私がいちばん綺麗だった時 15話・16話(最終回) あらすじと感想


私がいちばんキレイだった時 내가 가장 예뻤을 때 2020年放送 MBC水木 全32回(16話) 【韓国放送期間】2020年8月19日~10月15日

第15話視聴率3.1% 4.1%

neroさん

第15話あらすじ

イェジのアトリエにやってきたヨンジャ。「2つの選択肢がある」と切り出すと、ジンと別れて兄弟の仲を修復させるか、ジンとヨリを戻しファンを送り出すか、とヨンジャは言います。そして、「どんなことがあってもファンはダメだ」とヨンジャ。そんなヨンジャに、イェジも分かっていると答えます。

ヨンジャが去ってしばらくすると、今度はファンがアトリエへ。ファンはイェジを迎えに来たと話すと、車に乗せ自宅へと向かいます。車の中で、イェジを食事に誘うファン。

イェジの携帯に、キャリーから連絡が。「無視すれ」というファンでしたが、イェジはキャリーに指定された病室へ。どうやらキャリーは、スポンサーだった会長に手を切られ、窮地に立たされていました。イェジが病院を出ると、そこには心配で駆け付けたファンの姿。

ファンとイェジが帰宅すると、ワインを手にしたジンがリビングで待っていました。2人に「一杯どうだ?」と誘うジン。席についたファンに、ジンはイェジのどこに惹かれたのかと質問。居心地が悪そうに席を立とうとするイェジを引き留めるように、ファンはイェジとの思い出を振り返ります。「僕に感謝してくれた人は初めてだった」とファン。ファンの言葉に、イェジのなかでもファンとの思い出が広がります。

すると、「初恋の人を奪ってしまってすまない」とジン。これにイェジは自分の選択だったと答え…。「私が愛したのはソ・ジンよ」

翌日、理事会の場に姿を現したジンは下半身が不自由な事を否定され、それを打ち消すようにその場に立ち上がります。実は以前も、韓国では処方を禁止されているステロイド薬を服用し、イェジの前に現れたジン。ジンの姿を見た理事たちは、驚きの声を上げます。そこへ持ち株をジンに譲ると、キャリーが登場!これにより、代表の座を奪われそうになったジンが、再び経営権を死守することに。

一方、ドレスアップしたイェジは、ファンとの食事の場へ。どこかぎこちない様子のイェジに、「済州島以来ですね、2人で食事をするのは」とファン。そんなファンに、イェジはこれまでの感謝と、もう家族ではなくなることの寂しさを明かします。すると、ファンは「最後にもう一度だけ聞かせて下さい、俺じゃダメですか?」と言い…。その瞬間、イェジの心にはファンへの想いが溢れ出します。

食事を終え帰宅したイェジに、「ファンを愛しているのか?」と尋ねるジン。ジンの問いかけに、イェジは「愛している」と答えます。そして、「愛は男女だけがするもの?ファンはいつも私の幸せを願ってくれた。私はそんなファンを愛してる」とイェジ。そんな2人の会話を、そっと柱の向こうで聞いていたファン…。

第15話感想

禁断の愛に悩むファンが切ない。。どう考えてもイェジの逃避行は想像できず、やはりファンは叶わぬ恋に終わるのでは、という気がしてきました。

これだけ一緒にいながら、初めての2人きりの食事に出かけたファンとイェジ。スーツ姿のファンが、とてもステキで余計に辛くなりました。イェジもどこか、ジンと一緒にいた時よりもときめいていたような?

イェジらを奈落の底に突き落としたキャリーでしたが、ここに来て急に態度を変え、改心したようで驚きました。ジンと会社の為にはなったけれど、やっぱり納得いかない。どれだけの人々の人生を台無しにしたか。罪を償い、しっかりと反省してもらいたいですね。

イェジは結局、ジンと別れ家族との決別を選んだようです。15話の最後のシーンでは、荷物をまとめるイェジの姿が。最後の最後まで、イェジとファンの仲を疑うジンに、ただただイラつきました。ジンが行方不明になっても、決してファンにだけは頼らなかったイェジ。そんなイェジの気持ちも知らずに、勝手な事ばかり言うな!と。イェジが最後に、ジンに言った言葉が印象的でした。ジンが自分の哀れな姿を見せたくないと隠れていた時、ファンは傍で幸せを祈ってくれたと。イェジのなかで、どれだけファンが大きな存在だったかが伝わってきますね。

次回はいよいよ最終回、どんな展開になるか期待です。




第16話視聴率3.9% 5.0%

neroさん

第16話(最終回)あらすじ

「俺のこと愛していますか?」と尋ねるファン。そんなファンに、イェジは「何度聞いても答えは一緒よ」と冷たく突き返します。

その日、荷物をまとめたイェジは、ソンゴンとジンに別れの挨拶を交わします。「後悔している」と7年間姿を現さなかった事を悔やむジン。最後にイェジを強く抱きしめ、ジンは嗚咽をこらえてイェジを送り出します。ドアの向こうで声を出して泣くジンに、イェジの心も締め付けられ…。その後、ジョンイルに送られ、イェジはソウルへ。

一方、ヨンジャに呼び出されたゴウンは、イェジが離婚を決断した理由が、ジンの浮気ではないと聞かされハッとします。

イェジのアトリエを訪ね、ファンとの関係について尋ねるゴウン。イェジもまた、ファンに想いを寄せていると知ったゴウンは、「ファンについてアメリカへ行きなさい」と背中を押すのでした。

友人からの電話でイェジが家を出たと知ったファンは、イェジを訪ねます。飛行機のチケットを渡し、いつものベンチで待っていると告げるファン。

約束の場所で待つファンのもとへ、イェジが。イェジはファンを抱きしめると、「自分と同じ思いをさせられない」と言って、ファンの気持ちに応えることができないと話します。自分がファンを選べば、ファンは二度と家族に会えなくなると。それでもいいとイェジの手を取るファンでしたが、イェジの決意は揺るがず。イェジの前を去ったファンは、姿が見えなくなると、その場に泣き崩れます。

ゴウンの働く工場へ向かったイェジは、「お母さんと一緒に暮らしたい」と涙を流します。そんなイェジを優しく抱きしめるゴウン。

空港へ向かう途中、ファンの携帯に母ヨンジャから連絡が。それはジンが倒れたとの知らせでした!急いで病室へ向かったファンは、幸い意識を取り戻したジンと再会。「許してもらおうなんて思っていない。ただこれまで、お前に許しを請った事がなかったな」とジン。結局、ファンはアメリカ行きを辞め、韓国の留まることに。

1年後、展示会に足を運んだジンは、「私が一番キレイだった時」と書かれたイェジの作品を目にします。

建築家として活躍するファンは、バリでのホテル建設を任されることに。韓国を発つ少し前、ファンはイェジのアトリエへ向かいます。そこにイェジはおらず、代わりに店を引きついだイェジの友人に彼女の居場所を尋ねるファン。

その頃、海の見える街でゴウンと暮らすイェジのもとへ、友人から連絡が。「ファンが来た」と聞き、イェジはファンを探しに家を飛び出します。街中を走り回り、高台に佇むファンを見つけるイェジ。「元気そうで良かった」と席を立とうとするファンを引き留め、イェジは旅行をしようと誘います。

海を眺めながら、イェジに「幸せになれましたか?」と尋ねるファン。イェジは「楽になった」と答え、ファンの肩に寄りかかります。

その夜、イェジは「愛してる」とファンに言います。そして、「あなたを待っていてあげられなくてごめん」とイェジ。そんなイェジに、ファンは「俺の世界に来てくれてありがとう」と伝え…。

翌朝、ファンが目を覚ますと、そこにイェジの姿はありませんでした。

第16話(最終回)感想

結局、イェジが選んだのはそれぞれの人生を生きるという道でした。最終回では、イェジの想いがどんどん強くなり、このまま逃避行?なんて思いましたが、やはりイェジにはそれはできなかったようです。ファンと生きることを選べば、ファンは家族を捨てなければなくなるから…。最後までファンを想うイェジの気持ちに、胸が切なくなりました。

最近のドラマは恋人になるまでの展開が早く、スキンシップも多く感じられますが、このドラマでは一度もファンとイェジのスキンシップは描かれませんでした。最後まで教師と生徒、そして義理姉と義理弟という関係を守り、潔くも切ない結末に。こんなにプラトニックなドラマ、久々に見た気がします。その分、2人の愛が痛いほどに伝わり、非常に共感できる作品になっていたと思います。

2人の愛を応援しながらも、きっと無理だろうなという絶望感が辛かったです。

イェジが言っていた、「あなたを待っていてあげられなくてごめん」という言葉が、なんとも印象的。あの頃のイェジには、家も家族もありませんでした。そんなイェジに差し伸べられた、ジンとその家族の手。当時、既にイェジのなかにファンに対する気持ちがあったものの、「まだ学生だから」という理由で、イェジは兄のジンを選んでしまったのです。あの時、イェジがファンが大人になるまで待っていたら、別の未来が?

キャストの演技力も見事でした。次回作にも期待です。

私がいちばん綺麗だった時 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿