知ってるワイフ  第1話・2話 あらすじと感想 チソン チャ・ジュヒョク 役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

知ってるワイフ  아는 와이프 全16話

 

onwardさんより

第1話 あらすじ

暗い夜道を一台の車が走っていました。カーラジオからは、ブラックホールが地球に与える影響の話が流れています。ドライバーが料金所で支払いを済ませ、ゲートを通り過ぎた途端、車は消えてしまいます。

昼間、先程と同じ車が、仁川空港に向かって突っ走っていました。ドライバーは、鳴り続ける携帯を取ろうとして交通事故を起こします。ぼんやりした頭で、携帯の発信者を見ると「マイ・ワイフ」から。ドライバーは気を失います。

場面は変り、夜中、数時間ごとに2人の赤ん坊の泣き声に起こされる夫婦。結局寝過ごし、遅刻をお互いのせいだと怒鳴りあいながら出勤の用意をする夫の方は、銀行の融資課に勤めるチャ・ジュヒョク。遅刻常習犯。子供のせいでいつも疲れている、と同僚ジョンフにこぼすジュヒョク。一方の妻は、美容皮膚科に勤めるソ・ウジン。その日、夫に、夕方子供たちを迎えに行くようメールしますが、返事なし。ジュヒョクは、勝手に同僚ファンの早退を認めたことの責任を取るため空港へ向かっていて、事故を起こしたのでした。夫が病院にいる事を知らないウジンは、返事をしないジュヒョクに激怒します。

大量の怒り狂ったメールに気づき、家に飛んで帰ったジュヒョクを迎えたのは、手当たり次第に物を投げつけるウジン。家を出たジュヒョクは、ラーメンをすすりながら、ウジンがどんなに恐ろしいか同僚に訴えます。「離婚したい…」。

ある日、ジュヒョクは同じ大学に通っていた美女のイ・ヒェオンに遭遇します。そして、学生時代、彼女は自分のことが好きだったと聞いて、痛く感動します。当時、音楽課に在籍していたヒェヲンは、学生たちの憧れの的でした。ある時、彼女から誘われた音楽会へ行くために乗り込んだバスで、ちょっとさえない女子高生を痴漢から救うことに。その娘こそがウジン。後に自分の妻になるなど、その時は分かるはずもありません。音楽会に遅刻し、ジュヒョクはヒェオンに断られてしまいます。代わって、毎日ジュヒョクにアタックしてきたのはソ・ウジン。

会社の食事会で酔っ払ったジュヒョクを見て、何か問題があるのだろうと憶測する同僚たち。翌日の電車内で、倒れた男を助け起こしたジュヒョクは、男から500ウォン硬貨を2枚もらいます。2006年の鋳造。その晩、車で遠出をして疲れた彼は、帰り道、見覚えがない料金所にやってきます。朝もらった500ウォン硬貨を投入してゲートを通過し、走りだすと…GPSもブレーキもハンドルも効かなくなり…車は消えてしまいます。

「お兄ちゃん!」妹ジュウンの声に起こされると、そこは学生時代に暮らした寮の部屋。カレンダーを見ると、時は2006年6月!

第1話 感想

凄く豪華な制作陣で、思わず期待が高まるドラマです。だって、脚本家は「僕が恋したキム・ボクジュ」、「ああ私の幽霊様」、「高校世渡り王」のヤン・ソンヒ、演出は「ショッピング王ルイ」のイ・サンヨブですから、愉快な内容になるに違いない。でも、第1話を見た限りでは、想像したより重たい内容に見えます。

この夫婦は、どちらも決して悪い人間ではないけれど、建設的な話し合いがありません。どうも、問題はジュヒョクにあるような気がします。彼は、一生懸命相手を理解しようとしているのです、多分。ただ、相手に期待するものが多すぎます。(妻には、子供の世話をして、仕事も持って、自分が家に着いた時には暖かい食事を出して欲しい。)元々、ウジンは楽観的でストレートで、欲しいもがよく解っている女の子でした。それがどうしてこうなってしまったのか。

ヒェヲンに再会し、感動してしまったジュヒョクは無理もありません。ヒェオンは人の扱いが上手だし、大体、一緒に積み重ねた「歴史」がまだ無いですから。家族として共に生活したら、ロマンチックばかりではいられないですよね?

1話の終わりで2006年に戻ってしまった状態なので、もし、ここから全てをやり直す展開になったら面白いと思います。ジュヒョクがヒェオンと結婚して、ウジンがまだ独身だったら、彼は2人に何を感じるでしょう。2話以降が楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

onwardさんより

第2話 あらすじ

2006年6月のあの日-そう、ヒェオンから音楽会に誘われた日-に戻ってしまったジュヒョク。

何が起こるか既に解っている彼は、注意深く事を運ぼうとしますが、スクーターに跳ねられて気を失い、気が付くと、時は現在に戻って2018年8月29日。でもなぜか、金曜ではなくて水曜日。自分には覚えのない傷が、ずっと前からあった、と言われたり、何となく納得いかない事が続くジュヒョク。

ある日、中古ゲーム機を買い取る約束をした彼は、何とか仕事を早く終えようと、支店長のIDを勝手に使って、権限がない融資の承認をします。そして買い求めたゲーム機を、自宅の予備室に隠します。

一方のウジンは、若年性認知症を患う母親の元を訪ね、大家から、介護施設に入る必要があると言われてしまいます。ウジンは、ジュウンがアルバイトをするコンビニを訪ね、施設入居にかかる費用の金額を聞いて縮み上がります。その晩、ウジンは夫に相談しようかと迷いますが、結局、肝心な事は何も言いません。

翌朝、同僚フアンから、監査が入った、との連絡を受けるジュヒョク。自分が承認した融資が大問題だと分かっている彼は、何とか事態を収めようと走り回りますが、すべてバレてしまい、チームリーダー昇格の夢は水の泡に。家に帰ってみると、ウジンが、水を張ったバスタブに、買ったばかりのゲーム機を浸していました…。ついに爆発するジュヒョク。誰かに訴えたい、と、最近母親が死亡した同僚の家に行ってみると、葬儀に参列したはずなのに、母は生きているではありませんか!

一連の出来事を思い起こし、もう一度タイムスリップを試みる決心をしたジュヒョクは、例の料金所を探して車を走らせます。そして、前回と同じように2006年鋳造の500ウォン硬貨を投入し…寮の部屋であの日に目覚める事に成功します!今度は、さらに注意深く事を進め、前回跳ねられたスクーターもきちんと避けるジュヒョク。バス停でウジンに遭遇し、ギクリとしますが、バスに乗って痴漢を発見しても、何も言いません。パトカーに乗り込む彼女を見て、「さよなら、ソ・ウジン。良い人生を。」と心に思うのでした。そして、ヒェオンとの音楽会デートはすべてうまく行き、2人はキス。するとすべてがフェードアウトし始め…

目覚めると、再び「現在」。しかし、ジュヒョクが隣に寝ている女性をよく見ると、それは何とヒェオンではありませんか!カレンダーは6月1日金曜日。

市内の別の場所では、ウジンがハン河にかかる橋の上を、楽しそうにジョギングしていました。

第2話 感想

あら、本当にヒェオンとウジンは入れ替わってしまったのですね。面白い展開ですが、こんなにすぐにまたタイムスリップして、人生の都合が悪い部分を意図的に変えようとするとは!

1話の感想で、ジュヒョクが問題かも、と書きましたが、ウジンに問題がないわけではありません。物を投げつけるなど、以ての外ですし、公共の場(スーパー店内)で夫を馬鹿にするのも、まったくいただけない行為です。彼女は、夫に、自分の親の問題も相談できない。この結婚は随分前からどこかが狂ってしまったのです。今度はヒェヲンが妻になり、何がどう変わっていくのでしょうか。2話の場面を見る限り、痴漢に合うウジンを無視して「さよなら」と言ったジュヒョクは悲しそうでした。彼は、唯一、前と今を比較できる人物です。これから両方の経験を通して、ウジンを見直し、考えが変わっていくのではないかと思います。でも、ヒェオンがどんな人間か私達はまだ知りません。明らかなのは、ジュヒョクが学生時代とほとんど変わっていない反面、ウジンは、ほぼ別人になってしまったという事。2話を終わって、ジュヒョクは希望の妻と大きな家を手に入れ、ウジンも健康で幸せそうに見えます。とりあえず、皆が満足した状態になったようで、次は何が起こるのか、3話に期待します。

チ・ソン 지성 チャ・ジュヒョク 役
出典:http://program.tving.com/
生年月日:1977年 2月 27日 身長178cm, 体重70kg 血液型: A型
1999年ドラマ『カイスト』でデビュー。2001年には、ドラマ『華麗なる時代』では主役に大抜擢。2013年9月27日女優イ・ボヨンと結婚
王の女(2003)光海君(クァンヘグン)、イ・ホン 朝鮮第15代王、宣祖の第2王子
鉄の王キム・スロ(2010) キム・スロ(金首露) 伽耶(カヤ)最初の王
大風水(2012)モク・チサン(ホン・デボク) 風水師
キルミー・ヒールミー(2015)チャ・ドヒョン スンジングループ御曹司、
被告人(2017)パク・ジョンウ役
2015年 MBC演技大賞
大賞(「キルミーヒールミー」)
ミニシリーズ部門最優秀演技賞(「キルミーヒールミー」)
ベストカップル賞(ファン・ジョンウムとの共同受賞)(「キルミーヒールミー」)
ベストカップル賞(パク・ソジュンとの共同受賞)(「キルミーヒールミー」)
10大スター賞(「キルミーヒールミー」)

 

知ってるワイフ  第3話・4話 あらすじと感想  ハン・ジミン ソ・ウジン役

 

知ってるワイフ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー