私たちが出会った奇跡 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

韓国放送 2018年 4月2日 〜(月・火)22:00~23:10 70分放送
私たちが出会った奇跡  우리가 만난 기적 全20話 KBS2

第13話視聴率10.8%

amijkさんより

第13話あらすじ

ヒョンチョルが携帯にヨナを妻と登録し連絡を取り合っていることを知ってショックを受けるヘジン。ヒョンチョルが夫でないことに気づきながらも、夫だとしか思えない言動もあり混乱します。

パク刑事に取り調べを受け、しらを切り続けるヒョジュ。情報提供した人物がヒョンチョルだと知り驚きます。

オソンへの不正融資は、ヒョンチョルが許可できる額をはるかに上回っていて、おかしいと頭取に指摘する人事部長。頭取は人事部長が味方だと解釈します。

ヒョンチョルは運転中、AとB、両方の事故のときの記憶が甦ります。「どこまであの人になってしまうのだろうか」と苦悩するヒョンチョル。

ヨナはヒョンチョルが息子だと知りながらそのままにしておこうとするモドンに対し、やるせない気持ちになります。夫を取り戻すと決意するヨナ。

夫を取り戻したいヨナと、つなぎとめておきたいヘジンは、スーパーで鉢合わせ。ソンムや同僚らも交えて食事をしますが一触即発の雰囲気に、ヒョンチョルは席を立ちます。

ヒョンチョルを夕食に誘う二人の妻たち。ヒョンチョルが父親だと気づいたジス。ジスと食事をしたヒョンチョルはAの家に帰ります。「あなたの夫の記憶と一緒にいる」と告白し、自分の家族、妻のもとに帰ると告げます。ヘジンは「行かないで」と去っていくヒョンチョルの背中にすがりつきます。

第13話感想

ヨナとヘジンがヒョンチョルを巡って火花を散らしていました。どちらもヒョンチョルと昼食を食べようとして、ソンムの機転で皆で食べることになりましたが、場の雰囲気はピリピリしていました。ヘジンの同僚とヨナの先輩が視線でやり取りしていた会話が面白かったです。

ヒョンチョルは二人の妻の様子に、これ以上Aとして暮らすのは無理だと判断したのでしょうか。不正融資の件も、ある程度目処が立ったということもあるんでしょうね。ただ融資の件も、もうひと波乱ありそうな感じがします。人事部長は頭取ではなく実はヒョンチョルの味方のようにも感じましたが、どうなんでしょう。

最後、ヘジンがヒョンチョルの背中に抱きついたのは少し意外な行動でした。いつも冷静で感情を抑えているヘジン、夫ではないヒョンチョルを好きになったと自覚しているのかもしれないと思いました。

ストーリーとは別に、気になったのがジスの化粧です。中学生にしては、メークが濃すぎる気がするのですが…。あんな化粧で登校して親も先生も何も言わないのかな?

次回、ヒョンチョルはヨナのもとに帰るものの、ヘジンや子供たちとの関わりは続くようです。予告がとても興味をそそられるものだったので楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率10.9%

amijkさんより

第14話あらすじ

ヒョンチョルはもとの家に戻ってきたものの、ヨナは別人のように感じてしまいます。

人事部長がヒョンチョルを訪ねてきて、懲戒委員会にかけられることを知らせます。いっそ辞表を出せと言う人事部長。ヒョンチョルに借りがあると言います。

ヘジンはヨナを呼び出し、銀行で窮地に置かれたヒョンチョルに、別の家庭まであることがわかればさらに立場が悪くなる、ヒョンチョルを手放してくれと言います。一体どこまでが自分の夫なのかとそれぞれ言い合う二人。

懲戒委員会に証人として現れたパク課長は、ヒョンチョルの不正融資を証言します。ヒョンチョルは頭取を証人にすることを要求します。パク課長の妻が入院中であることを知ったヒョンチョルは、黙ってパク課長の手をとります。

森の中で何かを燃やす人物。人事部長でした。

一時は真相を明らかにすることを断念したユク副支店長は、ヒョンチョルにヒョジュが頭取と連絡を取り合いながらヒョンチョルのパソコンを操作したことを告げます。

懲戒委員会でオソンへの融資はヒョンチョルが承認したものだと言い張る頭取。ヒョンチョルは、頭取とのやり取りを録音した音声を公開します。

ヨナの家に帰宅したヒョンチョルですが、お互いに気まずい雰囲気が流れます。夜中、具合の悪いヘジンを心配したミホからの電話を受け、出かけていくヒョンチョル。引き留めるヨナの手を振り払ってヘジンのもとへ急ぎます。

第14話感想

ビックリ、ヒョンチョルの同期の人事部長がヒョジュの共犯だったんですね。もっと意外な人物かと思いました。

今回からヒョンチョルの様子が一変しました。Bの柔らかさはどこへやら、鋭い視線と堂々とした話し方でAの分量が多くなった印象です。Bの家に戻りましたが、「体だけ帰ってきたの?」とヨナは戸惑っていました。

ヒョンチョルに去られてしまったヘジンは悲しみにくれた末、ヨナと直接対決。ヘジンとヨナの対面シーンは見ごたえがありました。「あなたの夫」「私の夫」が入り混ざっていて、確かにどこからどこまでがAでBなのか微妙だな~と二人のやり取りを見ていて頷いてしまいました。

不正融資の件は、嘘の証言をしたパク課長も結局は改心。ユク副支店長も真実を話してくれました。それに頭取との会話の音声ファイルが決定的な決め手になりました。さすがヒョンチョルA、抜かりがないですね。

ヒョンチョルの中でAが占める割合が多くなったかに見えた14話ですが、今後はどうなっていくのでしょう。時にはB、時にはAというのではヒョンチョル自身も、家族も困ると思うのですが。一人のヒョンチョルを二つの家族が共有するというわけにもいかないですよね。ヒョンチョルのこれからに目が離せなくなってきました。

 

私たちが出会った奇跡 15話・16話 あらすじと感想

私たちが出会った奇跡 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー