真心が届く 9話・10話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

真心が届く 진심이 닿다  全16話

第9話 視聴率3.731%

marikoさん

第9話 あらすじ

ユンソからネットユーザーの悪口の話を聞いたジョンロクは、ユンソの悪口をネットに書いた人を訴えよう、と言いだす。それほど愛に溢れたジョンロク。その後、もう一度法律事務所に戻らなければならないのに、ユンソを自宅まで送ってくれるジョンロク。ユンソはとても喜ぶのだった。ユンソは夜食を届けに事務所にやって来る。そんなユンソを愛おしく思ったジョンロクは、ユンソにキスをする。

ヨルムに差し入れをするセウォン。喜んだヨルムは、セウォンに「夕飯いつにする?」とメッセージを送る。それを見て喜ぶセウォンは、後輩に「俺はまだヨルムに未練があるから、これ以上俺に近づくな」と忠告するのだった。

ユンソは、ジョンロクに「敬語は使わないで欲しい」と言う。なかなか敬語を崩せないジョンロク…。ジョンロクは、「事務所を辞める日が近づいているが、その後どうするのか」とユンソに聞く。答えられないユンソ。なぜなら脚本家から、このプロジェクトは秘密にするように言われているのだった。帰宅し、ユンソにため口で話す練習をするジョンロク。

ヤン秘書の娘が、いじめの犯人だとして警察に連れて行かれる。ヤン秘書は自分の子はそんな子じゃないと主張する。しかしヤン秘書は、娘の部屋で見知らぬコートを見つけてしまう。さらに友達を突き飛ばしている場面を見てしまう。友達から奪ったお金でコートを買ったのではないかと疑う、ヤン秘書。

しかしジョンロクは、ヤン秘書の娘が犯人じゃない可能性もあると言い出す。事務長とユンソはヤン秘書の娘に会いに行くが、「お母さんも信じてくれないのに、話すことはない」と心を閉ざしてしまう。

ジョンロクの調査で、本当の犯人らしき人物が分かった。そして実はヤン秘書の娘が、ヤン秘書に内緒で父親と会っていたと分かる。コートも父親が買ってくれたものだったのだ。無事に濡れ衣が晴れた娘。

芸能事務所には、ユンソへのプレゼントが送られる。しかしそれを送ったのは、ユンソのストーカーだった人物だった。そして今もユンソとジョンロクの写真を見ている男…。

職場の飲み会後、2人でベンチに座るジョンロクとユンソ。ユンソは法律事務所に来た秘密を話そうとするが、やめておく。ジョンロクはユンソを抱きしめ、「好きだ」とため口で言う。しかしそれを、ストーカーの男が車から見ていて…。

第9話 感想

 

ユンソが芸能界から干されるきっかけを作ったと思われるストーカー男が出てきました。財閥ということですが、なかなか相手が悪いですね。今後、話が複雑になっていきそうな予感がします。ユンソは無事に女優として復帰できるのでしょうか?法律事務所に来た理由もジョンロクに話せていないので、心配です。

そして今回も、ユンソの魅力が爆発していました!女性から見ても可愛いのだから、男性から見たらすっごく可愛いのでしょうね。ジョンロクがメロメロになっちゃう気持ちも分かります。

今回はヤン秘書の娘が事件に巻き込まれましたが、そんなヤン秘書を思う事務長が可愛かったです。顔はこわもてなのに、心はピュアな事務長。2人が結ばれてくれればいいな~と思いながら観ていました。



第10話 視聴率3.904%

marikoさん

第10話 あらすじ

周りにバレないように社内恋愛を楽しむジョンロクとユンソ。夜は、ディナーデートを楽しむのだった。帰宅中の車内で、「仕事も恋愛も楽しい」と言うユンソ。翌日、ユンソの家で映画を観ることになった2人。当日、2人はお互い下心があると誤解されないよう心配しながらも、ドキドキするのだった。しかし、マネージャーが勝手にブルーレイを修理に出してしまい、映画を観ることができなくなってしまう。

盾を見たジョンロクは、ユンソがたくさんの賞を獲っていることに気付く。しかしユンソは演技力じゃなく、人気賞だから残念だと言う。しかしこれからは頑張れそうな気がする、と言うユンソ。芸能界について何も知らないジョンロクは、ユンソの過去を勉強させられることに。ジョンロクは、写真を1枚欲しいと言って、ユンソを喜ばせるのだった。

翌朝、ユンソをストーカーした男が、また世間に出てきたとニュースに出る。マネージャーは心配するが、ユンソは何も知らないのだった。ユンソは、駐車場で会ったジョンロクの父親を、ストーカーに間違えてしまう。ジョンロクの父は、すっかり不機嫌になってしまう。あまり仲がよさそうには見えないジョンロクと父…。

ジョンロクの父は、不機嫌に帰ってしまうが、実は仕事で不当懲戒を受けてしまっているのだった。もしもの時には、ジョンロクに弁護を頼みたいと思っていたようなのだ。ユンソは、弁護士として息子として、ジョンロクに父の審査に同行するようにアドバイスする。ジョンロクの父親は、電話をしているジョンロクの会話から、ユンソが気を遣ってくれたと知る。

セウォンは上からの圧迫で、今の担当事件を適当に終わらせるように言われる。夜偶然にセウォンを見かけたヨルムは、セウォンの頼みで、セウォンを優しく抱きしめるのだった。

無事に裁判を終え、ジョンロクの提案で、父と3人で食事をすることになってユンソ。ジョンロクはユンソを恋人として紹介するのだった。父からも承諾をもらった2人。ジョンロクはユンソにネックレスとピアスをプレゼントする。

その帰り道、黒い車に追いかけられる、ジョンロクの車。その犯人は、ユンソのストーカーだった男で…。

第10話 感想

カーチェイスまでしてジョンロクとユンソを追いかけてくる男、本当に怖いです。さらにお金まで持っているのだから、本当にたちが悪そうです。何事もなく無事に終わって欲しいですが、車の外に出ていってストーカーと対面したジョンロクが心配です。次回まで気になってしまいそうです。

今回はジョンロクのお父さんが出てきました。ジョンロクと似たもの親子というか、微笑ましかったです。でも無事にユンソとの仲も認めてくれたようだし、よかったです。

タン弁護士はますますチェ弁護士にハマっているようだし、セウォンとヨルムも良い感じになってきました。ユンソとジョンロクにうまくいって欲しいのはもちろんですが、他のカップルもうまくいって欲しいです。

 

真心が届く 11話・12話 あらすじと感想

 

真心が届く 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 






9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー