知ってるワイフ  第9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

知ってるワイフ  아는 와이프 全16話

 

onwardさんより

第9話 あらすじ

ウジンの母を探す手伝いをしていたことがバレるジュヒョク。懸命に謝る彼に、ヒェオンは非難を浴びせ続けます。何故そこまでしてあげなきゃいけないの?貴方はウジンの家族なの!?家を飛び出すと、ヒュンスを呼び出して、バーで合流します。私のいう事を聞いてくれる人だから結婚したのに、と言うヒェオン。そして、酔って帰ってくると、パソコンに向かい、職場のゴシップ交換サイトに自分のアカウントを作り…(何か不味いことが起こる予感が!)

翌日、銀行名入りでウジンの悪口を書き立てた記事がアップされていることが解り、支店内は大騒ぎ。しかも、時間が経つにつれ、事態は収まるどころか、拡散し続けます。初めは無視していたウジンも、自分が異動になる前のチーム写真までアップされたのに怒り心頭し、とうとう警察へ届け出ます。ヒュンスと買い物をしていたヒェオンは、ジュヒョクがサイバー犯罪課へ行かされたと聞いて事の重大さを知り、慌てて投稿を削除。ウジンは警察から、投稿者の名前を聞かされますが、告訴はしないと言います。その晩、自宅のパソコンを開けたジュヒョクは、誰が記事を書いたのか確信し…翌朝、地下鉄の駅で例の男の前に座り込むと、「ヒェオンだった。彼女は人に危害を加える人間じゃなかったのに、俺は彼女のことを駄目にしている。」と話しかけます。そして、突然、相手の男も自分と同じ経験をしたのだと悟るのでした。

ジュヒョクの母が入院することに。しかし、ヒェオンの頭の中は、父の出版記念パーティーのことばかりで、ジュヒョクには何も手を貸そうとしません。一応、病室に顔を出しますが、すぐに帰ってしまいます。ジュヒョクに車で駅まで送らせる道中、パーティーに遅刻しないように、と釘を刺すヒェオン。その晩、ジュウンの子供が熱を出し、ジュヒョクは妹の代わりに病院へ泊まることに。

母の検査入院に付き添って病院へやってきたウジンですが、母はちょっとの隙に自室を出て、他所の部屋へ行ってしまいます。母を見つけ、連れ戻そうとしていると、病室に入ってきたのは…何とジュヒョク!娘婿をみて大喜びする母ですが、部屋にいる夫婦が誰かに気付き、穴にでも入りたい気分のウジン…しかし、直に皆打ち解け、ジュヒョクの両親はウジンを大変気に入ります。夜になり、休憩室でテレビを見ながら、偶然手を触れてしまったウジンとジュヒョクは、その後、それぞれの部屋で、眠れない一夜を過ごすのでした。

第9話 感想

ウジンとジュヒョクの邪魔をする人物として描かれているヒェオン。でも、だんだん意地悪くなる原因は、ジュヒョクにあるような気がします。ヒェオンはとても自己中心的ですが、それは、彼女の両親と、もともとヒェオンが結婚した時系列のジュヒョクが、そういう態度を許してきたから。現在彼女の目の前に居るジュヒョクは、ヒェオンが結婚した時のジュヒョクとは別の人です。ヒェオンにしてみれば、自分はずっと同じ態度なのに、ジュヒョクが急に変わってしまったと感じているはず。現在のジュヒョクは、ヒェオンとのデートに遅れ、付き合いを断られたあのジュヒョクの延長バージョンですから、本当は合わなくて当たり前。自分に100%関心を払ってくれる若い子が現れたら、そちらに気が向くのも仕方がないと思えるのです。ウジンをあの様に攻撃するのは卑劣な行為で許せない。しかも、一度は事態を完全に無視しようとしましたから。でも、9話を見て、この幼稚なキャラクターは十分同情に値する人物に見えてきました。

それに比べ、ジュヒョクは一向に進歩しません。自分の行動がいかに相手を変えてしまうか、しばらく前から「気づいて良かった」と感想を書いていますが、気が付くだけで、未だに対応を見いだせません。もしかして、あの地下鉄の男のようになってしまうのか?彼は恐らく、タイムスリップして、不幸にした人達全員の元を去ったんですよね。ジュヒョクがそうならない事を望みます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

onwardさんより

第10話 あらすじ

眠れぬ一夜を過ごしたジュヒョクとウジン。ウジンは10年ぶりに車の運転を再開し、母を乗せて帰ります。手術のあと、母をジュウンの家へ送っていったジュヒョクは、ヒェオンの電話を無視。パーティーが終わり帰宅したヒェオンは、ジュヒョクが帰るのを待ち構え、帰宅と同時に詰問を始めます。ジュヒョクはしばらく我慢しますが、とうとう爆発。お前は自分勝手で、どんなに人が傷ついているか考えもしない、と言い放ちます。え?!そうか、あの投稿が私だと知っているのだ、と気づくヒェオン。でも一歩も引き下がりません。「もう私と暮らしたくないのね。分ったわ!」。

同僚ヒャンスクとヒェジョンに携帯の履歴を見られ、ウジンと付き合っていることがバレてしまうジョンフ。彼女達にバレたら大変、というウジンの言う通り、支店中に知られてしまいます。

銀行にいるジュヒョク宛に宅急便が届き、開けてみると、それはヒェオンが既に署名した離婚届でした。終業後、サンシクのバーに集まる5人。最初から合っていないのだから離婚した方が良い、と言うジュウン。ジュウンは、兄を見つめるウジンの視線に気づきますが、何も言いません。

ヒャンスクが好きなフアンは彼女を食事に誘いますが、思い通りには行かず。ビュン課長とジャンチームリーダーの食事会も課長の思い通りにはいかず。ジョンフは、行き場が無くなったジュヒョクを自分のアパートへ連れていきます。自宅で、夫婦と子供の絵を描くウジンの母…

ジュヒョクはヒェオンの父親から顧客を紹介され、大型ローンの承認を依頼されます。デューデリジェンスを気にするジュヒョク。しかし、支店長はVVIPの紹介だからと、すぐに承認することを約束します。

家庭裁判所で離婚届に署名し、あっという間に離婚が成立するジュヒョクとヒェオン。

ヒュンスは駐車場の仕事仲間と喋っていて、ヒェオンがそばに居る事に気づきません。もう少し貢いでもらってから別れる、と言うのをはっきりと聞いたヒェオンは、ヒュンスが務めるデパートに電話をかけ、勝手に顧客の車を乗り回している従業員がいる、とクレームします。

会社のマラソン大会が開かれ、ヨロヨロな状態で参加したジュヒョクを心配するウジン。倒れた人がいる、と聞いて、救急車が来ている所まで引き返すと、運ばれようとしていたのは知らない人でした。後に開かれた食事会で焼酎をあおったウジンは、酔い覚ましに外へ出て、ジュヒョクと公園で話しているうちに、とうとうジュヒョクにキスを!

第10話 感想

なんか滅茶苦茶になってきましたね。既婚者を好きになったウジン。ジュヒョクも妻がありながら、ウジンを再度好きになったわけですが、離婚したばかりの彼に告白??ジュヒョクの決断が遅すぎたせいで、この時系列のウジンは今の精神状態に陥ってしまいました。明日になったらきっと後悔するでしょうね…

ウジンの母が料金所の絵を描いた、という事は、いずれもう一度タイムトラベルが起こりそうです。何処の時点に戻ったら、キャラクター全員が幸せになれるのか。ヒェオンは思ったことをすぐ口にするし、意思がはっきりしているタイプ。ジュヒョクがいつも自分の言う通りにしてくれる限りは、結婚生活を続けていられるようでした。しかし、初めの時系列では演奏家として活動していたので、今の「妻で音楽教師」という役割に何となく満足していなかったのかも知れません。大体、初デートで断ったぐらいですから、ジュウンが言うように、ジュヒョクとは最初から合っていなかったのです。そのジュウンはサンシクとこの時系列で結婚していて幸せそう。ジョンフは最初の時系列で双子の父だった時の方が良さそうです。こうしてみると、私の理想は、最初のヒェオンとジョンフ、今のジュウンとサンシク、そして、ジュヒョクとウジンがやり直せる状態になること。「ロマンチック・ファンタジー」という触れ込みですから、あまりメロドラマ調に陥らないで欲しいと思います。

 

 

知ってるワイフ  第11話・12話 あらすじと感想

 

知ってるワイフ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー