眩しくて 3話・4話 あらすじと感想 ハン・ジミン  25歳のヘジャ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

眩しくて  눈이 부시게 全12話

第3回視聴率3.743%

onwardさんより

第3話 あらすじ

閉じこもっていた自室を出て、ジュナと来たあのマンションの屋上へやって来たヘジャ。腕時計を遠くへ投げ捨て、飛び降りようと、柵に足を掛けたその拍子に靴が脱げて下に落ちてしまいます… ビルの下には焼酎をラッパ飲みするジュナの姿が。「小母さん、そんなことしても死ねないよ。背骨でも折って、一生家族の迷惑になるだけだから、生きた方がいいんだ。」

家に帰ったヘジャは、部屋の鍵を掛けてこもり続けます。ドアの外から娘に話しかけ、食事を並べる母。しかしヘジャは、全く手を付けようとしません。祖母を失い、独りになったジュナもまた、すっかり無気力に。作業場で仕事を始めますが、他の従業員と交わろうともしません。ある早朝、いつもの「深夜バー」で出くわす2人。酒ばかり飲むジュナを見て、ヘジャは思わず怒鳴るのでした。「(人には生きろと言っておいて)あんた、何様だと思ってんの!何が問題なのよ!」

母がとうとう部屋のドアをこじ開けて、やっと外に出てくるヘジャ。しかし、両親より年取ってしまった娘との生活を一生続けさせる訳には行かない… どうしよう? とりあえず旅に出ようと、バスターミナルへ行ったヘジャは、そこで2人の若い女性に出会います。「ご先祖様の供養をしたら、すべてがすぐ良くなったんです。」と聞いて「それなら25歳の容姿に戻れるかしら。」自分は25歳だと主張するヘジャを気味悪がって、逃げだす2人。気が付くとバッグは盗まれており… 一文無の彼女を無料で乗せてくれるバスもタクシーもなく… しかしやがて、一台のタクシーが彼女を拾います…が、眠ってしまった間に、警察に引き渡され、結局自宅に戻される羽目に。

急激に年取って、自分でも実年齢が解らないヘジャは、気持ちこそ25歳でも、体力がついて行きません。笑わなくなった父に連れられ、初めて老眼鏡を作りに行った時、彼女は父に言うのです。「この状況を受け入れることにしたの。だって大切なものを得る為だったんだもの。」

家族の為に、洗濯や料理をするヘジャ。美容院に出てくると、常連客に、母の母親と間違われる!?

親友ヒュンジュとサンウンが、とうとう様子を見にやって来ます。見た目が年配で、2人は、つい、ヘジャの事を目上の人扱い!でも、久しぶりにヘジャの部屋から溢れる笑い声。

翌日、ヘジャと美容院の常連客が連れ立って歩いていると、向こうからジュナが。「私、あそこの美容院に住んでるのよ。」覚えているよね、とすれ違いざまに期待を込めて話しかけるヘジャ。しかし無表情のジュナは、頭を下げると無言で立ち去ります。

「せめて、ヘジャはどうしてるとか、何で聞いてくれないの…」酔ったヘジャは、涙ながら、ヒュンジュ達に訴えます。「私、彼の事がそんなに好きだったのかしら。」ヒュンジュもサンウンも返す言葉がありません… 酔って、店の中で踊る3人。その中華屋の前を、ジュナが通り過ぎていきます。店のガラス越しに見える、25歳のヘジャの姿…

第3話 感想

ハン・ジミンに替わって、70代のキム・ヘジャの世界が始まりました。一晩にして老人になったヘジャ。顔が年取るだけでなく、25歳では想像できない身体的老化が突然現れたのですから、すぐに対応できるはずが有りません。前半、彼女の苦悩と同時に、両親の苦しみもよく解って、泣けてしまいます。その、苦悩が描かれる中、ひと休みをさせてくれるのがソン・ホジュン。見栄っ張りユンスの可笑しさは、ソン・ホジュンの演技の上手さに加え、彼がバラエティー出演で磨いた笑いのセンスが生きているかな?

それにしても、今の自分に出来ることをやろうと決心したヘジャは、本当にポジティブです。どこまでも前向きになれる彼女のエネルギーは今後、何処へ向かうのでしょう。腕時計は壊れて捨ててしまったのですから、もう時間を操作することは出来ないんですよね…

そして、これからのジュナとの関係は?屋上、飲み屋、警察、路上と、いたるところで出くわす2人。老人が、実は老けてしまったヘジャだと知らず、煙たいと思っているジュナ。しかし、ヘジャが何千回も時を戻したのは、助かるまで何回だって試し続けるべきだと、ジュナが助言したからです。冷たく硬い表情になってしまったジュナが、あの25歳のヘジャに見せた、柔らかな表情に戻る日はくるのか。ストーリーは勿論の事、先輩に囲まれて頑張るナム・ジュヒョクが、次はどんな演技を見せてくれるか、それも楽しみです。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第4回視聴率5.368%

onwardさんより

第4話 あらすじ

ヘジャの部屋から動画配信し、チャレンジに失敗するユンス。その騒音のおかげで目を覚ましたヘジャは、両親が、自分の医療費が高額になると話し合っているのを偶然立ち聞きします… 仕事をしていないのだし、せめてお父さんのお弁当を作ろう。脚が悪いお父さん、ジャコは骨に良いから、ジャコを入れて… 毎日弁当作りを始めるヘジャ。

そんなある晩、何となく「深夜バー」を覗きに行ったヘジャは、通りがかったジュナの後をつけて、彼の家までついて行きます。中に入ったジュナが誰かに話しかける声がして、門の隙間から覗くと、そこには可愛い犬が。「あれはウチのパップにソックリね!」家に帰ってみると、飼っていた犬は居なくなってしまったという父。やっぱり!?ジュナの家に引き返し、問いただす彼女。知らないお婆さんが押しかけてくることにうんざりし、パップかどうか証明して、と言うジュナ。手を差し延べ、愛犬の名前を呼ぶヘジャは、しかし、近づいてきた「パップ」に噛みつかれてしまいます!「信じられない…」泣き出すヘジャ。それを静かに見下ろすジュナ… その晩、パップはヘジャの所へ戻ってきます。家で再び独りぼっちになったジュナは、空っぽのエサ入れを見て、消えてしまった、キラキラしたヘジャの事を思い出すのでした。

一方、動画配信で儲けようと、ジャージャー麺10杯完食を企画して失敗し、ヒュンジュに料金を請求されるユンス。借りている金を返そうと、次に企画した野外ダンスのパフォーマンス。見るに耐えられなくなったヒュンジュは、途中で彼を張り飛ばし、それがウケたお蔭でユンスは視聴者の「ハート」集めに成功??

総菜を色々作ってジュナの家に届けたヘジャは、偶然ながら、やって来たジュナの父と彼の会話を立ち聞くことになり、祖母は亡くなって、その日が49日であると知ります。父とのやり取りを聞かれ、ヘジャを追い出すジュナ。しかし、ヘジャが持ってきた料理を49日の為に並べることが出来た彼は、ちょっと安堵した様子。その後、「深夜バー」へやって来たジュナに話しかけるヘジャは、自分があのヘジャだと言い出すことが出来ず…

酔っ払って寝過ごした翌日、ヘジャは、弁当を届ける為に初めて父が勤務する事務所へ足を運びます。帰ろうとすると、守衛の父にイチャモンを付けている若い男の姿が。やり取りを暫く聞いていたヘジャは、父が金を取った、という男の言葉を聞くと「あんた、何てこと言うの?私この人の母親よ!彼はそんなことしてません!!」その晩、「深夜バー」で酒を酌み交わす父娘。父は、肴だ、と言って、持って帰ってきた弁当箱を取り出し、ヘジャが作ったジャコを摘まむのでした…「お前が居てくれて安心したよ」…

「最近、美容院に来ていたお婆さん達が来ないよね」「この頃は、デイケアセンターに行くんだって。食べるものもあるし、楽しいって。」「お義母さんが毎日ウチに居た時は鬱陶しかったよ。」

色々と噂を聞いたヘジャは、ある日、そのデイケアセンターへ行ってみることに。着いた先、ステージに出てきたのは…何とジュナ!楽しそうに踊る老人たちと、歌を歌うジュナを見てヘジャは…!!??

第4話 感想

ヘジャの葛藤、そして両親の葛藤がよく解ります。娘の事が心配、でも自分達よりずっと年取ってしまい、あれこれ薬が必要になった娘に掛かる費用も大いに気になる。両親に迷惑を掛けたくないヘジャは一生懸命ですね。自分の状態を受け入れることさえ難しいのに。そして、心配のあまり、お互いにぎくしゃくする父と母の葛藤も現実的。強い母が、無口で笑わなくなった父に怒鳴るのも無理ありません。女優キム・ヘジャの為の作品らしいですが、人間の、本当に細かい感情を描いていく彼女は、流石に年齢と経験を重ねた俳優だと感じます。

それはさておき、ユンスは、やはりヒュンジュとのラブラインを復活させたいようですが、このストーリーの様子だと、最後に置いてきぼりにされる可能性も!?

4話はまだ「時間離脱ロマンス」という感じは有りません。と言うより、一般的に「ロマンス」という言葉から想像する「感情」は、このドラマでは描かれないのかも知れません。70代のヘジャが持っている、若い時への思慕に近い思いと、現在を受け入れて生きようとする力。それに比べ、一瞬の「春風」を感じたものの、夢を捨て、成り行きに任せたように生きるジュナ。この二つの線が、再び交わり反応する事があるのでしょうか。70代ヘジャの深く味がある演技を堪能する一方で、ジュナと、若いヘジャが再び会えるのかに注目したいと思います。

ハン・ジミン 한지민 25歳のヘジャ役
出典:http://tv.jtbc.joins.com
生 年月日1982年11月5日身長161cm、体重43kg、血液型B型
主な出演作品
知ってるワイフ (2018年 tvN 全16話)」 ソ・ウジン役
ジキルとハイドに恋した私~Hyde, Jekyll, Me~(2015年 SBS 全20話)チャン・ハナ 役
屋根部屋の皇太子(2012年 SBS 全20話)パク・ハ/プヨン 役
パダムパダム -彼と彼女の心拍音-(2011年-2012年 jTBC 全20話)チョン・ジナ 役
カインとアベル(2009年 SBS 全20話)オ・ヨンジ 役
イ・サン(2007年-2008年 MBC 全77話)ソン・ソンヨン(成松淵、宜嬪成氏)役
偉大な遺産(2006年 KBS 全17話)ユ・ミレ役
復活(2005年 KBS 全24話)ソ・ウナ役
宮廷女官チャングムの誓い (2003年-2004年 MBC 全54話)シンビ(信非)役
ナイスガイ(2003年 MBC 全16話) オ・スンジョン役
オールイン(2003年 SBS 全24話) ミン・スヨン少女時代役
主な受賞歴
2014年 KOPA&NIKON Press Photo Awards フォトジェニック賞
2012年 SBS演技大賞 最優秀演技賞・10大スター賞・ベストカップル賞/パク・ユチョン(屋根部屋のプリンス)
2012年 第6回コリアドラマアワード 女性最優秀賞 (屋根部屋のプリンス)
2012年 第7回ソウルドラマアワード 韓流特別賞女優賞 (屋根部屋のプリンス)
2012年 第6回Mnet「20’s Choice」ドラマスター女性部門 (屋根部屋のプリンス-パク・ハ役)
2012年 第46回納税者の日 模範納税者賞大統領表彰(国税庁広報大使)
2011年 第6回アジア・モデル・フェスティバル・アワード BBF人気スター賞(韓国化粧品ブランド「マモンド」広告)
2009年 世界献血者デー 保健福祉家族部長官表彰 (献血広報大使)
2007年 MBC演技大賞 優秀女優賞(イ・サン-ソン・ソンヨン役)
2007年 KBS演技大賞 優秀女優賞・ネチズン賞・ベストカップル賞/カン・ジファン(京城スキャンダル-ナ・ヨギョン役)
2005年 KBS演技大賞 新人賞・ベスト・カップル賞/オム・テウン(復活-ソ・ウナ役)
2004年 KBS演技大賞 短編・特別ドラマ賞(デジャヴ-ハン・スヨン役)

 

眩しくて 5話・6話 あらすじと感想 ナム・ジュヒョク イ・ジュナ役

 

眩しくて 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー