原道のカフェに洋服屋に、そして現在は済州に来て海女学校を出て赤ちゃん海女になった。(夜は室内屋台をする)そして、海女船を走らせる船長のチョンジュンとサムに乗っているところ。

ただ、今のように軽くて軽快に深刻ではなく、クールにハラハラしながらも刺激的に町の人々の目を避けて寝床でもしながら楽しく過ごせばいいのに。なぜチョンジュンはこんなに真剣なのか、「どうして私の気持ちを覆すのか…」


出典:tvN

パク·ジョンジュン役 キム・ウビン 33歳 船長

天性は明るく温かい、だからといって能力がないわけでもなく、やることなすことが熱心で誠実で、誰からも信頼が高い。 元気に農業を営む父と母(チョンジュンが住む港から離れた上の町でギジュンと一緒に暮らす)がいて、自分と一緒に船の仕事をして雑事をする弟ギジュンがいる。

済州島の人の大半がそうであるように、3、4の職業を同時多発的に、つまり金になることはすべてする。 ムルジルする海女たちを海と陸地に連れてきて連れてきて船賃を受け取り、海に出て釣りをして近くの刺身屋に活きて鮮魚を提供したり、ウニ魚屋の競売を手伝ったり、一緒にオイル場で日当をもらって魚を売ったりもする。 捨てられたバスをリフォームし、きれいにカフェのように飾って海辺に住むほどのロマンもある。 船を買う時に借りた銀行からの融資を返し、再び融資を受けて海辺の近くに18坪のマンションも買う計画だ。

チョンジュンはヨンオクのことが一目で気に入った。 陸地の娘がムルジルをするというのもきれいなのに、大らかで大人たちとよく遊び、ムルジルも欲張りで誠実によくする上、自分自身に微笑みながら「ヘイ船長」と呼ぶ時は気が気でなかった。

彼女を見ると気分がよくなって自分も知らないうちに口元が上がるので、近いうちにヨンオクに「私どう?」「付き合おう」と言うが、弟ギジュン曰くヨンオクはちょっと薄情に見えるという。 江陵から来た配線場と一緒にしたら済州市に遊びに行くというのか。

海女ばあさんたちの間ではヨンオクが嘘をついていると言い、それでも飽き足らず‥‥。

「チュンヒとウンギ」第16話と17話


出典:tvN

ヒョン・チュンヒ役 コ・ドゥシム 70歳前半 上郡海女

口数が少なく、働くのも人に接するのも難儀でないし、ただ無難だ。 幼いころは朗らかだといわれたりもしたが、世間の人が彼女を黙って淡々とした大人にした。 家が少し住んだら洋装のような技術でも習ったはずだが、貧しい家で生まれて13歳で保末を拾って始めた物質がもう60年、今は遠い海まで出ていく海女の中の海女、上軍海女だ。

しかし、物質で稼ぐこともすべて昔の言葉、最近の海には物も多くなく、養殖も多く、金にならない。 名残惜しくない。 そんなに食ってしまうのである程度のことではあるがままに受け取る. 生計のためにもあるが、時間つぶしに労働ほどいいものはなく、玉洞やあちこちの畑に刃物を売りに回ったり、ウニの店で魚の切り身をしたり、それを五日市に売りに出したりする。

貧しい家に18歳で嫁いで粘り強く暮らし、4人の息子を産んだが、現在は40歳になった末っ子の萬寿だけが残っている。 結婚後10年ぶりに得た貴重な双子の息子たちは、生まれると2、3回泣いては理由もわからずに死に、2、3番目は(ウニ、イングォン、ホシクの同窓)20歳になる前に酒を飲んで股間に落ちて死んだ。 そして3番目が行ってしまったその年、夫が肺病で死んだ。 人生は本当に思い通りにならなかった。

何も言わずに結婚して暮らしていたマンスが5年前、孫娘のウンギを産み、明るい顔で訪ねてきた。 「純粋で明るく綺麗な嫁、ヘソン」は10日に1度ずつ、必ず電話をかけてきており、欲のない彼女は、「これこそ幸せだな」と思う。

ところが、息子と嫁が仕事が忙しいと言ってしばらく預けていったウンギ、このやつ。1日だけ担当してもとても大変だ。おとなしいのは犬の角。


出典:tvN

ソン·ウンギ役 キ・ソユ 六歳 椿姫の孫娘。 幼稚園児

木浦で母のヘソンと父のマンスと一緒に住んでいる。 父親の家の済州島(チェジュド)は、「2歳の時に来た」と言うが記憶になく、祖母のチュニはたまに、1年に1、2度父親がしてくれる画像通話で見たのが全てだ。

同じ年頃に比べて遅い方なのでまだハングルもたどたどしく読んで数字も10を超えるとよく分からない.
踊るのが好きだが、恥ずかしがり屋で人前ではせず両親にだけ見せる。 父は大きいダンプトラックの長距離運転をしていてよく会えないが、それで会うたびにもっとうれしくてもっと嬉しい。

ある日父が、銀器の腕にボールペンで一心(この絵はマンスとチュニの腕にある入れ墨だ。 万寿は故郷を離れながら、母親の春姫を忘れないために、春姫の入れ墨を自分の腕にも彫った。 チュニの腕にある入れ墨は、済州道(チェジュド)の海女同士が共同体を固め、幼い頃に刻んだものだと粗悪な絵のようだ)を絵を描くように使いながら言った。 「ウンギ、来年小学校に入る時は 済州島に引っ越そう」 ウンギは木浦に友達が多く、済州島が嫌いだと言ったら、父がまた言った。 済州島の海にはお月様が100個出てくる? すごくかっこいいのに! 「お前、本当にあれ見に行かない?」ウンギはその言葉に夢中になった。 お月様、一つもきれいなのに 百個のお月様だなんて! 「よし!」ウンギはそうやって父に済州への引っ越しを許した。

ウンギは翌日が幼稚園でプールに行く日だったので、母が買ってくれたレシーガードにだけ関心が集まった。 「これと同じものを買った子はいないよね?」 私にとって一番きれいだろう? 「みんな羨ましがってるだろう?」ウンギはその日うきうきしてレシピガードを着て眠ってしまった。

ウンギが目を覚ました時は、済州(チェジュ)行きのフェリーの上だった。

「イングォンとホシク」7話と8話


出典:tvN

チョン·イングォン役 パク・ジファン 40代後半 五日市スンデクッパ屋を運営

かっとなる性質で言葉も荒っぽいが、それは学べないからで、根はそうではない。 それなりに人情も深く義理もある。 ホシクにまでやる義理はないが 済州地域のオイル場を回りながらスンデククを売り、オイル場のない日は家内手工業でスンデを作り、近くのスンデクッパ屋にスンデを供給する。

彼は最初から辛くて誠実な人生を送ってきたわけではない. 代々、彼の家は五日市でスンデククを売ってきた。 彼女の両親も当然そうだった。 貧しさの親譲り いくらスンデを売って切ってもよくならない暮らし向き、彼は幼い時、その貧しさが嫌でむやみに家を出て行ってヤクザになった。 こぶしが強く殴られても倒れないムチ打ちと根性のため、誰も彼に近付くことができなかった。 おかげで、西帰浦済州市(ソグィポ·チェジュシ)一帯のナイトクラブ祈祷のリーダーになった。 うなぎのぼりのように見えた。 妻が離婚すると言って、息子のヒョンに恥ずかしくないかと大声を出しても聞こえなかった。

ある日、熱いスンデクク(豚の腸詰めの汁)2杯を頭に載せて、1万ウォンを稼ぐために配達に向かっていた母親がトラックにひかれ、気をもんでいる母親をそのように行かせてから、イングォンは意識を取り戻した。 「イングォンよ、恥ずかしく生きるな」その聞きたくなかった小言が葬式の間中遺言のように聞こえ、これからは息子に恥をかかせるな、と決意し、その後誰が見ても真面目にヒョンイを育てながら。

自分を捨てて行った妻にこれ見よがしに‥‥。


出典:tvN

パン・ホシク役 チェ・ヨンジュン 40代後半 氷の店を経営

優しく、人情深い(イングォンには荒いが)。 加波島出身 両親は麦作でやっと食いつないだ。下に3人の妹がいるが、みんな中卒。 好き嫌いばかりがあるという理由で、西帰浦で学校に通った。 ウニと結婚を約束し、両親に挨拶をしに加波島へ行ったが、帰り道に、ウニは結婚をあきらめた。 結婚すれば養わなければならない家族が増えるのだね、現実に気付いた」と話した。 「私でも嫌だ。 『お前のように貧しいやつ』のそばでイングォンが痛い思いをした。

そのように美食の心に貧しさが染み込んで一発の誘惑が芽生えたことをその時は知らなかった。 また、女性に出会って結婚し、子供まで生んで何とか生活しながらも、金を貯めたければ株で食いつぶし、事業に投資したが、結局はギャンブルにまで手を出し、そのことでイングォンに死ぬほど殴られながらも、贅沢な暮らしはできなかった。

その日もお金持ちになって家に帰ると妻が逃げてしまい、3歳のヨンジュががらんとした炊飯器を掻いていた。 目が覚めた瞬間だった。 あの子を生かさないと。 あの時、ホシクとヨンジュを救ってくれたのはウニだった。 信じられる人がやってくれればいい」と言って氷の店を用意した。 自分を捨ててしまった初恋の人に助けられるのにホシクは恥ずかしがる暇がなかった。 その時から美食は壊れない機械のように働いた。

毎朝の水産物競売も、その中でヨンジュの朝食を準備するのも、一日数百袋の氷配達も欠かさなかった。 市場全体の冷蔵庫同様の役割を好食は愚直に果たし、おかげで取引先が溢れている。

手足に凍傷をつけて生き、毎日指先が割れて血が出ても、所帯を切り、ヨンジュの手に毎日季節の果物を詰めたお弁当まで持たせる。

「ヨンジュとヒョン」5話


出典:tvN

パン·ヨンジュ役 ノ・ユンソ 十八歳 高校生

済州の生まれ、ヨンジュは済州が窮屈だ。 自分の存在を知らない人が一人もいないこの町がぞっとする。 大変なことでも、お父さんが元々暴れん坊だったという話、結局お母さんが子どもを捨てて逃げたという話を皆が知っている。家の外に出て学校に行くまで、挨拶だけ百回しなければならない田舎。一日も早く脱出したい。 そして、すぐにその日がやってくる。 もうすぐ20歳で、あと1年耐えれば、ソウル大医学部入学!

ヨンジュは不動の全校1位だ。だからといって、他の模範になる生徒ではなく、陰ではカボチャの種を取ってよく遊ぶ。 学級委員長が学生簿に有利だからやるんだよ。路地裏の親分が私の服だ。はつらつとしてきれいで優等生がよく遊ぶので友達も多いが、自分勝手な面貌を知れば皆が言う「悪い年」。臭みもテンションも高く、遊ぶことが好きだが、いつもマジノ線は剣のように守った。 それが「母親のいない子供」と言われたくないヨンジュのプライドであり、娘のことが心配でいつも頭痛薬をつけている父親に対する最小限の義理だった。

幼い頃から毎日のように見てきた、上の階の住むヒョンが、そのせいでヨンジュが線を越えるとは。実はヨンジュは知っていた。 友達と遊んで遅く入る日には、いつもヒョンが階段の中に出ていることを。

その日に限って雨も降って、試験も終わって気分がとてもよかったのか、恥ずかしくて逃げると思っていたヒョンがすぐ口付けするではないか。


出典:tvN

チョン・ヒョン役 ペ・ヒョンソン 十八歳 高校生

済州生まれ。みんな弱そうに見えると言うが、ヒョンは荒く、優柔不断な評価も気に入らない。ゆったりとしていて、考えが多く、繊細なだけ。 両親が小学校のときに離婚した後、マッチョのような父親と2人きりで暮らし、毎日のように「この野郎!」と耳にたこができるほど言われたが、ヒョンは内心は鼻で笑った。 自称「男」という父は、いつもうるさくて人に虚勢を張るだけ。悪口を言わずに文章を続けることができない父親が、ヒョンの目にはただ無知に見えた。

でもヨンジュが「お前いつもここで俺を待ってるだろ」って 言った時は乗れなかった。 どこからそんな勇気が出たのか、急に体を伸ばしてキスしてしまった。 妙にヨンジュの前でだけは、超人的な力が生まれた。だが、ヒョンは知っている。 父親のイングォンとヨンジュの父親のホシクは、絶対に私たちの仲を許すはずがない。 さらにヨンジュが問い返す。 「インソウルもパパたちも、今私たちが持っているすべてをあきらめるほど、私たちはそんなに愛するの?」現世の18歳の人生に重要な問いが投げかけられた。

 

出典:tvN

スタッフ /演出:キム・ギュテ、脚本:ノ・ヒギョン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

 

hg@さらんさん

●オムニバス形式で主人公は14人、毎回メインエピソードと同時に別のエピソードの主人公たちが周辺人物として登場し、物語を作っていく。

1話、2話、3話「ハンスとウニ」、

4話「ヨンオクとジョンジュン」、

5話「ヨンジュとヒョン」、

6話「ドンソクとソナ」、

7話と8話「イングォンとホシク」、

9話と10話「ドンソクとソナ」、

11話「ドンソクとソナ、そしてヨンオクとジョンジュン」、

12話と13話「ミランとウニ」

14話と15話「ヨンオクとジョンジュン、そして…」

第16話と17話「チュンヒとウンギ」

18話、19話、20話「オクドンとドンソク」

私たちのブルース 1話・2話 あらすじと感想「ハンスとウニ・1・2」
私たちのブルース 3話・4話 あらすじと感想「ハンスとウニ・3」「ヨンオクとジョンジュン・4」
私たちのブルース 5話・6話 あらすじと感想「ヨンジュとヒョン・5」「ドンソクとソナ・6」
私たちのブルース 7話・8話 あらすじと感想「イングォンとホシク・7・8」
私たちのブルース 9話・10話 あらすじと感想「ドンソクとソナ・9・10」
私たちのブルース 11話・12話 あらすじと感想「ドンソクとソナ、そしてヨンオクとジョンジュン・11」「ミランとウニ・12」
私たちのブルース 13話・14話 あらすじと感想「ミランとウニ・13」「ヨンオクとジョンジュン、そして…14」
私たちのブルース 15話・16話 あらすじと感想「ヨンオクとジョンジュン、そして…15」「チュンヒとウンギ・16」
私たちのブルース 17話・18話 あらすじと感想「チュンヒとウンギ・17」「オクドンとドンソク・18」
私たちのブルース 19話・20話(最終回) あらすじと感想「オクドンとドンソク・19・20」

作品感想






【放送情報】


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP