私たちが出会った奇跡 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

韓国放送 2018年 4月2日 〜(月・火)22:00~23:10 70分放送
私たちが出会った奇跡  우리가 만난 기적 全20話 KBS2

第9話視聴率11.9%

amijkさんより

第9話あらすじ

夫ではないのかと迫るヨナの言葉を否定したヒョンチョル。まだ、解決しなくてはならないことがあると考えていました。傷ついたヨナはアトが運転するタクシーの中で嗚咽します。

一方、クムニョがヨナと一緒にいるところに居合わせたヘジンは、驚きと不安を隠せません。

1ヶ月で支店の実績を1位にしなければならないヒョンチョルCは部下を集め、協力を求めます。突然、ヒョンチョルに対して高圧的な態度を見せ始めたヒョジュ。「僕たちは親しい仲ではなかったのか」というヒョンチョルの言葉に、行員たちの間に微妙な空気が流れます。

実績を上げるため、Bだったときに懇意にしていた男性に会い、酒を飲んでいたヒョンチョルは突然倒れて病院に運ばれます。男性がヒョンチョルの携帯に「妻」と登録されていた番号に連絡を入れると、出たのはヨナでした。
倒れた原因はキウイアレルギーのためで、ヘジンとドングに付き添われて病院をあとにするヒョンチョル。そこへヨナが駆けつけます。声をかけるヘジンに、ヨナはとっさに友人の見舞いだと言い繕いますが、ヨナと夫の様子にますますヘジンの不安は大きくなります。

支店長室で、ふと手帳に関する記憶が戻ったヒョンチョル。デスクの鍵のかかった引き出しを無理矢理こじ開けます。

第9話感想

ヨナに対して夫ではないと否定した理由が気になっていたのですが、今の状態のまま解決すべきことがあったからなんですね。不正融資の件ですよね。でもヨナの落胆は大きくて、タクシーの中でアトがかける曲がことごとく悲しい歌で、最後は泣き出してしまいました。

ヘジンはヘジンで、夫に対する気持ちは軟化してきているのに、愛人と思われるヨナがしきりに現れるので落ち着きません。このままではヨナもヘジンも辛い状況が続いてしまいそうです。ドラマは9話とまだ半ばですが、この三角関係(?)の結末が早くも気になっています。

ヘジンとクムニョ、ヒョンチョルはお互いに対してはっきり言いたいことが言えない分、ドングを通して確認しようとします。ヨナに続いてドングは、ヒョンチョルに起きた事態に気づきかけた様子です。Aの友達でありBとも仲良くなったドングが理解してくれたら、ヒョンチョルはだいぶ楽になれるのではないでしょうか。このドング役のチェ・ビョンモ、「付岩洞復讐者たち」でのイ・ヨウォンの夫役が印象に残っています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率11.9%

amijkさんより

第10話あらすじ

引き出しにしまわれていた手帳には、故事成語がいくつも書かれていました。後日、頭取との会話の中に同じ言葉が出てきます。

ジスは階段から落ちそうになったときの出来事を再現しようとします。そこへ「私たちが出会った奇跡」のサイトを見たガンホたちがやって来ます。ジスとガンホたちは「奇跡を信じる」と口をそろえます。

パーカーの男のモンタージュ写真を作成しているパク刑事。ヒョンチョルBが亡くなった次の日に、融資をうけたお金を返済していることがわかります。パク刑事はヒョンチョルAがBと友達だったという話は嘘で、Bの死に関わっているとの疑いを持ちます。パク刑事は夜道で男に襲われ、脇腹を刺されてしまいます。

ヒョンチョルが自分の親友だったヒョンチョルではなく、別の人間ではないかと疑い始めたドングは、ヒョンチョルに確認します。ヒョンチョルの死を知って悲しみに沈むドング。

ヒョンチョルが銀行で苦しい状況にあると知ったヘジンは胸を痛め、自分にできることがあれば助けたいと申し出ます。ヘジンとヒョンチョルの間には温かい空気が流れるようになっていました。ヒョンチョルはヘジンの助言を受けてクム代表を訪ねます。

ジスの誕生日、ガンホは奇跡が起きた場所に案内し皆で祝います。夜空に「Happy Birthday」の文字が浮かび、パパからのメッセージだとジスは喜びます。

出勤しようとしたヒョンチョルは、突然ヘジンに事故前に使っていた携帯を持ってきて欲しいと頼みます。そのときパク刑事が現れ、ヒョンチョルを緊急逮捕します。

第10話感想

手帳に書かれていることは、頭取に関係することのようです。「REC」とは何なのかヒョンチョルが考え込んでいましたが、何か録音したという意味なのでしょうか。不正融資に関わっているのは頭取とヒョジュだけではなく、もう一人、パーカーの男を含めて三人だった様子です。

襲撃されたパク刑事ですが、刺し傷が消えていたのはアトとマオの仕業でしょうか。ガンホやジス、クムニョとBの父らに加え「奇跡」がたくさん起きています。

ヒョンチョルとヘジンがいい雰囲気になっていて、子どもたちにも温かい父親として接しているヒョンチョルはAの家族と新しい家庭を築きつつあります。本当の夫、実の父親であるAが亡くなったことでむしろヘジンや子どもたちが幸せになるというのも、皮肉な話だなぁと思います。反対に夫は実は生きているのに、Bを失った状態で生きて行かざるを得なくなったヨナを見ていると不憫になってしまいます。

一つ気になったのは、ヒョンチョルはBとしての記憶を失っている部分もあるのかなということです。ジスの誕生日を忘れるわけはないと思うのですが、特に何のお祝いもしていませんでした。
逮捕されてしまったヒョンチョルはこれから、どうなってしまうのでしょうか。

私たちが出会った奇跡 11話・12話 あらすじと感想

私たちが出会った奇跡 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー