社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~ 1話・2話 あらすじと感想

社長をロック解除


2022年放送 全12話 사장님을_잠금해제 社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~

第1話視聴率1.096%

第1話あらすじ

ミレニアム問題を利用して金を儲けようとする人もいた、1999年。爪切りをしているインソンは、母から「爪をその辺に捨てたら、ネズミがお前の顔になって現れるよ。だから爪は必ずゴミ箱に捨てなさい」と言われるが、外にバラまいてしまう。インソンは「ネズミが代わりにお母さんの家事をして、僕の代わりに学校に行ってくれれば良いのに」と言うのだ。

ところ変わって、森の中を歩く少女。魔女からリンゴを手渡される。リンゴを食べて、倒れる少女。それはAIバロという仮想システムの試験だった。シルバーライニングの社長ソンジュは舞台に上がり、試験の成功をお祝いする。自分が物語の主人公になり、体験する仮想と現実が交差する技術、それがシルバーライニングだ。

一方、酒を飲んで着ぐるみのアルバイトをしているインソン。俳優を志望するインソンは、アルバイトの先輩から「そんな風だから、その年で芽が出ないじゃないか」と言われてしまう。

セヨンはソンジュの有能な秘書だ。ソンジュから次々と仕事の指示をされても、表情一つ変えない。AIバロが覚えていたスケジュール以上に、セヨンは言われたことを記憶していた。AIよりAIのようなセヨン。

インソンは、明日シルバーライニングの面接を受ける予定だ。インソンは、社長ソンジュの写真を飾るほどのファン。

ソンジュは娘ミナに絵本を読む暇がないほど忙しい。ソンジュは対外秘の書類を倉庫に入れるが、シム執事はそれを険しい表情で見ていて…。

面接会場で、インソンとセヨンはぶつかって、コーヒーがインソンのシャツにかかってしまう。インソンは怒ろうとしたが、セヨンの美しさに目を奪われる。セヨンは「悪いのはそっちだ」と言いながら、インソンをトイレに連れて行く。セヨンのシャツと交換してくれると言うのだ。「私は悪くないけど、就活生への憐みだ」と言って去るセヨン。

インソンは面接官から、「何も目に留まるところがない」と言われてしまう。インソンは「仕事をくれないのに経験は築けるはずがない」と言い返し、面接官と喧嘩になってしまう。

ソンジュはボミョングループ副会長と、パートナーになる話し合いをしていた。ソンジュは「シルバーライニングは最高の会社なのだから、ボミョンはラッキーだ」と言う。ボミョングループ副会長は、ソンジュを生意気だと思うのだった。

インソンは大家から「契約期間が切れたから、出て行ってくれ」と言われる。インソンは、大家の息子に「お前はいいな、親がソウルに住んでいて」と呟く。インソンの親は、田舎で果樹園をやっているのだ。インソンは、5000万ウォン払わないと、家を追い出されることに。良い会社は全部ソウルにあるのに、ソウルに住むのは難しい…。

セヨンは退勤後、すぐに病院に行く。親が長年にわたって入院していて、苦労している。病院前でセヨンを待っていた借金取りは、「この時間にも利子は増えている。臓器でも売れ。それか違うものでも売るか」とセヨンに言う。セヨンは「高く売れるの?」と聞き返す。しかし、クラブのママは、セヨンの面倒そうな性格を見抜き、ホステスとして働くのを断ってしまう。

インソンは両親へのお土産に、AIスピーカー・バロを買って帰る。最初は馬鹿にしていた父も、大好きな歌手の歌が流れると喜ぶのだった。

セヨンはソンジュに「ゴルフ場への出張から、ソウルに直帰して良いか?」と聞く。ソンジュは、「良いが、その代わり特別手当はない」と言い放ち、セヨンは心の中で怒るのだった。

ミナはキャンプ場で、父ソンジュを待っていた。ソンジュは運転中にミナと電話していたが、電話が途切れ途切れになり、切れてしまう…。

インソンは、両親の果樹園が台風の被害でお金が必要だと聞かされる。インソンの家賃の保証金を当てにしている両親。インソンは、自分の努力を認めてくれない両親に失望するが、母は「お父さんにも夢があった」と言う。父は、インソンが失敗して立ち上がれなくなるのを恐れているらしい。

野原に落ちているスマートファン。そこから、ソンジュの声が出てくる。「私はスマートフォンになってしまったが、充電が残り15%で切れるから助けてくれ」と叫ぶソンジュ。「謝礼はします」と叫ぶ。

インソンは叶わない幸せな夢を見て、涙を流して目を覚ます。社長になる夢だった。

インソンは森の中を歩いていた。そこで子どもの頃、「お父さんお母さんが働かなくて良いようにしてあげる」と約束していたことを思い出す。インソンは、蛇に触って気を失いそうになるが、今まで馬鹿にしてきた人たちを思い出し、気合を入れる。AIバロを呼び出すインソン。すると、近くに落ちているスマートフォンが反応する。スマートフォンの中から「残りバッテリー3%だ!」と叫ぶソンジュ。インソンは「警察を呼べ」と言うが、ソンジュは「契約の問題があるから、警察は呼ぶな」と言うのだった。

気を失って病院に搬送されたインソン。看護師からスマートフォンを差し出される。インソンがスマートフォンを充電すると、またソンジュが喋り出す。インソンはソンジュ本人だとは信じられない。ソンジュは「前払いとして1億ウォンをあげるから、口座番号を教えろ」と言う。「協力してくれたら、10億、全部上げよう」と交渉するソンジュ。インソンは、「じゃあシルバーライニングに入社させてくれ」と無茶を言ってみる。ソンジュは、「シルバーライニングの社長になれ」と答えるのだった。そこに、シルバーライニングの人事チームから電話が来て…。

第1話感想

ウェブトゥーンが原作だからか、若者に共感されやすい内容になっているようです。ソウル出身じゃないから家賃の支払いに苦労していて、経歴も積めなかったから就職もできない。インソンの言う通り、インターンでもやらせてくれないと、経歴は積めませんよね。不公平な社会だなと思います。最近、韓国ドラマは『ゴールデンスプーン』のような、生まれによる不公平さを語っているドラマが多いです。このドラマでは、この問題をどんな風に扱っていくのか、楽しみです。

主人公インソンは、「出来は悪くても、人格が一番大事」という意味の名前。とはいえ、人格が良くても、就職できなかったら困ってしまいますよね。インソンは、もうすぐ30歳。インソンの焦りがとても伝わってきました。

インソンと親しいお兄さん役のユン・ビョンヒさん。名脇役で、いい味を出す役者さんなので、大好きです。顔が情けなくて、存在感があります。インソンのお父さん役のアン・ネサンさんは、同時進行で『カーテンコール』にも出演中です。売れっ子ですね。韓国ドラマのお父さんといえば、この人です。一方、見るからに悪人顔のシム執事役、チェ・ジノさんは『浪漫ドクター キム・サブ』などにも出演されています。何か企んでいそうな部下です…。

ソンジュがどうしてスマートフォンの中に入ってしまったのか不思議ですが、誰かの陰謀だとしたら、ソンジュを恨んでいる人が多そうなので、謎は深いです。シム執事も怪しいですが、ボミョングループ副会長や、秘書セヨンもソンジュを良く思っていなさそうです。

セヨンは親の看病で苦労していて、心が死んでしまっていて可哀相です。セヨンも生まれで苦労していますね。

誰もソンジュを信じず助けなかったのに、インソンはやけくその精神でソンジュを助けます。ソンジュにとっては不安な救世主ですが、お互いが成功すると良いですね。物語の設定は面白いですが、シリアスな要素もあるので、これからの展開が楽しみです!

第2話視聴率0.858%

第2話あらすじ

食堂で、「一部の職業はAIに取り替わられる」というニュースが流れる。本物の人間ではなく、AIのニュースアンカーが進行する番組だった。AIのおかげで休んでいたアンカーは、ソンジュの席に相席する。ソンジュはアンカーに、「AIより競争力があることを証明しないと、職を失うことになる」と警告するが、アンカーから「あなたは敵を多くつくるタイプですね」と言われてしまう。

一方、インソンはスマートフォンの中にいるソンジュに「どうやって喋っているのか」と質問するが、ソンジュはカメラで見て、スピーカーで話していると説明する。インソンは、ソンジュが送ったお金が実際に使えることを確認して慌てるのだった。

インソンは、「社長役を演じるのだと思ってやろう!」と決める。インソンがシルバーライニングに就職したと聞いて、喜ぶ両親。インソンは5000万ウォンを両親に送金する。「大企業には社宅があるから、家賃の前払い金を返してもらった」と説明するのだった。

ソンジュはお腹が空くこともないし、寝る暇もないと言う。スマートフォンの中に入った時に乗っていた車は、廃車された。痕跡は残っていない。ゴルフ場からの帰り道、なぜ車から降りて、山道を登ったのか記憶にないと言う。インソンはスマートフォンを撫でて、ソンジュを慰めるのだった。

シム執事はソンジュの幼馴染らしい。家政婦は「社長は休暇を取るような人じゃなかったのに」と言うが、執事は名言を避けるのだった。

インソンはなぜ自分が社長に選ばれたのか不思議に思うが、ソンジュは「最終面接で落ちたインソンは、コネがないのが証明されたからだ」と言う。

ソンジュはインソンに、怪しい人物としてボミョングループの2人の説明をする。ボミョングループの専務オ・ミラン。前会長が亡くなってから、会長の役割をしている。しかし叔父のオ・ヨングン副会長は、副会長の身分に満足しないはずだと言う。ボミョングループの後継者争いに関わっていたソンジュは、狙われていた可能性があるらしい。

インソンの出勤初日。役員たちがインソンを玄関まで迎えに来る。インソンは役者モードに入り、「勤務時間に無駄なことはするな」と指示する。インソンはセヨンに気付くが、セヨンは「なぜ就活生が一晩で社長になったのか、説明しなくて良い」と告げる。最終面接で喧嘩になった面接官クァク常務も態度を変えて、おべっかを言う。クァク常務は「社長が替われば、秘書を替わるのが定例だが、どうするか?」と聞く。インソンはソンジュに相談するが、ソンジュは「セヨンから正体に気付かれる可能性があるが、秘密を知っている可能性もある」と言う。セヨンは頼りになる秘書だが、一番の敵になるかも知れない人物だと…。

ソンジュは「健康の問題で休む」と発表を出す。ボミョングループの副会長は「ふざけるな。誰の許可を得て!」と怒るが、オ・ミラン専務は「私が決めることです」と牽制するのだった。

セヨンはクァク常務の指示で、後任の秘書リストを持ってくる。インソンは酷いことをさせたクァク常務に怒るが、ソンジュは「目立つ行動は契約違反だ」と止めようとする。しかしインソンは、「アバターになるために契約をしたのではない」と言い返し、クァク常務に「酷いことをするな」と怒るのだった。

その時、セヨンに会いに来た借金取りが社内に侵入し、社員を殴っていた。セヨンは借金取りに借金全額を返す。しかし借金取りは「まだ5000万ウォン残っている」と伝えるのだった。

インソンは「セヨンは良い人だから秘書を続けてもらう」とソンジュに言う。ソンジュは「セヨンを採用し続ける理由を論理的に説明しろ」と怒る。しかしインソンは「人間は論理では説明できない」と言い返すのだった。クァク常務は「インソンは感情的な若造だ」と、ボミョングループの副会長に告げ口していた。

インソンは、ソンジュの指示で娘ミナを見に行く。その時、一度家の中に入ったシム執事が車で外出する姿を目撃する。ソンジュは「シム執事の車を追え」と叫ぶ。シム執事はセヨンに会っていた。ソンジュは慌ててインソンに「早く家に帰れ」と指示する。さらに、ソンジュの家に忍び込むように言うのだった。 インソンはソンジュから暗証番号を聞き金庫を開けるが、中には何もない。

インソンは家から脱出しようとするが、物を落としてしまう。音に気付いた家政婦が向かって来る。シム執事は工具を手にして警戒する。その時、インソンのスマートフォンが鳴る。緊張が走るが、機転を利かせたソンジュが家政婦のスマートフォンにメッセージを送り、なんとか危機を回避した。ほっとするインソンだが、そこに「自分のスマートフォンを返せ!」というメッセージが届く。インソンが話しているソンジュは、本物のソンジュではないのか…!?

第2話感想

番組放送前にあらすじを読んだ時の予想より、ずっと緊張感があるドラマです!もっとコメディタッチなドラマなのかと思っていました。

ソンジュは頭の回転は速いですが、人に失礼なことを言いまくるので、敵は多そうです。調子に乗っているので嫌われているはず…。ソンジュが唯一優しくしているのは、娘のミナだけかも知れません。幼馴染のシム執事でさえ、ソンジュを裏切っていそうな雰囲気ですから…。周りに敵をつくって生きてきてしまったソンジュが悲しいです。

セヨンもただの良い人ではなくて、腹黒そうな面が目立ちます。苦労しているので、生き残るのに必死なのでしょうね。セヨンはコーヒーで汚れたインソンのシャツを自分のシャツと交換してくれたので、優しい面もあるとは思うのですが…。実際問題、100%良い人というのはいないですし、自分が苦境にいればなおさらでしょう。

スマートフォンの中に閉じ込められるという非現実的な設定と、現実社会の苦悩がうまくミックスされていて、面白いです。これから謎解きが本格化するはずなので、スリルも高まるのではないでしょうか。

面接官だったクァク常務は、やっぱり裏でボミョングループの副会長と繋がっていました。自分の出世と保身のためには何でもするタイプでしょうか?インソンへの態度の豹変も怖いです。

ボミョングループのオ・ミラン専務と副会長も争っているので、ドロドロ要素もありそうですね。

原作のウェブトゥーンは「ファンタジーとスリラーがうまく混ざっている」と評判だったそうです。ドラマは原作を上回る出来になっているのか?結末はウェブトゥーンと同じなのか?続きが楽しみです!

社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~ 3話・4話 あらすじと感想

社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~ あらすじと感想 キャスト・視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP