私たち、恋してたのかな? 5話・6話 あらすじと感想


私たち、恋してたのかな? 私たち、愛したでしょうか 우리, 사랑했을까 2020年放送 JTBC 全16話 【韓国放送期間】2020年7月8日~8月27日

第5話視聴率2.008%

hg@さらんさん

第5話あらすじ

特別講師の件で窮地に立たされたエジョンのため、ジンを呼び寄せるハニ。俳優リュ・ジンの登場で保護者達はもちろん、生徒たちも色めき立つ。

エジョンがシングルマザーだと知ったデオは、学校まで押しかけエジョンの過去を問い詰める。エジョンは夫は死んだと告げ、二度と夫の話をするなと言って教室へ戻る。

特別授業でジンは初恋の人の話をし、その人のおかげで俳優に慣れたと語る。授業後サインをしている最中にマネージャーがやって来て、教室は大混乱。ハニと話せないままその場を去ることに。

車の前に現れたエジョンの姿に思わず車を降りるジン。エジョンからなぜ学校に来たのか問われるが、後ろでハニが×印を作るので言えない。唐突にエジョンの映画に出ると言ってしまう。

エジョンは映画製作の条件が揃ったとヘジンに祝杯をあげようと誘う。ヘジンはパーティだと勘違いして3人の男性たちを呼び寄せ、ぎこちなく紹介をし合う男性たち。酔ったヘジンはエジョンの苦労について熱弁をふるう。

酔ったエジョンを男性3人がかりで送って行く。パドはエジョンの家から出てきたヨヌを見て驚く。息子ドンチャンの担任だからだ。ヨヌがエジョンを抱きかかえて家に入るのを見送る3人。

ジェームス監督と交渉成功したソン代表に、ハリウッドを蹴ってエジョンの映画に出ると宣言するジン。怒ったソン代表はジンの相手役リストの中からキャスティングできなければ、ハリウッドへの違約金を払ってもらうとエジョンに告げる。

ジンに送られたハニのメールを見て慌てたマネージャーは、ハニに父親を探すなと電話する。ジンはメールを見て、あの雨の日の出来事を思い出す。

再び難題を突き付けられたエジョン。男性たちも解決策を見い出せない中、リストの女優たちはスケジュールが合わず、交渉できる女優はチュ・アリンだけ。

デオは偶然依頼を受けた筆写リレーチャレンジで、アリンを指名し映画出演を依頼する。アリンは二つ返事で了解する。デオはまずはエジョンを驚かせようと電話をかけるが、エジョンはヨヌと映画を見に行き電話を切っていて…。

第5話感想

デオって本当に不器用なんだなと感じました。エジョンを誤解させてばかりです。でもそんな中で、雨が降る中、デオの差し出した傘を断ってバスに乗ったエジョンは、恋人時代のデオとのエピソードを思い出しました。めちゃ可愛いカップルだったのに、なぜ離れてしまったのでしょう?

チュ・アリンはきれいで性格も優しいという触れ込みですが、性格の面はどうも演出色が濃いようです。そして、もしかしたらデオとは学生時代の同級生なのかもしれません。高校の卒業アルバムの写真とは似ても似つかなくて、名前も年齢も性格もすべて詐称(笑)

ジンはハニに会うために学校にやって来たのですが、ハニのお願いで特別授業の講師をした後、話をすることができませんでした。それから、ハニはジンと連絡が取れずに、昔のケータイメールでエジョンが送った「話があります」の写真にマネージャーが反応してしまって、ハニは追い詰められた気持ちになっています。何かやらかしそうで心配です。




第6話視聴率1.777%

hg@さらんさん

第6話あらすじ

ヨヌからの突然の告白にドギマギするエジョン。いいムードの2人の姿を見て帰ろうとしたデオだったが、思わず車をバックさせ2人に泥水を浴びせかける。ヨヌは長い間エジョンに渡せずにいた手紙を詩集と共に手渡す。エジョンはヨヌに対して気まずい思いを抱く。

ハニはヨヌの留守の部屋に入って、エジョンと同じ育児日記を見つける。そして、それが学生時代の課題で偽物だと知って落ち込む。日記を捨てに行ったゴミ捨て場で捨て犬を見つけたハニは、哀れな子犬を拾いスッキに無理やり預ける。

チュ・アリン獲得の件でデオに会いに行ったエジョンは、泥水をかけたのがデオだと気づく。自分のプライベートに過干渉なデオにルールを課すことに。そんな中、デオは過去の自分の日記を見て、エジョンとの出会いを思い出す。

デオに会えることに胸膨らませていたアリンだったが、過去にデオの彼女だったエジョンがその横にいることに不機嫌になる。アリンは出演要請を受け入れるが、作品のヒロイン=エジョン部分のシナリオの書換えを求める。

エジョンはドンチャンを家まで送って行き、ドンチャンに母親がいないと知る。それと同時にパドがドンチャンの父親だと知り、急に親近感を感じるエジョンとは逆にパドは過去の記憶に沈む。

ジンはハニにこっそり会いに行くが、人目を気にして立ち去る。記者会見の席にハニが現れてジンを父と呼び、デオやエジョンも加わってマスコミに追及される悪夢を見る。

アリンとジンはお互い共演NGの仲。ジンの出演を知ってアリンは困惑する。しかし、ジンよりエジョンが邪魔なアリンはパーティの席でデオにPDを変えてほしいと提案し、そっぽを向かれる。がっかりしたアリンは挨拶に来たエジョンの手を振り払い、転倒させてしまう。

デオは服が汚れてしまったエジョンを引き起こし、アリンを置いてその場を離れる。アリンを気にするエジョンに、デオはエジョンに無関心ではいられない、ルールなんかくそくらえ。なぜなら、今も君が好きだから…と。

第6話感想

エジョン役のソン・ジヒョは今年39歳。去る8月15日の誕生日にはコロナのために、センイルパーティこそできませんでしたが、ファンのたくさんのプレゼントに囲まれ、感謝している写真をSNSに上げています。

ソン・ジヒョの代表作は「宮~Love in Palace』(06/MBC)チュ・ジフン扮するシン君の恋人役のバレリーナを演じました。当時夢中になって見た思い出があります。『朱蒙』(06/MBC)、『階伯』(11/MBC)、『天命:朝鮮版逃亡者の物語』(13/KBS2TV)、『応急男女』(14/tvN)、『今週、妻が浮気します』(16/JTBC)など、名だたるドラマに出演しました。映画では今年5月『侵入者』という作品が公開されています。

バラエティ番組「ランニングマン」には2010年から唯一の女性レギュラーとして出演、最強能力者決定戦では、他人の能力を知る「千里眼」、名札をはがした相手がアウトになる「反射」の能力を持っているらしいです。また、韓国女優の中で、「整形していない美貌ランキング」1位になったこともあるそう。

私たち、恋してたのかな? 7話・8話 あらすじと感想

私たち、恋してたのかな? キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿