私たちが出会った奇跡 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

韓国放送 2018年 4月2日 〜(月・火)22:00~23:10 70分放送
私たちが出会った奇跡  우리가 만난 기적 全18話 KBS2

第11話視聴率11.4%

amijkさんより

第11話あらすじ

チャン・ギチョル殺人容疑で逮捕されたヒョンチョル。直前には以前、頭取にかけた電話の内容の記憶が蘇っていました。

取り調べでパク刑事から、チャン・ギチョルはヒョンチョルBの車に細工をした犯人で、その人物が殺された現場にヒョンチョルのネクタイピンが落ちていたと聞かされたヒョンチョル。自分ならそんなミスはしないと反論し、これまで自分が調査した内容を話します。

取り調べの結果、ヒョンチョルは釈放されますが警察にはヨナが駆け付け、取り乱した様子でパク刑事に猛烈に抗議します。それを見たヘジンは「ジスのお母様がなぜ?」と詰め寄ります。

誰かに電話で抗議するヒョジュ。ヒョンチョルがやって来てオ・スンジュンという行員についての話を交わします。

検察が調査に入ったオソングループへの融資について、ヒョンチョルが許可したと言う頭取に、否定するヒョンチョル。頭取は証拠はないだろうと腹を立てます。

ヘジンは夫の妹サランから、ヨナがクムニョに「あなたの息子の代わりに夫が死んだ」と言ったという話を聞きます。

どちらのヒョンチョルの問題から解決するべきなのか悩むヒョンチョル。教会で「私には家族がいるのに、別の家族ができてしまった」と懺悔するヒョンチョルに、神父は「それでも元の場所に帰らなくては」と諭します。別の男の妻を愛してしまったのかという質問に「もしそうだとしたら、許されるでしょうか」と答えるヒョンチョル。

ヨナはヒョンチョルAが夫だと確信し、Bの父モドンにも説明します。ヒョンチョルを食事に誘ったモドンも、Aが息子であることを悟ります。

ヨナとの関係を聞くヘジンに、ヒョンチョルは離婚届を渡します。ヘジンに呼び出されたヨナは「私の夫を返して」と言います。

第11話感想

展開がゆっくりなこのドラマですが、少しずつ色んなことが進行してきました。逮捕されたヒョンチョルはすぐに釈放されて良かったです。

真相を知ったドングは、クムニョやサランを避けるようになりました。結局クムニョに打ち明けるのですが、クムニョは笑い飛ばして本気にしませんでした。でもいつかは受け止めなくてはいけない日が来ますよね…。

ヒョンチョルの苦悩も日増しに大きくなりました。そしてやはり!ヘジンを愛し始めていたんですね。ヒョンチョルに起きたことを知っていた神父、しきりに元の場所に帰れと言ってましたがアトが言わせていたんですね。

今回は特別出演としてキム・スロのほかにキム・ミンジョンも登場しました。死んだのに生き返ったとしてヒョンチョルのことを紹介する番組の司会者役でした。クムニョのように変な踊りを踊らされていましたが、マオの指摘の通りちょっとワンパターン!もうひとひねり欲しいと思いました。

ヘジンはヨナから夫を返してくれと迫られ、ついに夫の中身は別のソン・ヒョンチョルだということを知るときが来たようです。真相を知ったらヘジンはどんな反応を見せるのでしょうか?ヒョンチョルとは離婚するのかも気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話視聴率11.9%

amijkさんより

第12話あらすじ

ヒョンチョルを自分の夫だと主張するヨナに対し、「私と初めて会った日の記憶も取り戻した」とヘジンも一歩も引きません。

休職中のヒョジュを訪ねてきた顧客の金庫にあったUSBから、不正の証拠を見つけたヒョンチョル。

モドンが肺炎で入院し、ヒョンチョルは病院に駆け付けます。ヨナの夫のヒョンチョルであることを認めますが、問題を全て解決してから戻ると話します。ヘジンやガンホのことも思いやるヒョンチョルに納得のいかないヨナ。ヒョンチョルは、自分の中にもう一人のヒョンチョルの記憶も一緒に存在しているのだと説明します。一方、モドンはヒョンチョルが今のまま、恵まれた暮らしを続けることを望みます。

頭取はパク課長を呼び出して金塊を渡し、腎不全の妻に移植を受けさせるように言います。実績の良かった頃にもらえていたインセンティブが減り、困ったパク課長はヒョンチョルを告発していたのでした。

ヒョンチョルからUSBを受け取ったパク刑事はヒョジュの行方を追います。ヒョンチョルの言葉通りヒョジュは船で海外逃亡を図ろうとしていました。出港直前、パク刑事はヒョジュを発見します。

私たちは変われるのではないかと言うヘジンにヒョンチョルは「あの人も、あなたが先に声をかけてくれるのを待っていたのかもしれない」と答えます。「あの人」とは、事故の前のヒョンチョルのことだと言うヒョンチョル。

ヒョンチョルの携帯に「妻」という表示で着信があり、かけ直してみたヘジンは相手がヨナであると知り、呆然とします。

第12話感想

ヨナからヒョンチョルが生き返って別のヒョンチョルの魂が入ったと聞いても、ヘジンは信じませんでした。確かに、Aの記憶もBに混じるようになりましたからね。

Bの父モドンが、ヒョンチョルに戻ってくるなと言ったのには驚きました。確かにBだったときより暮らしぶりはいいですが、嫁も孫もBがいなくて悲しんでいるのになぁ…。親の気持ちとはそういうものなのでしょうか。

ドングは、親友だったヒョンチョルが死んで悲しんだけれど、目の前にはヒョンチョルがいるから親友のヒョンチョルなんだ!と思うことにしたようです。ここまでくると、人とは肉体なのか、魂や人格なのか?と考えてしまいますね。

ここまで見てきて、毎回すごいなと思ったのはキム・ミョンミンの演技です。Bとして出てきたコ・チャンソクに見えてしまうんですよね。コ・チャンソクはほんの1、2話しか登場していないのに、ずーっと彼を見ている気がします。柔らかい表情と仕草を見せるキム・ミョンミンが新鮮に感じます。

ヒョンチョルがどちらの家庭を選択するのかが気になっていましたが、AでもありBでもあるヒョンチョルはいったい誰だと認識すればいいのか、そのあたりも気になってきました。

 

私たちが出会った奇跡 13話・14話 あらすじと感想

私たちが出会った奇跡 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー